2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:木曽路 の記事リスト(エントリー順)

| |

中山道・福島関所跡

 【01//2012】

中山道福島宿・上の段の街並みを見て旅館の近くに出て
そこから歩いて福島関所へと向かいました。


この関所中山道のほぼ真ん中にありまして
東海道の箱根関所や荒居関所中山道の碓井関所等とと並ぶ
天下の4大関所と言われ入鉄砲から出女を厳しく取り締り
江戸時代に創設され約270年間参勤交代の大名行列や商人
旅人など中山道を行き来する人々が必ず通らねばならない場所でした。



関所の近くまで歩いてきましたが
ここで道路と関所のある道と分かれます。
今は道が整備されましたが当然のことながら
当時はもっと厳しいものであったのかと想像しちゃいます。
目の前の道は緩やかなのに対しもう一方の方が
上りが厳しいですが登っている間木曽川と木曽谷を
眺めながら向かいました。
DSC01826_convert_20120428021253.jpg




登ること2分福島関所跡前の西門にやってきました。
この門をくぐるといよいよ関所跡へ行きます。
DSC01828_convert_20120428021616.jpg




ちょうど西門跡の辺りに関所跡の石碑があり
復元図が書いてあります。
当時の面影は石畳のみしかわからないですが
この辺りに関所があったのではないかという調査結果が出てます。
DSC01829_convert_20120428022001.jpg




東門近くから見ますと左側に建物があり
関所跡のすぐ脇にあるこの資料館には関所通行に関する史料や
関所に常備されていた武具などが展示されています。
ちょうどこの辺りの風景を撮っていた時に長野色の115系が通過する所を
見ました。残念ですが獲物を逃してしまった感があります。
DSC01830_convert_20120428022314.jpg



再び旧国道と合流する時に関所があったのを意識してか
大きな門がありここが関所やったのをアピールしてるかのようです。
隣には鉄道が走っておりこのままトンネルへ入り更に険しい山道を
超えていきます。
DSC01831_convert_20120428022552.jpg



ここでの撮影を終え木曽福島駅へ戻る前に
夕方5時台に撮った木曽川の風景です。
関所から見ると見下ろしながら向かってるのであります。
谷の中にある美しい風景を名古屋に帰る前に見て駅へ戻るのでした。
DSC01832_convert_20120428022840.jpg




つづく



Category: 木曽路

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 中山道 関所 長野県 木曽路

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

中山道・福島宿 上の段

 【28//2012】

木曽福島駅前のバスセンター併設の観光案内所で
上の段にある街並みがおすすめだよと教えてくれて
駅から撮影しながら歩き遂に上の段に着きました。




かつてこの辺りが江戸時代に福島宿の宿場町本陣として
栄えた地区でここから向こうに行くときは本陣を守るため
直角の地形が造られ旧宿場町の雰囲気を残しつつ改装されてます。
DSC01818_convert_20120424223035.jpg



直角に曲がる所には古い井戸があり
江戸時代から昭和初期まで飲用水・生活用水として
使われてきました。
DSC01819_convert_20120424223431.jpg



ここにも中山道道標がありここを通って江戸を目指してしたのがわかります。
上の段用水は宿場町だった時代から昭和初めまで簡易用水として使われましたが
ここは現在もみずが流れてます。
残念ながらここは飲用水でありませんので悪しからず・・・。
DSC01821_convert_20120424223724.jpg



用水路が流れてるところに寺門前小路という小さな小路がありまして
なまこ土蔵の建物が残されてます。
こうしてみると赤穂の忠臣蔵に出てきそうな建物ですね。
この向こうには大通寺がありまして1600年の関ヶ原の合戦後に建築され
楼門は1778年に建てられ木曽町にある木造建築物は最も最古のものです。
DSC01822_convert_20120424224502.jpg




上の段の全景をみると本当に素敵な街ですこれが。
一軒、一軒に行燈があってタイムスリップしてきたかのようで
江戸時代頃中山道宿場町として栄えました。
今回はじめて訪問しましたが時間が限られた中で
駆け足で見たので次回以降機会があれば今回行けなかった所を
ゆっくり見れたらと思いながら撮影しました。
またこの通りには古民家を再生した食事処やBarもあります。
DSC01823_convert_20120424225150.jpg



本来ならここから木曽川の流れている行人橋歩道橋のある
所に行き崖屋造りの家を見ればいい所をあえて逆の道を通り
いわやさんという旅館のある通りに出てきました。
DSC01824_convert_20120424225731.jpg



そうです。ここから歩いて中山道にある名所へと向かった
厳密に言うと名所跡へと向かいました。



つづく





Category: 木曽路

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 長野県 中山道 宿場町 木曽路

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

木曽福島駅前の風景

 【25//2012】

木曽福島駅で駅の写真を撮り街の中へ行きますが
何せ初めて訪問する所なのでどこを回れば良いんかわからないので
バス乗り場の中にある観光センターで地図をもらい
お薦めの見どころを教えてもらいました。


駅のホームから撮った風景も木曽谷に囲まれてるのがわかります。
DSC01812_convert_20120413204923.jpg



駅前は先程言ったバスセンターに土産屋・飲食店と宿があり
ここに降り立っただけでも価値がありますが今回は時間的にも
余裕があるのでこの道を下りていくことにしました。
DSC01810_convert_20120413204302.jpg


駅のホームから駅前から見てもここと高低差が結構あるんですね。
まず最初に向かったのが駅に近い八沢地区を歩いて向かいます。
DSC01813_convert_20120413211219.jpg



この辺りまでくるとこの後向かう予定の駅前で聞いたこじんまりと
しつつも風情のある木曽路の街並みへの序章といったところです。
DSC01814_convert_20120413213106.jpg
DSC01816_convert_20120413213539.jpg



中山道・福島の見どころである上の段の近くまでやってきました。
この鉄橋を渡らずに左に曲がると八沢川が流れており中八沢橋を
通りいよいよ木曽福島のメインイベント第1弾となるわけです。
DSC01817_convert_20120413213819.jpg



夕方4時半を過ぎようかという時まだ日の入りまで
約1時間半はあるというのでいよいよ上の段エリアへ
行きます。



つづく





Category: 木曽路

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 長野県 木曽郡 木曽町 中山道 木曽路

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る