2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鹿児島本線 博多駅から北九州市内へ

 【01//2017】

旅行3日目の記事が始まったのが5月末でしたが終わるのに1ヶ月かかり
その間連勤や用事が重なり疲れが溜まって休むことに専念したこともあり
いつもならもう終わってるはずのお話が未だ続き
今日から2017年後半入るのに続いてるなんてあり得ないと思いながら編集してました。



2017年1月1日

という前置きはここまでにしまして最終日のお話へまいりましょう。
天神で年越しし2017年スタートは西鉄福岡駅で過ごしホテルに戻ったのは2時でした。
といいますのも南天神駅から天神駅に戻るまで時間がかかり
改札口にたどり着いたら乗りたかったはずの列車は行ってしまい次の博多方面の列車が
1:40まで待たなければならなかったのが理由でした。

朝起きたのがやや遅く8時半で急いで支度しホテル出たのが9時半
これも前日同様というか2日目後半からの流れが続いてるようでした。
DSC06536_convert_20170529105512.jpg


とりあえず博多駅の方へ歩いていきます。
目の前には薬院から天神南までちょこっと乗った七隈線の延伸工事が行われてました。
DSC06530_convert_20170529105421.jpg


駅に近づいてますがこの交差点の先には新しく舗装されましたが
そうです。去年11月8日午前5時に陥没事故があった場所です。
俺もネットのニュースや新聞で見ましたが目の前にコンビニがありますが
とてつもなく恐ろしいことが起こってしまったと振り返ってます。
それでも1週間で元の道に戻したことで日本の底力と賞賛されてましたが
延伸工事してるとはいえこの道を通る人たちの安全はしっかり守ってもらわんといかんです。
DSC06544_convert_20170529105254.jpg


結局博多駅に戻ってきたのは朝10時前でした。
この日の内に帰らなければならずちょっと寝過ごしたかなと反省してます。
DSC06547_convert_20170529105352.jpg


これから乗るのは10:22発快速門司港行き。813系の後期増備車両が相棒です。
DSC06559_convert_20170529111039.jpg


滞在時間は短かった博多とはここでお別れです。
博多、天神久しぶりに楽しめたでぇ。いつの日か再訪するばい!
DSC06560_convert_20170529111102.jpg


博多から北九州市内に向かいますが九州内で降りれる駅は後1駅位と考えてました。
DSC06568_convert_20170529111144.jpg



DSC06563_convert_20170529111124.jpg


降りれないにしても停車駅の様子は少しでも記録しておこうとシャッターを切ってました。
福岡市東部にあり副都心の機能をもつ香椎駅。小倉から鹿児島本線で来た場合
ここまでくると福岡市に入ったなと思わせる雰囲気があります。
ここは香椎線の乗換駅で海ノ中道・西戸崎方面と長者原、宇美方面に向かいます。
DSC06573_convert_20170529111635.jpg


福間駅では普通列車との緩急接続が行われてました。
福岡近郊も大都市圏同様に見られる鐵道風景がここにあります。
DSC06579_convert_20170529111716.jpg


福間を過ぎるとトンネルを過ぎのどかな区間に入り途中特急ソニックと離合。
883系は青いメタルカラーをまとった無骨な車両というイメージが合いますが
車内は遊び心満点の列車です。
DSC06583_convert_20170601042445.jpg



車内は博多から乗車した人達が多く座席は全て埋まってて立客もいました。
元旦とはいえ侮れず初詣やお出かけの人もいたようです。
DSC06577_convert_20170529111655.jpg


再び遠賀川の鉄橋を渡り北九州市内へと向かっていきます。
DSC06585_convert_20170601042538.jpg


カメラには収めたものの納得する画ではなかったのでカットしますが
手前にある遠賀川駅は古い駅舎と山陽本線で幾度となく見た古い跨線橋がある駅です。
次回九州に行く機会があれば訪問してみたい駅リストに入れておきました。
駅リストと乗車リストでいえば筑豊本線、西鉄電車、筑肥線(姪浜~唐津)も入れなくてはいけませんね。
DSC06587_convert_20170601042555.jpg


水巻を過ぎると次は折尾ですが着く直前には高架線につながる線路があり
この日の営業終了後翌日の始発までの短い時間で切り替え作業が行われます。
降り立ててよかった一方次に来るときは今回見た風景が無くなる
寂しさを隠しながら通過していきます。
DSC06588_convert_20170601042719.jpg


これが旧折尾駅ホームで見る最後のシーン。
前日昼にじっくり時間かけて訪問したのでわずかな停車時間を使い別れを惜しみました。
この記事が出てる現在隣に出来た新ホームで列車の往来しこのホームは跡形も無くなってるでしょう。
DSC06590_convert_20170601042825.jpg



北九州市内に入り折尾、黒崎と続き八幡駅まで来ました。
DSC06593_convert_20170601044353.jpg


ここで通過列車の待ち合わせの為4分ほど停まります。
九州の快速列車が通過列車の待ち合わせを受ける立場は正直ピンと来ませんが・・・
となれば即席駅巡りをしましょう。
DSC06594_convert_20170601044409.jpg


ホームは2面4線。ホーム長も幅も広く北九州市八幡東区の代表駅でありますが
八幡と聞くと真っ先に思いつくのは八幡製鉄所ではないでしょうか。
八幡区が1つの大きな区であるのかなと思ったんですが八幡西区と東区と両方あり
恥ずかしながら俺も全く知りませんでした。
DSC06597_convert_20170601044443.jpg


駅前は住宅地が形成されてまして反対側は工業地帯縮小され商業施設が形成されてます。
DSC06600_convert_20170601045320.jpg


その通過した列車は787系のきらめきでした。博多から小倉・門司港間の特急といいますと
新八代まで走ってたリレーつばめや熊本まで走ってた有明のイメージが強かったんですが
九州新幹線全通により編入された列車です。
その787系も今年でデビュー25年を迎えました。
DSC06601_convert_20170601045339.jpg


1990年オープンしたスペースワールドは今年いっぱいで閉園となり
福岡県を代表するテーマパークでしたが今後はどのようになるか気になります。
DSC06604_convert_20170601045402.jpg


1時間かけ2017年最初の?訪問駅に着きましたが時計の針は既に11時半を過ぎてました。
DSC06605_convert_20170529111230.jpg




本日のNikon D7200。
名鉄東岡崎駅で見たレトロな百貨店の看板です。
この看板と駅ビルはいつまで見れるか気になりますが1日も長く見れることを祈ります。
DSC_0111_convert_20170420033342.jpg


つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: JR九州

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR九州 鹿児島本線 福岡県 陥没事故

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。