2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鹿児島本線 西小倉駅

 【03//2017】

前回のつづき。

博多を出て1時間弱。小倉の一つ前の西小倉駅まで戻ってきました。
駅名標のイラストは小倉城が描かれてました。
DSC06606_convert_20170601072901.jpg


残り時間と時計とにらめっこしながら駅をめぐります。
3面5線あるホームは鹿児島本線日豊本線がここで分岐します。
両線が再開するのは400キロ以上離れた鹿児島駅です。
DSC06613_convert_20170601085657.jpg


DSC06608_convert_20170601082041.jpg


とそこへ811系の荒尾行きが入ってきました。
この車両も大掛かりなリニューアルされると聞き噂を知りながら待ってましたが
第一弾の公開時それまでの転換クロスシートからロングシートに替えられたことを知った時がっかりしました。
着席サービスより詰め込むことしか考えてないんかなと考えてしまい
もし当たったら次の列車にするか813系来るまで待つと意思表示を出しかねません。
DSC06612_convert_20170601085714.jpg



ついさっきまで通ってきた鹿児島本線と山陽新幹線の高架橋がここでクロスし
新幹線は内陸部の長大トンネルを突破していきます。
小倉~博多は500系のぞみが走ってた時代最後の区間でこの場所をゆっくり走り
トンネル内から急加速し気分爽快なまでの走行を楽しんだのを思い出します。
DSC06620_convert_20170601085843.jpg



このカーブから先は日豊本線で別府、大分、宮崎県を経て鹿児島までを結びます。
佐伯を過ぎると延岡に向かう途中18きっぷ愛好家泣かせの宗太郎越えが待ってて1日3往復しかない
超閑散路線が待ってまおり特急列車の方が圧倒的に本数が多い区間であります。
DSC06619_convert_20170601090015.jpg


そのカーブをきって新田原行きが南下していきます。
新田原と書き福岡県では「しんでんばる」と読みますが我々東海地方に住んでると
渥美半島に田原市があるので「たはら」と読んでしまいます。
DSC06622_convert_20170601090141.jpg


もう一つの見所は特急ソニックが小倉で交わり両列車が入れ替わりで博多へ向かい
日豊本線で地獄めぐりの別府、大分へ向かっていきます。
DSC06614_convert_20170601085730.jpg


DSC06616_convert_20170601085748.jpg


両列車がわずか1キロの間にじっくり見れるのもこの駅のポイントですね。
DSC06636_convert_20170605120640.jpg


再び高架橋に目をやると新幹線が通っていきます。
N700も登場から10年が経ち次世代のN700Sの製造に向けデザインが公開されましたね。
となるとカモノハシと言われた700系も引退に向かってるということです。
レールスターも500系もカウントダウンが今にも始まりそうな雰囲気ですが・・・。
DSC06621_convert_20170601090343.jpg



跨線橋から見ても小倉駅はもう目の前に見える位置に立地してることが分かる画ですね。
DSC06626_convert_20170601090400.jpg




コンコースの乗り場案内に田川後藤寺、日田と載ってますがこれは
この先城野駅から分岐してる日田彦山線というローカル線へ向かいますが
列車自体は小倉が起点で城野が路線起点であります。
DSC06617_convert_20170601090420.jpg


商業施設の再開発により出来た橋上駅舎が建ってて真新しいまではいかないものの
なかなかのデザインな駅でした。
DSC06629_convert_20170605120528.jpg


中から見るとガラス張りで開放感があり見た限り窓枠に木材が使われてるように見えます。
これもJR九州らしい駅ではないかと。
DSC06628_convert_20170605120550.jpg


滞在時間約40分ほどで博多から来た列車に乗ります。
DSC06638_convert_20170605120704.jpg


日豊本線からも小倉行きが同時発車したので一緒に小倉駅に向かってました。
おーっと415系と813系が1キロにも満たない隣の小倉へと向かってる
並んで同時到着か鹿児島本線から来た列車は8連の長くたくさんの人を乗せ
日豊本線は3連と身軽さが売りどっちが先に着くのかわからないデッドヒートだ!
という実況が脳内で浮かびました。
DSC06639_convert_20170605120801.jpg



1キロにも満たない小倉駅に戻ってきてあっという間だったなと振り返ってます。
DSC06644_convert_20170605120829.jpg


改札を出ると北九州モノレールが入線してきました。
2日前の夜は見れなかったものの最後の最後で見ることが出来ました。
DSC06647_convert_20170605121020.jpg


元旦正午の小倉駅前は人通りのが多くこの時期はもっと寒いはずなのに
穏やかに晴れ渡ってちょっと暖かったです。
DSC06648_convert_20170605121053.jpg



休憩も兼ね小倉駅近くのショッピングモールに行った後
昼ご飯は美味しい豚骨ラーメンをいただきました。
九州内の電車旅はこれで終わり後は名古屋へ帰るのみとなりました。
Photo_taken_on_2017-01-01_13-17-18_convert_20170518040218.jpg



本日のNikon D7200。
夕陽を浴びながら名鉄知立駅を発車する列車。
DSC_0183_convert_20170420033010.jpg


年末年始18きっぷの旅は次が最終回です。



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: JR九州

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR九州 鹿児島本線 日豊本線 福岡県 北九州市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

門司港レトロ散策 【福岡県 北九州市】

 【03//2017】

前回のつづき。


門司港駅、改修中の駅舎を見終わり次は街散策せずにはここを出れませんね。
九州鉄道博物館よりも俺は言うまもでもなくこっちに行きます。
そう煉瓦造りの建物が並んだレトロな街並みが有名です。
DSC06138_convert_20170518064108.jpg


交差点の先には関門連絡船乗り場の建物があります。
ここから下関の唐戸と宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島と結ばれてます。
話がそれますがプロレスでも猪木とマサ斎藤が闘ったことでもファンの間では有名ですね。
俺もプロレスを全く見なくなりましたが小橋建太が引退し三沢光晴が試合中に亡くなったことが
一番の理由で雑誌もスルーすることが多くなったこの頃です。
DSC06142_convert_20170522051447.jpg


ここからも関門橋の様子を見ることが出来ます。
目の前に大きな船も見えて20の時に訪問して以来14年ぶりに見る風景を満喫してます。
DSC06143_convert_20170522044307.jpg


海の向こうには下関の街が見えます。
前日夕方駅めぐりだけで1時間以上使って短時間で回りきれないことは確実でしたが
関門海峡を通じ両港町の風景を楽しめるのが嬉しいです。
DSC06144_convert_20170522044754.jpg



少し歩いた先にはブルーウィングもじという橋が見えてきました。
その先にあるこじゃれた大きなビルは31階建てで最上階に展望室があります。
がその本当の姿は高層マンションでありまして
近くまで見に行ったら住人用のエントランスを確認しました。
展望室からの関門海峡の風景もさることながらマンションだったのにはびっくりです。
DSC06149_convert_20170522044907.jpg


別の角度から見ると一見普通の橋のように見えますが
実はこれ1日6回開閉を行ってる橋で10時から16時までの毎時ちょうどに上がります。
上がってる瞬間は見れなかったものの船の往来の瞬間が撮れたら絵になるでしょうね。
DSC06157_convert_20170522044946.jpg

DSC06147_convert_20170601080110.jpg



橋から門司港の街並みを見ながら次の場所へ行きましょう。
DSC06159_convert_20170522045017.jpg


と思ったら一人の紙芝居おじさんに止められ紙芝居見ながら飴でもどやねんと言われ
休憩がてら黄金バットの紙芝居を見てました。
話術もさることながら面白いお話を聞かせてもらい歩き疲れかけてた所で(←ウソやん・笑)
休憩出来てかつエネルギーをチャージできました。
DSC06160_convert_20170522045032.jpg


小休止後レトロ街から一旦外れますがとある通りの壁も大正頃建てられたのではと勘ずる煉瓦造りでした。
これも100余年以上この地を見守っているものと推測してます。
DSC06164_convert_20170522045259.jpg


とその先にかつて西鉄北九州線で活躍した100型のボギー車が展示されてました。
北九州に西鉄があったのは全く知りませんでしたがそれでも20世紀末まで運行してたのですが
もう少し早くLRTが流行ってたら廃止もなかったのかもしれませんが果たして。
DSC06167_convert_20170522045322.jpg
DSC06168_convert_20170522045334.jpg



再び戻りましてこの建物は現在国際友好記念図書館で1995年に複製建築されたものです。
屋根のデザインがなかなか翌これが一番印象に残りました。
DSC06178_convert_20170522050848.jpg

DSC06169_convert_20170522045357.jpg


道挟んで反対にあるのがこちらも歴史あるレンガ造りの建物の旧門司税関です。
1909発足を機に昭和初期まで税関庁舎として使用されました。
実際に館内に入り税関PRコーナーがあって税関業務の説明や
ワシントン条約に指定されてる絶滅危惧物品や危険薬物の事例等
とても勉強になるスポットでした。
DSC06171_convert_20170522050801.jpg
DSC06176_convert_20170522050815.jpg



税関の展示ものを見た後は海峡プラザにやってきました。
DSC06193_convert_20170522051100.jpg


ここには飲食店からお土産屋が並んでおりレトロエリアの中心施設です。
DSC06196_convert_20170522061443.jpg


反対にはホテルがありこちらもレンガを使ったレトロな雰囲気のある建物ですね。
青空とのマッチングも素晴らしく本当に来てよかったと。
DSC06195_convert_20170522051112.jpg


街の至る所で焼きカレーの看板を見かけました。
DSC06201_convert_20170522051224.jpg


時間も正午になったのでお昼に食べようか悩みましたが・・・。
ホテルでのんびりしすぎて朝ごはん食べ終わったのが9時過ぎだったので諦めました。
DSC06203_convert_20170522051214.jpg


最後は駅前にある旧三井物産門司支店です。
1937年から三井物産が支店を構え1953年から国鉄門司鉄道管理局の施設として活用され
国鉄からJR九州に移行してからも本社ビルとして活用されました。
本社機能が博多の方に行って北九州市から文句を言われ主を失い一時は解体の危機もありましたが
北九州市が買い取り存命しまして現在は関門海峡の情報発信する場所であります。
あいにくシャッターが閉まっており中に入ることはできませんでしたが
記憶があいまいですが前回来た時もこのビル写真に撮ったような気がします。
DSC06209_convert_20170522051131.jpg



この日は大晦日で大きな広場にはカウントダウンイベントの準備がされてました。
この地で2016年最後の午前が過ぎて正午を過ぎてもまだいたので
それだけこのスポットがお気に入りであることを確かめることができました。
DSC06185_convert_20170601080225.jpg



10時に着いてから街歩きしてたら昼を過ぎてしまいましたが門司港レトロの街並みをじっくりと満喫しました。
DSC06205_convert_20170522051247.jpg



本日のNikon D7200。
何気なく撮ったんですが・・・名駅の大名古屋ビルディングにミラー映りしてるセントラルタワー。
DSC_3494_convert_20170601063037.jpg


つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福岡

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福岡県 北九州市 門司港 レトロ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

門司港駅舎保存修理工事

 【01//2017】

前回のつづき。


門司港駅に着いてから30分以上過ぎましたが前回話したように
大正初期に建てられた駅舎は現在保存修理工事中とのことです。
DSC06110_convert_20170518054208.jpg


一応一部分に申し訳程度の入り口が設けられ
これだけでも歴史ある駅舎の一部分を見ることが出来ます。
DSC06116_convert_20170518054309.jpg

DSC06114_convert_20170518061921.jpg


階段を上がると全貌を見ることが出来るので早速上がります。
DSC06115_convert_20170518061946.jpg



階段を上がり全貌を見る前に門司港駅の変遷の案内があり見入ってました。
DSC06117_convert_20170518062007.jpg

DSC06119_convert_20170518062256.jpg



デッキに向かうと工事中の様子が見ることが出来ます。
大事な資材が置いてると同時に骨組みの一部分を見ても
駅が建築された時のであることが伺えます。
DSC06118_convert_20170518062230.jpg

DSC06120_convert_20170518062344.jpg


当然ながら年末年始の時期で工事が行ってるシーンを見ることが出来ませんでしたが
普段はどのように行われてるのか気になりますね。
DSC06121_convert_20170518062653.jpg


駅舎の全景。久しぶりの再会もこの姿だったので残念でしたが
これも数年先の再会までのお色直し中ととらえています。
DSC06124_convert_20170518062624.jpg



このデッキからは関門海峡と関門橋を眺めれる場所であります。
この日も晴れて素晴らしい景色を見ることが出来ました。
DSC06122_convert_20170518063850.jpg


壁で仕切られてる部分には地元の有志によるギャラリーが展示され
アートから駅の中には開業から今日までの思い出が詰まった写真を見ることが出来ます。
期間中は本当に辛抱な時期ですが少しでも楽しんでもらおうという気持ちが伝わる
ギャラリーを自分の目で確かめてました。
DSC06113_convert_20170518062322.jpg


その中にはモノクロの写真らしきものが展示されており
開業時から昭和初期にかけて撮られたものもあったようです。
DSC06101_convert_20170601045616.jpg


DSC06103_convert_20170601045540.jpg


DSC06112_convert_20170518061844.jpg


九州鉄道スタート地点に相応しくわが国で初めて国の重要文化財に指定された
至宝ともいえる駅舎は当初2017年度末の予定でしたが耐震補強工事を行ってる関係で
2018年度末にずれ込み完了は2019年度末になるとのことです。
九州は去年熊本地震もあったので素晴らしき駅舎
何かあった時のことを考えるともう少しの間の辛抱は止む無しで
必ず素敵な駅舎にお目にかかれることを楽しみにしたいですね。
DSC06096_convert_20170518054225.jpg


この後どうしようか考え目の前に前回来た時無かった
北九州レトロライン「潮風号」の駅舎がありました。
が運行日ではなく毎年3月中旬から11月下旬までで見ることが出来ませんでした。
レトロ地区と和布刈公園を結び途中関門橋の近くにあるノーフォーク広場も
この列車で行くことが来ます。
DSC06127_convert_20170518063944.jpg


その先には九州鉄道博物館があります。
開館したのが2003年。俺がここに来た後に出来た観光スポットです。
国道沿いに1891年に建てられた煉瓦造りの初代九州鉄道本社が建ってて
ノーフォーク広場から帰ってきた後に見て再会できることを楽しみに後にしたのを
覚えてますがそこにこんな施設が出来てたのを知ったのは数年後のことでした。
DSC06133_convert_20170518064010.jpg


鉄道博物館を見に行くのも考えてましたが
ここに来た以上はやはり港まちである門司港なだけに門司港レトロ散策に決めました。
DSC06135_convert_20170518064033.jpg



本日のNikon D7200。
名古屋駅近くにある円頓寺商店街入口。
DSC_1263_convert_20170529112513.jpg




つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR九州

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR九州 福岡県 北九州市 門司区 門司港 駅舎

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。