2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

Nikon D7200デビュー記念撮影記-3 ムーンライトながら2017春

 【18//2017】

第三弾は3月20日に日付が変わった直後のことでした。
DSC_0697_convert_20170328073508.jpg


名古屋でいつものように用事を済ませて夜遅くに帰宅しましたが
この週はの臨時列車でかつて大垣夜行として名を馳せたムーンライトながらの運転日でした。
3月18日の東京発から26日夜大垣発までの8日間の短い間運転してました。
Photo_taken_on_2017-03-20_00-05-02_convert_20170328103729.jpg


先行の快速列車が3分遅れた関係で到着がやや遅れてしまいまして
先頭に行くも既に陣取ってるグループも入てどうにもならんので入線から焦ってました。
Photo_taken_on_2017-03-20_00-16-27_convert_20170328105342.jpg



185系化されてからは真ん中あたりで通り抜けが出来なくなりました。
373系や183系時代は全て通り抜け出来てたので不便ですが
このあたりに185系のやりくりの大変さが垣間見えます。
Photo_taken_on_2017-03-20_00-17-58_convert_20170328105355.jpg


本来3分あるはずですが遅れの影響で停車時間が短くなり
猛烈ダッシュで最後尾にたどり着いたときは時すでに遅し・・・。
結局まともに撮れないまま終わり悔しさだけが残りました。
が最後の運転日まで1週間あり後2回ほどチャンスがあることを知ってました。
Photo_taken_on_2017-03-20_00-18-42_convert_20170328105406.jpg



2日後の22日夜悔しさを晴らすべく今度は場所を名駅に変えて激撮を行いました。
Photo_taken_on_2017-03-22_23-06-10_convert_20170328104338.jpg


名古屋駅に停まる東京行きのながらは3番のりばですがこの時も
早い段階で席をとってた連中がいたので悔しさもあったんですが
あいつらよりもっとええの撮ったる!と言わんばかりに反対側のホームに陣取り待ってました。
もうすぐ列車が入ってきますがこの時期は休みで18きっぷのの陣の真っただ中でありましたので
たくさんの人が乗車しようと待ってました。
Photo_taken_on_2017-03-22_23-21-39_convert_20170328105437.jpg


やってきた185系は緑のストライプが入った国鉄色でありました。
3分間の短い時間でISO感度、シャッタースピード、絞りを微調整しながら
発車時刻が来るまで“必死のパッチで”(笑)シャッターを押しまくり
終わった後いいのが何個か撮れたなとモニターでチェックしました。
Photo_taken_on_2017-03-22_23-23-06_convert_20170328103831.jpg


終わった後ネットカフェで小休止しましたが性懲りも無い俺は(笑)
5時間半後の朝5時もう一度撮りに戻って来ました。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-12-44_convert_20170328104326.jpg


今度は大垣行きの列車を撮ります。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-15-06_convert_20170328104648.jpg


やってきたのは20日未明に撮りたかったのと同じ色の編成でした。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-20-19_convert_20170328104223.jpg


国鉄復刻の緑のストライプもこちらの湘南色をイメージした色も
どっちもよくいい味を出してますね。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-21-50_convert_20170328104304.jpg


幕式の行き先、列車もしっかりと収め短時間でしたが大きな収穫のある撮影会でした。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-21-11_convert_20170328104245.jpg



3月後半の朝5時半の様子はまだまだ夜明け前でやや暗い印象を受けます。
長い冬が終わりを迎えるも今年は寒さが残り花粉症持ちの俺にとって
1年の中で一番嫌な時期で1か月過ぎるのが長く感じます(泣)
D7200の高感度(ISO8000、10000~)でここまで撮れ日中も勿論ですが
厳しい撮影環境時に本領発揮してくれるので凄いポテンシャルです。
Photo_taken_on_2017-03-23_05-31-35_convert_20170328103816.jpg


そして大垣発の最後の夜26日に名古屋から帰ってきてからのことでした。
Photo_taken_on_2017-03-27_00-13-32_convert_20170328103920.jpg


雨の中反対側のホームからやってきた185系は22日夜に見たストライプでしたが
到着直後突然雨風が俺のレンズに当たり正直焦りました。
Photo_taken_on_2017-03-27_00-18-00_convert_20170328103900.jpg



とりあえず撮影に支障がきたさない程度にとっさにふき取り
発車時刻が来るまでのわずかな時間の間、逃したら4カ月後の暑い夏の時期までないので
最後の最後悔いを残さぬよう必死のパッチで撮った写真は
突然の突風でレンズについた雨水を吹き飛ばす程の魂の一撮でした。
Photo_taken_on_2017-03-27_00-18-41_convert_20170328105759.jpg




この日が最終日で最後は突風でレンズが雨に当たるアクシデントがありましたが
1週間の内4度のチャンスで名駅で結構いいのが撮れたと振り返ってます。
例年5月後半JRから夏の臨時列車の概要が発表され7月後半から8月後半頃に運行されるので
時間作って一瞬のチャンスを逃さず“魂の一撮”をここで発表できるよう頑張ります。
Photo_taken_on_2017-03-27_00-19-32_convert_20170328104752.jpg


時期も時期でコンコースにはの18切符のポスターが張り出されてました。
の時期は大きな連休もなく予算も出せる時期でないので見送りましたが
今年も夏、冬で使おうと考えてて出来れば来年3月31日をもって廃線される三江線に乗ろうと現在計画中です。
JPG 20170322 3472238


Nikon D7200の無限大の可能性を持つ写真を載せた記録はひとまずここで中断し
次回から年末年始の18旅のお話をお送りします。こちらもどうぞお楽しみに。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : ムーンライトながら 夜行列車 青春18きっぷ

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

長い旅の終わり 素晴らしき北の大地よまたいつの日か・・・ 蟹田~青森・新青森~東京・愛知県

 【06//2016】

前回のつづき。


今回使ったフリー切符フリーエリア最南端の蟹田駅から
特急スーパー白鳥24号に乗って新青森に向かいます。
DSC01959_convert_20160317031710.jpg



青森駅到着直前には青森車両センターを通過します。
DSC01964_convert_20160317032954.jpg



長らく留置されてる211系ですが今後どのようになるかは
推測されますが短編成化して転属されるのか
それともそのまま廃車となるのか動向を見ていきたいと思います。
DSC01962_convert_20160317032932.jpg



はまなすの客車14・24もいました。3月21日は前年に続き
一つの時代の終焉を見ることになりました。
もう素晴らしき列車は見ることが出来ないという切なさを
胸にしまい次の停車駅を目前に迎えてました。
DSC01967_convert_20160317033037.jpg



14:09青森駅に戻ってきました。ここで数分ほど停車するのでホームへ出ました。
DSC01970_convert_20160317033059.jpg



乗ってきた列車は8両編成で前回の記事最後の写真に
載せた車両と789系の組み合わせでした。
DSC01972_convert_20160317033214.jpg




多客期で8両編成での運行で最後の乗車したのが
文字通り8号車でまさかの785系魔改造編成にあたるとは
これも何かの縁のようでしたが華々しく789系で締めくくりたかったのも
少なからずありましたが・・・(苦笑)
DSC01974_convert_20160317033238.jpg



奥羽本線かつては東北本線の終着駅であった名残を偲ばせる
長いホームがありますがスーパー白鳥・白鳥が運転終了し
青森駅の寂しさはさらに増大するものと思われます。
DSC01975_convert_20160317033627.jpg



一角にある発車灯は東京・福島・三厩の3方向があり
かつての東北本線・奥羽本線・津軽線と北の起点駅であった
名残が残っています。上野行きの夜行列車も全廃となり
青森駅もかつての本州と北海道の連絡駅から
超変革を求められたのはいうまでもありません。
DSC01976_convert_20160317033652.jpg



長いホームにブロック式の車止めがありますが
あそこが青い森鉄道線ホームです。
青い森鉄道もこの3月26日からダイヤ改正が行われましたが
開業当時からあった北斗星・カシオペアの特急通過料金が
収入の一つでしたが廃止となってこの先厳しい経営になります。
今回の北海道新幹線開業で収入源が減り踏ん張り所を迎えてるだけに
下北半島に向かう大湊線との連携や
貨物の物資としても重要な路線なだけに重要な局面に来ています。
DSC01973_convert_20160317033259.jpg


次の区間が本当の最後の乗車で青い森鉄道線と分かれて西に向かいます。
DSC01978_convert_20160317033712.jpg


14:23新青森駅に戻ってきました。
スーパー白鳥乗車はこれで最後でしたが特別な感動もなく
漠然的に終わっちゃったなという感じでした。
DSC01979_convert_20160317033735.jpg



在来線ホームからは2010年新幹線開業時に出来た駅舎が建ってます。
1986年11月から20年近くホーム1面だけの無人駅から
東北新幹線起点駅に大変貌する姿は誰が予想したのでしょうか。
DSC01982_convert_20160317033836.jpg



1番のりば側はホーム長も長く停車位置には10・12までありました。
これは開業当時活躍してた寝台特急あけぼの・日本海の名残で
新幹線延伸時あけぼのは廃止になるという噂がたってましたが
引き続き継続すると聞いたときは安堵感に浸ったのを覚えてます。
DSC01980_convert_20160317034533.jpg



乗ってきた列車は回送されますが新青森には機能がなく
隣の津軽新城へ引き上げられます。
DSC01983_convert_20160317033850.jpg



その数分後隣の駅から485系がやってきました。
これが485系白鳥最後の勇姿を目に焼き付けようとしてる自分がいました。
DSC01988_convert_20160317033950.jpg


サイド部分に貼られてるこのロゴは1990年代後半にリニューアルされた時
付けられ今までの485系のイメージを覆し新車並みに
生まれ変わった証しであります。、
DSC01984_convert_20160317033931.jpg


行き先のこの表示も今回で見納めです。
DSC01989_convert_20160317034007.jpg


14:51定刻どおり青森駅に向かいその後青函トンネルへ向かって行きました。
定期列車としての485系はこれで終わりこちらも
一つの時代に幕を閉じたわけであります。
485系といえば俺の中で思い出すのは北陸伝統の雷鳥ですね。
2010年くらいから各地で本数を減らしていってたので
カウントダウンが始まってたようにも思えます。
DSC01991_convert_20160317034037.jpg



初日東京から来た時はここから函館に乗る特急列車の
乗り継ぎ時間が僅か10分でバタバタしてたので
ここから東京戻る新幹線の時間まで間空けて駅を見物する時間に費やしました。
一角には東京から函館までの所要時間と青函の歴史が
書いてあるボードを見ました。
最初は盛岡からはつかりで直か青森で快速・海峡に乗り換えてた時代ありましたね。
青森駅でED79や14の客車にドラえもんのペイント車両が
走っていた時代が懐かしいです。
DSC01993_convert_201603170341<br />05.jpg



時間はまだまだあったのですが新幹線改札に入ります。
DSC01996_convert_20160317034157.jpg



コンコースにはねぶたのオブジェが展示されてました。
DSC01997_convert_20160317034220.jpg



新幹線ホームに上がった時には既に車両が停車中でした。
DSC01999_convert_20160317034253.jpg



高架の先には真新しい北海道新幹線の線路が延びています。
JR北海道が管轄するのはここからです。
北海道新幹線の予約率が芳しくないのは予想通りと言ってしまえば
そこまでですが多客期にどれだけ呼び込めるかわかりませんが
東京からのシェアはやはり飛行機でしょうね。
DSC02008_convert_20160317034423.jpg


新青森に着いて1時間ちょっとはやぶさ26号に乗る時間が迫ってました。
DSC01998_convert_20160317034241.jpg



ホームには列車が3本停まってて普段の時期であれば
閑散としてますがこれも繁忙期ならではの表情ですね。
今後はこれにH5系も加わり彩を加えていくんでしょう。
DSC02005_convert_20160317034352.jpg



車内は始発からかなり埋まってて八戸過ぎたあたりで
満席だったようで立ち客も出てました。
年末年始の帰省をふるさとで過ごしUターンが始まってたようです。
DSC02010_convert_20160317034442.jpg



5日間ずっと突っ走り続けたのでここぞと列車内で体を休めることに
集中し岩手県のどこかで目覚め気が付いたら大宮まで戻って来ました。
DSC02011_convert_20160317034502.jpg



3時間後の19:02東京に帰ってきました。
前年と同じく5日間長い旅でしたが前回は本州と北海道を行き来する時は
フェリーを使いましたが今回は完全鉄路での旅でありました。
5日間といっても終わってみるとあっという間のような感じでした。
DSC02014_convert_20160317034520.jpg



本当ならここで締めくくるんですが・・・・
4日目の山線以降の流れでいつも以上に写真を載せお伝えしてるので
あと少しお付き合い下さい(滝汗)
東京駅から御徒町駅にやってきました。
列車から降りた時砂川や蟹田のあのクソ寒かったのは何やったんや!(泣)
とショックを受けるくらい暖かくこの冬は暖冬と言われてましたね。
DSC02016_convert_20160317034552.jpg


アメ横も1ヶ月前に来てますがここでも軽く散策しましたが
ここが目的ではありませんでした。
DSC02017_convert_20160317034605.jpg



御徒町に来た本当の理由はそう蒙古タンメン中本の
ラーメンを食べに来たからでした。
DSC02020_convert_20160317034646.jpg



今回の旅の締めの飯はこれにすると最初から決めてました。
勿論長い時間並ぶのは覚悟の上で行列の中に入り
待つこと40分ようやく来ました。
元旦早々ながらみんなこれを食べに来る人も多く
中本のラーメンの人気を垣間見ました。
IMAG0503_convert_20160203233533.jpg


入口には二代目店主の看板がありました。
大将、長旅の最後に美味いラーメンごちそうさまでした
今年も東京に来る機会があったら食べに行きますと
心の中でメッセージを残しました。
IMAG0502_convert_20160203233915.jpg



御徒町から東京駅に戻ってきまして今回の旅で
エネルギーを使い果たしたと体が言ってるようで
ここから最終のひかり539号で帰りましたが家に着いた時には
精根尽き果てる程の壮絶な旅は幕を閉じたのでありました。
DSC02026_convert_20160317034709.jpg



この5日間前回行った北海道旅よりもっと濃い旅をしました。
実は旅から戻ってから数日仕事明けからも体の調子は
あまりよくなくいつもメンテナンスをしてもらってる整体院で
ほぐしつつ仕事から帰ってきて寝る前のケアはいつも通り行ってました。
ローカル線の列車本数削減によりもしかすると
北海道はこれが最後になる可能性の危機さえあるかもしれません。
次に北の大地へ上陸をするのはいつになるかわかりませんが
あの素晴らしき風景を眺めながら旅が出来る日を待ちつつ
お開きとしたいと思います。

長い連載でしたがいつものように
最後までのおつきあいありがとうございました。


おしまい


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 津軽海峡線 東北新幹線 青い森鉄道 北海道新幹線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

津軽線 蟹田駅

 【04//2016】

前回のつづき。


青函隧道を抜け新中小国信号所を通過し
JR北海道からJR東日本管轄地区に戻りこれで本州に戻ってきましたが
初日同様北海道に向かうとき同様雪の景色が広がってました。
DSC01912_convert_20160316232351.jpg



木古内を出て1時間後の12:52に蟹田駅に着きました。
今旅で使ったフリーきっぷのフリーエリアの開始地です。
2002年9月に1度訪問したことがありで13年の時を経て
再び降り立ちましたが風があって寒かったです(泣)
さっきまでいた木古内の無風が奇跡に思えてしまうくらいでした。
DSC01914_convert_20160316232453.jpg








ホームは2面3線で各ホームと跨線橋で結ばれてます。
運転終了してしまいましたが特急停車駅であったのでホーム長も長いです。
DSC01923_convert_20160317000350.jpg



中小国方面にのEC8や8・10・11の停車位置がありますが
先月21日をもって津軽海峡線の在来線旅客運転が終わったので
過去帳入りしてしまいました。
貨物列車の行き来は今後も続くのですが海峡線方面の端に
小さな小屋みたいのがありますがこれは乗務員専用の待合所のようで
人が入ってなかったのでわかりませんでしたが
この時期のように寒い時期に外で待ってると凍えますからね。
DSC01922_convert_20160317000331.jpg



蟹田駅は北緯上でニューヨーク・ローマと結ばれてるのです。
当時来たときと今回とホームと駅の建物の変化がどれだけあったのかを
確かめながら巡ってました。
DSC01918_convert_20160316233455.jpg



蟹のイラストつきの駅名標もかわいいですね。
DSC01921_convert_20160317000309.jpg


DSC01927_convert_20160317001236.jpg


訪問していない間にはカニの駅長がいたことがあり
残念ながら亡くなってしまいましたが・・・活躍していた時代の
メモリアル写真が展示されてて水槽に水が入ってない時点で
怪しかったですが見てみたかったです。
DSC01926_convert_20160317001217.jpg


駅周辺はコンビニが一軒ある位でどこも正月休みでしたので
昼ごはんの問題どうするか悩みましたが
函館駅に向かう前駅前の棒二森屋のデパ地下にある
ハセガワストアの焼き鳥弁当を買って列車に乗りました。
この日は初売りで通常より1時間早く開店してたので
ここぞとばかりにゲットしてきました。
IMAG0495_convert_20160203233606.jpg


焼き鳥なのに豚肉の串焼きが入っててこれでラッキーピエロと
ハセストと函館二大名物を制することが出来ました。
IMAG0496_convert_20160203233629.jpg



前回来た時と建物は一緒ですが2010年新青森延伸時に
リニューアルされた木造駅舎が建ってます。
あの時フィルムのコンパクトカメラでこの駅舎を撮ったのは
はっきり覚えてます。ネットや色んなブロガーさんの記事で
今の駅舎の画像を見ますがこれにはこれの良さがあり
あの時と変わらない風景にはその良さがあると思いますね。
DSC01930_convert_20160317001420.jpg


駅前にはあの当時なかった施設が出来てました。
休憩所はその一つです。
DSC01936_convert_20160317001442.jpg


その隣は正月休みで営業してませんでしたが
ウェルカムを文字った?「ウェル蟹」という遊び心満点な名前の
市場が立ってます。
DSC01938_convert_20160317001505.jpg


駅前通りは陸奥湾が目の前にあるので風があります。
ハセガワストアで昼ごはん調達し食べ終わった後ですが
ここから先は途中下車が出来ないので
目の前にあるコンビニで飲料水等調達し最後の長い移動に向けて
準備を進めてました。
DSC01939_convert_20160317001536.jpg


外ヶ浜町は蟹田町・平舘村・三厩村の3町村が2005年に合併してできた町で
が町域は2つあってその間に今別町が挟まれてます。
三厩地区は津軽海峡が目の前にあり青函トンネル記念館
国道339号線の階段国道・竜飛岬を見物しました。
9月の初秋に行きまして秋晴れの中いい時間過ごせましたが
風も強く太宰治の小説・津軽の中に出てくる「蟹田ってのは風の町だね」
という言葉がぴったり合う地域ですね。
DSC01929_convert_20160317001339.jpg


駅舎内に戻って時刻表を見るとスーパー白鳥・白鳥の
全列車が停まる駅でしたが新幹線開業に合わせ廃止されました。
現在は普通列車が細々と運転していますが
津軽二股・三厩方面の列車は1日5本と超閑散区間に入ります。
それまであった特急料金特例不要もなくなり
18や北海道&東日本パス利用者にとって痛恨の出費であることは当然で
特急列車の来ない蟹田駅は本当寂しいです。
DSC01928_convert_20160317001255.jpg


運行上の拠点である為裏手には側線がありキハ40の姿がありました。
18シーズンになったら津軽二股駅までは大混雑になるのは
想像出来ますが気軽に北海道に行けなくなるんじゃないかと
不安を抱きかねません。
DSC01942_convert_20160317001559.jpg



ホームに雪が当然ながら残ってましたが北海道で見たような
サラッとしたのではなく日本海側で見るような水が含んで歩くと
ベタッとするような感じで歩いて靴の中に水が入らないか心配でした・・(汗)
今回は道内の色んな所で足元滑ってすくわれそうになり
泣かされて来たはずなのにこっちはこっちで水が含んでて
北陸行った時のあの時を思い出しました。
DSC01924_convert_20160317001019.jpg



滞在時間は50分程であっという間に時間がきました。
次に乗る列車は津軽海峡線の在来線として
スーパー白鳥として最後に乗る列車がホームに入りました。
DSC01944_convert_20160317001613.jpg



長い旅もいよいよ最終回へ。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 津軽海峡線 津軽線 青森県 津軽海峡 ハセガワストア

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北海道全線フリーきっぷで行く年末年始北海道旅 はやぶさ5号で一気に新青森へ 長い旅の幕開け

 【25//2016】

2015年12月29日

いよいよこの時がやってきました。
この日未明に仕事を終え支度を済ませ夜も明けぬ5時半に家を出て
言うまでもなくここから長い旅は幕を開けました。
DSC00005_convert_20160104011536.jpg



始発の5:39に乗り浜松からは6:18発こだま702号に乗ります。
年末で休日ダイヤの確認をしたら次の日からなので
この日はグリーン車を除きすべて自由席でした。
N700なのにAのロゴ大きいのが当たったのは言いとして・・・。
夏場は明るいのにこの時期はまだ暗いです(笑)
DSC00007_convert_20160104011550.jpg



静岡県の駅を一つずつ停まりながら向かう途中には
富士山が見えてきました。
2日の日帰り旅ではてっぺんにいやらしい雲が覆ってましたが
今回は一つも無く朝焼けの素晴らしい山を見ることが出来
楽しい旅になることを予感させながら東へ向かいます。
DSC00017_convert_20160104011620.jpg


8時ちょうど東京駅に着きまして早速東日本の新幹線ホームへ。
DSC00021_convert_20160104011641.jpg


東京から使う切符は前回までお伝えしていた
日帰り首都圏旅した時ついでに買った北海道全線フリーきっぷです。
5日間有効で今回はこれを使って旅をします。
DSC06923_convert_20160104004709.jpg


これから乗る列車が23番のりばに入線してきました。
仙台から来た列車の折り返しはやぶさ5号で一気に新青森へ向かいます。
DSC00022_convert_20160104011657.jpg
DSC00024_convert_20160104022302.jpg



ちょうど帰省ラッシュ時期にあたったので
お盆の連休に新潟行った時と同じように長蛇の列が出来てました。
DSC00026_convert_20160104022247.jpg


定刻どおり東京を出て上野は停まらず地上に出て高架線に入ると
埼京線と並行しながら大宮へ向かっていきます。
DSC00030_convert_20160104022318.jpg


大宮を過ぎればE5系の持てる力を一気に発揮できる区間に入り
矢のごとくぶっ飛ばしながら途中郡山車両センターには
キハ40系が停まってました。(確か只見線の色だったような・・・)
DSC00048_convert_20160104022338.jpg


一気に駆け足で仙台まで着きました。
最後の訪問から4年半経ちましたが次の訪問は
いつになるかわかりませんが牛タン料理を食べに行き
仙台中心街を歩きたいです。
DSC00058_convert_20160104022407.jpg


駅前のLOFTには地下鉄南北線開業の垂れ幕があり
去年12月6日に開通したばかりの新線ですね。
俺が閲覧するブロガーさんの記事の中に行ってきましたというレポを見て
仙台地区の鉄道に新たな1ページが刻み込まれました。
DSC00059_convert_20160104022429.jpg



仙台出てからの疾走っぷりはさらにエスカレートしますが
途中何度か東北本線と並走する区間があって
そこには金太郎EH500が長い編成のコンテナを積んで走る姿がありました。
金太郎の機関車はこちらでお目にかかる機会がない車両
という印象が強かったです。
DSC00064_convert_20160104022449.jpg



東北地方に入っても行きらしい雪を見てなくて
今年は暖冬やからしゃあないかと思ったら
岩手県入ってやっと雪景色を見ることが出来ました。
本来はこの時期はこれが普通なんですけどねぇ・・・。
DSC00071_convert_20160104030050.jpg


仙台を出て39分であっという間に盛岡に着きました。
ただし俺が乗ってる列車は秋田に向かうこまちは連結してなくて
はやぶさ単独列車でしたのですぐに発車してさらに北上します。
DSC00077_convert_20160104030104.jpg


その秋田新幹線(田沢湖線)と分かれ2002年開通の新線区間へまいります。
盛岡は去年13年ぶりに降り立ちましたが
前夜乗ったフェリーで眠れず疲れを持ち越して街歩きしたものの
画は撮れたものの記事に出来るレベルで無かったので
割愛しましたが波が荒く慣れない船旅の厳しさを身を持って
経験しましたがもし休めれたらもっと歩けたんじゃないかと振り返ってます。
DSC00080_convert_20160104030237.jpg



雪量も去ることながら天気がいいのは本当に良いことです。
新線の壁の向かいにはIGRいわて銀河線と並行していきます。
並行在来線はどこも苦戦を強いられてますが
健気に頑張ってるのを見ると俺も応援したくなります。
なぜなら地元の人たちにとっての貴重な足ですから。
いつまでもいつまでも走り続けて欲しいです。
DSC00082_convert_20160104030424.jpg


いわて沼宮内通過後からは20キロ以上の長大トンネルを抜け
青森市内に入りましたが外は薄暗い雲が広がり
ここからの先行きを不安視するような感じがしました。
DSC00091_convert_20160104030456.jpg



11:19定刻通り新青森に着きました。
320キロ運転により実現した東京から2時間59分。
こまちと連結せず単独でブッ飛ばしてやってきましたが
昔の500系のような喜びに浸る時間は全く無く
次の列車に乗る為在来線ホームへ向かいました。
DSC00093_convert_20160104030508.jpg



初っ端からのスタートダッシュ感は凄まじく
今回のレポは過去最大の超大作間違いなしであります。
どうぞ最後までお付き合い下さい。


いつも当ブログのご愛顧ありがとうございます。
昨日で50000アクセス達成しました。
また一つ通過することができましたが
これからもみなさんに愛される旅記録を綴れるよう
精進していきますのでよろしくお願いします。


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 東北新幹線 東北本線

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

篠ノ井線 松本駅・真夏の旅の終わり

 【05//2015】

前回のつづき。



長野駅から次は松本に向かうためホームへ向かいます。
DSC05100_convert_20151022040703.jpg



15:00発のしなの18号に乗車しますがこの日は10両つないでました。
一番前の10号車の車内の乗車率も高く始発からほぼ満席だったと思いました。
DSC05101_convert_20151022040716.jpg
DSC05105_convert_20151022040734.jpg


篠ノ井駅からしなの鉄道線と分かれ文字通り篠ノ井線に入り
稲荷山を過ぎると言わずと知れた日本三大車窓の善光寺平を通過します。
普通列車でいけば姨捨駅訪問も可能ですが・・・
115系から置き換えられた車両がアレなのでしばらく無いと思います。
DSC05114_convert_20151022040821.jpg



篠ノ井線は1時間に1本特急が走る他普通列車や
貨物列車も走る比較的高運転密度線ですが
松本から篠ノ井まで単線区間が多いので
列車の遅れが頻繁に起きる区間であります。
途中駅通過時もこうしてスピード落とさなければなりません。
DSC05121_convert_20151105024938.jpg



結局3分遅れで松本駅に着きましてここに来るのは2012年11月以来です。
DSC05123_convert_20151022040834.jpg



久しぶりに来た松本駅は側線もいっぱいあり
構内にはスーパーあずさが次の運用に向けて準備してました。
DSC05125_convert_20151022041836.jpg
DSC05134_convert_20151022041848.jpg



その中には初めて見るE353系の姿がありました。
営業運転はまだされてないものの現在中央東線を中心に
試運転まっただ中であります。
まずはE351系から始まりその後E257系を置き換えていくことに
なるでしょう。しかしJR東日本は車両の置き換えスパンが
近年さらに早くなってきてるんじゃないかと思うのは俺だけでしょうか。
この車両のフロントマスクがなかなかいい感じっすね。
DSC05133_convert_20151022042021.jpg


かつては115系の楽園だったのが一昨年から211系が
首都圏から転属してきました。
それもボックスシート改造もせずロングシートのまま入れてきました。
長野駅在来線ホームで撮影してた時はデビュー当時から大糸線にいた
E127系が運用に入ってました。
この時期でも日中2両はちょっとやりすぎではないかと思いますし
211系の中にもボックスシート車はあるみたいですが
長野地区及び中央東線に足を運びたいと思いませんね。
DSC05131_convert_20151022042115.jpg



行先案内を見ると中央東線には普段は1時間1~2本しかないはずの
普通列車が数分ごとに上諏訪行きで表示されてました。
DSC05128_convert_20151022042251.jpg


実はこの日諏訪湖花火大会がありそれによる臨時列車が
運行されてたからです。
コンコースにも花火大会の開催日や長野県内での開催日の
紹介がされてました。
諏訪湖花火大会は有名で毎年たくさんの人が見に来られ
今年で67回目を迎えました。
DSC05132_convert_20151022042312.jpg



東口であるお城口は結構人の流れもあって
長野県第二の都市に相応しい雰囲気でしたがこの日は
プラスさっき言った花火大会の関係もあって
自由通路からここまで行くのに人混みの中歩かなければなりませんでした。
DSC05139_convert_20151022042441.jpg


この一角に古い駅名板が静かに掲げてありました。
自由通路が出来事実上の橋上化となっても
駅名板が残ってるのはうれしい限りです。
DSC05137_convert_20151022042429.jpg


駅前は入道雲も見えますが晴れてこの時間で33℃でした。
この駅前から見れるのは美ヶ原の山並みですね。
3年前の春に諏訪湖からここに来た時好天で見れたはずなのに
俺がカメラに撮るの忘れて次の日に撮ろうとしたら
ざんねぇ~ん(爆死)な曇り空で微かにしか見れず悔やんだまま
木曽路よって名古屋に帰りましたが今回はリベンジ成功と言ってもいい位の
山のてっぺんまでしっかり見えています。
出来たら雲一つない空で撮れたら最高でしたが撮れたんでヨシとしましょう。
DSC05140_convert_20151022042507.jpg



そして数時間後松本から名古屋に帰る時がやってきました。
名古屋への最終ともいえるしなの26号で真夏の旅は幕を閉じました。
ホームで列車を待ってる間東京圏で見るE233系が停まってたので
これも花火大会の時にしか見れない風景なのかなと思いました。
DSC05151_convert_20151022042537.jpg
DSC05159_convert_20151022042558.jpg



3日間あっという間でしたが久しぶりに長岡・新潟・
初めての越後線などを回りました。
花火大会でこの近辺で宿泊する人もいて
早い段階から満室で本当は行きたかった所もありましたが
またの訪問を楽しみにしたいと思ってます。

いつものように最後までのおつきあいありがとうございました。

おしまい

ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 篠ノ井線 諏訪湖 花火

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北陸新幹線で長野へ

 【03//2015】

前回のつづき。


上越妙高駅から次は長野県に向かいます。
ということは北陸新幹線に乗らなければいけないので
改札にやってきました。
DSC05041_convert_20151017230750.jpg



ホームは2面4線。通過列車もあるので当然ホームドアが設置されてます。
冬場は豪雪地帯なので屋根で覆われてますが暗くならないよう外側は
ガラス張りにして開放的な空間を造っています。
会社境界線であるので乗務員交代も行われます。
DSC05053_convert_20151017230915.jpg



駅名表も開通したばかりで隣は飯山で反対側は
俺が何度も訪問したことある糸魚川の名がありました。
DSC05052_convert_20151017233001.jpg


その長野に行くはくたか558号に乗ります。
DSC05057_convert_20151017231629.jpg



車内は結構埋まってましたがかろうじて座ることが出来ましたが
この日から早く戻る人もいてUターンラッシュが始まろうとしてました。
参考程度に直江津で残席状況見たら北陸新幹線・東京方面は
終日満席でした。これぞ北陸新幹線のパワーを見せつけられたように
俺は思いました。2月旅でボロクソ言いまくりましたが侮ってたのは認めます。
DSC05064_convert_20151018001246.jpg
DSC04985_convert_20151018004742.jpg




25分で長野駅に着きました。ここでも自由席乗車口には
たくさんの人が並んでました。
お盆休みも終盤に入り楽しいひと時から
現実の世界に戻ろうとする人達の人間模様が描かれてるようでした。
DSC05067_convert_20151018003931.jpg



長野駅に来るのは今年1月以来半年ちょっとぶりで
前回はしなのの到着が遅れて滞在時間20分程でさっきいた
当時の脇野田駅に向かう列車に乗るために泣く泣く諦めましたが
今回はじっくり見ていきたいと思います。
DSC05075_convert_20151018004041.jpg


在来線ホームにやってくると特急しなのが停まってました。
15日土曜日は早い人はお盆休みから現実の世界に戻る人もいたり
翌日休みの人は早く家に戻ってゆっくりしたりの人もいらっしゃったでしょう。
多客期だったので通常6両のところが8・10両つないで運転してました。
DSC05080_convert_20151018005848.jpg



115系も健在でしなの鉄道線専属車が停車中でしたが。
7番のりばに停まっていたのは長野色のまま正面にしな鉄の
ステッカーだけ貼ってました。
が1月の旅で北しなの線になる前のどっかの駅で試運転してたのを
列車から見た記憶があります。
といいつつも目の前にそば屋がホームにあるのはホッとしました。
DSC05082_convert_20151018052224.jpg
DSC05085_convert_20151018052327.jpg



善光寺口と東口を結ぶ自由通路には
1998年長野オリンピックのシンボルマークが飾ってました。
前回来た時が仮設の観光センターなどがこのあたりに
ありましたが階段渡ってすぐの所に新装開店しています。
DSC05088_convert_20151022030926.jpg


長野から北はJRから分離されたためしなの鉄道の窓口が
新たに設けられました。
俺もいつ乗りに行くかわかりませんが篠ノ井から軽井沢まで
乗り放題のフリー切符に関することなど相談しました。
DSC05090_convert_20151022030941.jpg


駅舎は善光寺をイメージした造りで目の前の提燈は
寺に因む「縁」です。2011年10月旅で訪問した時は
参道を散策しながら来たのはよかったですが一番の本堂が
運悪く屋根の工事してたため前景が見れませんでした・・・(トホホ)
いつの日か再訪した時のリベンジをしたいと思ってますが・・・。
DSC05094_convert_20151022031009.jpg
DSC05092_convert_20151022033244.jpg


長野といえば蕎麦所で有名ですね。俺もお昼ご飯は
駅ビルの中にある蕎麦屋さんで天ざるをいただきました。
DSC05098_convert_20151022031025.jpg



真夏の旅も最終回へ。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 北陸新幹線 新潟県 長野県

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

信越本線 日本海眺めながら直江津駅へ

 【30//2015】

前回のつづき。


青海川駅の素晴らしい風景を見届け次の16:31発の直江津行きに乗ります。
115系新潟色はまだまだ健在ですが
今後E129系が増備されていくとこの風景とのお別れが近づいていくのです。
DSC04936_convert_20151015055334.jpg



鯨波からつづく日本海を眺めながらの風景が
ここ笠島駅もあり目の前に漁港が見え車も停まってて
みんな集まって海辺で楽しいひと時を楽しんでるようにこの場で見えました。
ただ建て替えられた駅舎と建設された時の土台のアンバランスさには
ちょっと違和感を感じますね・・・。
DSC04939_convert_20151015055504.jpg
DSC04938_convert_20151015055447.jpg


長岡・新潟方面のホームに海風用の防風柵がある米山駅は
こちらも負けず劣らずの海が眺めれる駅です。
なんか元北陸本線の市振駅と被ってしまいそうな雰囲気で降りたかったですが
迷った末諦めてこのまま列車に乗ってさらに西へ。
DSC04942_convert_20151015055523.jpg
DSC04944_convert_20151015055541.jpg


一番前の窓越しからこの道中は
国道8号線と並行しながら西へ向かっていきます。
この界隈も標高1000m近い米山があり「越後富士」の名で親しまれてます。
時間が夕方4時台後半でして日の入りはまだ早かったんですが
夕日を見ながらの風景やったら
もっと最高だったんじゃないかなと思いながら見てました。
北陸・新潟県西部もなかなか良い画の風景に再会できた喜びを
噛みしめながら向かいます。
DSC04948_convert_20151015055654.jpg
DSC04950_convert_20151015055740.jpg



北越運行時代からの特急停車駅柿崎駅は町の中心部なら
ピタッと決まるどことなく場違いなコンクリート打ちっぱなしの
建物があります。先代の駅舎は木造の日本海縦貫線の名優的風情が
あったのに変わってしまったのをある時ネットで見たときは残念でした。
DSC04951_convert_20151015055757.jpg


柿崎を過ぎると海沿いから少し離れ防風林の中を
駆け抜けますが上下浜のような小さな平屋の駅舎が続きます。
DSC04952_convert_20151015055823.jpg



この高架橋といえば3月13日まで特急はくたかが160キロ運転してた
ほくほく線と合流し犀潟駅に着きます。
俺もほくほく線には何度となくお世話になりました。
がこの駅に降り立ったのは今年1月が初めてで吹雪に遭いそこから先に
向かうのを諦めたのは記憶に新しいです。
新幹線開通後の現在の姿もいつか訪問してみたいですがいつのことか・・・。
DSC04958_convert_20151015055845.jpg
DSC04960_convert_20151015055912.jpg



貨物の側線が多数敷かれている黒井駅。
いままではほくほく線方面の列車はすべて通過してましたが
3月14日から1日1,2本停車することになりました。
この駅の通過する時必ずコンテナを見かけます。
DSC04961_convert_20151015055944.jpg


35分後の17:05直江津駅に着きました。
半年前の2月14日あの北陸本線ラストラン旅以来の訪問です。
ダイヤ改正から5か月思った以上に
早く再訪するなんて思ってもみませんでした。
DSC04968_convert_20151015060005.jpg


隣には高田・上越妙高方面に向かう妙高高原行きが停まってました。
この車両開業前は新潟近郊区にいた車両です。
信越本線の山線新潟県側は妙高はねうまラインにかわり
黒姫から長野がしなの鉄道・北しなの線となり妙高高原駅で
乗換必須の不便極まりないことになったのです。
JRだった頃は1本で行けたのが県を跨ぐ際にこうした面倒なことを
しなければならないので新幹線開通の陰で負の部分ですね。
DSC04970_convert_20151015060057.jpg



改札前には駅前のホテルが運営する駅弁屋さんの販売も
今まで通りやってました。
正直開業後は無くなって上越妙高のコンコース内だけになっちゃうんじゃないかと
心配してましたが残ってよかったです。
それにしても人の流れが大きく減ったのは残念です。
DSC04974_convert_20151015060117.jpg



外のどんよりした曇り空はいつもなら憂鬱な気持ちになりますが
この日は風もあって夏の暑さを和らげてくれる空でした。
本当はもっといたかったんですがタクシーでこの日泊まるホテルに移動し
2日目は終わりました。
DSC04976_convert_20151015060440.jpg



最終日へつづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 日本海縦貫線 信越本線 新潟県 ほくほく線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る