2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

福井鉄道・福武線-6 田原町駅・福井駅

 【09//2016】

前回のつづき。


ベル前駅に着いた後1時間程ショッピングセンターで休憩し再び駅に戻りました。
DSC08928_convert_20160620062116.jpg



次の福井方面の列車を待ってる時北府から乗ったレトラムと再会しました。
最新型のライトレール車もいいですがこの車両も気に入りました。
DSC08930_convert_20160620062137.jpg



次に来たのは「Ki-bo」という新しい車両です。
3月27日に福井鉄道えちぜん鉄道が相互運転を開始に合わせ登場しました。
今回の旅で乗れたらいいなぁと思いましたがこんなに早く実現できるとは思ってませんでした。
DSC08932_convert_20160620062602.jpg
DSC08933_convert_20160630053122.jpg



花堂・赤十字前を過ぎると鉄道線が終わり福井市中心部に向かいます。
DSC08941_convert_20160620065915.jpg



併用軌道に合流すると完全に路面電車の区間に入ったような感じでした。
この雰囲気は以前にもお伝えしましたが豊橋の路面電車と風景が被りますね。
DSC08943_convert_20160620065954.jpg



商工会議所前駅の電停もきれいに改装され今風のものに生まれ変わりました。
3月27日のダイヤ改正は福井鉄道にとっても一つの転機になりましたね。
DSC08944_convert_20160620070955.jpg



足羽川を流れる幸橋も新しく付け替えられた所を渡ります。
川の先には北陸本線の鉄橋が見えて福鉄の旅も最後の追い込みです。
ここは撮影ポイントとして最高のロケーションではないでしょうか。
DSC08947_convert_20160620071116.jpg
DSC08949_convert_20160620071147.jpg




俺が乗ってる列車は福井駅には向かわず市役所前からまっすぐ行き
反対側からオレンジ色のFUKURAMがやってきました。
DSC08954_convert_20160620071507.jpg



定刻より数分遅れましたが田原町に着きました。
約3年ぶりにこの駅にやってきましたが前回来た時の面影が全くなかったです。
DSC08955_convert_20160620071532.jpg


ここで乗務員の交代が行われここからえちぜん鉄道鷲塚針原まで乗り入れます。
DSC08956_convert_20160620071558.jpg


時刻表と運賃表を見てもわかりますがえちぜん鉄道福井鉄道の共同駅です。
DSC08959_convert_20160620072500.jpg



ホームは2面2線で隣のホームは福鉄線内の折り返し専用です。
見慣れた車両が停まっててますが今回は割とこの車両に当たる率が
高かったようでしたがレトラムやFUKURAMU乗れたのでヨシとしましょう。
DSC08961_convert_20160620072519.jpg



この先は数年前まで車止めが置かれてて終着駅の雰囲気を
漂わせてましたがこの通り線路がつながりさらに先へ行けることになりました。
当初2015年を目標にしてましたが諸事情で今年に延期になったものの
ローカル鉄道線同士の相互運転実現によりもっと活気づいて欲しいと願うばかりです。
DSC08960_convert_20160620073614.jpg




3年前来た時は古い上屋や待合室があったえちぜん鉄道のホームですが
全面的に改装されました。
同じ駅でも生まれ変わったような感じで新駅が開業したような感じですね。
DSC08965_convert_20160620073656.jpg



駅の外に向かうとかつてここにはコンビニと古い木造駅舎が建ってたのを
思い出し心の中で生き続いていく風景を見つつ残酷ながら時の流れの速さを感じました。
DSC08968_convert_20160620074414.jpg


今年出来た真新しい横長の駅舎が建ってましたが目の前に駐車場は
砂利道で予算がなく舗装できなかったのか間に合わなかったのかわかりませんが
全面舗装されるのはいつのことか。
DSC08972_convert_20160620082629.jpg







予定では隣のホームの列車が発車するまでとしてましたがこの列車に乗ります。
DSC08971_convert_20160620075453.jpg



市役所からのヒゲ線を通り福鉄締めの駅は福井駅であります。
DSC08974_convert_20160620075515.jpg



JRとえちぜん鉄道の接続駅で駅前通りから150m移設し出来た駅は
出来立ての真新しいホームと車止めがありました。
DSC08975_convert_20160620075543.jpg



田原町から越前武生までは相互運転の急行はここを通過せず
普通列車のみ乗り入れてるため日中は30分に1本のダイヤで運行してます。
それを考えるとJRの方が幹線なのに普通列車は1時間1本でその先行くのにも
ここ福井駅で乗り換え必須の不便極まりないのに対しこちらは2本あり
市役所前から先は急行停車駅になれば15分後に来るという便利さ。
速さのJRと利便の福鉄という構図が出来てますね。
DSC08976_convert_20160620081042.jpg



西武百貨店のある駅前通りには跡形もなくなった駅前停留所が
かつてあり3年前に来た時デビューして3か月経つFUKURAMを
夕暮れ時に撮ってたのを覚えてます。
DSC08980_convert_20160620082800.jpg




武生から福井駅までJRで途中下車を何駅かしながら行けば
4時間ぐらいの所を6時間かけて福井鉄道の旅をしてここまでやってきました。
通しで乗ってみるとJRとは違った魅力のある路線であったことが発見でした。
DSC09030_convert_20160620081103.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 えちぜん鉄道 福井県 北陸地方

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道・福武線-5 浅水駅・ベル前駅

 【07//2016】

前回のつづき。



神明駅から次の目的の駅に向かってました。
この辺りは田園地帯が続き田植シーズンが徐々に幕開けし
長い冬に見る雪が広がる季節が終わり新しい気持ちで迎えてる感じがしますね。
DSC08896_convert_20160620022402.jpg



泰澄の里駅は2011年に出来た新しい駅で木材を使ってて
新規開業ながら長椅子がついてるのが好感を持てます。
DSC08899_convert_20160620022846.jpg

DSC08900_convert_20160620030012.jpg



泰澄の里では降りず次にやってきたのは浅水駅です。
「あさみず」と書いて「あそうず」と読みます。
DSC08901_convert_20160620023159.jpg







ホームは島式で列車交換可能な構造です。
それにしてもホームの改修され本来ならきれいに保ってるはずなのに
変色してますが冬場に使う雪水の影響で変色してるのを聞きました。
DSC08903_convert_20160620031535.jpg



保線用の留置線には使われなくなったホーム跡が残ってました。
現在の低床車両導入の際使われなくなったホームを幾度か見てきましたが
ここにも一つありました。嵩下げされる前は当駅始発列車の為に
使われていたのかわかりませんが・・・どうでしょう。
DSC08907_convert_20160620033450.jpg



福鉄の駅で幾度か見かけてるスノーシェルターもここでも見つけました。
冬場にポイントが雪によって使えなくならないために設置されたのが理由です。
DSC08906_convert_20160620033505.jpg



目の前に駅舎らしき建物が見えましたので構内踏切渡って中に入ります。
DSC08910_convert_20160620034441.jpg



窓口もあって着いた時には駅員さんが声をかけてくれました。
が数分後一時中断の時間に当たってしまったのは残念でしたが
駅員配置駅であることに間違いありません。
DSC08912_convert_20160620035217.jpg



中は決して広くなかったですが天井が高く意外と開放感がありそうな
建物のように見え去年11月に行った京都丹後鉄道の網野駅のような感じがしました。
DSC08913_convert_20160620035233.jpg



同じ木造駅舎でも比較的新しめでログハウスを思わせる建物が印象に残り
山の小屋を思い出させますが平野部を走る所にこうゆうのもアリかな・・・。
DSC08911_convert_20160627080529.jpg




ただ訪問中はそれまでの疲れがドドッと出てきて眠気と格闘しながらの訪問でした。
30分後列車がやってきたので次の駅に向かいます。
DSC08914_convert_20160620035253.jpg


次はハーモニーホール駅。目の前に福井県立音楽堂がある駅です。
この少し東に行った所にJR北陸本線大土呂駅がありこちらは木造駅舎の建ってる駅ですが
未だ未訪問でこの区間は1時間1本しかないので中々手が出ません。
DSC08918_convert_20160620040729.jpg



田園地帯が続きますが一方で田植えが始まり植えられた箇所もありました。
これから秋の収穫の時期を迎えるまで成長していくか楽しみですね。
DSC08920_convert_20160620040756.jpg


次に降りたのはベル前駅です。現在の駅名に変わる前は花堂南を名乗ってました。
DSC08924_convert_20160620040813.jpg


ホームはいたってシンプルな構造です。
待合室の建物の色が福井鉄道のコーポレートカラーを纏ってたのが印象でした。
DSC08923_convert_20160620040849.jpg



駅から出てそこには駅舎がなく待合所の壁が建ってます。
駅名板があるので一見横長の建物で駅舎に見えるのですが・・・。
DSC08925_convert_20160620051631.jpg



駅前から交差点へ向かうと言うまでもなくショッピングセンターベルが建ってます。
そしてこちらではおなじみの「アルプラザ」の名も入ってて
俺にとっては久しぶりですが慣れ親しんだものを見れた感がありました。
DSC08926_convert_20160620051649.jpg



浅水駅訪問中疲れも出ていたのでショッピングセンターに行き
束の間の休息タイムを取りました。
DSC08927_convert_20160620051717.jpg




大いなる余談ですが昨日みどりの窓口でお盆の連休に使う切符を買いまして
何人かには教えましたが今回初めて青春18きっぷを使い旅します。
旅程もだいぶ決まりまして来月の旅に向け細部を煮詰めてます。
最近蒸し暑い日が続いてるので熱中症にはお気を付け下さい。


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 福井県 北陸地方 平和堂

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道・福武線-4 神明駅

 【05//2016】

前回のつづき。


道の駅・西山公園を散策し次の駅に向かいます。
レトラム乗車後に乗る車両は元名鉄岐阜市内線の車両に出会います。
カラーリングも現在の福鉄標準色をまとい赤い電車だった頃と
違った印象を持ちますね。どっちかといえば爽やか系かな・・・。
DSC08861_convert_20160606081738.jpg


8分の乗車後やってきたのは神明駅であります。
DSC08867_convert_20160616041158.jpg
DSC08868_convert_20160616021531.jpg






ここでも列車交換が行われました。さぁ駅巡りタイムです。
DSC08871_convert_20160616042026.jpg




ホームは2面3線。反対側のホームは普段は何に使われてるのでしょうか。
現状でみると俺がいる島式のホームが主に使われてるみたいですね。
DSC08877_convert_20160616042741.jpg



反対側のホームは小さなホームがありますが折り返しの設備で使われてるのでしょうか。
めぐってると何か疑問が出てきて発見しようとしてる自分がいましたが
実際問題答えなんか出ないのに無理やり感があったかなと振り返ってます。
DSC08878_convert_20160616042858.jpg
DSC08879_convert_20160616062639.jpg



低床化出来ず使われなくなったホームは現在の車両が名鉄から来るまで
長きに渡って活躍しましたが今は偲ぶ以外ありません。
DSC08880_convert_20160616062701.jpg

DSC08881_convert_20160616043237.jpg



構内踏切で各ホームと結んでますが使われてない時間帯は
柵やチェーンなどで閉鎖しています。
DSC08882_convert_20160616051835.jpg



低床化出来なかったホームは支柱も木製でいい味出してるんですが
ここに列車が発着する姿が見れないのは本当寂しいですね。
DSC08889_convert_20160616062309.jpg
DSC08890_convert_20160616062351.jpg



改札は有人ラッチが設けられてまして見ただけで嬉しくなります。
窓口もあり駅員終日配置されてる福鉄の主要駅の一つです。
DSC08883_convert_20160616062406.jpg




大きく古い木造駅舎が残ってまして北府・家久で見たような
リニューアルされてない唯一の建物がここに残ってました。
DSC08885_convert_20160616062330.jpg



バスのりばの支柱には古レールが使われています。
もしかするとリニューアルしなかった理由の一つにこれかもしれませんが
真実はどうなんでしょう・・・。
DSC08884_convert_20160627075401.jpg



駅前にはタクシー乗り場もあり今の時代なら看板の張り替えが当たり前ですが
昔ながらの雰囲気を今に伝えてるようでした。
DSC08886_convert_20160616062451.jpg



架線を支える支柱も昔の鉄骨式が残ってました。
近年はポールタイプに取り換えられスマートな印象を持ちますが
これを見ると武骨で頑丈そうに見えますが果たして・・・。
DSC08873_convert_20160616062619.jpg



30分の訪問時間を経て次の列車で向かいますが
やってきたのは越前武生から1区間だけ乗ったFUKURAMとの再会でした。
DSC08893_convert_20160616062546.jpg




つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 福井県 北陸地方

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道・福武線-3 西山公園駅・西鯖江駅

 【01//2016】

前回のつづき。



福井鉄道に残る素敵な木造駅舎の家久駅を出て次の駅に向かってます。
DSC08786_convert_20160602070150.jpg



途中北陸本線の武生から鯖江間で渡る日野川の鉄橋を通過し
越前市から鯖江市に入ります。
DSC08783_convert_20160602044825.jpg



乗った列車の銘鈑を見るとなんと「777」オールセブン!
ここでも俺はなんか持ってる感を発揮しました。

DSC08784_convert_20160602053422.jpg



次は西鯖江駅に行きますがその前に西山公園駅にやってきました。
DSC08789_convert_20160602071215.jpg



ホームはいたってシンプルな1面1線で隣に家屋のような建物があって
一見住宅地にあるように見間違えそうです。
DSC08792_convert_20160602071836.jpg




上屋も取り替えられ木目の美しさを楽しめる小さな駅という印象を持ちました。
DSC08790_convert_20160602072210.jpg



この近くに西山公園がありまして看板のレッサーパンダの絵がかわいいですね。
DSC08788_convert_20160602071447.jpg



1924年下鯖江の名で開業しましたが63年後の1987年に現在の駅名に改名されました。
元々古い木造駅舎が建ってましたが2010年から3年計画のリニューアルの際
福井県産の杉板が使われた建物に改装されました。
ですが駅名板だけは改名された時のがつけられています。
DSC08796_convert_20160602072148.jpg


DSC08797_convert_20160602072225.jpg



滞在時間は10分少々で福井方面から来た列車に乗ります。
DSC08799_convert_20160602072239.jpg




西山公園駅を弾丸訪問し予定通り西鯖江駅にやってきました。
DSC08803_convert_20160602072309.jpg







ここで対向列車の待ち合わせをしましたがその車両がFUKURAM1号こと
オレンジ色の車両でした。西武百貨店のある福井駅前で見て以来
久しぶりにお目にかかることが出来列車交換後駅巡りの時間と相成ります。
DSC08801_convert_20160602072331.jpg



ホームは相対式ですが嵩下げされたものの低床前の名残が残る
待合所が一見取り残されてるように見えますがここの生き証人のようです。
DSC08805_convert_20160602073715.jpg
DSC08807_convert_20160602073935.jpg



改札は簡易のラッチがあり主要駅ということで窓口があります。
武生を出てからずっと無人駅を訪問してましたが駅らしい駅にやってきた感じです。
DSC08828_convert_20160602074041.jpg



駅舎はコミュニティ施設併用で現在の建物になって20年を迎えました。
DSC08819_convert_20160602074116.jpg



1階部分には福井鉄道の歴史が詰まった小さな資料館があり
昔の制服やかつての風景が展示されてました。
残念ながら窓越しからの閲覧でしたが俺の知らない福鉄の一面を見ることができました。
DSC08818_convert_20160602074017.jpg



時間もあるので待合室でテレビを見てましたが
今回の旅の直前4月14日21時26分熊本県を襲った熊本地震
特別報道番組がやってました。
14日に起こったM6.5の地震が前震で翌々16日未明に発生した7.3の地震が
本震と考えられてると言われてます。
幾度となくくる余震で南阿蘇大橋が崩落し国の重要文化財に指定されてる
熊本城も石垣が崩落し普及には数十年単位かかると言われました。
熊本にいつか訪問した時は楽しみの一つにしてたのですが・・・
それ以上に今回の地震もとてつもない爪痕を残したのは言うまでもありません。
DSC08827_convert_20160602073914.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 福井県 鯖江市 北陸地方 西山公園 熊本地震

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道・福武線-2 レトラムで家久駅へ

 【29//2016】

前回のつづき。


滞在時間はほんの数分でしたが最初に乗った列車で知ってしまい
調整のため降り立った北府駅から乗るのはレトラムであります。
DSC08746_convert_20160602025257.jpg



車内に入るとレトラムの愛称名とドイツの旗が飾ってて
異国情緒あふれる列車で次の駅に向かうことにしました。
DSC08749_convert_20160602030915.jpg



FUKURAMU同様ボックスシートが並んでました。
目の前の女性はレトラムのアテンダントの方です。
DSC08752_convert_20160602031331.jpg



数字の読み方、言葉がドイツ語の案内がされてました。
ドイツはビールの国ただシュットガルトの街で走ってたのですが
場所は北緯48度で宗谷岬よりさらに北で走ってたので
冷房がついてなくて6月12日で春期は終わり秋期を迎えるまでの間
日本独特の猛暑期はお休み中に入ります。
DSC08750_convert_20160602031754.jpg



つり革もいつもみるような形状をしておらず海外っぽい感じがし
一個、一個のパーツが日本の市電にないような初めて見るようなもので
楽しい時間を過ごしつつもパシャ・パシャ写真に収めてました。
俺も珍しい物・レア物に食いついてしまう性格が思いっきり出てました(笑)
DSC08753_convert_20160602031732.jpg







次に降りたのは家久駅。実質この日最初の訪問駅であります。
北府はレトラムの為に衝動的に降りたので第0試合と見ていただければ幸いです。
DSC08758_convert_20160602032217.jpg



乗ってきたレトラムを見送り次の列車が来るまで駅めぐりタイムとします。
DSC08757_convert_20160602032158.jpg



島式のホームが1面のシンプルな構造ですが現在の車両導入の際
嵩上げならぬ嵩下げしたため上屋のバランスが悪くなりましたが
支柱となる土台が低床化前の生き証人のように見えますね。
DSC08761_convert_20160602032322.jpg



福井鉄道の駅でよく見かけるポイントにつけられたスノーシェルター。
今回の旅では何度か出てくる名物ですがお楽しみいただきたいと思います。
DSC08760_convert_20160602032356.jpg



構内踏切を渡ると素敵な駅舎が目の前にあり早速中に入りました。
DSC08765_convert_20160602032429.jpg


中に入ると自転車置き場がありました。駅舎とはいえ無人化されて久しいですが
北府のように窓口後も無くなってるようでした。
DSC08767_convert_20160602032907.jpg



待合室はホームから入って駅出口にまっすぐ繋がってます。
長椅子についてる座布団がついてて脇役ながらいい味出してますね。
DSC08778_convert_20160602035736.jpg
DSC08779_convert_20160602035648.jpg



造られて何十年も経ってましたが数年前に改装され北府駅のように
リニューアルされました。見れたのがうれしかったもののもう少し早かったら
傷み具合やボロボロ具合をしっかりチェック出来たかなぁと思いました。
DSC08768_convert_20160602032930.jpg



駅を出るとすぐ川が流れてて吉野瀬川が駅の隣に隣接してる所に
立地していまして好天に恵まれ春の日差しと共に穏やかに流れてました。
DSC08769_convert_20160602040908.jpg



駅前の花壇に大きな木がありそこにはピンク色の花が咲いてて
は散ったはずですが・・・ヤエザクラが咲いてました。
一般的に花見の時期に咲くソメイヨシノやヤマザクラに比べて1、2週間見ごろが遅く
4月中旬頃が見ごろで花びらも大きめでふんわりとしてるのが特徴ですね。
の季節のトリを飾ってるヤエザクラの花の大きさにはビックリでしたが
名古屋城で見たしだれやソメイヨシノにはない何かを持ってますね。
DSC08771_convert_20160602040940.jpg



同じ場所にある花壇ではパンジーも咲いてました。
長い冬が終わり春になって花も色とりどりの色んなのを咲かせるようになりましたね。
DSC08772_convert_20160602041108.jpg
DSC08770_convert_20160602041523.jpg



レトラムで来た関係で数分短くなりましたがこの列車で次の駅に向かいます。
DSC08780_convert_20160602042537.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 福井県 北陸地方 ヤエザクラ レトラム ドイツ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

春のえちぜん電車旅 福井鉄道・福武線-1 越前武生駅・北府駅

 【27//2016】

2016年4月16日


桜満開から10日後の4月半ば過ぎ旅に出ました。

未明までの仕事を終えて支度後6時半に家を出て
名古屋7:37発のひかり495号で米原にやってきて在来線ホームへ。
5、6番のりばのサインの路線名を見るとこのブログで何度となく
登場していた名の路線から始まります。
DSC08707_convert_20160530060821.jpg


ここから乗るのはしらさぎ51号。北陸新幹線開業後初乗車であります。
北陸本線に乗るのも去年2月のラストラン以来1年2ヶ月ぶりで
ちょっと前までバリバリの?レギュラーだった北陸シリーズもご無沙汰の登場です。
DSC08708_convert_20160530060809.jpg



湖北地方を過ぎ敦賀から北陸トンネルを出たら秘境駅南今庄を通過します。
4年半前に降り立ったのが最後で次に訪問するのはいつになるかわかりませんが
機会があればまた行きたいです。
DSC08711_convert_20160530060859.jpg



9時ちょうど武生駅に着きまして駅訪問し後続の普通列車乗車を
期待してた方も多いようですが北陸線の旅はここまでです。
DSC08714_convert_20160530060915.jpg




今旅本当の目的は歩いて5分程で行ける福井鉄道・越前武生駅にやってきました。
DSC08719_convert_20160530060946.jpg



中に入るとショーウインドウケースに福鉄のグッズが販売されてました。
DSC08727_convert_20160530061424.jpg



この日はここから福井まで途中下車しながら行くつもりでしたので
福鉄線乗り放題のフリー切符を買いました。
1500円で福井鉄道・えちぜん鉄道が乗り放題のフリー切符もありますが
えちぜん鉄道は翌日訪問するのでこれにしました。
DSC08724_convert_20160530061440.jpg



早速ホームに行くと列車が停まってました。
2014年5月以来約2年ぶりに乗りますが前回は隣の北府駅訪問の為に
乗っただけでしたが通しで乗るのは初めてであります。
DSC08723_convert_20160530061507.jpg



最初に乗るのは2013年にデビューした「FUKURAM」の最新車で
オレンジ・青と来て次はライトグリーンの色です。
DSC08733_convert_20160530061522.jpg
DSC08731_convert_20160530061536.jpg



車内に乗ってたのは俺含め数人でしたが新車の匂いがするので
出来立ての電車に乗っての旅もこれも鉄道旅の楽しみに一つですね。
DSC08735_convert_20160530061620.jpg



案内を見るとこの日はレトラムという列車が走る日でして
乗ってみたいなぁと思いながら見てました。
DSC08736_convert_20160530061640.jpg


乗ってきた列車は隣の北府駅で降りました。
DSC08737_convert_20160530061748.jpg



前回来て以来2年ぶりに何の前触れもなく突然訪問しました。
がそれもこれもレトラムが運転する上数分後に来るので
その間を使っての駅めぐりとしたいと思います。
DSC08738_convert_20160530063245.jpg



目の前には前回越前武生で見た200形が無残な姿で側線にいました(涙)
今年秋に4つ目のFKURAMが導入されたら引退が確実ですが
一度でいいから走ってる勇姿を見たいです。
福鉄急行色が残ってたとはいえ色落ち具合を見ると放置されてるのがわかります。
DSC08739_convert_20160530063300.jpg


DSC08741_convert_20160530063323.jpg



ここは車庫や福鉄本社もあり福井鉄道の中枢の駅です。
かつてこのあたりに本社ビルがありましたが前回来た時点で既に
解体済みで過去帳入りしてしまいました。
DSC08743_convert_20160530063338.jpg
DSC08744_convert_20160530063418.jpg



2013年にリニューアルした木造駅舎が建ってます。
この駅舎を見るのも2度目。
4月旅は福井県のローカル私鉄の現在を感じさせる旅になること間違いありません。
どうぞ最後までおつきあい下さい。
DSC08742_convert_20160530063355.jpg




つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井鉄道 JR西日本 日本海縦貫線 北陸本線 福井県 北陸地方

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道 北府駅

 【24//2014】

JR武生駅から歩いて3分ほどに福井鉄道越前武生駅に向かいました。


元々は武生新という駅でしたが2010年頃現在の駅名に改称されました。
バス乗場・ロータリー含めJR武生駅に比べるとコンパクトにまとまってるなと言うのが
ここに来て率直に思いました。
DSC06466_convert_20140707015333.jpg



こちらは名鉄岐阜市内線で活躍した車両を
鮮やかなピンクの広告色にまとった車両で隣の北府(きたご)駅に向かいます。
DSC06472_convert_20140707015356.jpg



お隣の北府駅で着きました。
相対式のホームで扇型にカーブしています。
DSC06475_convert_20140707015849.jpg


構内には車庫がありリバイバル列車かわかりませんが
列車が次の運行に向けて準備をしてました。
DSC06477_convert_20140707015916.jpg



1924年に出来た古い木造駅舎ですが一昨年改装され
ネットなどで見ましたが駅前もきれいに整備されたみたいですね。
ここは福井鉄道本社があり福鉄の中枢といわれてる所であります。
DSC06481_convert_20140707020401.jpg



駅車内に入りましていわずと知れた某CMでよく出る
犬の写真がまつられてます。
窓口であった所には改装される前の駅舎の写真が展示されてました。
枯れ具合といい素敵な感じがしこの時に来てみたかったです(泣)
DSC06482_convert_20140707020431.jpg


駅舎の中には無料で見れる福井鉄道の資料館があります。
創設から今日までの歩みがここで見ることが出来
懐かしの鉄道部品もここで見ることが出来ます。
DSC06483_convert_20140707020522.jpg



行き先のサボもレトロな雰囲気満点の感があります。
現在の最新型列車はフルカラーLEDの車両がいっぱいで
これを先頭車につけて走って駅で折り返しの時は乗務員の人が
行き先表を裏返しにしてるのをよく見ました。
DSC06489_convert_20140707020711.jpg



越前武生に戻ってからは北府駅で撮影中に見た200系の
福鉄色が止まってました。
1960年と1962年と2回にわたり造られました。
3編成のうちの1本は登場時のカラーを纏ってます。
DSC06493_convert_20140707020808.jpg


ちょうど3車がホームをうめ真ん中に元岐阜市内線を挟み
今の福鉄色と登場時の福鉄色の競演を果たしました。
北府駅とここに本当来てよかったなと思いました。
機会があればここから福井駅前まで福鉄電車だけで旅して
みたいと思います。
DSC06495_convert_20140707020840.jpg


平和堂で飲み物を調達をし武生駅に戻りました。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 福井鉄道

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。