2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:福井 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

福井城跡を見物し初日終了

 【11//2016】

前回のつづき。



福井へやってきたので街歩きをしたいと思います。
DSC08988_convert_20160623032538.jpg



地図を見ながら今回泊まるホテルが城跡のある公園方面なのでそちらに向かいます。
DSC08986_convert_20160711045315.jpg




中央大通りから一歩小さな道に入りその先には1本の橋がありました。
DSC08990_convert_20160623034540.jpg



橋を渡り外堀の遠方にはきれいな雪山が見えます。
4月後半に入りながらも雪が残ってる山々を眺めれるとは思ってなかったですが
さっきの交差点でこの時間の気温が25℃でして初夏を思わせる気候でした。
しかしこの夜から翌日午前にかけ気候が一気に変わるなんてこの時全く考えてませんでした。
DSC08995_convert_20160623035315.jpg



橋を渡った先には福井県庁が建ってます。言わずと知れた福井県の政治の中枢です。
1981年に現在の庁舎が竣工しまして35年経ちました。
隣には警察本部や県議会館が同じ敷地に建ってます。
DSC08996_convert_20160623042550.jpg



俺がここに来た理由が県庁の中にある福井城跡があると聞き来たのです。
福井駅前は幾度となく散策はしていますがホテルに向かう道中の中にあるので
そのついででここに来るのは初めてです。
DSC09000_convert_20160623042620.jpg
DSC09003_convert_20160623045751.jpg







その天守台のあるお立ち台は急な石垣の階段を上ります。
いくつか上ったことある城や天守閣で垂直に近い階段を降りる時泣きを見ましたが
それよりは緩めなので安心しました。
DSC09006_convert_20160623052207.jpg



上った先には天守閣跡と福の井に関する紹介がある石碑が建ってます。
その隣の石垣も見る限り頑丈そうに積まれてますね。
DSC09008_convert_20160623053301.jpg



と呑気に言えたのはここまでこの崩れ方は自然がもたらしたのですが
1948年の福井地震で崩壊し跡が残っています。
この週に起きた熊本地震もですがこの何年か地震が起きる度自然の驚異を見て
いつ自分たちに起こりうるかわからず正直不安になっていきます。
DSC09018_convert_20160623053700.jpg
DSC09012_convert_20160623053734.jpg



その隣にある「福の井」という井戸で底部が5.7m、水深が1.9mあります。
そして現在の福井の地名の由来となったのはここからだったのです。
DSC09009_convert_20160623053318.jpg



一見見ると広場のような天守跡には68万石御家門という福井藩の権威を象徴する
4層5階の天守がここに建ってました。
天守本体は江戸時代寛文の大火で焼失しましたが礎となる石が残ってて
当時の様子を偲ぶことができます。
この現代に復元されていたら県庁以上に目立って見えますね。
DSC09015_convert_20160623053825.jpg

DSC09005_convert_20160623053952.jpg



この場所は春の時期は桜のスポットとして有名ですがこちらも葉桜状態でした(笑)
4月後半になると序盤満開だったのが雨によって散り緑の葉が
生えだす時期に入りるのでちょっと遅かったかなぁと振り返ってました。
DSC09016_convert_20160623054451.jpg



階段から降りると1本のハナミズキがきれいに咲いてました。
桜は見れなかったもののここでも春の花を見れたので満足です。
DSC09021_convert_20160623054043.jpg



3つの橋があり北へ進路を向かう中外堀の先にはホテルが見えます。
があそこには泊まらないもののこの日のお昼は天気も良く暖かかった印象が強かったです。
DSC09023_convert_20160623054517.jpg



20分ほど散策した後この日泊るホテルに着きました。
中心部ですがこの辺りに来るとさっきまでの賑やかな通りから一転し
住宅街に入り静かな場所へと移ってきたような錯覚を起こしました。
DSC09025_convert_20160623050345.jpg




ホテルの部屋からはさっきまでいた城跡の石垣と県庁が見えました。
福井県の政治の拠点は今も昔も変わってないということですね。
そういえば名古屋城と愛知県庁も歩いて行ける距離でありますが
同じ敷地に天守台と県庁が立地してるのはここだけではないでしょうか。
DSC09026_convert_20160623054546.jpg



城跡を散策しましたが唯一残念だったのが山里口御門復元工事で
通行止めとなりその先にある明治初期に撮影された古写真を元に復元された
御廊下橋を見れなかったのが心残りでした。
DSC09004_convert_20160704061547.jpg




休憩後の後再び駅から街に出て気が付けば夜を迎え
晩ごはん食べた後ホテルに戻りますが風が強くなっていき
翌日迎える嵐の前の静けさと共に初日は終わりました。
DSC09035_convert_20160623034125.jpg



波乱の2日目へつづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 福井

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井県 北陸地方 城跡 熊本地震 地震

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

道の駅 西山公園 [福井県・鯖江市]

 【03//2016】

前回のつづき。


西鯖江駅を訪問し近くに道の駅があるのを聞きやってきました。
DSC08831_convert_20160606072525.jpg

DSC08835_convert_20160606072658.jpg



その場所は鯖江市を代表する観光地西山公園です。
日本の歴史公園100選に選ばれ案内を見てても大きな公園であることがわかります。
DSC08836_convert_20160606073044.jpg



公園に向かう階段にはこの時期の見ごろの花である赤いつつじがお出迎えしてました。
DSC08838_convert_20160606073914.jpg



その園内に2014年4月にオープンした道の駅にやってきました。
出来て2年の真新しい駅には鯖江市で造られた地場産品が揃ってて
身近なものでいえばメガネも展示販売されてます。
DSC08839_convert_20160606074315.jpg
DSC08841_convert_20160606075053.jpg



かわいいパンダの絵が描かれたお手製のブラックボードが出迎えてくれました。
DSC08842_convert_20160606075115.jpg



とりあえず駅の中はここまでとしましてエレベーターで上がると
橋があり公園とつながってましたので先へ向かうことに。
DSC08844_convert_20160606075147.jpg


渡った先には大きな広場が待ってました。
土曜日の行楽日和でしたのでシート広げて花見を楽しんでるようでした。
もしもってたらのんびり寝たい気分ですが平地ではないので
眼覚めたときどこいるかわからなくなった時が怖いからやりませんが・・・(苦笑)
DSC08845_convert_20160606075332.jpg

DSC08851_convert_20160606081222.jpg



広場の一角にも玄関で見たツツジの花が咲いてました。
西山公園の一番の見どころで毎年5月にはつつじ祭りが開催され
たくさんの来訪者で賑わう場所です。
DSC08847_convert_20160606080952.jpg



園内には花弁の大きいヤエザクラがここでも咲いてました。
ただ紹介にはサトザクラとのってましたが形は一緒でも別の呼び名があるのか
わかりませんが春のうららかな雰囲気の中にいました。
DSC08849_convert_20160606081135.jpg


もう一つの桜は散ってしまい葉桜状態でした(笑)
緑の葉は新緑の季節そして初夏への第一歩を踏み出した証かもしれませんね。
DSC08852_convert_20160606081256.jpg



ちなみにこの日はこの企画が行われてました。
ツツジの花が植えられるきっかけになったのは何というクイズ形式の
ラリーがやってて訪問者を楽しませてました。
DSC08846_convert_20160627063534.jpg




もっと先の方に行きたかったんですが・・・
アップダウンが激しくさきまでいったら元に戻れないので諦めて
道の駅に戻り福井県の見所を集めた名所案内を見ました。
東尋坊から永平寺に丸岡城等。
電車旅の合間にどれだけ入れれるかわかりませんが
今回は福井県の旅を満喫しようとしてる自分がいました。
DSC08853_convert_20160606081318.jpg
DSC08855_convert_20160606081501.jpg



正午前で何か軽く食べたいと思い福井に来たのでおろしそばとコロッケをいただきました。
IMAG0693_convert_20160523070626.jpg
IMAG0694_convert_20160523070611.jpg



福井県内は色んな観光名所がたくさんありますが
ここ西山公園はあの名所といわれる東尋坊に次ぎ観光客入込数が
2番目のスポットで近年はさらに増加しているのです。
初めて来たのですが旅から帰ってきて調べたら鯖江市にありながら
こんなに観光客が訪れる場所だったのかとびっくりで
無知な自分が恥ずかしいと思った瞬間でした。
DSC08843_convert_20160606075306.jpg



道の駅を後にする前に目の前に眼鏡屋さんがありました。
ここ鯖江市は眼鏡の生産が日本一の町です
修理から研磨・フレーム製作の職人が集まっているのです。
DSC08857_convert_20160606081331.jpg




つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井県 鯖江市 北陸地方 道の駅 ツツジ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井駅前を散策

 【02//2013】

前回の福鉄の撮影と並行し街散策もしましたので続編です。



福井駅前にあったアーケードはきれいさっぱりとなくなってました。
白い壁で覆ってるところにはかつて飲食店からお土産屋まであって
ここに来る度いつも歩くのを楽しみにしてました。
その中にはカツ丼の小川屋もありましたが再開発で閉店しました(悲)
DSC04356_convert_20130707065305.jpg




福井駅前の現在あるアーケードのワンシーンです。
イタリア国旗がありますがイタリア料理のお店を開いてるのでしょうか。
それにしても屋根が高く大きめの商店街ですが
シャッターも少し閉まってるのは残念としか言いようがないです。
DSC04362_convert_20130707065340.jpg




中央大通りから中に入った小さな通りは車1台通れる
通りですが県庁所在地らしからぬ雰囲気も地方都市でしか
見れないのでここも魅力ですね。
DSC04364_convert_20130707065438.jpg



西武百貨店の所には100年時計が設置されて6時ちょうどになった時
メロディーや中が動き俺もその時間に立ち会うことが出来ました。
DSC04370_convert_20130707065506.jpg



10年前に初めて訪問した時現在の東横インの所には
交番やローソンがありデパートも併設された大衆型の駅舎がありましたが
今の駅舎となり新しいロータリーが出来当然のことながら
無くなり全く違う風景に変わってしまいました。
アーケードがあった所には整備された後何が出来るか楽しみな反面
慣れ親しんだものがなくなったという寂しさも隠し切れません。
DSC04360_convert_20130707065533.jpg



駅前散策から帰ってきてお腹がすいたので晩ごはんは
PRISM福井にある所で名物のソースかつ丼とおろしそばを食べました。
DSC04378_convert_20130707065556.jpg




つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井市 駅前散策 アーケード巡り

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

三国港周辺を歩く

 【21//2013】

目の前に漁港と海があるので散策しました。



駅前をすぐ出ると漁港の道路は週末でありながらまばらです。
DSC04330_convert_20130707044104.jpg




漁港起点で見るとここまで九頭竜川が流れてて
ここから日本海に向け進みます。
昼3時ごろなので船もかなり停泊してて漁港内もセリが
終わってて静かでした。
DSC04331_convert_20130707044139.jpg




立ち寄り湯のある通りからは
民宿や旅館がいくつか並んでます。
しかしこの日は久しぶりにお出かけしたのと
梅雨合間の晴れて日差しもかなり強く体感温度としては
30℃はあったと思います。
DSC04334_convert_20130707044252.jpg



少し歩くと海岸があり海水浴シーズン直前でしたので
海の家を建ててる最中でした。
この記事を出す時はシーズン後半か終わりが近づいてるのでは
ないかと思われます。
三国港駅から500m程にあって近くにあるので夕方に行けば綺麗な
夕日も眺めれるビーチであるので季節によって時間をずらしたら
見れたかもしれませんね。
DSC04335_convert_20130707044327.jpg




駅に戻る時に旧国鉄三国線時代の遺構らしきものを
見つけました。
駅のホームよりかさが低いのでおそらく貨物の取り扱い等で
使われたのでしょうか。
京福電鉄に移行する前の遺構めぐりもこのあたりで出来ますが
北陸本線の芦原温泉駅にあったのは訪問したことがあるので
下車する機会があれば写真に収めてブログで公開する日を
楽しみにしたいと思います。
DSC04338_convert_20130707044406.jpg


撮影しながら向かっていたら駅に列車が停まっていたので急いで戻りました。

つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 坂井市 港沿いの風景

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北国街道の今庄宿 

 【28//2013】

今庄駅を出て宿場町の跡と思われる場所に向かいます。



前回の記事で元1番のりばが無くなったと伝えましたが
道路側から見るとこんな感じです。
元々線路があった所に道路が拡張されたのです。
DSC04238_convert_20130706232033.jpg



駅前から小さな道を渡り宿場町の中心地に向かいます。
DSC04239_convert_20130706232714.jpg




歩くこと数分本陣跡の入口付近にやってきました。
思えばこの宿場は今庄から山中峠 、木の芽峠、栃ノ木峠、湯尾峠のいずれかの
山越えをしなければならず今は静かな街となってしまいましたが
江戸時代は大きな宿場町としてここと京や江戸と結んでたのです。
DSC04240_convert_20130706232831.jpg




ここが当時の雰囲気の残してるエリアです。
すぐ目の前の若狭屋旅館でしたが改装されてカフェに変わってます。
少し行った所には問屋跡大野屋があり現在は酒造屋を営んでるようです。
DSC04241_convert_20130706232940.jpg



路地裏も昔の宿場町の所にあるのは普段見る
街の風景と違って趣きがあって静かに時間が流れてるように見えます。
DSC04245_convert_20130706233043.jpg



つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 南越前町 北国街道

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

旧敦賀港駅と赤レンガ倉庫

 【16//2012】

気比神宮を参拝しさらに北上し港方面に向かいます。


歩くこと20分倉庫群のある場所へやってきました。
港沿いは関係者以外立ち入り禁止という看板をよう見るのですが
それだけでも来た価値がありわくわくしてきます。
DSC02945_convert_20121210185929.jpg



敦賀港の様子を見るとここから日本海・若狭湾へと
いろいろな物資や人の交流が行われてます。
別の場所に巡視船えちぜんが停泊してて日常の海上の安全を
守り続けてる姿を見ることが出来ました。
フェリーも出てましてここから北海道の苫小牧と結ばれ
時間のある人達はゆっくり旅できるから羨ましいです。
DSC02946_convert_20121210190854.jpg



敦賀港は公園も整備されてボードウオークから湾岸沿いを見れます。
当日はこの曇り空に平日であったため人がいませんでしたが週末や祝日であれば
家族連れで賑わってるのでは無いでしょうか。
DSC02948_convert_20121210190331.jpg




この港沿いに旧敦賀港駅舎を再現した鉄道資料館があります。
1999年に開港100周年を記念して造られたのです。
なかに入ると当時のレトロな雰囲気を醸し出し敦賀の鉄道史が
綴られ昔走ってた白鳥のディーゼル車や485系のボンネット車の
模型が展示され往年の鉄道ファンには懐かしの顔にお会いできるコーナーであります。
DSC02947_convert_20121210190123.jpg







公園を道を挟んだ所には赤レンガ倉庫が並んでます。
赤レンガと聞くと横浜や京都の舞鶴が有名かと思いますが
敦賀も港町のシンボルとして110年近く見守ってきてます。
残念なのは中を一般公開されてないのが惜しまれる所です。
DSC02949_convert_20121210190501.jpg


港沿いまで歩きここから駅前方面に戻ります。





〈インフォメーション〉
明日17日から19日まで旅行します。
現在のペースで行けば1ヵ月後にはこの旅の模様を公開出来るかと思います




つづく



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 福井

Theme: ぶらり旅

Genre: 旅行

Tags : 敦賀市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

敦賀駅前から気比神宮へ

 【14//2012】

敦賀駅で撮影後はいよいよ敦賀の街を散策することにしました。




駅前通りを歩き交差点に差し掛かった所に平和堂があります。
滋賀県を中心に福井・石川の北陸エリアに店舗があるのでもう馴染みの顔ですね。
DSC02927_convert_20121207053729.jpg



平和堂で少し休憩した後、散策しますがこの本町2丁目商店街は
国道8号線の幹線道路のところにあります。いつもこの通りを歩く時
中心街でありながら大きな道路と商店街が共存してるので日本の都市で
こうゆう所はどれだけあるのか自分の目で確かめに行きたいと思うのです。
DSC02928_convert_20121207054053.jpg



歩くこと10分程で敦賀の名所である気比神宮にやってきました。
正面入口の鳥居は高さ11mありまして日本三大木造大鳥居のひとつで
国の重要文化財に指定されてます。
紅い鳥居がお出迎えさぁこちらへといざなってるように見えます。
これがもっと赤の度合いが強ければリアルに広島の厳島神社の鳥居っぽく見えますね。
DSC02929_convert_20121207054332.jpg



境内へと入りまして中にある建物の中で一番大きな外拝殿へとやってきました。
俺が入ったときにはちょうど家族連れの人達が御参り中でしたが七五三の時期が
近かったので平日にもかかわらず来てました。
俺もガキの頃家族で七五三の時期に三河一宮駅近くにある砥鹿神社に行きましたが
正装で行ったのを思い出します。
DSC02931_convert_20121207054707.jpg



御参りを済ませた後、本殿から別の所へやって来ました。
当日は生憎の曇り空で御参り中は小雨も降ってまして傘を用意しなかったとはいえ
最小限で済んだのは幸いです。
ここは喫茶店のある駐車場近くの所に来まして少し早いのですが紅葉を見ることが出来ました。
前側が薄いオレンジに後ろがレモン色に綺麗に染まってるのがよくわかります。
DSC02933_convert_20121207054933.jpg




別の木を見るとオレンジ・緑から黄緑とひとつで色鮮やかに見せてくれます。
紅葉のシーズンは終わりましたがここに来る日があと10日後やったら
紅い色の紅葉が見れたかもしれませんね。
DSC02935_convert_20121207055300.jpg



見物後は最初入った鳥居の所へ戻り次の目的地に向かいますが
この通りの商店街の柱は木を使ってるのでこれがまたいい雰囲気を出してますね。
DSC02936_convert_20121207055510.jpg




つづく



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



Category: 福井

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 敦賀市 街巡り 国道8号線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。