2011 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

中央本線、小海線・小淵沢駅

 【30//2011】

塩尻から特急あずさで小淵沢駅に着きました。
しかし塩尻よりもっと寒く風が強かったです。
今回の長野旅は一部山梨県が入ってます(爆)

小淵沢駅の駅舎はこじんまりとしてまして狭いロータリーの中に
タクシーや送迎バスがここで発着をします。標高は881mです。
DSC00738_convert_20111026230104.jpg

駅名表は東日本標準タイプで長方形です。ここから山梨県でお隣が長野県です。
DSC00720_convert_20111026230204.jpg

ここの改札口から地下道を通って中央線ホームと繋がっています。
また右に行くとお手洗いやコインロッカーもあります。
DSC00736_convert_20111026230718.jpg

駅舎の中は待合所と立ち食いそばがあり
デュオレールの中には小淵沢産のお土産等が販売しています。
DSC00737_convert_20111026230138.jpg

ホームは2面4線手前が中央線、右奥が小海線のホームです。
DSC00713_convert_20111026230249.jpg

この駅は中央線ホームに駅弁屋と立ち食いそばもあるので実際は使わなかったんですが・・・
いざというとき助かります。
訪問した当日はとても寒かったんですが、緑から紅葉のオレンジへと変わる山々の
風景が綺麗でした。







スポンサーサイト

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 山梨県 中央東線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

中央本線・塩尻駅

 【28//2011】

10月26日

今回もたくさん写真を撮ったのでアップしていこうと思います。
朝9時前に名古屋から特急しなので塩尻まできましたが中津川を過ぎると
山あり谷ありの木曽路が待ってます。実際乗ってて地味にきついですが(笑)
景色はとてもきれいです。当日は後で携帯のニュースで見たんですが
東京で木枯らしが吹いたのですごく寒く駅前の温度計見たら9℃でし風が強く寒かったです。


塩尻駅の駅舎は橋上駅で行き来できます。この駅の標高は715.8mです。
DSC00709_convert_20111026224047.jpg

改札口は自動改札がありまして隣はみどりの窓口と待合室があります。
DSC00708_convert_20111026224132.jpg

片方が3方向に分かれているので駅名表だけ見てもとてもおもしろいです。
DSC00701_convert_20111026223940.jpg

3面6線ありまして右側が中央東線、左側が中央西線ホームです。
DSC00702_convert_20111026224428.jpg

3、4番のりばにはぶどう木柵がありワインとぶどうの生産地であるのです。
DSC00697_convert_20111026224323.jpg

乗り場案内を見ても中央線と松本・長野への要衝であります。
DSC00704_convert_20111026224213.jpg

ここから中央西線に入り木曽路を下り名古屋へと向かう道です。
DSC00700_convert_20111026224611.jpg

ここからは中央東線に入り左2線がみどり湖経由して東京方面に向かい
右側が小野駅経由して辰野へ向かいます。
DSC00707_convert_20111026224635.jpg

列車自体は松本まで直通するのが殆どですが、塩尻で名古屋と東京を分断してるものの
中央線は長い路線であることが伺えます。
この後特急あずさで小淵沢へと向かいました。







Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 中央東線 中央西線 篠ノ井線

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

10月旅 信州・小海線 初日

 【26//2011】

今日明日とお休みを使って旅行しています。

今日朝7時に名古屋を出て特急しなので塩尻まで行き塩尻から
特急あずさで小淵沢に着いて小淵沢の道の駅を目指し途中まで
リゾートホテルの送迎バスを使いそこから歩いて行きました。

お昼もそこで食べて歩いてホテルに戻り送迎バスで駅に戻って
小海線で佐久平まで出て長野新幹線で長野に着いたのが
昼の3時50分でした。

詳しい写真はこれからアップしますのでお楽しみに。

Category: JR東日本

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 長野県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

鳥取砂丘 9月の山陰線旅完結編

 【15//2011】

9月の鳥取山陰線旅行のメインである鳥取砂丘に行きました。
実は到着して砂丘に行こうか悩みましたが・・・
早朝からずっと移動の連続やったので初日は駅近くのホテルでゆっくりし
鳥取駅周辺を散策しました。
2日目朝10時のバスで20分と少しで砂丘に着きました。



バス停降りてすぐに砂丘会館がありましてお土産や軽食などが販売してます。
DSC00648_convert_20111014234922.jpg



砂丘東側入口にある石碑?です。写真撮ってた時はここや色々な所で
記念撮影をする人がいました。
DSC00671_convert_20111015000948.jpg




階段に登るときに掲載してた注意書きです。
当日朝起きたのが9時半頃やったので急いでチェックアウトの準備をして
ホテルを出発したので駅近くのローソンでおにぎりを買って準備はしたつもりです(笑)
DSC00651_convert_20111014235033.jpg




砂丘に着きましてここを訪問するのは2回目です。
この入口にはらくだの乗車も出来まして乗ってゆっくり回れるそうです。
平日でありながら観光バスのツアー客も多くこの周りで記念撮影をしてました。
DSC00652_convert_20111014235144.jpg



全体の風景ですがバスに乗ってきた所からわかりますが砂丘は広く
当日は快晴でしたので遠くまで海岸線が眺めることが出来ます。
DSC00654_convert_20111015000709.jpg



入口から下りて頂上の"馬の背”を目指し歩いて行きました。
DSC00655_convert_20111014235333.jpg



そして約10分弱で頂上を登りました。登るときは砂に足を捕られながら歩いたので
地味にハードでしたが、気合で行きました。
“馬の背”から見た日本海は素晴らしく入口で見るよりも馬の背まで登って見た方が最高です。
DSC00661_convert_20111014235950.jpg



東側は砂丘海岸側でこちらも素晴らしい眺めです。
山陰海岸も素晴らしい景色満載のエリアで行ってよかったです。
DSC00663_convert_20111015000131.jpg



頂上から入口の眺めです。砂地なので普通の道路ならすぐいける所が
地味に時間かかってるのがわかりました。
DSC00666_convert_20111015000313.jpg



砂丘にもオアシスがありまして砂漠に来たんかと錯覚しました。
DSC00669_convert_20111015000459.jpg


馬の背から下りて撮りました。
なだらかではありますが登るのが大変そうでした。
DSC00670_convert_20111015000610.jpg



バス停近くから撮った風景です。
向こうには砂丘センターと砂丘入口を結ぶリフトがあります。
DSC00672_convert_20111015001048.jpg



鳥取駅に向かうバスの車内から撮った画です。
当日は雲ひとつない青空の中訪問することが出来ました。
DSC00673_convert_20111015001310.jpg



砂丘入口に戻ってからはインフォメーションセンターにある足洗い場で
砂で汚れた靴を綺麗にして砂丘とこの周辺の資料をもらい中にある
展示してあるものを見ました。

鳥取駅に戻ったら昼ごはんを食べて駅へ向かい帰りのスーパーはくとが来るまで
列車や駅の写真を撮ってました。
そのあと大阪まで出て少し遊んで夜10時の新幹線で帰りました。
3年ぶりの鳥取は今回も素晴らしい旅になりました。







Category: 鳥取

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 鳥取

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

山陰の鉄道車両・智頭急行、若桜鉄道編

 【13//2011】

鳥取駅はタイトルのとおり智頭急行や若桜鉄道の車両も乗り入れてます。

関西と鳥取を結ぶ特急“スーパーはくと”
車内は2~3年前にリニューアルされ鳥取の伝統工芸品を
所々使ってましてこの車両は倉吉まで乗り入れてます。
DSC00635_convert_20111005214407.jpg



こちらも智頭急行所属の一般車で車内は一般的な
ボックス型のクロスシートと一部ロングシートの配置です。
DSC00585_convert_20111005212456.jpg



こっちが若桜鉄道の車両で“さくら号”の愛称があり
この車両の横には鯉?のアートがある車両です。
DSC00611_convert_20111005214703.jpg



もうひとつの若桜鉄道の車両がステンレスのタイプで
内装が転換クロスシートで大都市圏の快速車両と同じものです。
正面に貼ってあるステッカーですが若桜線が今年
開業80周年を迎えて記念の年になるからです。
DSC00680_convert_20111005214204.jpg



智頭急行の車両ですが正面が赤で横が青い塗装がしてありますが
これは通常イベント用の車両で内装は一個上の車両と同じ
転換クロスシートの車両です。
DSC00626_convert_20111005213515.jpg



鳥取駅は県内だけでなく関西や岡山等多方面と
繋がりがあるのがわかりました。
新山口まで行くと乗車日はほぼその日を
消化してしまいますね。




Category: 智頭急行

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 山陰本線 因美線 智頭急行 若桜鉄道

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。