2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

富山市内を走るライトレール車 2014冬

 【18//2014】

この日も富山にいる間に列車からいろんな写真を撮りましたが
市内のライトレールもいっぱい撮ったので紹介していきましょう。



南富山で地鉄ICカードラッピング車の編成から。
オリジナル色以外にこうしたカラフルな車両があると
撮影しがいがありますね。
DSC05383_convert_20140319234912.jpg



同じく昼の南富山で撮ったサントラム102編成ですが
雪の中で撮ってましたのでピンとは合いましたがレンズに
雪が付いてしまいました。
行先表示が幾分ピンボケ気味に見えますね(笑)
これだけ降ってる中で列車を撮影したのは2009年12月に
糸魚川で大雪の中引退直前に撮ったキハ52系を思い出しました。
あの時はこの日よりももっと酷く帰りも大幅列車が遅れてまして
しらさぎで名古屋に戻ったのが夜中12時15分過ぎやったのを記憶してます。
DSC05380_convert_20140319235818.jpg


駅前に戻ってからはセントラムを撮りまして
3種ある内の銀色編成が停車中でした。
シャッタースピードの関係で行き先表が切れたのは
ご愛嬌ということで・・・(笑)
DSC05398_convert_20140319235841.jpg


交差点からの真横からのほうがわかりやすいのですが
ここから見るとポートラムと車体は一緒ですが色が違うと
印象も違いますね。
DSC05399_convert_20140319235906.jpg



前回訪問時撮れなかった黒を基調としたセントラムを
撮る事ができました。
黒い車体に白い雪といえばモノトーン風な雰囲気を思い起こさせます。
が3枚目に載せた写真と見比べると
急ぎで撮ってしまいアングルを適当に決めてしまったのが
否めませんね(汗)
DSC05394_convert_20140319235936.jpg



夜、総曲輪から戻った直後に撮りましたが
白や銀に比べシックでスタイリッシュさがより際立ってますね。
3つの中で黒のセントラムがお気に入りです。
次富山に来たときには黒=ブラックセントラムを
明るい時間に同じアングルで撮影しここで公開できることを
楽しみにしています。
DSC05468_convert_20140320000011.jpg



富山駅に戻り本来なら泊まる予定でしたが・・・
翌日も早くからスタートするので残念ながら富山から普通列車で
25分ほど行った魚津で一晩過ごすことに。
駅前広場ではなんと木にイルミネーションのライトアップが
されててびっくりしました。
DSC05477_convert_20140320000057.jpg



そしてこの夜お世話になるホテルのお部屋です。
大きな部屋ではありませんでしたが外は街並みが見ることが出来ます
が反対側は列車が見れる部屋でしたのでちょと残念でした。
DSC05479_convert_20140320000112.jpg


翌日に備え駅前のコンビニで買い物し翌日の準備をし一夜をすごしました。


2日目につづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 富山地鉄 ライトレール

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

地鉄電車に乗った 南富山駅

 【09//2014】

稲荷町駅から今回使ったフリーパスで行けるのは南富山までですが
その南富山にやってきました。
道中は雪の中往年の国鉄時代のモーター音を響かせてました。


島式のシンプルなホームには側線と
木のベンチがポツンと設置されてます。
稲荷町とはガラッと変わって力強さを感じさせる
屋根が雪の中支えてるようでありますね。
DSC05372_convert_20140315193428.jpg



駅名表はシンプルな表示で
地鉄のロゴ等が入ってないのも珍しいですね。
普通の鉄道会社であれば何かしらのロゴがありますが
地鉄電車線はそれが入っておりません。
DSC05369_convert_20140315193455.jpg



またこの駅は市内線が走ってて路面電車の車庫もあって
改札へ向かう途中には列車がここでも発着しています。
この日の撮影でここから富山駅へ戻るまで雪が一番降っていた
時間帯でした。
DSC05373_convert_20140315193537.jpg



運用を終えた列車が車庫に回送されて行きます。
昔ながらの吊りかけモーターの車両ですが地鉄の場合
車体に看板がついてるので走る広告塔と言ってもいいでしょう。
この後何枚かここで市内線の車両を雪の中撮りましたが
後日紹介しますのでお楽しみに。
DSC05384_convert_20140315193559.jpg


駅舎内には稲荷町同様ストーブが設置されて
中は広めで長椅子が2つ置いてありました。
券売機が設置されてますがどこと無く食堂の券売機のような
雰囲気で鉄道会社らしい感じのものではありませんが
見てて面白そうでした。
DSC05374_convert_20140315193639.jpg



駅舎は昔ながらのコンクリート建築に
研修センター併用であります。
屋上に踏切があってここで研修等が行われてるのでしょうか。
駅舎と地鉄の運転手養成所併設してる感がします。
DSC05376_convert_20140315193831.jpg



駅前からの商店街も雪でした。
手前には雪かき用のショベルカーも準備され
もっと積もってたら稲荷町駅前のように動いていたかもしれませんね。
商店街のアーケードゾーンも昔ながらの店舗が並んでました。
DSC05375_convert_20140315193712.jpg



南富山から戻って来てから元東急の8590系が
去年11月から運用を開始しています。
転換クロスシートの車両がほとんどを占めている中
ロングシート車の17480系は今回みたいに短い区間であればヨシとしますが
宇奈月・立山と長い旅になった時に来られたら
モロにおみまいされてしまいそうな感じがします(笑)
本家東急は乗ったことが無く新車に変わってますがこの顔見ると
なんとなくですが東急電車やなぁと感じる瞬間であります。
DSC05388_convert_20140315194152.jpg


地鉄電車だけでフリー切符代の元をとりましたが(笑)
今回使ったフリー切符の本題はこれからです。


つづく



ランキング参加中です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 富山 富山地鉄 東急

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

地鉄電車に乗った 稲荷町駅

 【07//2014】

電鉄富山から隣の駅の稲荷町駅へやってきました。



ホームは3線ありますが本線側は左にカーブし
改札口は地下道で結ばれてます。
DSC05355_convert_20140315184113.jpg


さっき乗ってきた列車で降りたホームには
上屋から支柱長椅子に至るまで木が使われてます。
この駅の探検は楽しいものになるなと予感してました。
DSC05354_convert_20140315190858.jpg



列車の表情がよく見える3番のりばからは
地鉄電車の検査等を行ってる車両基地があり運用の終えた
あるいはこれから始まる車両が停泊しています。
16010系元西武のレッドアローがお休みしてました。
DSC05356_convert_20140315184333.jpg



14760系地鉄色の列車が富山駅に回送して行きます。
この数分後にはここを通過し宇奈月へと向かって行くでしょう。
前回の訪問は朝の時間帯でしたので普通の種別しか見れませんでしたが
今回は昼過ぎなので違うのが見れました。
DSC05358_convert_20140315184405.jpg


その3番のりばはホームの床が木製といろいろな
路線乗ってますが大きな駅で木の床で出来ている駅は
もうないんじゃないでしょうか。
長椅子ものりばサインの古びれ具合からも年季が入ってて
素晴らしいですね。
DSC05357_convert_20140315184251.jpg


駅舎内には雪国らしく真ん中にストーブが設置されて
列車が来るまでの間少しでも暖かくしてもらいたいという気持ちで
設置されてます。太平洋側ではまず見ない冬のローカル鉄道の
表情のひとつですね。
DSC05362_convert_20140315185500.jpg


地方ローカル線らしい木造駅舎が建ってます。
きれいに整備されたのか外装がリフォームっぽく見えます。
いろいろな方のブログやネットで他の駅はもっと出来た当時のままの駅舎が
たくさんあり今回は行く区間が限られてるので
次の機会にとっておきます。
DSC05363_convert_20140315185805.jpg


駅を出た目の前にはアピアというショッピングセンターが
あります。富山の旅で2回中に入ったことがありますが
今回は時間の都合で入れませんでした。
目の前のショベルカーは駐車場から今のところを周回しながら
積もった雪を除雪しており雪国らしい風景を目の当たりできました。
DSC05361_convert_20140315184736.jpg



3番のりばは不二越線と言いますが南富山以南の
上滝線と一体の路線であるので岩峅寺まで直通で行きます。
列車がやってきて次の南富山に向かいますが
屋根の無い場所は雪が積もってて歩くのも
地味に苦労しました(笑)
DSC05365_convert_20140315190018.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 富山 富山地鉄

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

地鉄で蘇ったダブルデッカー

 【05//2014】

駅前の大喜でブラックラーメンを食べ地鉄の駅に向かいます。



駅ビルの中に地鉄電車のりばがあり
ここから見ても駅前は工事が続いており
整備中もあってか入りにくかったのを覚えています(汗)
DSC05328_convert_20140310031844.jpg


この日は地鉄線乗った後ライトレールも乗るので
窓口でフリー切符を買いました。
800円で区間が限られてるものの地鉄電車に乗れるのは
とても得した気分であります。
DSC05345_convert_20140310031907.jpg


地鉄富山駅ホームにはすべてのホームに4列車が
停まっててこれからの始まりに華を添えてました。
DSC05344_convert_20140310031936.jpg




手前側の14700系は10030系の黄色と緑を
まとった編成が停車してました。
前回は撮れませんでしたが改札入って早々に収めることが出来ました。
露出を少し下げた関係で明暗のはっきりとした画ですが
コントラストを弱めるなどして調整すれば解決できそうなので
今後の旅ではこうした撮影条件でやってみたいです。
DSC05340_convert_20140310032040.jpg


ここでのお目当てはやはりこれでしょう。
10030系ファミリーの京阪特急色ですね。飛騨山脈越え太平洋側
静岡県大井川鉄道の車両は先日引退しましたが
こちらはバリバリ元気どす。(なぜか京都弁・笑)
DSC05338_convert_20140310032447.jpg


屋外と屋内の間に停まってた関係上変な画になりましたが・・・
前の写真と共にお目当てであった元京阪の旧ダブルデッカー車を
見に行くのが今回楽しみでした。
京阪在籍時は生で見る機会がありませんでしたがいろんな方の
ブログで旧ダブルデッカー車の写真を見ましたが
変わらぬ姿で停まってました。
DSC05335_convert_20140310032650.jpg


こうなれば車内も見ないわけに行きませんね。
入ってすぐに座席がありまして
左上にはサハ31と改称された編成ナンバーも載り
扉上には鳩マークにダブルデッカーデビューの2013.8.25が
載ってます。
2階席には座席指定券が要るという注意書きが載ってます。
DSC05337_convert_20140310034015.jpg


そのダブルデッカー2階席は
ネットでしか見たことがありませんが
座席のシートも床の雰囲気も当時と変わらず
重厚さを保持したまま富山にやって来たという感じが
伝わってきます。
今の時期魚津は蜃気楼や立山連峰を眺めながらの旅は
最高でしょうね。
DSC05336_convert_20140310034102.jpg



つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 富山 富山地鉄 京阪 旧3000系 ダブルデッカー

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

富山市街地を走る ライトレール達

 【03//2013】

月曜日夕方に着いて翌日昼までに富山市街でライトレール列車を撮ったので
紹介しましょう。



最初に撮った7000系は地鉄電車の10030系と
同じような配色の車両です。
この列車を見ると昔からある路面電車の雰囲気を伝え
加速時には独特の釣り掛けモーターの音がいい味を出してますね。
DSC03325_convert_20130210212755.jpg




次は地鉄富山駅で撮影後に駅前で撮った8000系は
1990年代に登場したVVVF車で今の新型車に比べると
少し地味な感じは否めないかなというのが所感です。
広島電鉄の車両でも同じ時期に出た車両がありますが
グリーンムーバーに比べると地味に感じますね。
DSC03367_convert_20130210212712.jpg




初日夜イルミネーション見て荒町から駅前に戻るときに
乗ったT100系です。
1編成で3連で基本設計は豊鉄の1000系と同一でここではよくわからなかったのですが
豊橋駅前で見ると色が一緒かわかりませんが似てますね。
サントラムという愛称の車両です。
DSC03329_convert_20130210213053.jpg





2009年に都心線開業時に登場した9000系セントラムです。
2両編成で2006年に富山港線からライトレールに切り替わった時に
出た車両と同様に新しい車両で昔ながらの路面電車に比べおしゃれな車両に
変わったなというのが一番ですね。
DSC03401_convert_20130210213134.jpg





セントラムと旧来の路面電車の2ショットもちゃっかり撮りました。
前の写真がグレーを基調としてるのに対し白車体の編成が来てますが
もう一つの編成は違う色の編成は見ましたが残念ながら撮ることができなかったので
次回来たときにはリベンジしたいと思います。
ちなみにその編成は黒でかっちょいい車両です。
DSC03366_convert_20130210213600.jpg



つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 富山地方鉄道

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

富山地鉄電車を見る 列車編

 【21//2013】

前回の記事で地鉄電車を撮ったと言いましたので早速いきましょう。



地鉄電車色の14700系は1979年に製造された自社車両で
車内に入ったら1980年にローレル賞を取った車両です。
同じ時期に登場した車両といえば国鉄の117系で2扉の転換クロスシート車という
共通点がありますね。しかし東海地方の117系は来月のダイヤ改正で定期列車から
引退が発表されてまだ頑張れるのにと言いたいところです。
DSC03361_convert_20130129230456.jpg




10030系は元京阪の車両で隣の稲荷町駅にある工場で改造され
元の色から緑と黄色の色に改造されました。
地鉄は軌道の幅が1067mmで京阪が新幹線と同じ1435mmで異なるサイズなので
京阪時代とは違う台車を使わなければならず編成によっては485系の台車を使ってます。
DSC03356_convert_20130129225828.jpg



10030系のもう一つの編成は赤とオレンジの色にワンマンと行先表示を
付けた京阪特急色です。。
鳩のマークを見ると京阪本線でで見かけてしまいそうですね。
京阪の3000系ももうすぐ引退が近づいてますが車内には液晶テレビもあり
本家に負けじとテレビカーを名乗り京阪特急から継承されて行くのであります。
DSC03363_convert_20130129231658.jpg



西武のレッドアローが置き換えと同時にやってきて改造した
16010系ですが当初3両編成だったものの運送両が多く2両化ワンマン改造されました。
機器類はこちらも485系の物を利用してます。
DSC03342_convert_20130129224449.jpg



16010系のもう一つの編成はアルプスエクスレスに改造され
外装・内装ともにJR九州でお馴染みの水戸岡ドーンデザインが手がけ
見事なまでの生まれ変わりをしました。
車内は例により木を基調としここでも水戸岡マジックをさく裂させてますね。
同じ車両でも西武時代のままと北陸で見る水戸岡編成と見比べても面白いです。
DSC03360_convert_20130129232023.jpg



あと1995年から数年間JR西日本の681系が地鉄に乗り入れ宇奈月温泉まで
運行してましたが1M方式の車両ではいくら高出力でも勾配のキツイ地鉄では
負担が大きいでしょうね。


つづく



にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 地鉄電車

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

富山地鉄電車を見物 地鉄富山駅編

 【19//2013】

朝駅前を出て軽く撮影後富山地方電鉄の富山駅に向かいます。



地鉄の駅はここからですとわかりづらいですが
地鉄ホテルの真下の所の奥に行った所です。
マリエ富山というデパートもありホテルもあるので
地鉄もかなり立派な会社やなというのが所管です。
DSC03337_convert_20130129221233.jpg



中に入るのですが最近主流になったICカード専用の
改札と昔からある有人型のラッチと2種類あります。
なんと言っていいのかわかりませんが現代のものと古くからある
物が共存されてるかのように俺は思います。
DSC03341_convert_20130129221656.jpg




行先案内には朝のラッシュ後手前なのかわかりませんが
本数が多いです。
地方の鉄道会社は資金繰りが厳しくこのタイプに変えるのなんて
まず考えられないと思いますが地鉄は立山や宇奈月温泉といった
北陸有数の大観光スポットとも繋がって営業キロがトータル100キロある
準大手に入る会社であるので更新はできそうかな・・・と。
DSC03352_convert_20130129223328.jpg



ホームは3面4線の頭端式ホームでここがスタート地点となります。
この日は雨でしたので屋根のついてる場所が多くこうゆう天候の日ほど
雨を気にせず撮影できるのでありがたいです。
DSC03345_convert_20130129221844.jpg




4番のりば側にはかつて使われていたヘッドマークの
数々が展示されてます。
普通列車であろうが特急であろうが今の時代でも使っても
良いだろうと思ってしましますが使われなくなって廃棄するよりは
こうして残し昔付けて走ってたというのを次の世代に語り継いで
行ってもらいたいものですね。
DSC03346_convert_20130129223244.jpg



列車の写真も撮ったので次回紹介します。



つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 富山地方鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 富山市 地鉄

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る