2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:岐阜 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

夏の長良川鉄道の旅-7 郡上八幡の街歩き

 【14//2016】

前回のつづき。



ここまで来たら郡上八幡の素敵な街並みを見ていかないわけにはいきませんね。
駅から歩いて最初の商店街に入りますがここまで来るのに距離があるんです。
DSC01216_convert_20161006022328.jpg



道中には郡上八幡の観光地を循環してるまめバスとすれ違いました。
本当はバスに乗ってきたかったんですが時間も決まってて難しいですねぇ。
DSC01219_convert_20161006031904.jpg



少し先に行くと新町通りのタウンアーチが立ってました。
アーチの上にはこの地でおなじみの郡上おどりが上についてますね。
DSC01224_convert_20161006031933.jpg


もう少し歩き小道に進むとそこは「やなか水のこみち」に入ります。
DSC01231_convert_20161006032000.jpg


駅から歩いて結構な時間が経ちますが郡上八幡は水の町として知られ
玉石を敷き詰めた道に水が流れてて風情ある雰囲気の場所ですね。
DSC01233_convert_20161006032011.jpg



この商店街の建物もどこかの宿場町にいるような雰囲気で
郡上はかつて城下町として栄えたので壊さないようにこうして残しているんでしょう。
DSC01240_convert_20161006032036.jpg



さっき見た場所と反対側を進むと本町通り商店街のタウンアーチが見えました。
DSC01244_convert_20161006051234.jpg


その前の宮ヶ瀬橋からは清流吉田川の風景が一望できます。
吉田側はこの先の長良川の支流といわれる川でこの時期は鮎釣りを
楽しむ人が多く訪問した時も楽しんでる人がいました。
雲がかかってましたがこの風景も素晴らしいです。
DSC01243_convert_20161006051217.jpg



反対には新橋が架かりこの先の街めぐりした後あそこへ向かいます。
DSC01245_convert_20161006052021.jpg


本町商店街の手前の大きな玉が気になります。
これだけでも画になるだけのものを持ってて歩いてると
小さいながら何かしら発見があります。
DSC01248_convert_20161006052108.jpg



とそこに小道がありその先に全国名水百選第一号となった宗祇水(そうぎすい)があります。
DSC01251_convert_20161006052137.jpg


雨が上がったとはいえ石畳の道は滑りやすくちょっと怖かったです・・(泣)
DSC01253_convert_20161006052148.jpg



これが宗祇水で岐阜県の史跡にも指定されてる名スポットで
この日もたくさんの観光客が見物に来てました。
DSC01261_convert_20161006052233.jpg


その先には小駄良川が流れ地元の子供たちが水遊びを楽しんでる姿がありました。
これも郡上八幡夏の風物詩の一つでありますね。
DSC01260_convert_20161013070848.jpg



至る所で郡上おどりの看板や提灯を見かけますがちょうどこの時期
場所を変えて開催されてます。
DSC01262_convert_20161006052255.jpg



さっきまで歩いていた通りから右折して大手町を通過しました。
大手町のサインがこれまたいい味を出し目の前の米穀屋さんの建物といい
道の舗装が風情ある風景と雰囲気を創り出してるなと感じながら歩いてました。
DSC01266_convert_20161006052333.jpg



休憩も兼ねて城下町プラザにやってきました。
ここで車を止め散策する人が多く俺みたいに電車で来る人は少なかったのが
ちょっと残念な感じがしました。
歩いてたらバス停がいくつか乗り入れてまめバスや岐阜バスも乗り入れてました。
DSC01268_convert_20161006053151.jpg



休憩後新橋の方へ足を進めていきます。
DSC01270_convert_20161006053237.jpg


一角にはレストランでよく見かける食品サンプルの作品が展示されてます。
郡上八幡はその大半が日本全国に出てて販促ツールの一つとして出されて
街中にある工房では実際に製作体験も出来ます。
http://www.iwasakimokei.com/
DSC01271_convert_20161006053301.jpg


前半に言った新橋に辿り着きました。
おどりがこの日夕方から行われるということでのぼりがつけられてました。
DSC01273_convert_20161006061037.jpg



新橋側から見た吉田川の風景はさっき見た宮ヶ瀬川から見た時は
釣りを楽しむ人もいましたがここは生活感もあり目の前にレストランがあり
店内の中から川を見たら最高でしょうね。
DSC01274_convert_20161006053758.jpg

DSC01276_convert_20161006053823.jpg



別角度から見た吉田川の透明度といい緑色の川の水本当に綺麗ですね。
ここは何と言ってもこの橋と対岸の階段から子供や若者が飛び込む姿があります。
東海地方の情報番組やニュースで訪問した時期に取り上げられる有名な場所です。
1996年に環境庁の「日本の音風景百選」に指定されています。
DSC01279_convert_20161006055752.jpg
DSC01280_convert_20161006055806.jpg



橋を渡った所には郡上八幡旧庁舎記念館が建っています。
1936年み建てられた木造洋風建築で屋根組は当時最新鋭と言われた
トラス工法が用いられ1994年まで当時の八幡町役場本庁として使われ
1998年国の登録有形文化財に指定されました。
建設したと当時もその技術の高さが評価されたことで指定されたのでしょう。
DSC01278_convert_20161006055817.jpg



隣には踊りで使う山車でこれに乗って演奏する人がいます。
この夏も9月初旬まで行われお盆の時期はオールナイトの徹夜おどりも開催され
たくさんの人が参加されました。
これからもずっと毎年夏の時期に盛り上がるでしょう。
http://www.gujohachiman.com/kanko/odori.html
DSC01283_convert_20161006055833.jpg



夕方4時の列車の間に合わせるため駆け足でしたが郡上八幡の
素晴らしい街並みと吉田川の風景が見ることが出来て満足でした。
見に行けなかった郡上八幡城はまたの機会にとっておきます。
DSC01284_convert_20161006055847.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 岐阜

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 岐阜県 郡上市 郡上八幡 吉田川 郡上おどり

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。