2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:神戸電鉄 の記事リスト(エントリー順)

神戸電鉄 谷上駅 北神急行で三宮へ無念の引き返し

 【04//2017】

前回のつづき。


神戸電鉄の旅も6回目。谷上駅にやってきました。
DSC03897_convert_20170115031142.jpg


隣の箕谷から乗ったウルトラマンフェイスの3000系を見送りまして
駅巡りしますがここが運命の分かれ道になろうとはこの時考えてませんでした。
DSC03892_convert_20170115034311.jpg



ホームは3面6線ありますが神鉄側は2面4線分あります。
DSC03899_convert_20170115040326.jpg


その隣には神戸の地下鉄車両が停車中でした。
DSC03894_convert_20170115034925.jpg


数分後新開地行きの列車から三宮に向かう乗客が乗り換えてました。
このホームでは神鉄・北神、神戸地下鉄の対面連絡を日中していまして
俺が来ていた時間帯はほぼこのホームに列車が停まってました。
DSC03896_convert_20170115044208.jpg


ホーム端にはログハウス風の小さなロッジがありました。
夏は涼しいものの今の時期は氷点下になることもありますが
六甲山ハイキングの来た玄関口としての役割を果たしています。
ちょうどこの辺りは六甲の北部に立地し裏側にあるということです。
DSC03900_convert_20170115045531.jpg



ホーム真ん中に待合室兼セブンイレブンの売店がありました。
鉄道会社ごとの勢力図を見てもJR西・四国・北海道、京急・神鉄がセブン
近鉄・名鉄・JR九州がファミマと分かれてますがセブンは強力です。
この時点でローソン・ミニストップがなくローソンなら
大手私鉄の何社かはやってるはずですがなかなか聞きません。
DSC03904_convert_20170115062943.jpg


とそこへ長い北神トンネルを抜けてきた北神急行所属の車両がやってきました。
少数派とはいえこの車両が見れて嬉しかったです。
車内は神鉄同様木材を化粧盤に使ってるので阪急の連結子会社であります。
DSC03902_convert_20170115055700.jpg


乗り換え客が多数なので日曜正午の広いコンコースががらーんとしてました。
DSC03909_convert_20170115063146.jpg


1、2番と5、6番のりばはこの時間帯は一切使われておらず
閉め切られてましたが主に朝晩のラッシュの時間帯のみ入線してるようで
これも狙って訪問するしかありませんね。
DSC03905_convert_20170115063013.jpg
DSC03908_convert_20170115063113.jpg


改札出て駅構内の一角には六甲山に関する資料が展示されてました。
DSC03910_convert_20170115063203.jpg


明治から今日に至るまでには色んな災害を乗り越え特に阪神淡路大震災で
地すべりが起こり西宮市仁川地区で34人の尊い命が奪われました。
その地域には地すべり資料館なるものがあり当時の被害やその後の対策工事や
土砂災害の仕組み等を伝えています。
紹介サイトはこちらです↓
https://web.pref.hyogo.lg.jp/hsk06/hs04_1_000000023.html
DSC03911_convert_20170115063220.jpg



1988年北神急行開業に合わせ高架化された駅は広場も広く整備されてるなという印象でした。
新神戸へ8分、三宮へ10分の名の通り神戸都心へは距離はあるもののこれを見るだけで
結構近いような感じがします。一方でかの豊臣秀吉が愛したといわれる
名湯有馬温泉へも15分と比較的近くにあります。
これを見るとこの後の行き先で悩んでしまいます。
DSC03915_convert_20170115063241.jpg


駅前には宅地が並んでおりこちらも住宅街が形成されてました。
雨は一時的ですがほとんど降ってなかったです。
DSC03916_convert_20170115063551.jpg


予定より長居しぼちぼちホーム戻り次はどっちに行くか考えてましたが・・・。
DSC03919_convert_20170115063630.jpg



鈴蘭台での雨が強くなり止みそうで止まず山側の北区はこの後も
降り続くと考えたのでこの先の有馬温泉に向かうのを断念し北神急行で引き返すことにしました。
とはいえ神戸市交通局の車両が相互で乗り入れてるのでこの車両の方が多く見られます。
DSC03921_convert_20170115064116.jpg



初めての神戸電鉄はここで無念の打ち切りです(涙)
この先の神鉄六甲・有馬温泉・三田は次の時まで待たなくてはなりません。
止まない秋雨が生んだ無念さと悔しさを抱えながら志半ばで神鉄とお別れです。
DSC03922_convert_20170115064303.jpg


全長7.5キロの六甲山地を貫く北神トンネルを下った直後にある新神戸で降りてもよかったんですが
ショックが大きくそのまま三宮まで引き返しました。
神戸市北区山沿いの天候にはやはり敵わなかったのか悔しさが残る中戻ってきました。
DSC03923_convert_20170115064320.jpg

DSC03932_convert_20170115064823.jpg


つづく。





ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 北神急行 神戸市 有馬 六甲山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神戸電鉄 箕谷駅

 【02//2017】

前回のつづき。


山の街を出てすぐ急な50‰の下り坂が待ってました。
カーブを迎えるまで急降下しながら列車は向かっていきます。
DSC03860_convert_20170112061828.jpg


三田方面から来た6000系はこの急な上りを上がり切り駅にやって来るのです。
DSC03859_convert_20170112061847.jpg


この辺りも住宅地が形成されてますが新築の分譲一軒家が並んでますね。
DSC03862_convert_20170112061909.jpg



急なカーブを曲がり車輪の摩擦音を響かせながら列車は進んでいきます。
DSC03861_convert_20170112062014.jpg


そのまま隣の箕谷駅にやってきました。
DSC03871_convert_20170112062134.jpg



対面式のホームは他の駅同様カーブがかかってる所に立地しています。
DSC03868_convert_20170112065239.jpg







ひとつ前の山の街同様上屋の長さに差がありこれも新開地方面の方が長く
俺がいるホームは次は谷上で北神急行経由で三宮に近いのですが
如何せん運賃が高いのが難点です。が今回最後となるスルッとパスなら定額で乗り放題なので
北神急行乗ろうが神戸高速線乗ろうが関係なく自由に乗れて元が取れるので心配なしです。
DSC03880_convert_20170112081429.jpg


上屋は古めのが設置されてますが椅子が仕切りのある物でちょっとがっかりでした。
DSC03870_convert_20170112081349.jpg



この辺りはハイキングコースがたくさんあるとか・・・。
DSC03875_convert_20170112081601.jpg



両ホームは構内踏切で結ばれててローカル線の雰囲気が漂います。
DSC03872_convert_20170112081545.jpg


先にある鳥居は神社がここにあるのでしょうか・・・。
それにしてもこの急な所によく置いたなぁと。
DSC03877_convert_20170112081709.jpg



ここから新開地に向かうまでには50‰の険しい勾配があり
アップダウンのきつい坂道を登って下らなければ辿り着けません。
あいにく列車が来る姿を訪問中見ることができなかったのが残念ですが
新開地行き或いは有馬・三田方面行きの列車がこの坂道を通過するシーンを
捉えることが出来たら見たいものが見れたという喜びに浸れましたが・・・。
目の前には阪神高速の高架橋があり高速のネットワークの広さを垣間見ます。
DSC03878_convert_20170112081759.jpg



間口が小さい改札に無理やりねじ込んだ自動改札に窓口はシャッターで閉められてました。
この時点では山の腹にある無人駅という印象が強いですが・・・。
DSC03881_convert_20170112082140.jpg


小柄な古い木造駅舎が建ってますがこれまた愛らしく気に入りました。
DSC03882_convert_20170112082151.jpg


駅員無配置の無人駅ということはわかりましたが駅前にある商店に実は
割引乗車券等の委託販売をしてるのです。
これはこの駅に限らずいくつかの神鉄の駅で見られます。
DSC03883_convert_20170112082208.jpg


雨は小降りになり猫の目のように変わりやすい気まぐれな山間の気候と格闘しながら
6駅目に到達しホームからの絶景に見とれてました。
雲の模様がきれいに見え本当に山が近くから見れる駅であることがわかりました。
参照程度ですがここは標高244mでさっきいた山の街が316mでしたので
1駅で70mも違うのにはびっくりしましたがあの急勾配をみれば一目瞭然ですね。
DSC03886_convert_20170112082223.jpg




と山の街駅同様素晴らしい風景が一望できた駅でしたが15分経過し
三田行きの列車がやってきたのでもう少しいたいという気持ちを抑えつつ
別れを惜しむように次の駅へ向かいます。
DSC03787_convert_20170112082237.jpg


つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 有馬線 兵庫県 神戸市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神戸電鉄 山の街駅

 【31//2017】

前回のつづき。


滞在時間30分ほどで切り上げ11:40発の三田行きに乗ります。
この日初めて5000系に当たりましたが鈴蘭台ではまさかの強い雨が降りました。
この先訪問する駅では雨は弱まるか運よく止むかわかりませんが先へ向かいます。
DSC03829_convert_20170109091137.jpg



発車してすぐ粟生線と別れます。
粟生線も先日3月に行われるダイヤ変更で日中の列車の見直しの発表があり
それまで15分毎だった志染ゆきが30分に1本となり粟生線の現状の厳しさを知らされました。
元ネタはこちらです↓
http://www.shintetsu.co.jp/release/2016/170113.pdf
DSC03830_convert_20170109091151.jpg


鈴蘭台出てからも険しい登り勾配は続いてました。
DSC03831_convert_20170109091313.jpg


ところが北鈴蘭台を過ぎると今度は急な下り勾配が待ってて
目まぐるしくかわる神鉄の風景に魅力を感じる自分がいました。
DSC03834_convert_20170109091330.jpg



5分後に山の街駅にやってきました。
DSC03836_convert_20170109090909.jpg


対面式のホームは利用状況に合わせてかわかりませんが
上屋の長さが異なり俺がこれから向かう有馬・三田方面は駅舎寄りに少しだけあるのみです。
DSC03840_convert_20170109091507.jpg



着いた直後5000系新開地行きがやってきました。
さっきまでいた鈴蘭台までは登っていき湊川までは急な下り勾配が待ってます。
DSC03837_convert_20170109091632.jpg


ここにも鵯越で見た造り付けの長椅子がありました。
神戸電鉄の名の通り大都市神戸に位置しながらどこかローカルな香りを出してますね。
DSC03842_convert_20170109091721.jpg


両ホームとは構内踏切で繋がり古びた駅舎が出迎えてくれます。
DSC03843_convert_20170109091749.jpg


駅員無配置の無人駅のはずなのに予約定期取扱窓口があります。
これは時期限定なのか曜日限定なのか気になりますね。
DSC03847_convert_20170109091856.jpg


鈴蘭台・北鈴蘭台が北区のニュータウンに相応しい近代的な駅舎ならば
こちらは昔からあるローカル鉄道の建物が建っています。
計画段階で色んな駅の駅舎の写真を見てここと鵯越は狙ってました。
駅名看板も昔ながらの年季が入ってるのもいいですね。
DSC03850_convert_20170109092036.jpg
DSC03851_convert_20170109092209.jpg


駅の窓口跡隣には神鉄運営の餃子屋さんがありますがこの日は定休日でした。
DSC03848_convert_20170109092001.jpg


駅前の踏切先の線路には50‰のサインがありました。
DSC03852_convert_20170109091436.jpg


この先は北鈴蘭台を出た直後にあった急な下り坂が待っています。
標高315mに位置し神戸市北区の住宅街が連続する場所ながら
山岳鉄道の顔を持つ神鉄の真骨頂がここにあります。
DSC03854_convert_20170109092229.jpg



ホーム側から見ても木造のシルエットがいい味出してるのがわかりますね。
神鉄の旅でお気に入りになった2つ目の駅が誕生しました。
DSC03856_convert_20170109091357.jpg


15分経ち次の列車に乗ります。
この先の急な下り勾配を行き来する列車の様子をいつか見に行きたい位この駅も気に入りましたが
いつの日か来る再訪問までとっておきます。
DSC03858_convert_20170109091343.jpg


つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 神戸市 有馬線 急勾配

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神戸電鉄 鈴蘭台駅

 【29//2017】

前回のつづき。


鵯越駅を訪問後次の駅に向かってますがトンネルと険しい登り勾配が続く区間を進んでました。
DSC03789_convert_20170109043913.jpg


道中には2005年には営業休止となった菊水山駅のホームを通過します。
六甲山中の緑深き中にあった駅はただひっそりと遺跡のように見えました。
末期は2時間に1本しか停まらず大半の普通列車でも通過するありさまで
2006年に廃止された名鉄伝説の椋岡駅を思い出しました。
それにしてもこの秘境感たまんないっす。
DSC03788_convert_20170109051701.jpg


山を上ってくように上がった先には神戸電鉄の車庫があり列車が停留中でした。
DSC03792_convert_20170109052616.jpg


複線と車両基地の側線と共に次の駅は目の前です。
DSC03793_convert_20170109052848.jpg


6分後鈴蘭台駅にやってきました。
DSC03800_convert_20170109053112.jpg


2面4線のホームには高頻度で運行してる列車が往来しています。
DSC03802_convert_20170109053201.jpg


新開地寄りの側線には小休止中の車両がいました。さっき乗ってきた列車も
いまいる車両の中にウルトラマンの3000系にはたまた会うことができました。
色合いといい風貌といい地味にツボに入ってます。
DSC03806_convert_20170109070755.jpg


有馬線と起点となる粟生線の2線が乗り入れています。
DSC03796_convert_20170109053135.jpg


その粟生線の文字通り粟生行きがやってきました。
今回は乗車しないもののいつか乗りに行きたいですし
何かと廃線問題で揺れていますが沿線住民と共に乗って残したいです。
DSC03798_convert_20170109053149.jpg


この場所にダイエーの建物があります。東海地区にあったダイエー店舗は
数年前イオンに名称が変わり屋号が変わって寂しかったですがこちらは健在です。
金山駅前や栄のプリンセス通りにあったのが懐かしいです。
DSC03804_convert_20170109074921.jpg



その駅舎ですがネットの写真で見たときは駅ビルがあったんですが
ビルが解体され一部が残った状態で営業してました。
DSC03808_convert_20170109071422.jpg



先には新しい建物が建設されてました。
再開発によって出来るビルは骨組みとなる鉄骨が組み立てられてる所でした。
DSC03809_convert_20170109072757.jpg
DSC03819_convert_20170109080242.jpg


その完成図が載ってまして神戸市北区の代表駅であり区役所が入る駅舎が2017年度を目標に建設中でした。
「Bellst」という名が付けられます。完成までに何回ここに来れるかわかりませんが
次来る機会がありましたら前回からの進行状況もお伝えしたいと思います。
DSC03811_convert_20170109072813.jpg



建設中の壁には鈴蘭台駅の昔の写真が展示されてました。
戦前ダンスホール・ビヤホールを擁する避暑地として栄え「関西の軽井沢」と言われました。
戦後宅地開発が進み神戸高速鉄道が開業すると阪急・阪神の接続が開始し
人口が激増し今に至っています。
DSC03812_convert_20170109074830.jpg


DSC03815_convert_20170109074850.jpg


一角には神戸電鉄の懐かしい写真が載ってました。
モノクロでレトロで昭和初期に登場した車両もいっぱい載ってて
雨の中散策できない状況でも楽し見せてくれました。
カラーの写真の現役の車両は6500系がデビューしたのでもしかすると
早い段階で置き換えが発生し淘汰される可能性も高いので要チェックしないといけないですね。
DSC03816_convert_20170109074908.jpg

DSC03818_convert_20170109080324.jpg



駅前周辺は住宅地や商店が密集してる所にありますが標高278mにある駅前にいた時は
時より強い雨が降ってました。時間も11時を過ぎ昼ごはんのことも考えなければならず
駅前にあるお好み焼き屋で買おうか悩みましたがこの先にいいのがあるのでここではやめました。
山沿いに立地してる神鉄随一の中間駅に降り続ける雨の中次の駅へ向かいます。
DSC03820_convert_20170109072826.jpg



つづく。





ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 兵庫県 神戸市 有馬線 粟生線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神戸電鉄 鵯越駅

 【27//2017】

前回の続き。


新開地から湊川を攻め次に乗るのは普通・志染行き。
途中の鈴蘭台から粟生線に入る列車であります。
DSC03750_convert_20170103011719.jpg


赤白の1100系が次に乗る列車でライトがレトロ感を出してるようですね。
DSC03752_convert_20170103064952.jpg


湊川を出て神戸中心部とは一度お別れし神鉄の本当の意味での電車旅が始まりました。
DSC03756_convert_20170103073617.jpg

DSC03757_convert_20170103075412.jpg




湊川を出てすぐ急な登り坂が待ってて平地からたった2キロで70m登る都会の電車なのに
山岳鉄道の顔を持ち合わせる神鉄の真骨頂ともいえます。
車窓の先には住宅街が広がってるのに急な勾配の連続のアンバランスな風景に魅かれる俺がいました。
DSC03758_convert_20170103075429.jpg

DSC03764_convert_20170103075453.jpg


次にやってきたのは鵯越(ひよどりごえ)駅であります。
DSC03771_convert_20170103075908.jpg


列車を見送り次に停まる列車が来るまでの間に駅巡りをします。
DSC03767_convert_20170103081227.jpg


対面式のホームは曲線があり5両編成の列車が入るくらいの長さですが
ここから見ても急カーブがある所に造られました。
DSC03768_convert_20170103081246.jpg


造りつけの長椅子がある待合所は神戸市にありながらローカル鉄道の雰囲気を残してますね。
目の前の壁に鏡がありますが最近見なくなりましたが何に使うのでしょうか。
DSC03770_convert_20170103081334.jpg



立派な跨線橋はありますが現在は使われておらず閉鎖され鍵がかかっています。
人気がないので閑散としてて独り占めのような状態でした。
DSC03783_convert_20170103083624.jpg




駅員無配置の無人駅で名鉄で見られる駅集中管理システムが導入されてます。
DSC03776_convert_20170103085807.jpg


がいつもならシャッターが閉まってるのに俺が来た日は空いてまして
この日は巡回か何かで来たのでしょうか。
DSC03775_convert_20170103084254.jpg



平屋のコンクリート製の建物がこの駅の駅舎で私鉄の小駅という佇まいです。
駅出てすぐに狭い道路がありすれちがうのも一苦労なところに立地してます。
DSC03778_convert_20170123110058.jpg


跨線橋が閉鎖されてるので各方面ごとに改札がありそこから入らなければなりませんが
神鉄も準大手から中小へ降格をせざる負えなかったのもこのあたりに理由があるかもしれませんね。
DSC03781_convert_20170103084413.jpg


駅前通りなど一切なく狭く細い道があるだけで住宅地も固まって密集して
開発もこの地区では相当苦労したでしょう。
DSC03779_convert_20170103084400.jpg



駅を出てすぐ急な下り坂とともに短いトンネルがあります。
先の風景が微かに見え家やマンションらしき建物がここから見えました。
DSC03780_convert_20170103084432.jpg



新開地行きがトンネルを出て下ってく瞬間の雰囲気とかたまらなく
この駅が気に入りました。今回の神鉄旅では気に入った駅があと2つくらいあり
初めてなのに速攻でで好きになりました。
DSC03785_convert_20170103083730.jpg
DSC03786_convert_20170103084449.jpg



15分後三田行きの列車がやってきました。
本当はもう少し居たいくらいの魅力ある駅ですがほかの駅が廻れなくなるので
別れを惜しみ次回訪問した時は急こう配が待ってる列車の往来をゆっくり見たいです。
DSC03787_convert_20170103084553.jpg



つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 兵庫県 神戸市 山岳鉄道 無人駅

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神戸電鉄 新開地駅・湊川駅

 【25//2017】

前回のつづき。

新開地に着いてから30分以上経過しました。
やっとですが2日目のメインと言ってもいい神戸電鉄に乗ります。
DSC03709_convert_20161226095233.jpg


初乗車で新開地から鈴蘭台を経て有馬温泉を結ぶ有馬線。
有馬口からJR宝塚線の接続駅である三田を結ぶ三田線。
横山からウッディータウンを結ぶ公園都市線。
鈴蘭台から加古川線・三木鉄道と接続の粟生駅まで結ぶ粟生線の4線が属してます。
ホームは神鉄のスタートにふさわしいターミナルの雰囲気を持ってますが
こちらも1968年神戸高速鉄道が開業して以来変わってません。
DSC03714_convert_20161226095300.jpg


駅名標はネットの写真で白黒のザ・昭和の香りがしたのですが
いつの間にか取り換えられてました。
DSC03723_convert_20161226100044.jpg


のりばのサインだけは開業当時のが残ってましたが
それだけに駅名標が変わってたのはちょっと残念でした。
DSC03716_convert_20161226095628.jpg
DSC03717_convert_20161226095643.jpg



次の駅に向かう前に列車の写真もたくさん撮りました。
5000系は神鉄の一番の主要車両といっていいでしょう。
VVVFの音がソフト更新前の近鉄22000系と同じ音なので親近感が湧きますね。
DSC03719_convert_20161226095917.jpg


アルミの車体に特徴ある風貌と塗り分けからウルトラマンの愛称をもつ3000系。
今の時代にないユーモアや遊びが随所に出てますがM78星雲・光の国から
神戸電鉄にやってきた車両も40余年の大ベテランはいつまで活躍できるのでしょうか。
DSC03712_convert_20161226095933.jpg



21世紀に入り2008年に14年ぶりに導入された6000系。
黒い前顔が特徴的ですね。
目の前にあるHMはパーミル会のものでしてこれは南海・富士急行・大井川鐡道
叡山電車・箱根登山鉄道の6社が参加してる「全国登山鉄道‰会」という
急こう配のきつい路線を持つ鉄道会社が集まり親睦を深めようという所から
結成されたといういきさつがあります。
これから乗る神戸電鉄も急な勾配の連続する区間が登場します。
DSC03720_convert_20161226100018.jpg



その車内を見ると・・・この雰囲気にオリーブ色のシートに木目調の化粧版は
どう見ても阪急そのままやんかと突っ込みたくなりますが・・・(苦笑)
神戸電鉄は阪急阪神ホールディングスグループの中小私鉄ですが
2000年代前半まで準大手私鉄の仲間でありました。
DSC03722_convert_20161226100034.jpg



ホームの端の方は柵が仕切られて立ち入り出来ませんがホーム長は6両分あり
開通して何年か経った後位に6両での運転があると見込み設計されたのでしょう。
DSC03727_convert_20161226100302.jpg


トンネルの暗闇の先に灯りが見えますがおそらく駅と思われるでしょう。
ここから隣の駅までは400mでこの途中は商店街もあるので歩いて行けるレベルですが
初めてなので電車で向かいます。
DSC03728_convert_20161226100404.jpg



最初に乗る列車は現役の中では最古の1000系グループの車両であります。
1300系という車両で70年代に登場しこれまたレトロな車両で開始します。
DSC03731_convert_20161226100421.jpg


といいましても隣の駅に行くと言ったのでその湊川駅にやってきました。
DSC03734_convert_20161226100652.jpg


島式のホームにはいくつもの支柱が並んでおりホーム幅は狭く
神戸高速線が開通して以降は中間駅になったこともあり寂しい雰囲気です。
DSC03735_convert_20161226101731.jpg


神戸中心街へ向かう列車は乗客も多くウルトラマン3000系は結構乗ってました。
DSC03751_convert_20161226102324.jpg




地下鉄西神・山手線湊川公園駅との乗換駅であります。
そのためか改札機の台数も他の駅より多く数少ない駅員が配置されてます。
DSC03737_convert_20161226101958.jpg
DSC03736_convert_20161226101941.jpg


小雨交じりの外にはかつて繁華街であったことを知らせる駅舎があり
路線登録もここから先は有馬線となります。
DSC03744_convert_20161226102432.jpg


駅前には神戸電鉄の本社が立地しています。
1923年有馬電気鉄道がルーツで1988年に現在の会社名になりました。
その間には1995.1.17の阪神淡路大震災で被災に遭い本社を移転しなければならなかったり
最近では粟生線が廃線が取り沙汰されてる中応援したい鉄道線であります。
DSC03745_convert_20161226102231.jpg



交差点の向こうにはさっきまでいた新開地とは500mと歩いて行ける距離に位置しています。
歩いて来てもよかったんですが初めてでせっかくの神戸電鉄の旅を楽しむことに専念しましたが
この間には新開地のアーケードもあり散策してみたいですね。
DSC03738_convert_20161226102110.jpg



つづく。





ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 兵庫県 神戸市 神戸高速線 全国登山鉄道‰会

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る