2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:奈良 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

古都奈良の世界遺産・薬師寺

 【09//2016】

前回のつづき。


何の前触れもなく突然西ノ京駅で降りて次に向かうのは
ここに世界遺産のお寺2つあって薬師寺と唐招提寺のどっちかは
確実に行来たいと思いましたが駅から近いのが薬師寺だったんで
薬師寺に向かいました。
DSC07576_convert_20160425030034.jpg
DSC07577_convert_20160425025504.jpg


と言いましても歩いて200m程でしたのですぐに着きました。
680年天武天皇により発願し平城遷都した710年に現在の場所に移され
1998年ユネスコ・世界遺産に登録されました。
1300年以上の歴史を誇るこのお寺に初めて来ました。
DSC07579_convert_20160425062631.jpg



静かかつ厳かな雰囲気の中どこから回ろうか考えましたが
境内の一角にある案内図を見てとりあえず玄奘三蔵院伽藍側から行きたいと思います。
DSC07584_convert_20160425033929.jpg
DSC07589_convert_20160425030807.jpg



散策していたら早咲きだったのかわかりませんでしたが
梅の花がきれいに咲いてましてこの通りは一足早い春を感じることが出来ました。
白に鮮やかな色をした花びらは見物しに来た者を楽しませてるようでした。
DSC07591_convert_20160425035107.jpg
DSC07588_convert_20160425035222.jpg



ここまではよかったんですが・・・玄奘三蔵院伽藍が非公開の時に
来てしまったので反対側にある白鳳伽藍の方に向かいました。
DSC07596_convert_20160425035241.jpg



最初に来た場所に戻って受付のある入口で800円支払って入りました。
DSC07597_convert_20160425035306.jpg



奈良は修学旅行の定番ポイントとして有名ですが
薬師寺もその一つであります。
俺は小学校の修学旅行が奈良・京都でしたが法隆寺と奈良公園だけは
覚えてて京都の記憶の方が残ってます。
DSC07601_convert_20160425040131.jpg



今回は復興工事してる建築物もあったので見れるポイントが
限られるのは仕方ないですがこれもめぐり合わせかもしれません。
DSC07602_convert_20160509060945.jpg
DSC07581_convert_20160509061048.jpg



目の前に大講堂があったので中に入ると線香のいい香りがしてきて
先に金堂本尊台の模型がありまして台座に仏様が祀られてます。
なんて言うんでしょう・・・。お寺めぐりする機会がない俺にとって
貴重な時間を使って巡ってました。
DSC07603_convert_20160425042029.jpg


全部がカバーによって覆いかぶさってる東塔は各層に裳階(もこし)を
つけてるため六重に見えますが三重塔で特異な形状が全体的に
律動的な美しさを保ち「凍れる音楽」の名で親しまれてます。
残念ながらこの通り修理を行ってるため中の様子は見れません。
DSC07604_convert_20160425043210.jpg



金堂は二重二閣・五間四面・瓦葺の建物に各層は裳階を
つけた美しい堂で龍宮造りと呼ばれています。
なんとなくですが龍宮城のに出てきそうな建物ですね。
DSC07606_convert_20160425043234.jpg



もう一つの塔である西塔は1528年(享禄元年)に焼失し
1981年に創建当初の白鳳様式をもって復興されました。
DSC07609_convert_20160425043344.jpg



3つの建築物を見ても・・・。
うーん1つだけカバーに覆われてるのがあるので
違和感が否めませんが・・・(苦笑)
数年後に工事完了後には美しい建造美を眺めれるでしょう。
DSC07610_convert_20160425043413.jpg



解体工事中の東塔の修理前の写真が公開されてました。
国宝と言われてますが1300年の長い月日の中少なからず
土台や支柱にひびや傷んだ部分があるので一度解体し
修繕を行いながら2019年春に修理が完了とのことです。
残念ながら見れなかったんですがお色直しが完了したときの
姿が見れる日を楽しみにしたいと思います。
DSC07612_convert_20160425043434.jpg
DSC07613_convert_20160425043516.jpg



西塔はてっぺん見ると金の飾りみたいなものがつけられてますね。
この辺りが奈良時代に建てられた塔という印象が強いですね。
DSC07615_convert_20160425043647.jpg



もう一度この素晴らしい建物をしっかり見て構内を出ることに。
塔の美しさに奈良の風景を象徴してるような感じでありました。
DSC07618_convert_20160425043629.jpg
DSC07620_convert_20160425063145.jpg



一部修繕中だったものの国宝といわれる薬師寺を
見物し駅に戻る途中にバスが通りましたが車体の一角に鹿の絵が描かれてました。
奈良公園の鹿は有名ですから切っても切れないような関係ですね。
DSC07623_convert_20160425045952.jpg



予定にはなかったとはいえ国宝ともいわれる薬師寺を見物し
再び近鉄電車の旅をするため駅に戻ってきました。
DSC07627_convert_20160425044757.jpg






つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 奈良

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 奈良県 世界遺産 国宝

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

天理本通商店街

 【05//2016】

前回のつづき。


奈良県の中で天理は今回初めて来た街なのでどんな風景が待ってるのかと
楽しみにしながら来ましたがアーケード街があるというのを
聞いていたので早速向かいました。
DSC07529_convert_20160414075555.jpg



その天理本通商店街の中を歩いていきます。
ここから歩いていける場所まで向かおうと考えてましたが
このアーケード外は総延長1キロあり今いる商店街が
奈良県で一番長い商店街であります。
道幅も広く車の通行もなく安心して散策できるのが嬉しいですね。
DSC07530_convert_20160421034609.jpg



土曜の午前中は人の波もまばらでのんびりとした時間が過ぎてるようでした。
DSC07532_convert_20160421043756.jpg



道中には昔ながらのお店もちらほらありまして小さい頃
よく見かけた風景がここにはありました。
DSC07535_convert_20160421043832.jpg



天理駅に来てから至る所で見かけるこの言葉は
初めて来たので幾分緊張はありましたがこれを見ると
ほぐれたような気持になりました。
こちらの方では「おぢばがえり」という言葉があり
これは聖地に向かうという言葉です。
ここにあるように「ようこそおかえり」と出迎えてくれたような気分で
ホッとするような場所かもしれませんね。
DSC07537_convert_20160421044301.jpg





アーケード街から外に出ると小道がありそこには小さな店舗と
昔ながらの家屋が並んでました。
DSC07534_convert_20160421043812.jpg
DSC07539_convert_20160421044238.jpg



本通から続くアーケードからその途中には怪しげな建物がありましたが
この先にある天理教関係の建物で関係者の詰所だそうです。
天理駅周辺はアーケード街以外と言ったらほとんど
この教団関係の施設がほぼ占めてるといっていいでしょう。
DSC07540_convert_20160421044641.jpg



総距離1キロ続くアーケード街の3つ目の商店街に入りますが
この隣にも天理教関係者の詰所がありました(驚)
DSC07541_convert_20160421044707.jpg


中に入ると最初に見た教祖130年祭ののぼりの夏の青空と
天理教の建物が描かれてました。
入道雲の形を見るとこれは暑い時期ではないかと思いました。
DSC07544_convert_20160421050744.jpg



アーケード街を出てすぐにはこの周辺の地図の看板が立ってて。
天理大学や高校野球の常連校である天理高校があります。
天理高校といえば去年惜しまれながら引退した「必死のパッチ」で親しまれた
阪神タイガース・関本賢太郎さんの母校であります。
関本さんは八木・桧山から引き継いだ「代打の神様」でしぶといバッティングで
勝利に貢献しました。
今年は我らがアニキ金本監督の下「超変革」をスローガンとし立て直してます。
30試合程終わり思うのは今年はルーキー高山を筆頭に若い選手がたくさん出てきて
去年この中でも話しましたが生え抜きの若手が全然出てこないとボヤいとったんが
嘘のような変わりっぷりでゴメスがいい所で打ってくれたり
負けてもただでは終わらんぞというのを見せてくれてます。
今年は優勝できなくてもCS逃してBクラスになったとしても許します。
一人でも多く若い選手が競争の中数年先にレギュラーを掴み取って欲しいですね。
DSC07547_convert_20160421050830.jpg




その先にどでーんと構えてるのが天理のシンボルとして
宗教都市・天理の名を象徴している天理教本部があります。
神殿の造りの立派さに圧倒され奈良県の一都市なのに
えらいところ来てしまったなと思いました。
ここに向かうまでとここにいたとき背中に天理教と書いてあった
黒い法被を着てる人たちを幾度か見てまして
関係者の人達なのかなと思いました。
DSC07550_convert_20160421051027.jpg
DSC07549_convert_20160421050901.jpg








さっきまで歩いてきたアーケード街の一角にはこのように
天理教に関する書物の紹介もありました。
もうここまで来ると町あげて天理市=天理教みたいな感じになってきましたね。
DSC07538_convert_20160421051100.jpg



時間は正午前とちょっと早めですがお昼は何にしようか考えてましたが
天理はラーメンがおいしいという話は聞いたので
アーケード街にあるスタミナラーメン屋にしました。
DSC07545_convert_20160421050804.jpg




スタミナラーメンは有名とネットで知りましたが
事前に何にしようかなと思いつつチャーシュー多めにしました。
IMAG0569_convert_20160421000013.jpg
IMAG0570_convert_20160421000033.jpg



美味しかったスタミナラーメン食べた後外に出て交差点で信号待ちしてた時
路面が濡れてました・・・。
そういえば俺は大和八木駅からのった電車の中に傘を忘れたことに
この時気づきました(←ドアホ・爆)
半年前の新潟旅でも柏崎駅のトイレの中に忘れたのに気づいたのが
青海川に向かう列車の中で俺の傘忘れ伝説(自慢げに言うなオラッ・笑)
をまたまた作ってしまいました・・・。
DSC07553_convert_20160421051137.jpg




つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


Category: 奈良

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 奈良県 天理市 アーケード街

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

吉野山でプチ?桜見物

 【08//2015】

前回のつづき。


吉野駅到着してからたくさんの人がいましたが
前回終りの方に乗せた写真の行列の先にはバスが待ってました。
ここから見ても臨時シャトルなのに大混雑してたので
ゆっくり乗れないのなら乗らん!と決めてました。
s_DSC02482.jpg



案内図がありまして今回は駅着いてから特急券を買い
大阪市内方面に向かう列車の座席も確保したのでどこまで
いけるのかわかりませんがワクワク感も入り混じりながら
ここを出発しようとしてました。
s_DSC02483.jpg


その先にあるケーブルカー乗り場も行列ができてました。
乗れるまで無駄な時間消化するくらいなら自力で歩いてやろうと
この時決心しました。
s_DSC02489.jpg



七曲坂のクネクネした急な登り坂を歩きながら
この間にある桜の木をチェックしながら良いのがあれば
パシャッと撮りつつ道中を巡りました。
ケーブルカーでのんびり上がりながらもいいですが
こっちの探検しながらもいいぞぉー!って思いながら上に向かってました。
s_DSC02491.jpg
s_DSC02500.jpg



ちょうど登り切った所からの見晴らしですがこの日も
曇り空でスッキリしない空模様でしたが雨が降らなかったのが
幸いで傘はいらないと思いましたが当たってよかったです。
s_DSC02508.jpg


駅前を出て20分で坂を上り切りここからはお土産やから
色んなお店が立ち並んでる所に入っていきます。
ちょうどこのあたりが下千本といわれる所であります。
駅前で見たバスは中千本さらに先へ行くと上千本・もっと先に行くと
奥千本に向かいますがそんな先まで行くと間違いなく1日丸々
使いそうなので今回は軽くかつ歩ける場所までにしました。
s_DSC02509.jpg



朱色に塗られた橋これは有名な神社に行くと
よく見かけるような風景ですが桜の咲き具合見ても
微妙に咲いてるのか散ってるのか中途半端な木が多いですね。
s_DSC02511.jpg
s_DSC02513.jpg



桜ばかり載せても面白くないので・・・(笑)
竹薮の集まりもついでに。それにしても綺麗な緑色してて
まっすぐ伸びてるなと思いました。
s_DSC02518.jpg


吉野山下千本の終わりを告げる黒門を通りますが
人の多さを見てもこの時期の吉野の週末はこうして
見物に来る人たちでごった返してますね。
s_DSC02519.jpg



さらに歩くこと5分ほどの所に行くと鳥居がありますが
これは金峯山・銅の鳥居と言われ奈良の東大寺大仏を鋳造した際に
余った銅で造られたもので世界遺産・重要文化財に指定されてます。
奈良の大仏はとても有名ですがこの吉野の界隈に同じ世界遺産で
余ったとはいえこれを造ろうとした人は名所になるなんて
思って建てたんじゃないかなと・・・。
s_DSC02524.jpg
s_DSC02526.jpg
s_DSC02527.jpg



登り切った場所の一角には山々に挟まれてる所に
レールが敷かれてて木に隠れたものの列車が吉野駅に
着く瞬間をを見ることができました。
もっといい望遠レンズがあったらここから列車の写真撮れそうですが
高度なテクと腕をつけなければいけないっすね(苦笑)
s_DSC02529.jpg


今回は数日間の雨の影響で桜が散ってしまいましたが
木によっては綺麗に咲いてるのがいくつかありました。
その中からいいのだけ選びましたのでご覧下さい。
s_DSC02501.jpg
s_DSC02506.jpg
s_DSC02512.jpg


といいつつも銅の鳥居を出たのが12時半前でしたが
指定とった列車の時間が13:04なので正味30分しかなく
駅に繋がる七曲りの急坂を一気に下って行きました(大汗)
s_DSC02532.jpg


駅に着く直前の一角に着いたのが銅の鳥居を出て
30分切るくらいでして余裕があったので途中のお寺で
道中に付いた靴の泥を落としてから戻ってきました。
ロープウエイはこの時期と秋の紅葉は吉野の繁忙期という感じがします。
短く軽めの見物でしたがこのまま駅に戻りました。
s_DSC02534.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 奈良

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 奈良県 吉野山

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

奈良駅前を歩いた

 【09//2014】

地下から外へ出て来まして12年半振りの奈良駅前散策です。



駅前通りは案の定大混雑してました。
写真の向こうに奈良公園や若草山がありこちらも
正月初詣参拝で向かう車両でいっぱいでした。
DSC05009_convert_20140205224807.jpg



駅前のアーケードもたくさんの人で賑やかでした。
元旦明けの2日目でボチボチ行こかとみなさん
初売りやら初詣やらとお出かけモードへチェンジしてましたね。
DSC05011_convert_20140205224844.jpg


三条通と奈良公園を繋ぐ通りに来ましたが
ここもたくさんの人が居て公園やお寺参りをしていたようです。
DSC05013_convert_20140205224924.jpg



歩いて5分位で猿沢池にやってきました。
これより先にシカで有名な奈良公園がありますが
他に行きたい所と日照時間の短い時期に来たので
断念する代りに駅前から歩いて見に行ける所で
やってきたのです。
池の向こうには旅館があります。
奈良公園周と聞くと小学校の修学旅行を思い出す人も
いらっしゃいますが公園の平坦地・山に近い所も含め
約20年ぶりにやってきました。
記憶してる限りではシカにせんべいをあげたぐらいしか
覚えていませんが・・・(笑)
DSC05016_convert_20140205225011.jpg



反対側の所には案内が書いてあり柿元人麻呂という
歴史に出てくる人で学校の授業で出てきたのを
思い出しました。
DSC05020_convert_20140205225027.jpg


旅館の建物がある側には興福寺五重塔が建ってまして
高さ50.1mと日本で2番目に高い木造塔で一番は京都の東寺です。
これを見ると古都に来たなと実感が湧きました。
駅前やこれから行くところは綺麗になったとはいえ
昔ながらの変わらない風景が奈良かなと思います。
そういえば古都であるので高層系のビルがなくのどかな
感じもプラスですね。
DSC05019_convert_20140205225229.jpg


三条通はJR奈良駅に向かう通りで
道中には観光センターもあって奈良駅周辺の情報源も
揃ってまして久々の訪問と晴天なのに寒かったので
休憩も兼ねて入りました。
DSC05021_convert_20140205225252.jpg



三条通りから猿沢池とは逆方向へ歩いて次の訪問地へ向かいました。


つづく


ランキング参加中です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

Category: 奈良

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 奈良 世界遺産 猿沢池 五重塔

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大和八木駅前を歩いた

 【28//2014】

1時間ほどホームで撮影した後は駅前を散策しました。



北口を出てすぐ名店街という名の商店街が並んでます。
左に大きな駐車場がありますが元旦で人通りはまばらでした。
DSC04746_convert_20140106022353.jpg



南口にやってきました。
こちらに出るのは初めてで見た感じ主要駅なので
ロータリーからタクシー乗り場と綺麗に整備されてるな
というのが率直なところです。
DSC04747_convert_20140106022427.jpg



中にはLEDライトがついたツリーらしき飾りがありました。
DSC04748_convert_20140106022503.jpg



昼間の時間でしたので分かりにくいのですが
駅前周辺でイルミネーションをやってて夜になると
カラフルなライトのかがやきを見せ楽しませてくれます。
去年から今年の今ぐらいまで色んなところでやってますが
2013-2014はレポで載せれるのは減るのが残念です(泣)
DSC04749_convert_20140106022538.jpg


南口の小さな商店街もシャッターが閉まってて
営業してるところはほとんどありませんでした。
元旦に来ると普段営業してるのがどこもお休みで
2002年元旦に旅した時も同じような感じだったのを思い出します。
DSC04750_convert_20140106022601.jpg



橿原市の主要道路である国道24号線沿いには
近鉄百貨店がありますがこちらもお休みでした。
DSC04752_convert_20140106022709.jpg



24号線を南に少し歩きますが前の写真は微かに
青空が見えてましたが次に向かう所の道中は突然小雨が
パラついたりと不安定な気候の中向かいました。


つづく


ランキング参加中です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

Category: 奈良

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 奈良県 橿原市 駅前 商店街

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。