2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:金沢・石川 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

兼六園超弾丸散策とイルミネーション

 【27//2014】

七尾線・のと鉄道乗り鉄旅から戻ってきた後は
帰りの列車まで時間があるので金沢市内を回ることにしました。


金沢駅東口のバス乗り場からバスに乗ります。
DSC09156_convert_20141212052111.jpg



乗車すること20分。日本三大庭園の一つであり
金沢一の観光名所兼六園にやってきました。
DSC09158_convert_20141212052248.jpg


着いたのは良かったんですが・・・乗ったバスの
ルートを間違えたのかわかりませんが
16時40分位で開園時間が僅かになりつつある中
入門口を探し中に入ることに。
DSC09159_convert_20141212052321.jpg



急いで入り駆け足で限られた時間の中
園内の素敵な風景を見ながら回りましたが
池から見る雨粒はバスを降りた時よりも
一段と強くなり容赦なく降り続けました。
DSC09160_convert_20141212053042.jpg


総面積11.4haの構内に160種のうえ樹木がありますが
梅林の一角では秋雨の中きれいな紅葉の葉を
咲かせていました。露出の設定ミスで暗めの画はお許し下さい。
DSC09164_convert_20141212053448.jpg


園内入って15分経過し兼六園一の名所がある
霞ヶ池にやっとの思いでたどり着けましたが
ここからは残り時間と格闘しながら回っていたのを
記憶しています(大汗)
兼六園の画で一番有名なのは徽軫灯籠(ことじとうろう)ですが
俺がいる場所の反対側の向かいにある所まで
行かなければいけないので泣く泣く断念しました。
DSC09167_convert_20141212053516.jpg


放送案内で蓮池門から出れますの案内を聞き
最初見た瓢池(ひさごいけ)の反対側にある海石塔を何とか
写真に収めることが出来ました。
ここまではよかったんですが・・・時間は閉館の夕方5時を迎え
ある所で写真を撮ってたら守衛の人に「もう閉館だよ」と言われ
無念の気持ちを隠しきれないまま兼六園を出て行きました(泣)
中にいたのは恐らく20分も無かったのでまさしく超弾丸散策となったのでした(笑)
DSC09170_convert_20141212054826.jpg



失意の中出発した真弓坂の交差点の反対にある金沢城公園の
端っ側にある鯉喉櫓台(りこうやぐらだい)といもり堀園地でライトアップ
されてました。ここは最近整備されたみたいですが初めて見ました。
DSC09173_convert_20141212054904.jpg


説明書きには金沢城整備計画として復元整備が行われ
2010年往時の姿が蘇りました。
さっきの写真を見ても石垣が3段高くきれいに重なってて
本丸を守るためではありましたが丈夫な建造物だったんでしょうね。
DSC09174_convert_20141212054934.jpg


香林坊に向かうため百万石通りを歩いてると街路樹に
クリスマスツリーじゃないかと思わせる電球色のイルミライトが
点灯してました。これはもしやと思い歩いていくと・・・。
DSC09179_convert_20141212055000.jpg


案の定イルミネーションのライトアップがされてました。
ここでこの風景見るのは2年ぶりで前回来た時
気づきませんでしたが北陸地方や兼六園で見る
冬の風物詩である「雪吊り」にライトをつけて風物詩に
灯りを灯そうという雪国ならではの素晴らしいアイディアですね。
11月前半でこの風景を見るなんて予想できませんでしたが
早い所では10月終わりには始まってる所もあるとか・・・。
DSC09180_convert_20141212055030.jpg



晩御飯を食べ後は帰るのみですがホームにあった
立ち食いそば屋跡は待合室になって生まれ変わってました。
これを見て白山そばをホームで食べれなくなるのが寂しかったです。
DSC09181_convert_20141212060743.jpg


帰りの列車はもちろんしらさぎ66号ですが
4番のりばの泊行きは出発直前に確認しましたが
こちらも521系が入ってきました。この記事を公開する現在
糸魚川まで乗り入れるようになり俺が一番気に入ってる区間の
親不知もこの車両を通過してます。
DSC09195_convert_20141212060802.jpg


列車を待ってる間最後の最後に475系北陸色を
見ることが出来ました。思えば七尾線の415系を除けば
全て521系しか見てませんでしたがまさかの奇跡と言ってもいいですが
出来れば国鉄復刻色が来たら喜び倍増だったんですが・・
これは年明け以降と2月にやる北陸線最期の乗り鉄旅で
見れたらいいなと思いますのであと2回はチャンスがあると
俺は思ってます。
DSC09189_convert_20141212060631.jpg



帰りのしらさぎの車内は雨の中静かに時間が流れてるようでした。
出発の直前運転士の方自らアナウンスされましたが
列車を運行する上で案内放送は車掌が行いますが
発車直前に最後に話された言葉で
狭い空間の中でありますがごゆっくりおくつろぎ下さいと
運転士自ら入れていただくサービスはJR西日本ぐらいでしょうか。
アナウンスを聞いてて俺は西日本の鉄道マンのこうした姿勢があるから
この管轄する路線で幾多にわたり旅し続けたのかもしれないと思いました。
DSC09197_convert_20141212060816.jpg


11月の北陸旅は年明け以降に行われる最後の北陸本線旅への
第一歩的旅でしたが2008年夏以来の七尾線を入れたりし
次いつ行けるかわからないので経営分離前に乗るしかないと思い
この旅を遂行したのです。
あと2回は行く予定でいますので引き続き最後の旅に向け
計画中ですのでおつきあいいただけたら幸いです。


いつものように11月旅レポも最後までのおつきあいありがとうございました。

おしまい


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 金沢・石川

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 石川県 金沢市 日本三大庭園 兼六園 雪吊り イルミネーション

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

七尾駅前を歩く

 【19//2014】

七尾駅を出て駅前周辺を散策することに。


駅出てすぐに「パトリア」があり大和とピアゴが
テナントで入ってます。
大和百貨店は金沢・高岡・富山だけになったんですが
小さいながら七尾にもありました。
ピアゴは愛知県でも御馴染みの「ユニー」ですね。
隣はビジネスホテルに商業施設があり能登半島で
一番大きな都市の玄関口にふさわしい商業施設で
あり続けてほしいですね。
DSC09045_convert_20141201050850.jpg



駅前の交差点を出て海沿いの方へと歩いていきます。
前回きた時も同じように軽く歩きこの近辺で昼ごはん食べたのを
覚えてます。
DSC09047_convert_20141201050915.jpg



小さな商店街の舗装が石畳風であったりと
見ごたえのある風景に出会ったなと歩きながら思います。
DSC09049_convert_20141201051003.jpg


歩いていくと御祓川(みそぎがわ)沿いと並行して行くので
途中には橋がいくつも架かってる風景に出会います。
DSC09050_convert_20141201051020.jpg



隣の泰平橋は木で造られた橋ですね。
渡ってすぐには金物屋があり何扱ってるんだろうと思いますが
調べてみたらやかんや傘など金属類を扱ってるそうです。
DSC09051_convert_20141201051042.jpg



その次の橋にはステンドグラスのパネルが
埋め込まれてますね。
案内を見たら能登島にあるガラス美術館で造られたとか・・。
DSC09056_convert_20141201051059.jpg



駅から800m程離れた所まで行くと道の駅能登食祭市場に着きました。
まっすぐ行くとだいたい10分ほどでつける場所で駅からでもいける
スポットです。中には能登半島で獲れた海鮮物が販売されたり
工芸館や食べる所があります。
DSC09059_convert_20141201051122.jpg


入口には日本一の七輪と書いてある七輪があります。
がこれは飾ってあるだけではありません。
イベントがある時は牡蠣などの海産物を焼いて無料で配られます。
それにしてもこれが本物で実際に焼いてる画を撮ってみたいなと
好奇心に追われますが・・。
DSC09060_convert_20141201051146.jpg



道の駅だけでなくここは公園として整備され
目の前にはモニュメントも建ってます。
道の駅だけかと思ったら憩いの場もしっかりついてるので
立ち寄ったついでに海見ながら歩くのもいいですね。
DSC09064_convert_20141201051404.jpg


公園内からは七尾湾が眺められます。
秋のぐずつかない曇り空でしたが海は穏やかで
俺が強いてる冬に見る日本海の荒波とは
無縁のようですが地図上で見たら内海にあるため
荒れることがほとんど無いです。
DSC09065_convert_20141201051425.jpg


あるところでは船の碇のモニュメントがあり
この海域に入る船舶の安全を祈願してるように見えますね。
いくら穏やかとはいえ万一のことがあったら一大事ですから・・・。
DSC09061_convert_20141201051302.jpg


広場の一角では立ち入り禁止状態でしたが
よく見ると冬の風物詩イルミネーションのライトが設置されてました。
この記事を更新してる現在日本中でライトアップされ一年の
締めくくり・新しい年に向かってるのを実感する瞬間ですね。
DSC09063_convert_20141201051333.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 金沢・石川

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 石川県 七尾市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

片山津のリゾートホテルアローレ

 【30//2014】

加賀温泉駅から日帰り入浴の為片山津にあるリゾートホテルに
向かいます。


今回行く所の為に事前に送迎バスを予約し14時半頃出発しました。
DSC06537_convert_20140709235944.jpg


移動すること10分くらいで柴山潟が見えてきました。
この時間はあいにくの曇り空でしたが白山連邦が眺めれます。
冬の時期で晴れた日には澄んだ空に雪をまとった山々が見れます。
DSC06540_convert_20140709235707.jpg


そのリゾートホテルはアローレという所で高台のような
所にあります。
平日の昼間で人気はありません。
がこれからチェックインの準備がなされてるか俺と同じく日帰りで
利用してる人がいる位でした。
DSC06543_convert_20140709235726.jpg



入口から中に入ると九谷焼のギャラリーがあります。
皿のデザインを見ても焼いた後か詳しくはわかりませんが
加賀地方の芸術の逸品を見てるようでした。
DSC06541_convert_20140709235834.jpg



ホテル内の一角には池がありここからゆっくりと
時間を過ごすのよさそうです。
DSC06545_convert_20140709235746.jpg


さぁここでのんびりとひとっ風呂浴びて行きました。
暖簾には加賀温泉と書いてありますがこの辺りは
片山津という名称になりますね。
山の方に行けば山代、後は北陸本線の駅にもある粟津の
総称が加賀温泉だそうです。
ここで日帰りだけでも500円ちょっとで入れてタオルもついてくるので
とてもありがたく手ぶらで来ても大丈夫です。
DSC06544_convert_20140709235805.jpg



アローレでのんびりし来るときに乗った送迎バスで
加賀温泉駅に戻ってきました。
後は帰るのみですが夕方7時前に暗くなるので夕暮れの
青紫色の空とオレンジとピンクに近い夕焼けきれいな風景に出合いました。
DSC06546_convert_20140710000058.jpg



米原までしらさぎを使いましたが疲れも心地よいのですが
短い区間だけはたまた新幹線の力を借りてしましました(笑)
ここで乗ったN700Aがデカアドバンスロゴの編成に初めて当たりました。
いわゆる「オリジナル・アドバンス」編成ですね。
車内はいたって普通なシートでしたが(苦笑)
幾分水色の面積が多い車両やったと思います。
DSC06553_convert_20140710000204.jpg


久々に平日の日帰りミニ旅をしましたが大きな旅もいいですが
たまにはその日のうちに帰ってこれる旅もここでお送りできる時は
可能な限りお伝えしたいと思います。

次回は6月の旅の模様をお送りします。
おたのしみに。


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 金沢・石川

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 石川県 加賀市 加賀温泉 片山津温泉 柴山潟

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

香林坊~武蔵ヶ辻のイルミネーション

 【16//2013】

野町にあるにし茶屋街で風情ある素晴らしい風景と資料館を見て
香林坊へと戻ってきました。



夕方5時を過ぎ真っ暗になりました。
この時間になれば中心街はライトアップされ
ここでもイルミネーションを見ることにしました。
去年11月からこの1ヶ月で名古屋・豊橋・松本・富山・ここ金沢と5都市も
見るなんて想像もつきませんでした。
しかし松本は駅前に少しあるだけで寂しいものでしたが・・・2日前の富山では
駅前からANAホテル前の城跡公園のあたりまでライトアップされてるところを歩き
規模としては北陸の中は大きい方でした。
DSC03486_convert_20130227233627.jpg





この記事をアップする現在はもう春になり桜の季節に入ってますが
冬の終わり前にもう一度思い出すかのようにイルミネーションを見て
3ヶ月前のことがついこの前の様にように思えてしまいます。
大和百貨店のリボンのついてるところには白と青を混ざった
ライトが照らされ一足早いクリスマスプレゼントを思わせるような雰囲気です。
DSC03487_convert_20130227235429.jpg





109側はエントランス側に青のライトに太陽をかたどった
ライトが吊り下げられてます。
通り沿いのライトに雪吊りというこれまたミスマッチングな
組み合わせは日本海側でしか見ることのできない風景ですね。
これが日本三大庭園である兼六園で松の樹の一部でこうしたライトアップが
されてたらどんな風景が見れるのか気になります。
個人的にはありですが・・・見る人が居るかわからないのも事実です。
DSC03488_convert_20130228000243.jpg




香林坊で撮影後近くにあるエクセルホテルのロビーで
少し休憩をとりホテルマンの方にイルミネーションを撮影したと伝え
この近くにある尾山神社でもライトアップしてるという情報を教えてもらい
早速行ってみました。
昼間に行くことはあっても夜にこうした神社の風景を撮るのは恐らく
新年迎えて数時間とかしか考えられないと思います。
DSC03490_convert_20130228000310.jpg



近江町市場の交差点までやってきました。
向かいの名鉄エムザ前のイルミネーションはライトに
金箔のデコレーションを施した加賀の国金沢でしか見ることのできない
ユニークなイルミネーションです。
金箔は金沢名物ですがこんなところで使われてたのには驚きました。
ローカルでしか味わえない物に遭遇したと言っていいでしょう。
DSC03492_convert_20130228000409.jpg




帰りの列車まで時間に余裕がありますがこのまま駅まで歩いて戻りました。



つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 金沢・石川

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 金沢市 夜景 イルミネーション

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

香林坊からにし茶屋街へ

 【15//2013】

金沢駅で撮影しここから香林坊へ向かいますが
時間は夕方4時を回ってました。
この時期は暗くなるのが早くて日照時間の明るい時間の中で
撮れるものをとりたいと思います。



大和香林坊前から歩いて行きますがここにも雪吊りがつけられてました。
この通りは郊外からここに戻ってくる際渋滞にはまった区間でしたが
3時間ぶりに戻って来てひとまず治まってるようでした。
旅先でこんなえらいことになったのはこの前の月に行った
長野旅で風邪引いてる中行って以来です。
DSC03467_convert_20130227231253.jpg




片町交差点へやってきました。
コカコーラの時計は4時半を指そうとしてます。
この時期は日の入りの時間が早く5時を過ぎると速攻で
暗くなるので撮りたい風景は日照時間内に撮らなければならなかった
為急いで際川大橋方面に向かいました。
DSC03474_convert_20130227231323.jpg




白山の見える際川大橋へやってきました。
暗くなる少し前にとったので露出をどのくらいにするかで
かなり悩み2枚撮って山の表情を見やすくするためにこうなりました。
1年前来た時は晴れ渡った中、白化粧の白山が見れましたが今回がこれが
せいっぱいかなと思いながら撮ってました。
DSC03476_convert_20130227231752.jpg




橋を渡り野町にあるにし茶屋街にやってきました。
この通りを見るとどことなく京都の祇園にあるような昔の街に
来たような錯覚を起こします。
ここは金沢3大茶屋街に数えられます。
DSC03481_convert_20130227231948.jpg



資料館がタダで入れるということで早速中に入りました。
中には三味線や当時の茶屋街を再現し2階部分では舞妓さんや
芸妓さんの稽古上もこの通り沿いにあるとガイドさんから教えてもらい
聞けなかったのですが三味線の音が聞こえてくるそうです。
DSC03484_convert_20130227232149.jpg



入り口には獅子舞と両サイドに堤燈が2つ並んでて
お祝いか祭りに使うものなのかと思ってました。
こうしてみると金沢の中心街から一歩外に出た所に
隠れ家的なスポットがポツンといくつかあるのかというのが
わかります。
今回は行けなかったのですがひがし茶屋街も訪問したいと思ってます。
DSC03483_convert_20130227232028.jpg



つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 金沢・石川

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 金沢市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

郊外から金沢市街に戻る

 【09//2013】

12月19日 最終日


前日昼3時台に金沢に着き北鉄バスで郊外へ向かいスポーツ施設で遊んで
テルメで一夜を過ごし朝7時頃目覚めました。
目覚めた後は早速朝風呂し雪が残る中、露天風呂に入りました。
寒かったのですが空から時々青空と晴れ間が見えました。
初日と最終日は晴れて2日目朝富山は雨と今旅も天候には比較的恵まれてました。
がこの日も恵まれたとはいえ日本海側は突然雪が降ったりと
何が起きるかわからないです。
DSC03429_convert_20130215230156.jpg





一歩出ると昨夜から降り続いた雪が歩道の方に残ってます。
冬に入って間もなくで俺自身が旅先でこうゆう風景を見るのは
去年の南今庄駅を訪問した時以来です。
あの時も雪が止んだり急に降ったりと気まぐれな天候に翻弄されながらも
楽しい撮影をやってたのを思い出します。
DSC03430_convert_20130215230834.jpg




この日も正午まで郊外にいまして乗る予定だったバスに遅れ
1キロ先の前夜泊まった場所近くのバス停まで歩いてそこから乗って
中心街の方へ戻りました。
が犀川大橋を渡り中心街に入った途端突然スピードが落ちました。
ここから約40分程香林坊のあたりまで全く進みませんでした。
後ろから見ても分かるように渋滞にはまってしまったのです(泣)
DSC03437_convert_20130215230531.jpg




ようやく香林坊の交差点あたりまで行けましたが
業を煮やした俺は次のバス停で降りて駅前の都ホテルまで
雪が残る道の中を歩いて行きました。
歩いててわかったのですが武蔵ヶ辻の交差点でパトカーと救急車が停まってて
交通事故が起きてたのがわかりましたが最終日の金沢中心街のプランを
少し変えなければならず・・・渋滞のアホが(怒)と言いたくなりながら歩きました。
DSC03438_convert_20130215230644.jpg



つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Category: 金沢・石川

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 金沢市 街巡り

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バスで郊外へ

 【08//2012】

駅前のフォーラスで昼ごはんを食べていよいよ郊外へ向かいます。
このブログで郊外の日常の風景を紹介するのは多分始めてです。


バスで15分程で郊外に着きました。
この交差点が北陸自動車道と国道8号線が並行して走ってるところです。
今旅のある意味こっちのほうがメインかもしれませんね(笑)
北陸のメイン道路なだけにトラックから交通量が多いのがわかります。
DSC02434_convert_20120903202952.jpg



交差点を出てイオンショッピングセンターが見えてきました。
後で聞いた話によるとここから金沢駅まで5キロあると聞いてびっくりしました。
郊外は良い店が並んでて夜遅くなってもやってたりして車でいける人たちが
羨ましく思います。
DSC02435_convert_20120903203428.jpg



バスから見る犀川の風景ですが
白山連邦から北陸線、国8線、と渡り日本海へ注がれる川は
金沢の名川かもしれませんね。
DSC02439_convert_20120903203615.jpg


この後、稚日野というバス停で降りコンビニに立ち寄りました。


つづく

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村




Category: 金沢・石川

Theme: 旅先での風景

Genre: 旅行

Tags : 郊外の風景

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。