2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Nikon D7200デビュー記念撮影記-1 近鉄米野駅

 【14//2017】

今週末Nikon D7200の本デビュー旅に合わせ先月から今月初めに行った
撮影記をいくつか紹介していきたいと思います。


3月前半の某日の夕方近鉄名古屋駅にやってきました。
DSC_0073_convert_20170316034512.jpg


華やかな特急ホームと対照的の地味な1番のりばに停まってる列車に乗車。
DSC_0077_convert_20170316034525.jpg


地下駅出てすぐにある米野駅にやってきました。
DSC_0088_convert_20170316034536.jpg


近鉄名古屋駅のすぐ隣で普通列車だけが停まる駅へ1年ぶりの訪問であります。
DSC_0117_convert_20170316035001.jpg


名古屋駅寄りには引き揚げてきた車両がお休みし
次の出番が来るまで整備が行われ運用上拠点となる場所があります。
これもこの駅を見る上でのポイントですね。
DSC_0136_convert_20170316035037.jpg



ホームからは再開発が進んでるささしまライブの高層ビルが見え
あの場所は2005年愛知万博のサテライト会場で俺も何度か足を運びました。
長久手にある本会場は1度しか行けなかったのにここは結構行きました。
勿論名駅から近いというのもありますが・・・。
DSC_0116_convert_20170316040404.jpg




旅客停車は対面式分ですが隣にもう一本線がありここは車両入換、回送列車専用停車用です。
DSC_0111_convert_20170316035524.jpg



車庫から一度出てきた12400系はここに停まり再び戻りましたが
この車両も40年を迎えるもバリバリ活躍しています。
スナックカーの名で親しまれる12200系がリニューアル対象外なので
引退までにもう一花咲かせてほしいもんです。
DSC_0109_convert_20170316035509.jpg


端のほうに向かうと停車位置があり8両分ありますと言ったそばから
リニューアル色の22000系がやってきて一瞬を撮る為ISO感度、シャッタースピード、絞り値を
己の勘と露出ゲージを見ながら瞬間で切らなければなりません。
元々マニュアルモードで撮ってますがα55、65のように写り具合明るさを事前に教えてくれる機能が無く
これも勉強ですがどれならベストショットを撮れるか試行錯誤の撮影でした。
このアングル、位置を考えると結果オーライかな・・・まだまだ腕が甘いっすね。
DSC_0113_convert_20170316040206.jpg


今度は地下ホームから出てくる列車を。近鉄特急の顔といえば御存知アーバンライナーですね。
8両繋いでてこのしょっとはまずまずでアーバンnextに少しだけ被ったとはいえ上手く撮れたかな・・・。
DSC_0084_convert_20170316035046.jpg


今度は一般色でなくラッピング車で逆光時の撮影で
空が白飛びしないか反対に暗すぎないように露出も+値で撮るのがコツです。
D7200を持ってからの課題は逆光時にどれだけいいのが撮れるかで
旅に出ない休みの日のお出かけでもひたすら練習は今後も続きます。
DSC_0118_convert_20170316040301.jpg


米野駅の列車撮影は特急、普通列車共々色んなのが来るので本当楽しいっすね。
DSC_0127_convert_20170316040246.jpg



17時代にやってきたので賢島からしまかぜが戻ってきました。
デビューして4年を迎え未だ週末を中心に満席になる日もある人気列車。
俺も乗ってみたいと思って数年ですがなかなか機会に恵めれないというより
自由人過ぎて他のを選びがちで外から見る日々は続きそうです(苦笑)
DSC_0122_convert_20170316040234.jpg



大ターミナル名古屋の隣の駅と思えない程申し訳ない位の小柄な駅舎が建っており
目の前は道路で駅前人場も一切ありません。
DSC_0144_convert_20170316040321.jpg


JRの車両所の先にあるあおなみ線のささしまライブ駅を結ぶ歩道橋が出来
こことの距離が短くなり行き来しやすくなりました。
DSC_0153_convert_20170316040602.jpg


その歩道橋の一角からは名駅の高層ビルディングを眺めることが出来ます。
ツインタワーに前回の記事でも出たJRゲートタワー、ミッドランドスクエア、スパイラルタワーと
この10数年で名駅前のビルも大きく様変わりしました。
DSC_0150_convert_20170316035017.jpg


歩道橋も改良工事を行ってて俺が来た1週間後に完了したようで機会があれば
自分の目で確かめつつささしまライブに行ったついでによる可能性が高そうです。
DSC_0156_convert_20170316040620.jpg


空のブルーモーメントの美しさを表現してみましたがα65の時も良いのが撮れてましたが
55の時に比べ夜の時間帯や暗い箇所での撮影でノイズが出まくって購入した当時から1年位は
自分が思い描いた画が撮れず悩んだ時期もありました。
そのことを考えると発展型とはいえやや気難しい65であったと振り返りつつも
中期から後期にかけコントラスト値をマイナス値にしたりセッティングを変えてやって
やっとイメージ通りのが撮れるようになりつつあったと思ったら
4度目の北海道旅目前で愛用のレンズのAF機能使用時に不具合があったりと
本当に波乱万丈で2年位しか経ってないのに何故やねん!と嘆きたくなりました。
D7200で撮ったこの風景は空はもとより雲の形までしっかり再現しています。
これぞ無限大の可能性を持つ機材をゲットできてよかったと今の所は思ってます。
DSC_0155_convert_20170316041630.jpg


光を流れるように近鉄電車が通過する瞬間を撮ってみましたが・・・
明らかに見えてしまいまだまだ甘いと自分の腕の未熟さを露呈してしまいました。
DSC_0157_convert_20170316043221.jpg


気が付けば1時間ほど寒い中いましたが夕暮れから夜に向かおうとしてて
この寂しさもさることながら照明器具の照らし具合が美しく見えました。
DSC_0158_convert_20170316043357.jpg


空も暗くなりライトが灯す名駅ビルディングを向こうに寂しい雰囲気の米野駅ですが
この高層ビル群をじっくり見れる駅はここかなと訪問時に思いながらいました。
ミッドランドスクエアは12月頃ビルのライトがクリスマス使用になるので
イルミネーションシーズンにこのカメラでしっかり撮りたいです。
DSC_0167_convert_20170316043420.jpg



今度の16日にやる日帰り電車旅で本デビューするD7200
天気は傘マークらしきものがついてましたが
早く遠出してたくさん写真バシバシ撮りあかしたい気持ちが抑えきれませんが
大きな旅もお盆の連休にやるので期待度が倍増します。
DSC_0175_convert_20170316043438.jpg




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 近鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 近鉄 ささしまライブ Nikon D7200

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

秋晴れの三岐鉄道の旅 リンク集

 【11//2017】

2016年10月16日
#01 三岐鉄道北勢線 西桑名駅
#02 三岐鉄道北勢線 馬道駅
#03 三岐鉄道北勢線 星川駅、七和駅
#04 三岐鉄道北勢線 ハロウィン仮装のナロウィントレイン 
#05 三岐鉄道北勢線 大泉駅
#06 三岐鉄道北勢線 楚原駅 
#07 三岐鉄道北勢線 終点、阿下喜駅
#08 三岐鉄道 軽便鉄道博物館 【三重県 いなべ市】
DSC04114_convert_20170309065730.jpg
DSC04346_convert_20170305084448.jpg


#09 三岐鉄道三岐線 阿下喜駅から歩き伊勢治田駅へ
#10 三岐鉄道三岐線 保々駅
#11 三岐鉄道三岐線 近鉄富田駅
DSC04450_convert_20170305084348.jpg
DSC04458_convert_20170309065758.jpg



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 鉄道旅リンク集

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 三岐鉄道 近鉄 北勢線 三岐線 ナローゲージ ナロウィン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

三岐鉄道三岐線 近鉄富田駅

 【09//2017】

保々駅を出て途中どこかで下車するはずでしたがそれまでの疲れが出て寝てしまい
気が付いたら起点の近鉄富田に着いてました。
ということでこれが10月旅最終回に入ります。
DSC04463_convert_20170209104205.jpg



乗ってきた列車は折り返し西藤原へと向かいますがこの顔近江鉄道で
見たことありますが西武のお古を譲渡されここで第二の人生を送っています。
がカラーリングもオレンジを加え雰囲気も明るく見えますね。
DSC04464_convert_20170209104348.jpg


時刻表と三岐線の主な見どころが載っています。
本数は時間帯によって一部区間運転もありますが終点西藤原まで向かう列車が多いようです。
阿下喜から歩いて伊勢治田まで行きおまけで乗ったのに
三岐線旅は中途半端に終わった感は否めませんでした。
DSC04462_convert_20170209104422.jpg


数十分後に来た折り返しの列車はまさしく西武顔でした。
この顔次来たときはじっくり見れることを楽しみにしたいです。
DSC04481_convert_20170209104440.jpg



ホームは2面3線。名古屋方面に三岐線ホームがあります。
DSC04465_convert_20170209104702.jpg

DSC04473_convert_20170209104744.jpg



造り付けの長椅子もかなり年季が入ってて長い時を重ね今日まで
この場所の人や列車達を見守ってきた生き証人のように見えます。
DSC04475_convert_20170209105106.jpg



一度外に出ますが窓口には三岐鉄道乗車券販売と書かれてますが
三岐鉄道のきっぷはここで買うことが出来ます。
次回三岐線乗る時はこっちで買えばいいということですね。
DSC04467_convert_20170209104905.jpg


鯨の形状を模した面白い駅舎が建ってましたがかなり新しいです。
この駅舎を見るのは初めてでいつ頃出来たのかと考えてました。
DSC04468_convert_20170209104919.jpg


踏切わたって反対側は元々ある駅舎です。
こちらは初めて見た時からずっとあったようですが駅前はすぐ道があり
広場はこちらにありません。
それを考えるとさっきいた場所に出来てよかったかもしれませんね。
DSC04470_convert_20170209104947.jpg


踏切から名古屋方面の線路を見渡すと一番左がさっきまで乗ってた三岐線
残りが近鉄名古屋線です。この先に鉄橋があり関西線をオーバークロスしますが
急な曲線で駅に入る時は制限速度を受けゆっくりと入っていきます。
DSC04469_convert_20170209105242.jpg



1番のりばは伊勢志摩・大阪方面ホームで古レールの支柱が使われてますね。
DSC04471_convert_20170209105002.jpg


とそこへ特急が通過していきました。がこの駅は用地の関係で退避施設が設けれず
名古屋線ダイヤ作成上ネックとなり悩ませています。
そのため急行は少なくとも四日市かその先の塩浜まで先着するしかありません。
DSC04477_convert_20170216003717.jpg



数分後には普通列車がきました。行き先の白塚は津市にある駅で
白塚検車区があり運用上拠点となる駅であります。
機会があれば訪問してみたいですが近鉄線は広域な上4100円のフリー切符を買っても
結構西の方ばかり優先させてしまいがちなのでどこかで名古屋線の旅もしたいですが・・・。
DSC04485_convert_20170216003746.jpg


再び名古屋方面ホームに戻るとモニュメントがありました。
これは一体何なんでしょう・・・。
DSC04486_convert_20170216003930.jpg


三岐線ホームの向こうには学校があり部活動で汗を流す学生の元気な声が聞こえてきて
俺も30代折り返しが近づいてきましたが専門学校時代の熱かったあの頃を思い出してました。
DSC04479_convert_20170216003632.jpg



という思い出に浸る間もなく疲れもあったのでこのまま急行名古屋行きで帰ることにします。
DSC04491_convert_20170216003830.jpg



10月旅は最初から最後まで素晴らしい青空の元で短いながらいい旅が出来ました。
この所雨の日があったりとモヤモヤ感があり最後は疲れも出てもう一駅寄りたかったものの
気づいたら終点に着いてたというハプニング?もありました。
三岐鉄道は初めてで北勢線はじっくり見れましたが今度は土木遺産のねじり橋や
めがね橋を駆け抜ける列車の風景やおまけで乗った三岐線をがっつり電車旅したいです。
割と近くにある路線なので手軽にできることを楽しみにしつつお開きとしたいと思います。
いつものように最後までのおつきあいありがとうございました。
DSC04495_convert_20170216003905.jpg



おしまい。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 三岐鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 三岐鉄道 三岐線 近鉄 三重県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

秋晴れの三岐鉄道の旅 三岐鉄道北勢線 西桑名駅

 【16//2017】

2016年10月16日


秋の実りの10月のど真ん中にあたる週末の日でした。
前日夕方前乗りで名古屋にやってきて翌朝6時半過ぎ近鉄名古屋駅に来ました。
DSC04076_convert_20170126060956.jpg


さっそくホームにいた急行列車に乗りますがうれしいことクロスシートの5200系も
繋いでたので速攻で5200系側に乗り出発。
DSC04077_convert_20170126061843.jpg
DSC04081_convert_20170126062125.jpg



20分後桑名に着きました。近鉄・養老鉄道・関西本線が乗り入れる
北勢地方のジャンクション駅で広い構内を所持しています。
DSC04091_convert_20170126062144.jpg


桑名は長島リゾートに近くバスで結ばれています。
スパーランドやなばなの里・温泉・アウトレットなど広大な敷地にいろんな施設があり
東京ディズニーリゾートに次国内で二番目に大きなアミューズメント施設であります。
DSC04101_convert_20170126062202.jpg


駅入口を出てすぐには古めかしいビルがあります。
DSC04104_convert_20170209084849.jpg


朝早くに来たので開店前でしたが日中はこのビルもお昼時で結構な人が来ますが
中を軽く散策してもどことなく昭和の雰囲気が残る数少ない商業施設という印象が残りました。
DSC04105_convert_20170126062219.jpg


駅前ロータリーも広くバス停も整備されてます。3線が乗り入れてることもあり当然かもしれませんが
三重県の中で複数の鉄道線が乗り入れてる中で大きな駅というイメージは強そうです。
DSC04109_convert_20170126063917.jpg


階段を下りるとそこには何とも可愛らしい小さな電車が停まってました。
DSC04112_convert_20170126062233.jpg



桑名駅から西へ300m行った所に西桑名駅があり今回の旅はここから始まります。
DSC04113_convert_20170126062249.jpg

DSC04115_convert_20170126062312.jpg



さっそく中に入ると自動改札機が置かれてました。
北勢線という路線に自動改札と言われてもピンと来なくて場違いな感がします。
イエローとオレンジは三岐鉄道のコーポレートカラーであります。
DSC04117_convert_20170126062332.jpg


ここで今旅で使う三岐鉄道1日乗車券を買いました。
DSC04124_convert_20170126063117.jpg


きっぷ購入の際にもらったパンフレットには後ろに北勢線のあゆみが紹介され
中には沿線マップや見どころなどが載ってます。
土木学会 土木遺産の「ねじり橋」と「めがね橋」の紹介が載ってて
撮影名所としても有名ですね。
DSC04125_convert_20170126063134.jpg



早速ホームへ。1912年北勢鉄道がルーツで三重交通と合併され
1965年から2003年3月まで近鉄北勢線を名乗り同年4月から三岐鉄道の駅になり現在に至ってます。
実は学生の時1度だけこの路線に乗ったことがありまして
当時は存続危機があったことなど全く知らずに乗ってたのが今となっては恥ずかしいくらいでした。
DSC04119_convert_20170126062420.jpg



そして一番の特徴はこれではないでしょうか。
線路幅が762mmのナローゲージといわれる在来線よりも狭い線路幅を持ってます。
三重県内には四日市にこちらも元近鉄のあすなろう鉄道がありますが
終点阿下喜まで20.4キロと一番長い路線であります。
DSC04132_convert_20170126063216.jpg


待合室の中にもナローゲージに関する紹介が書かれています。
新幹線・近鉄の大半の路線はじめが1435mmですがおおよそ半分の線路幅ということになりますね。
DSC04129_convert_20170126063255.jpg       DSC04128_convert_20170126063240.jpg


つい数十分前までいた近鉄桑名駅から特急が発車しました。
サニーカーもビスタカー・ACEと共にリニューアル実施対象車ですので
この色を拝むことは何時まで出来るのでしょうか。
DSC04134_convert_20170126063436.jpg



いよいよ14年ぶりに北勢線を巡る旅が幕を開けます。
あの当時ただ乗っただけからどれだけじっくり巡れるか楽しみですが
今回の旅記録もどうぞ最後までお付き合い下さい。
DSC04133_convert_20170126063452.jpg


つづく。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 三岐鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 三岐鉄道 近鉄 北勢線 ナローゲージ 三重県 桑名市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

阪神電車で神戸へ 大阪難波~神戸三宮

 【21//2017】

2016年9月18日

スルッとKANSAI2dayパスの旅は2日目にして最後の日の朝を迎え
宿泊先の桜川からなんばに行き朝ごはん後大阪難波駅にやってきました。
DSC03633_convert_20161222075643.jpg


これから8:14発快速急行・神戸三宮行きに乗ります。
DSC03637_convert_20161225071725.jpg


この日の最初の相手は近鉄のシリーズ21グループの9820系でした。
特急車が22600系が出たのに対しこの形式を最後に出てないのが気がかりです。
DSC03639_convert_20161225071844.jpg


地下区間から地上に入って最初の西九条駅。
2009年春になんば線が開業されるまで長らく終着駅でありました。
DSC03643_convert_20161225071903.jpg


阪神なんば線名物にして名所といえば川すれすれを走る鉄橋ですね。
天気は良くないのでこの日の波乱を予感させる曇り空でした。
DSC03645_convert_20161225072108.jpg



途中尼崎で梅田方面の列車と接続の為4分停まります。
DSC03658_convert_20161225072122.jpg


阪神電車の名車5500系は阪神淡路大震災が起きた1995年秋に登場したジェットカーの
愛称がついてる車両であります。駅区間が短い阪神本線では初動からの加速が重要で
4キロと高性能ですが先代の5001形は4.5キロとどんだけダッシュ力あるねんと感じますね。
5000グループは今後ジェットシルバー5700系の登場でどうなるか気になります。
DSC03656_convert_20161226054250.jpg


武庫川駅は文字通り武庫川の河川上の鉄橋にある駅です。
一昨年7月に訪問しましたがあの時乗れなかった武庫川線乗車はいつのことか・・・。
DSC03659_convert_20161226062933.jpg


甲子園駅もホームが改装されきれいになりました。
甲子園球場内にある野球資料館に行って阪神タイガースの歴史を
見学するだけでほぼ1日とってしまいそうですが行きたいです。
DSC03660_convert_20161226062945.jpg


西宮・芦屋を過ぎ御影駅をゆっくりとしたスピードで通過します。
梅田から来る特急は停まりますが近鉄からなんば線経由で来る快速急行は停まりません。
再訪した時はゆっくり駅巡りしたいです。
DSC03666_convert_20161226063527.jpg


予想通りとこの日は天気予報でも言ってましたが雲天で六甲山麓も雲でてっぺんの様子は
うかがうことはできませんでした。この車窓から住宅地の風景を眺めれますが
阪急は高級住宅が続いていきまして
阪神は短く「待たずに乗れる阪神電車」の通り列車本数もとても多いです。
DSC03667_convert_20161226063608.jpg


45分後の8:58神戸三宮駅に着きました。一昨年7月以来1年ちょっと振りの訪問であります。
DSC03669_convert_20161226073558.jpg


乗ってきた列車は折り返し奈良へ向かいますが車体長20mの近鉄所属車が現段階で
乗り入れれるのはここまでです。一時期噂になった近鉄特急が姫路まで直通するという話を
最近聞かなくなったのですが特急料金の設定や諸問題が重なったのかもしれません。
DSC03670_convert_20161226073656.jpg



到着後に来た姫路方面の列車は阪神の9300系でした。
配色がリニューアル後の8000系と同一でめったに見ない車両というイメージが
俺の中で強く少ない編成なら9000系の方が会う回数は多いです。
須磨浦公園行きもたまに見ますがLED化されてる行先表示が幕式タイプなのがいいですね。
DSC03674_convert_20161226073727.jpg


反対のホームにやってきた梅田行きは山陽電車の車両でした。
阪神電鉄は近鉄山陽電車と相互運転をしている関係で梅田から山陽姫路まで直通特急を運転しています。
途中神戸高速線を通過する関係で運賃・所要時間で後塵を拝するも
JRとは違った電車旅を楽しめれます。
DSC03671_convert_20161226073711.jpg


列車の一部分には阪神タイガースの副標が掲示されてました。
因みにこの日は甲子園球場で巨人戦が行われる予定でしたが雨で中止となりました。
前日行われた横浜DeNA戦で敗れCS出場権を逃しBクラスが決定してしまい
虎党の俺も去年ほど阪神が試合に負けて悔しいと思った年はありませんでした。
それでも若い選手がいっぱい出てきて価値のある1年であったと振り返ってます。
高山・北条・原口・岩貞・青柳と今年はさらに飛躍を期待したいです。
中でも原口を応援してて育成枠から支配下に返り咲き5月の月間MVPに輝きましたが
開幕からどっしりと扇の要に座り持ち味のバッティングも去年以上に打ちまくって欲しいっす。
DSC03672_convert_20161226073740.jpg


壁にはインターネット・スマートフォンから見れるタイガース動画虎テレの広告がありました。
去年初めて2桁勝利をあげれなかった藤浪は見ててどうしたんやという気持ちで見てました。
7月8日の広島戦で立ち上がりから不安定で8回8失点喫し161球要した試合では
投げさせすぎや懲罰とか批判がありましたが俺に言わせれば同じミスを続けたから当然やろと言うのと
球数が多すぎるのが気になってました。
去年の悔しさを晴らすと共に球界を代表するエースになって欲しいですし
同い年の大谷が投打(特に打つ方で)で大活躍しましたね。
大谷何かに負けてたまるかっ!という気持ちで行って欲しいです。
DSC03668_convert_20161226073759.jpg



つづく。



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 阪神

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 阪神 近鉄 阪急 山陽電車 阪神タイガース 兵庫県 神戸市

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。