2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

年末年始18きっぷの旅2016-2017 リンク集

 【08//2017】

2016年12月29日
#01 東海道・山陽本線 長い旅の幕開けは一気に福山駅へ
#02 山陽本線 糸崎駅
#03 山陽本線 糸崎、三原~西条駅
#04 山陽本線 西条駅~広島駅
#05 夜の広電-1 広島駅前~八丁堀
#06 夜の広電-2 広島カープ2016セ・リーグ優勝記念ラッピング電車
DSC05291_convert_20170703073140.jpg
DSC05534_convert_20170703073215.jpg



2016年12月30日
#07 山陽本線 広島県から山口県へ
#08 山陽本線 大畠駅
#09 山陽本線 柳井駅
#10 白壁の町並み 【山口県 柳井市】
#11 山陽本線 下松駅
#12 山陽本線 徳山駅
#13 山陽本線 戸田駅
#14 山陽本線 周防灘を眺め新山口駅へ
#15 山陽本線 下関駅
#16 約5年ぶりの九州上陸 下関~門司駅、小倉駅で2日目終了
DSC05760_convert_20170703080736.jpg
DSC05934_convert_20170703080705.jpg



2016年12月31日
#17 鹿児島本線 門司港駅
#18 門司港駅舎保存修理工事
#19 門司港レトロ散策 【福岡県 北九州市】
#20 鹿児島本線 折尾駅
#21 鹿児島本線 折尾駅~いざ博多へ
#22 鹿児島本線 九州最大のターミナル博多駅
#23 JR九州シティ博多 つばめの杜ひろば
#24 福岡市交通局 地下鉄空港線 福岡空港駅
#25 串カツ専門 ギンザラの串カツ食べ放題 
#26 西鉄大晦日・元旦終夜運転 西鉄福岡駅、薬院駅
DSC06186_convert_20170703080841.jpg
DSC06311_convert_20170703080759.jpg



2017年1月1日
#27 鹿児島本線 博多駅から北九州市内へ
#28 鹿児島本線 西小倉駅
#29 2度目の18旅の終わり 山陽新幹線、山陽・東海道本線 小倉~姫路、大阪~愛知県

約5年振りに訪問しましたが短いながらもいい旅が出来ました。
今週の九州豪雨で亡くなられた方の御冥福をお祈りし
被害にあった地域が復旧出来ることを祈るだけです。
DSC06659_convert_20170622061924.jpg



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 鉄道旅リンク集

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 JR九州 山陽本線 鹿児島本線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

鹿児島本線 西小倉駅

 【03//2017】

前回のつづき。

博多を出て1時間弱。小倉の一つ前の西小倉駅まで戻ってきました。
駅名標のイラストは小倉城が描かれてました。
DSC06606_convert_20170601072901.jpg


残り時間と時計とにらめっこしながら駅をめぐります。
3面5線あるホームは鹿児島本線日豊本線がここで分岐します。
両線が再開するのは400キロ以上離れた鹿児島駅です。
DSC06613_convert_20170601085657.jpg


DSC06608_convert_20170601082041.jpg


とそこへ811系の荒尾行きが入ってきました。
この車両も大掛かりなリニューアルされると聞き噂を知りながら待ってましたが
第一弾の公開時それまでの転換クロスシートからロングシートに替えられたことを知った時がっかりしました。
着席サービスより詰め込むことしか考えてないんかなと考えてしまい
もし当たったら次の列車にするか813系来るまで待つと意思表示を出しかねません。
DSC06612_convert_20170601085714.jpg



ついさっきまで通ってきた鹿児島本線と山陽新幹線の高架橋がここでクロスし
新幹線は内陸部の長大トンネルを突破していきます。
小倉~博多は500系のぞみが走ってた時代最後の区間でこの場所をゆっくり走り
トンネル内から急加速し気分爽快なまでの走行を楽しんだのを思い出します。
DSC06620_convert_20170601085843.jpg



このカーブから先は日豊本線で別府、大分、宮崎県を経て鹿児島までを結びます。
佐伯を過ぎると延岡に向かう途中18きっぷ愛好家泣かせの宗太郎越えが待ってて1日3往復しかない
超閑散路線が待ってまおり特急列車の方が圧倒的に本数が多い区間であります。
DSC06619_convert_20170601090015.jpg


そのカーブをきって新田原行きが南下していきます。
新田原と書き福岡県では「しんでんばる」と読みますが我々東海地方に住んでると
渥美半島に田原市があるので「たはら」と読んでしまいます。
DSC06622_convert_20170601090141.jpg


もう一つの見所は特急ソニックが小倉で交わり両列車が入れ替わりで博多へ向かい
日豊本線で地獄めぐりの別府、大分へ向かっていきます。
DSC06614_convert_20170601085730.jpg


DSC06616_convert_20170601085748.jpg


両列車がわずか1キロの間にじっくり見れるのもこの駅のポイントですね。
DSC06636_convert_20170605120640.jpg


再び高架橋に目をやると新幹線が通っていきます。
N700も登場から10年が経ち次世代のN700Sの製造に向けデザインが公開されましたね。
となるとカモノハシと言われた700系も引退に向かってるということです。
レールスターも500系もカウントダウンが今にも始まりそうな雰囲気ですが・・・。
DSC06621_convert_20170601090343.jpg



跨線橋から見ても小倉駅はもう目の前に見える位置に立地してることが分かる画ですね。
DSC06626_convert_20170601090400.jpg




コンコースの乗り場案内に田川後藤寺、日田と載ってますがこれは
この先城野駅から分岐してる日田彦山線というローカル線へ向かいますが
列車自体は小倉が起点で城野が路線起点であります。
DSC06617_convert_20170601090420.jpg


商業施設の再開発により出来た橋上駅舎が建ってて真新しいまではいかないものの
なかなかのデザインな駅でした。
DSC06629_convert_20170605120528.jpg


中から見るとガラス張りで開放感があり見た限り窓枠に木材が使われてるように見えます。
これもJR九州らしい駅ではないかと。
DSC06628_convert_20170605120550.jpg


滞在時間約40分ほどで博多から来た列車に乗ります。
DSC06638_convert_20170605120704.jpg


日豊本線からも小倉行きが同時発車したので一緒に小倉駅に向かってました。
おーっと415系と813系が1キロにも満たない隣の小倉へと向かってる
並んで同時到着か鹿児島本線から来た列車は8連の長くたくさんの人を乗せ
日豊本線は3連と身軽さが売りどっちが先に着くのかわからないデッドヒートだ!
という実況が脳内で浮かびました。
DSC06639_convert_20170605120801.jpg



1キロにも満たない小倉駅に戻ってきてあっという間だったなと振り返ってます。
DSC06644_convert_20170605120829.jpg


改札を出ると北九州モノレールが入線してきました。
2日前の夜は見れなかったものの最後の最後で見ることが出来ました。
DSC06647_convert_20170605121020.jpg


元旦正午の小倉駅前は人通りのが多くこの時期はもっと寒いはずなのに
穏やかに晴れ渡ってちょっと暖かったです。
DSC06648_convert_20170605121053.jpg



休憩も兼ね小倉駅近くのショッピングモールに行った後
昼ご飯は美味しい豚骨ラーメンをいただきました。
九州内の電車旅はこれで終わり後は名古屋へ帰るのみとなりました。
Photo_taken_on_2017-01-01_13-17-18_convert_20170518040218.jpg



本日のNikon D7200。
夕陽を浴びながら名鉄知立駅を発車する列車。
DSC_0183_convert_20170420033010.jpg


年末年始18きっぷの旅は次が最終回です。



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR九州

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR九州 鹿児島本線 日豊本線 福岡県 北九州市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

鹿児島本線 博多駅から北九州市内へ

 【01//2017】

旅行3日目の記事が始まったのが5月末でしたが終わるのに1ヶ月かかり
その間連勤や用事が重なり疲れが溜まって休むことに専念したこともあり
いつもならもう終わってるはずのお話が未だ続き
今日から2017年後半入るのに続いてるなんてあり得ないと思いながら編集してました。



2017年1月1日

という前置きはここまでにしまして最終日のお話へまいりましょう。
天神で年越しし2017年スタートは西鉄福岡駅で過ごしホテルに戻ったのは2時でした。
といいますのも南天神駅から天神駅に戻るまで時間がかかり
改札口にたどり着いたら乗りたかったはずの列車は行ってしまい次の博多方面の列車が
1:40まで待たなければならなかったのが理由でした。

朝起きたのがやや遅く8時半で急いで支度しホテル出たのが9時半
これも前日同様というか2日目後半からの流れが続いてるようでした。
DSC06536_convert_20170529105512.jpg


とりあえず博多駅の方へ歩いていきます。
目の前には薬院から天神南までちょこっと乗った七隈線の延伸工事が行われてました。
DSC06530_convert_20170529105421.jpg


駅に近づいてますがこの交差点の先には新しく舗装されましたが
そうです。去年11月8日午前5時に陥没事故があった場所です。
俺もネットのニュースや新聞で見ましたが目の前にコンビニがありますが
とてつもなく恐ろしいことが起こってしまったと振り返ってます。
それでも1週間で元の道に戻したことで日本の底力と賞賛されてましたが
延伸工事してるとはいえこの道を通る人たちの安全はしっかり守ってもらわんといかんです。
DSC06544_convert_20170529105254.jpg


結局博多駅に戻ってきたのは朝10時前でした。
この日の内に帰らなければならずちょっと寝過ごしたかなと反省してます。
DSC06547_convert_20170529105352.jpg


これから乗るのは10:22発快速門司港行き。813系の後期増備車両が相棒です。
DSC06559_convert_20170529111039.jpg


滞在時間は短かった博多とはここでお別れです。
博多、天神久しぶりに楽しめたでぇ。いつの日か再訪するばい!
DSC06560_convert_20170529111102.jpg


博多から北九州市内に向かいますが九州内で降りれる駅は後1駅位と考えてました。
DSC06568_convert_20170529111144.jpg



DSC06563_convert_20170529111124.jpg


降りれないにしても停車駅の様子は少しでも記録しておこうとシャッターを切ってました。
福岡市東部にあり副都心の機能をもつ香椎駅。小倉から鹿児島本線で来た場合
ここまでくると福岡市に入ったなと思わせる雰囲気があります。
ここは香椎線の乗換駅で海ノ中道・西戸崎方面と長者原、宇美方面に向かいます。
DSC06573_convert_20170529111635.jpg


福間駅では普通列車との緩急接続が行われてました。
福岡近郊も大都市圏同様に見られる鐵道風景がここにあります。
DSC06579_convert_20170529111716.jpg


福間を過ぎるとトンネルを過ぎのどかな区間に入り途中特急ソニックと離合。
883系は青いメタルカラーをまとった無骨な車両というイメージが合いますが
車内は遊び心満点の列車です。
DSC06583_convert_20170601042445.jpg



車内は博多から乗車した人達が多く座席は全て埋まってて立客もいました。
元旦とはいえ侮れず初詣やお出かけの人もいたようです。
DSC06577_convert_20170529111655.jpg


再び遠賀川の鉄橋を渡り北九州市内へと向かっていきます。
DSC06585_convert_20170601042538.jpg


カメラには収めたものの納得する画ではなかったのでカットしますが
手前にある遠賀川駅は古い駅舎と山陽本線で幾度となく見た古い跨線橋がある駅です。
次回九州に行く機会があれば訪問してみたい駅リストに入れておきました。
駅リストと乗車リストでいえば筑豊本線、西鉄電車、筑肥線(姪浜~唐津)も入れなくてはいけませんね。
DSC06587_convert_20170601042555.jpg


水巻を過ぎると次は折尾ですが着く直前には高架線につながる線路があり
この日の営業終了後翌日の始発までの短い時間で切り替え作業が行われます。
降り立ててよかった一方次に来るときは今回見た風景が無くなる
寂しさを隠しながら通過していきます。
DSC06588_convert_20170601042719.jpg


これが旧折尾駅ホームで見る最後のシーン。
前日昼にじっくり時間かけて訪問したのでわずかな停車時間を使い別れを惜しみました。
この記事が出てる現在隣に出来た新ホームで列車の往来しこのホームは跡形も無くなってるでしょう。
DSC06590_convert_20170601042825.jpg



北九州市内に入り折尾、黒崎と続き八幡駅まで来ました。
DSC06593_convert_20170601044353.jpg


ここで通過列車の待ち合わせの為4分ほど停まります。
九州の快速列車が通過列車の待ち合わせを受ける立場は正直ピンと来ませんが・・・
となれば即席駅巡りをしましょう。
DSC06594_convert_20170601044409.jpg


ホームは2面4線。ホーム長も幅も広く北九州市八幡東区の代表駅でありますが
八幡と聞くと真っ先に思いつくのは八幡製鉄所ではないでしょうか。
八幡区が1つの大きな区であるのかなと思ったんですが八幡西区と東区と両方あり
恥ずかしながら俺も全く知りませんでした。
DSC06597_convert_20170601044443.jpg


駅前は住宅地が形成されてまして反対側は工業地帯縮小され商業施設が形成されてます。
DSC06600_convert_20170601045320.jpg


その通過した列車は787系のきらめきでした。博多から小倉・門司港間の特急といいますと
新八代まで走ってたリレーつばめや熊本まで走ってた有明のイメージが強かったんですが
九州新幹線全通により編入された列車です。
その787系も今年でデビュー25年を迎えました。
DSC06601_convert_20170601045339.jpg


1990年オープンしたスペースワールドは今年いっぱいで閉園となり
福岡県を代表するテーマパークでしたが今後はどのようになるか気になります。
DSC06604_convert_20170601045402.jpg


1時間かけ2017年最初の?訪問駅に着きましたが時計の針は既に11時半を過ぎてました。
DSC06605_convert_20170529111230.jpg




本日のNikon D7200。
名鉄東岡崎駅で見たレトロな百貨店の看板です。
この看板と駅ビルはいつまで見れるか気になりますが1日も長く見れることを祈ります。
DSC_0111_convert_20170420033342.jpg


つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR九州

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR九州 鹿児島本線 福岡県 陥没事故

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福岡市交通局 地下鉄空港線 福岡空港駅

 【22//2017】

前回のつづき。


ホテルにチェックインし少し休憩をとり次はどうしようか考えまして
キャナルシティに行こうか考えましたが・・・。
DSC06423_convert_20170525070334.jpg


大晦日で営業時間が終わるのがいつもより早いことがわかってたので断念し
悩んだ末地下鉄でふらっと出ることにしました。
DSC06427_convert_20170525070350.jpg



DSC06426_convert_20170525070406.jpg


どこまで行くのかははっきりしてませんでしたが乗り降り自由な方がいいと思い
フリーきっぷを買ってホームへやってきました。
DSC06428_convert_20170525070924.jpg



ホームに来てから数分後に姪浜行きがやってきて
ホークスタウンに近い西新に行くのもいいかなと考えてましたが・・・。
DSC06432_convert_20170525071016.jpg


あえて反対方向に向かうことにしまして相棒はJR九州の305系がやってきました。
この顔を見ると国鉄時代に造られた通勤車の顔をしてるようで
今風にアレンジした車両であります。俺自身も気に入りました。
DSC06433_convert_20170525071035.jpg



隣は言わずと知れた博多。もう一つ先へ行くと東比恵(ひえ)駅に停まります。
ホームの雰囲気は見た感じ明るい印象でした。
名古屋の地下鉄は駅によっては改装され明るい雰囲気の駅もありますが
開業当時のままで神戸高速線の薄暗い雰囲気のホームも残ってます。
DSC06434_convert_20170525071147.jpg


車内は流石と言ってもいいほどの水戸岡マジック炸裂の内装で
ロングシートの通勤車とはいえ床やシートの座面といい遊び心満点ですね。
同じようなのばかりじゃ飽きやすい俺もこれなら退屈にならないです。
DSC06437_convert_20170525071128.jpg



そのまま福岡空港駅にやってきました。ここに来るのは初めてです。
DSC06443_convert_20170525071230.jpg


乗ってきた列車は折り返し唐津行きとなります。
姪浜までは福岡市交通局が担当しそこから西はJR筑肥線に変わり
佐賀県の西唐津まで結ばれてます。
九州は電化されてる路線はほぼ交流電化線ですが筑肥線は唯一直流電化されてる路線であります。
DSC06441_convert_20170525071252.jpg


DSC06436_convert_20170525071113.jpg


島式のホームは幅もそれなりにあって普段は空港の利用者で賑わうはずですが・・・
大晦日の夜ということもあり静かな時間が過ぎてるようでした。
DSC06449_convert_20170525071357.jpg



改札機の台数や1台ごとの幅が証かしているようで空港客に対応した造りをしてます。
DSC06450_convert_20170525071802.jpg


DSC06451_convert_20170525071900.jpg


ここまで来てそのまま折り返すのも勿体ないのでエスカレーターで上に行きます。
DSC06454_convert_20170525071928.jpg


国内線の出航時間の便も終わりが近づきこちらも2016年ラストフライトへ向かってるようでした。
DSC06452_convert_20170525071913.jpg


普段は賑わうはずですがここも人の流れがなく静かに時を刻んでるANA搭乗カウンターでした。
これもこの時期にしか味わえない風景かもしれませんがちょっと寂しいです。
DSC06459_convert_20170525072323.jpg


JALコーナーには合格祈願を祈るボードがありました。
年が明けて半月後には大学のセンター試験や高校の推薦入試などが始まり
学生さんが必死になって頑張ってきた成果が試される場であります。
太宰府天満宮は学問の神様として信仰されたくさんの人が訪問される場所です。
DSC06460_convert_20170525072417.jpg


空港内から表に出るとそこは車の流れがとめどなく続いてて送迎の人達で混んでました。
その先にはもう一つのターミナルがあります。
DSC06456_convert_20170525072215.jpg


はじめての福岡空港散策しはじめて30分。
上には展望室や見送りのデッキもあり行こうか考えてましたが・・・。
DSC06465_convert_20170525072433.jpg


そうすると年越し時間に間に合わなくなる可能性もあり諦めて姪浜行きの列車に乗りました。
この時点で2017年に入るまで残り3時間弱となりました。
DSC06467_convert_20170525072455.jpg


本日のNikon D7200は4月に撮った夜のあすなる金山の風景。
夜間の時間帯に撮りましたがα65と比べようが無い位ノイズが少なく素晴らしい写真が撮れました。
DSC_0528_convert_20170529091900.jpg



つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福岡市交通局

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福岡市交通局 JR九州 筑肥線 福岡県 福岡空港 大晦日

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

JR九州シティ博多 つばめの杜ひろば

 【20//2017】

前回のつづき。

ようやく博多駅に着き列車撮りも終えましたが駅屋上に行きたかったのでそこへ向かいます。


エレベーターで10階へ行きエスカレーターで上がると屋上庭園の
つばめの杜ひろばがあり前回2012年訪問した時も来た場所です。
DSC06393_convert_20170525060236.jpg


DSC06394_convert_20170525060220.jpg


このアートは博多駅コンコースの柱に描かれてるのと同じものです。
森をイメージしていますが木から枝分かれし無数の葉っぱが描かれてますね。
DSC06396_convert_20170525060254.jpg


庭園には鉄道神社なる安全を祈願する場所があります。
がよく見ると両サイドにあった表参道という露店みたいなものが無くなってました。
DSC06397_convert_20170525060315.jpg


それでも本物の神社のように境内の中を歩いてるようでした。
DSC06398_convert_20170525064427.jpg


たどり着くと鉄道神社本堂?で次の日も安全であることと
と来年も楽しい旅が出来るようにと祈願しました。
DSC06401_convert_20170525062507.jpg



DSC06399_convert_20170525062450.jpg


そしてつばめの杜といえばここ展望スペースへ。
よく見ると飛行機が近くの福岡空港に着陸態勢に入ってますね。
飛行機の離陸するシーンを眺めれるスポットであります。
DSC06404_convert_20170525064444.jpg



一番眺めのいい場所から博多湾はじめ博多駅前の様子を見ることが出来ます。
DSC06406_convert_20170525064518.jpg


方角を変えると福岡タワーや福岡ダイエー(←古いっちゅーねん!爆)
いや、ソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドームが見えます。
目の前にはキャナルシティ隣接のホテルや天神地区のビルが見れます。
DSC06408_convert_20170525064531.jpg


時間も5時半を過ぎ日の入りへと向かいます。
そしてこれは2016年最後の日の入りを迎えてるのであります。
一般的に初日の出はよく聞かれますが大晦日の日の入りは特別な言葉がなく
古舘伊知郎みたくなんかポンと新しいフレーズを無理やり造りたくなる俺ですが・・・(苦笑)
展望デッキから1年の締め、年越しへ向かう夕日をしっかり焼き付けてました。
ちょうど1年前札幌にいましたが翌日小樽から文字通りいばらの道を通って
函館に戻ったまではよかったんですがそこで大きな代償を負ってしまい体調不良と
回復したとしても再発するのではという不安との格闘の1年が待ってました。
今も日によって不安定な時がありこれからは付き合いながら行かざるおえず
無理して編集するよりも休めることも必要であることを身に染みるこの頃です。
今月は1週間更新がなかったりとみなさんには迷惑かけ申し訳ないですが
身体が資本ですからぼちぼちでいかないかん時はお許し下さい。
DSC06410_convert_20170525064548.jpg


ここではつばめ電車とくろ電車のミニ電車ののりばがあり
子供から大人まで楽しめるスペースです。
DSC06412_convert_20170525064647.jpg


庭園にいる時時々小さな汽車が走っててポッポーと音を出してるようで
時刻表も乗ってて家族連れの人たちが楽しんでました。
DSC06413_convert_20170525064728.jpg



2016年最後の日の入りの儀式が終わった後はご覧の通り夜になりました。
実際迎えると年越しまで一気に進んでくのかと毎年感慨に浸る自分がいます。
DSC06415_convert_20170525064816.jpg


滞在時間30分程で下へ降りましたがこの日は18時までの営業で博多阪急も閉店の音楽が流れてましたが
滑り込みながら屋上の庭園に再訪出来日の入りの瞬間を見れて言うことありません。
DSC06418_convert_20170525064836.jpg


1時間前の日の入り前に見た場所へもう一度。
イルミネーションは日の入り後から日付を跨ぐまでが見時で名駅の大通り沿いで
見かけた時もこのライトアップが街中に照らし出したら1年の終わりが近づくのを毎年見届けてます。
DSC06421_convert_20170525064912.jpg


街路樹にもホワイトLEDの灯りが見ながら今夜泊まるホテルへ向かいました。
DSC06425_convert_20170525064851.jpg



本日のNikon D7200も6月の電車旅からの1枚です。
海の見える駅で有名な東海道本線・根府川駅にて。
DSC_4972_convert_20170614095519.jpg



つづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福岡

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR九州 福岡県 福岡市 博多駅 大晦日

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。