2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

中山道・福島宿 上の段

 【28//2012】

木曽福島駅前のバスセンター併設の観光案内所で
上の段にある街並みがおすすめだよと教えてくれて
駅から撮影しながら歩き遂に上の段に着きました。




かつてこの辺りが江戸時代に福島宿の宿場町本陣として
栄えた地区でここから向こうに行くときは本陣を守るため
直角の地形が造られ旧宿場町の雰囲気を残しつつ改装されてます。
DSC01818_convert_20120424223035.jpg



直角に曲がる所には古い井戸があり
江戸時代から昭和初期まで飲用水・生活用水として
使われてきました。
DSC01819_convert_20120424223431.jpg



ここにも中山道道標がありここを通って江戸を目指してしたのがわかります。
上の段用水は宿場町だった時代から昭和初めまで簡易用水として使われましたが
ここは現在もみずが流れてます。
残念ながらここは飲用水でありませんので悪しからず・・・。
DSC01821_convert_20120424223724.jpg



用水路が流れてるところに寺門前小路という小さな小路がありまして
なまこ土蔵の建物が残されてます。
こうしてみると赤穂の忠臣蔵に出てきそうな建物ですね。
この向こうには大通寺がありまして1600年の関ヶ原の合戦後に建築され
楼門は1778年に建てられ木曽町にある木造建築物は最も最古のものです。
DSC01822_convert_20120424224502.jpg




上の段の全景をみると本当に素敵な街ですこれが。
一軒、一軒に行燈があってタイムスリップしてきたかのようで
江戸時代頃中山道宿場町として栄えました。
今回はじめて訪問しましたが時間が限られた中で
駆け足で見たので次回以降機会があれば今回行けなかった所を
ゆっくり見れたらと思いながら撮影しました。
またこの通りには古民家を再生した食事処やBarもあります。
DSC01823_convert_20120424225150.jpg



本来ならここから木曽川の流れている行人橋歩道橋のある
所に行き崖屋造りの家を見ればいい所をあえて逆の道を通り
いわやさんという旅館のある通りに出てきました。
DSC01824_convert_20120424225731.jpg



そうです。ここから歩いて中山道にある名所へと向かった
厳密に言うと名所跡へと向かいました。



つづく





Category: 木曽路

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 長野県 中山道 宿場町 木曽路

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

木曽福島駅前の風景

 【25//2012】

木曽福島駅で駅の写真を撮り街の中へ行きますが
何せ初めて訪問する所なのでどこを回れば良いんかわからないので
バス乗り場の中にある観光センターで地図をもらい
お薦めの見どころを教えてもらいました。


駅のホームから撮った風景も木曽谷に囲まれてるのがわかります。
DSC01812_convert_20120413204923.jpg



駅前は先程言ったバスセンターに土産屋・飲食店と宿があり
ここに降り立っただけでも価値がありますが今回は時間的にも
余裕があるのでこの道を下りていくことにしました。
DSC01810_convert_20120413204302.jpg


駅のホームから駅前から見てもここと高低差が結構あるんですね。
まず最初に向かったのが駅に近い八沢地区を歩いて向かいます。
DSC01813_convert_20120413211219.jpg



この辺りまでくるとこの後向かう予定の駅前で聞いたこじんまりと
しつつも風情のある木曽路の街並みへの序章といったところです。
DSC01814_convert_20120413213106.jpg
DSC01816_convert_20120413213539.jpg



中山道・福島の見どころである上の段の近くまでやってきました。
この鉄橋を渡らずに左に曲がると八沢川が流れており中八沢橋を
通りいよいよ木曽福島のメインイベント第1弾となるわけです。
DSC01817_convert_20120413213819.jpg



夕方4時半を過ぎようかという時まだ日の入りまで
約1時間半はあるというのでいよいよ上の段エリアへ
行きます。



つづく





Category: 木曽路

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 長野県 木曽郡 木曽町 中山道 木曽路

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

中央西線・木曽福島駅

 【23//2012】

松本を14:30に出て1時間10分程かけ木曽福島駅に着きました。
いつもこの辺りは特急しなので通過しますが木曽路内の
駅を訪問するのは今回が初です。
奈良井駅は時間の関係で途中下車出来ませんでしたが
ここではそのつもりで来ました。


列車を降りて見送ると詰所みたいな所があり
『ようこそ木曽路へ』の看板があり木曽路の街に
来たなと実感してます。
DSC01798_convert_20120413193433.jpg



駅名表はホームに待合室を改築した関係で新しい物に変えられたようです。
以前駅のサイトで見た東海の主要な駅で見るものから変わったのですが俺としては
今までと同じものでええやないかと思いますが・・・どうでしょう。
DSC01799_convert_20120413194127.jpg



乗ってきた列車を降りたホーム側から見ますと
側線があってここからの始発列車もあるので構内は広いです。
着いて直ぐに駅の写真を撮ってたときは2両編成の313系が
停まってました。
DSC01802_convert_20120413194651.jpg



ホームは言うまでもなく島式1面2線。
新しくなった屋根がついて天候のよくない日には
雨宿りも出来そうです。
DSC01803_convert_20120413194846.jpg



改札口はラッチが1つあります殆ど使われてませんが
少しほっとするような場面に遭遇したようです。
行き先案内表も更新され左にみどりの窓口右は待合室と売店があります。
ホームまではここから地下道を渡り階段に上っていきます。
DSC01806_convert_20120413195121.jpg




駅入口に設置されてる行灯に福島宿と書いてあり
本当に中山道の宿場町らしい雰囲気を残してますね。
DSC01807_convert_20120413195513.jpg



駅舎は木造の大きなものです。
木曽路の主要駅の風格が伝わってきます。
DSC01833_convert_20120413200737.jpg



初めて訪れた木曽路の駅はここも通過列車の待ち時間に撮影した
奈良井駅と同じく山あいにある駅なのかと思いました。
ここは特急しなのが全列車停車するのでここか中津川を
起点に考えるのもよしと思われます。



つづく




Category: JR東海

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東海 中央西線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

松本から313系に揺られ木曽福島へ

 【20//2012】

松本駅に戻ったのが1時半過ぎ
14時30分発の中津川行きの列車が来るまで
列車の写真を撮ってました。
5番のりばに14時15分に入線の折り返しの列車です。
松本地区は115系が主力ですが一部313系も活躍してます。



最初松本で撮ったのがありましたが
現像する際明らかにピントのぼけた
写真を撮ってしまったのでこの写真にしました。トホホ・・・。
いよいよ松本を出てここから木曽福島を目指します。
DSC01791_convert_20120410202040.jpg




松本から塩尻まで車掌がいますが塩尻出たらワンマン列車となるので
ここから液晶タイプの運賃表の出番が来ました。
俺が思うには一昔前の路線バスにあった運賃表の方が
運賃表らしいなと思いますがここまで進化するなんて
びっくりです。
DSC01788_convert_20120410203321.jpg




15:13奈良井駅に到着し通過列車の待ち合わせで5分停車
するのを運転手に確認し撮影することにしました。
一番最初に乗せた列車の写真がこの駅で撮ったものです。
緑でワンマンと上半分表示してます。
乗ってきた313系はいつも乗ってる転換クロスの車両なんで
この山道のローカル線なのに快適な旅が出来るんでありがたいです。
DSC01794_convert_20120410203647.jpg



ここは中山道の宿場町として栄えたところです。
立て札には山やなく仙と書いてますがこの方が
昔の宿場みたいな感じがします。
DSC01793_convert_20120410202637.jpg




ホームから見た駅舎も昔の雰囲気を出してるようです。
出来れば跨線橋を渡り改札を出て正面から撮ってみたかったのですが
5分間しかないので断念しました。
DSC01796_convert_20120410203539.jpg



ホームの端から薮原方面には中山道の難所“鳥井峠”と
鳥居トンネルが待ってます。
こうしてみると木曽路の山と山に囲まれた駅というのを
見ることが出来いかに険しい道かがわかります。
DSC01789_convert_20120410203814.jpg


因みにこの駅は中央西線で標高が一番高く
933.8mあり約1時間前居た松本より340m
高い所に居まして少し肌寒かったです。
後からしなの16号が通過し15:19奈良井駅を
出発し列車は峠を下りながら次の目的地木曽福島を
目指しました。


つづく





Category: JR東海

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 中央西線 篠ノ井線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

松本市内から見た美ヶ原の風景

 【17//2012】

松本城を見てからは街を再び散策しました。
松本市内から美ヶ原のが駅前周辺から見れるいうことで
幾つか撮ったので公開したいと思います。


2日目の朝8時半に撮ったんですが見事なまでの
曇り空で何も見えませんでした。
この時に昨日の昼に着いて直ぐか自転車で
庄内ゆめプラザに行く途中でカメラもって行けば
よかったと後悔しかけた瞬間でした。
DSC01736_convert_20120410195116.jpg



10時45分頃松本城へ向かう途中女鳥羽川(めとばがわ)の
流れる橋から撮った画です。
手前側は見えますが後ろの山はまだ霧がかかって
霞んで見えます。
DSC01757_convert_20120410195330.jpg



11時20分頃松本城を見て中心街へ戻る途中の
千歳橋で撮りました。
未だ曇ってますが奥の山も見えるところまで
天気は回復しました。
DSC01770_convert_20120410195656.jpg



11時40分頃中心街の交差点で撮りました。
青空も見えてきて美ヶ原の風景が見えてきました。
DSC01771_convert_20120410200031.jpg



このあとホテルブエナビスタへ行き早く着いたのですが
お昼ごはん(もちろんブッフェ)をゆっくり・のんびり食べて
再び駅前周辺に戻りました。


13時20分頃駅前近くから撮りました。
昼ごはん食べてる間に徐々に天気が回復しましたが
比較的高地で天気の移り変わりが早いせいか
青空の下で撮れませんでした。
が望遠を使って撮ったら青空の下じゃない
もうひとつの美ヶ原の表情を捕えることができたのが
収穫でありました。
DSC01773_convert_20120410200337.jpg



今でも初日に翌日撮ればええわと思ってなければ
大物を撮れたんですが・・・(爆汗)
撮り逃したとはいえ霧がかった美ヶ原の画が撮れた
だけでもよかったです。
もし諦めてたらこの画は撮れへんかったと思います。
朝チェックアウトした時荷物を預けたホテルに
取りに行き松本駅のホームへ向かいました。


つづく






Category: 長野

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 長野県 松本市 風景

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る