2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

山陽本線 大畠駅

 【05//2017】

前回のつづき。


広島駅を出て1時間半。瀬戸内海の風景を眺めながら大畠駅にやってきました。
DSC05646_convert_20170420072451.jpg


岩国から乗り瀬戸内海の海を一緒に味わった黄色い115系と別れ駅巡りします。
DSC05645_convert_20170420072405.jpg


対面式のホームが目の前にあり真ん中には中線があります。
DSC05653_convert_20170420072824.jpg


俺が降り立っているホームの上屋は木材が使われた古いものが残ってます。
DSC05665_convert_20170420082204.jpg



両ホームを結ぶ跨線橋は古く山陽本線にいくつもあるであろう橋がありました。
この日も好天で空は晴れ渡り済んだ空気の中めぐってました。
DSC05660_convert_20170420082129.jpg


跨線橋の骨組みも古レールが使われており年季がしっかり入ってますね。
DSC05662_convert_20170420082516.jpg


反対側のホームに岩国行きの列車が入ってきました。
青空とサザンセトの地に輝く太陽を浴びて普段末期色と叩かれる115系が
映えてるではありませんか。たまに順光下の雲一つない青空の中で
この車両を目撃すると悪くないしええやんと褒めたたえる自分がここにいます。
DSC05647_convert_20170420072901.jpg


何といってもこの駅の一番の見所はこれではないでしょうか。
DSC05654_convert_20170420075219.jpg


海の見える駅は何駅か訪問しましたがこれだけ穏やかな雰囲気のは初めてです。
DSC05655_convert_20170420075247.jpg


午前の時間帯で逆光ですが・・・周防大島と大橋が見えます。
この島はサザンセトの愛称を持っており島内にあるホテルの名にも使われてます。
DSC05658_convert_20170420080005.jpg


一角にはヤシのきもあり南国ムードがただよいリゾートのような気分を演出してますね。
DSC05667_convert_20170420082549.jpg



DSC05670_convert_20170420082704.jpg


改札で下車印押してもらい外に出ますが委託の窓口が営業してました。
駅員を担当してる方もとても親切にしていただきまして
JR西日本の鉄道マンは本当に気さくな方が多く俺がJRで行くエリアやこの記事でも
西日本が管轄してる路線が多いのも理由の一つであります。
DSC05675_convert_20170420083342.jpg


大き目の木造駅舎が建っておりかつて大島との連絡船と連絡していた名残が残ってて
初めて来ましたが駅名の看板も古いのが残っててこの駅訪問してよかったです。
DSC05673_convert_20170420082845.jpg



駅前広場を出てすぐに国道があり車の通りもありましたが
空の青さがとても強烈で周りの建物の生活感よりも空を見入ってしまうほどでした。
DSC05672_convert_20170420082811.jpg


改札口も使われる機会がなさそうですがラッチもついてて
連絡船が廃止される前のにぎわっていた時代を偲ばせます。
そう思うと大幹線ののどかなローカル駅という印象が今回つきました。
DSC05674_convert_20170420082939.jpg


この間駅前のコンビニのトイレに寄ったのはよかったんですが
出たら結構ぎりぎりで改札に入るときには9:10手前で急いで跨線橋を渡り
岩国からやってきた列車にぎりぎり間に合いまして
素晴らしい駅でしたが予定外の時間の押しで危うく乗り遅れる所でした(滝汗)
DSC05676_convert_20170420083403.jpg




本日のNikon D7200。
米原駅8番のりば停車中のリニューアル221系。
DSC_1224_convert_20170420021449.jpg




昨日から7日までつかの間の連休で今日から日曜まで旅に出ます。
先月デビューしたとはいえ肩慣らしのD7200がいよいよ本領発揮する時がやって来たと楽しみで
皆さんにいい写真が見せれる旅出来るよう行ってきます。


つづく。




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 山口県 瀬戸内海 サザンセト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

山陽本線 広島県から山口県へ

 【03//2017】

2016年12月30日

年末年始18きっぷの旅2日目。


長かった初日から一夜明けた朝6時半過ぎに広島駅に戻ってきました。
DSC05571_convert_20170420045805.jpg



今回泊まったホテルも前回と同じ所でしたので新幹線口側に立地してまして
朝の表情ですがこの時期は夜明け前で暗い時間が長いのがわかります。
今の時期は明るくなり日照時間が長いので道中の風景がたくさん撮れそうです。
DSC05573_convert_20170420045836.jpg


2日目ファーストランナーは7:16発岩国行きは
前日昼、糸崎駅から乗った列車から3連続で227系に当たりました。
この日は小倉までいくつかの駅をめぐりながら向かうことを計画してました。
DSC05579_convert_20170420051025.jpg


広島市西部に位置する新井口駅は目の前に広電の線路と大型店が立地する場所でした。
DSC05581_convert_20170420051322.jpg


前空駅は2000年に開業した駅ですが目の前にトンネルがありました。
1897年山陽本線のルーツなる山陽鉄道が広島から徳山まで開業した時からあるであろう
短い隧道の前に駅ができたのは20世紀最後の年でした。
このトンネルは120年近くに渡って往来してく列車を見続けた生き証人であります。
DSC05587_convert_20170420051412.jpg


広島駅出た時は少し暗かったんですが朝日が出てやっと明るくなりましたが
瀬戸内海の穏やかな海と朝焼けの太陽の風景が素晴らしくこの地方らしい風景が撮れました。
DSC05594_convert_20170420051503.jpg


もう少し先を見ると岩国の工業地帯が見えてきます。
工業地帯の風景が好きな人はたまらないでしょうが煙突から出てる
白煙を見ると今日も元気に稼働してるなと感じます。
DSC05597_convert_20170420052636.jpg


去年6月に訪問した木造駅舎のある玖波駅は後ろに山が見えます。
広島県はどうしても瀬戸内海の印象が強そうですが一方で山沿いも多く
広島市内でも北へ向かうと山がすぐにある場所もあります。
DSC05601_convert_20170420052939.jpg


広島県山陽本線で一番西に立地してる大竹駅も雨の中めぐり
貨物ヤードの広い構内と古い上屋が残ってる駅でした。
ここからは山口県に入ります。
DSC05602_convert_20170420053005.jpg


1時間後岩国駅に着き橋上駅と改良工事の進展状況を確認しようか考えてましたが
今回は取りやめ隣に停まってた黄色い電車ですぐに出発しました。
DSC05604_convert_20170420054943.jpg


南岩国駅は一度訪問したことある駅で今は減りましたが当駅発着の列車がある駅で
広島シティーネットワーク外ですが入ってもおかしくなさそうな感じの駅のような気がします。
DSC05611_convert_20170420060058.jpg


山陽本線の長い旅は再び続きこの駅あたりからローカル線の色が濃くなっていきます。
DSC05614_convert_20170420060131.jpg


藤生駅を過ぎると再び瀬戸内海の風景を眺めることができる区間に入ります。
空の色や海の色といいいい風景に出会うことが出来ました。
DSC05615_convert_20170420060215.jpg
DSC05621_convert_20170420060254.jpg


岩国から徳山の前の櫛ケ浜までは山側が岩徳線で海側を迂回するのが山陽本線です。
この関係は相生から東岡山と三原から海田市とここと新山口から宇部で見られます。
三原から海田市までの海側を走る呉線や宇部市の中心である宇部新川駅を通る宇部線は
1度だけですが乗車したことがあります。
DSC05623_convert_20170420060319.jpg


由宇は広島東洋カープの2軍練習場と球場がある駅ですが227系が停まってました。
DSC05629_convert_20170420061144.jpg


由宇駅を過ぎると瀬戸内海と共に国道188号線道路と一緒に並走します。
DSC05632_convert_20170420061757.jpg


神代駅も古びた木造駅舎が目の前に建ってました。素晴らしい。
DSC05634_convert_20170420062148.jpg

DSC05637_convert_20170420062405.jpg



由宇、神代を過ぎ瀬戸内海をずっと眺めていたら周防大島町を結ぶ大橋が見えてきました。
広島を出てからずっと乗りっぱなしでしたがこの日最初の訪問駅は間もなくです。
DSC05643_convert_20170420062502.jpg




本日のNikon D7200。
681系しらさぎ、米原駅にて。
DSC_1222_convert_20170420021634.jpg



つづく。



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 広島県 山口県 瀬戸内海

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

赤穂線 日生駅

 【13//2015】

前回のつづき。


播州赤穂からのんびり揺られながらやってきたのは日生駅です。
DSC05253_convert_20151026062806.jpg


ホームの様子は高架というよりも築堤上に造られ2面3線あるので
ここに着いてすぐ列車交換もできる構造なので閑散区間ながら主要駅に
上がるだけの風格がありホーム長も広いです。
DSC05255_convert_20151026062820.jpg
DSC05270_convert_20151026062849.jpg



1番のりばの階段手前にあるのはかつて駅員がここで
何かつかわれていたんでしょうか。
ローカルムード満点の人気のない構内でちょっとした
遺構を見つけたような気がしました。
DSC05257_convert_20151026062835.jpg



階段を降りると改札に合流しますが当然ながら自動化はされてなく
有人ラッチが出迎えてくれました。
こうした所に古き良き鉄道の風景が残ってるのがJR西日本かなと・・。
DSC05258_convert_20151026062903.jpg
DSC05259_convert_20151026063120.jpg


鉄筋平屋の建物が建ってますが駅名看板がJRになってからのではなく
国鉄時代のままというのもいい感じに保たれてますね。
DSC05262_convert_20151026063003.jpg


隣には小豆島へ向かうフェリーの事務所が立ってます。
DSC05263_convert_20151026063207.jpg


駅前に港があり目の前には大きな旅客船が停泊中でした。
パッと見ても内海のように見えますが島々があり
瀬戸内海の海や港は改めて穏やかやなぁと感じました。
DSC05264_convert_20151026063223.jpg


港からは今年4月16日に開通した備前♡日生大橋が架かってます。
今まで本土と鹿久居(かくい)島は定期船でしか結んでなかったのが
これで車でも行き来できるので生活道として期待されます。
DSC05265_convert_20151026063236.jpg


駅前にある観光センター内に着工から完成までの写真が展示されてました。
最初は土台から始まりそして4年以上かけ今年春完成するまでの経過がわかります。
DSC05267_convert_20151026063253.jpg
DSC05268_convert_20151026063306.jpg



駅前からでなく赤穂線で唯一海を眺めることができるのは
ここぐらいで日生港が目の前にあって穏やかな波もない海を
眺めつつ次の列車を待つことにしました。
DSC05271_convert_20151026063322.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 赤穂線 岡山県 瀬戸内海

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。