2012 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

きのくにから遂に大阪・ミナミへ

 【30//2012】

和歌山城を見てバスで戻り和歌山駅東口近辺を散策し駅に戻ったら夕方を過ぎました。




前回の記事でこれから行く直前に列車の撮影をして18:50発くろしお28号
で大阪ミナミへ向かいました。
この列車は前日串本から紀伊田辺まで乗車した列車で3回目の283系でした。
自由席をとったのですが、残念ながら席は空いてなくとりあえずラウンジカーで
45分程の乗車でした。
19:35に天王寺に着き快速列車に乗り換え新今宮から南海電車に乗り換え遂に
難波に着き早速街に出ました。
DSC02731_convert_20121015172641.jpg




一つ前の写真の通りの近辺を散策し
駅前の交差点に戻り今夜の宿に行き荷物を軽くし
ミナミの繁華街へ歩いていきました。
今回も道頓堀にやってきましたが去年夏に来た時に見れなかった
くいだおれ人形を見ることができました。
現在は中座くいだおれビルの入口にいますが、この夏は関西地区も節電の季節でしたので
セツデンのメッセージも載ってました。
俺もどこで見れるかわからなかったのですが遂に実現となったわけであります。
DSC02737_convert_20121015173748.jpg




ミナミに来て夜9時前になろかという時に晩ご飯にしました。
この日はやっとというか食べ放題のしゃぶしゃぶを食べましたが
お肉はオーダー形式で2100円で牛ロース・豚肉・ウィンナー等
ダシは俺の好きな辛いのとシンプルな昆布ダシにしました。
DSC02739_convert_20121015174329.jpg




しゃぶしゃぶ食べ放題の付け添えの野菜や豆腐は入口付近にある
ブッフェコーナーみたいな所で好きなだけとりました。
あとは麺はうどんとラーメンの麺がありました。これを食べてる時スタッフの方が
石焼チーズビビンバを作っていただき食べましたが炒めた肉がコリコリしてて
これはホルモンかなと思いました。最近名古屋で人気のある味噌とんちゃん(ホルモン)
がありますがこのホルモンが豚か牛かはわかりませんでしたが食感は覚えてます。
DSC02738_convert_20121015174400.jpg




晩ご飯食べた後は南に来たので道頓堀の一大名所である戎橋へ行き
夜10時を過ぎても人がいっぱいでこの風景を見に来たり写真に収める人がいました。
去年の夏に行ったときのブログのURLを貼っておきますのでこちらをご覧下さい。
2011.8.24 大阪ミナミの夜景

今回もこの写真をクリックするといつもより大きな画が出ますのでお楽しみ下さい。
DSC02741_convert_20121015174632.jpg



この後2日目最後の撮影をしに駅に行きました。


つづく


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Category: 大阪

Theme: 旅先での風景

Genre: 旅行

Tags : 大阪市 ミナミ 夜の街

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

和歌山駅で列車撮影

 【28//2012】

前々回の記事でたま電車を紹介しましたが次はJRの車両を紹介しましょう。



昼間に撮った写真から今年春にデビューした287系です。
北近畿地方が赤のラインに対しこちらはオーシャン色の細いラインが入ってます。
内装も同じです。きのくに線を走るのであればシートの模様を変えるなりして
もう少し工夫があってもいいんやないかと俺は思います。
よく見ると和歌山支社内の大きな駅のホームにある乗り場表示が青の白抜きの
サインがあります。阪和線ホームは路線カラーのオレンジを採用してます。
DSC02691_convert_20121013181123.jpg




和歌山から御坊を中心に活躍する117系はかつての新快速の車両です。
新車が出る度転属され現在は和歌山・岡山・一部の編成が最西端の下関に
散らばりました。
写真はオーシャン色の編成ですが御坊駅で見た時サイド側の塗装が剥げてるのが見え
車両もかなり傷みが激しいのが見えました。
この駅で見た単色編成はしっかり塗装され傷みもありませんでした。
西日本はこうゆう所をもう少し改善してほしいなと思いました。
DSC02687_convert_20121013181203.jpg




和歌山線の105系はいくつかのカラーがありますが
オリジナルのクリーム色に赤のサイドカラーが入った編成です。
この編成もあとどれだけ見れるのか気になるところです。
DSC02681_convert_20121013181342.jpg




和歌山城を見物し夕方ごろに撮影した225系です。
1日1本の快速紀伊田辺行きが停車中で通勤通学の帰路を今や遅しと
待ってるところであります。
しかし113系王国であったきのくに線がまさか225系や223系が毎日
運行するなんて想像出来ませんでしたがその一方で今年春には長年親しまれた
阪和線色のさよなら運転や103系や205系の乗り入れがほぼ減り賑わいや撮影の
楽しみが減り残念です。
DSC02725_convert_20121013181648.jpg




阪和線方面ホームに停車してた223系初期編成です。
ライトのデザインが2000・2500番台の編成と異なります。
1994年の関空開業と同時にデビューしまもなく20年近く経つだけに
今旅の中で紹介したシートモケットの変更も納得かもしれません。
DSC02721_convert_20121013181935.jpg




次の記事で書くことにしてる行き先に行く直前に撮った
105系の万葉の四季のラッピングがしてある編成に出会いました。
快速五条行きが105系でもったいないと思いながらまさかの万葉編成が
来るなんて思ってませんでした。
そういえば昼間に着いた直後に撮った223系の隣に違う模様の万葉編成が
さりげなく写ってたのを思い出しました。
DSC02728_convert_20121013182147.jpg



つづく



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村




Category: JR西日本

Theme: 鉄道写真

Genre: 写真

Tags : きのくに線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

和歌山城

 【26//2012】

12時半に和歌山に着いてから昼ごはんと駅と列車の撮影をし
和歌山市街に出ることにしました。



駅を出てすぐには地下道があり5年前に来た時は
地下に観光案内所がありましたが今回行ったら市役所の窓口で
やってるようなサービスをここでやってました。
DSC02694_convert_20121010231123.jpg



この日も暑さの厳しい日でした。
前日の串本同様天気もよく晴れ渡ってましたが
都会でアスファルトの照らしが強くこの日の方が厳しかったです。
散策しながらここまで1時間ほどかけて
この日のメインであります和歌山城へ着き東堀・岡口門から入ることにしました。
この場所から左が天守閣・市役所・ホテルと大きな建物が並んで見えるようです。
ちなみに5年前の1周の旅ではこの写真にあるホテルに泊まりました。
当日到着時は曇りでしたが夜街出たらかなり雨が降ってましてアーケード散策
しながら和歌山駅からホテルまで歩きました。
DSC02697_convert_20121010231340.jpg





天守閣に向かうにはこの坂を上らなければいけなく
この暑さでかなりきつかったです。
坂をひとつ上りきり途中ベンチのある所で一休みしてましたが
年配の方が体操したりしてました。
明らかに俺の方が若いですが負けられへんと思いながら天守閣へ向かいました。
DSC02704_convert_20121010231719.jpg





坂道を登りきり天守閣へとやってきました。
色んな城に行ったことがありますがこんな山の上にある城は珍しいです。
この本丸は標高50m程の虎伏山の上に位置してます。
和歌山城の時代劇で思い浮かぶのが8代将軍徳川吉宗の暴れん坊将軍の
ロケで使われてました。
DSC02706_convert_20121010231827.jpg





天守閣入口前からは午前中に加茂郷駅から見た
工場地帯がここから見ることができます。
これが天守閣最上階なら紀伊水道や色んな風景が楽しめるのですが・・・。
DSC02708_convert_20121010231939.jpg




天守閣の中には入らず今度は裏坂から下へ降りました。
が裏坂も同じ石階段ですが足回りが悪くゆっくり降りていきました。
階段が変則で不安定で踏み外し転ばぬようにしながら行き二の丸庭園に合流しました。
西の丸広場に向かう途中御橋廊下のある池の畔に茶室がありました。
建物の大きさから見て銀閣寺をミニサイズにしたような建物に見えます。
DSC02712_convert_20121010232900.jpg





西の丸広場にある物産センターに寄った後
けやき通り側にある一の橋大手門へやってきました。
こっちが表門で駅から歩いて来て入った岡口門は裏口になります。
当初は一之橋御門といわれてましたが1796年に現在の名称に改称されました。
5年前は全く手も出さずに終わった和歌山城でしたが今回リベンジ成功と言っていいでしょう。
DSC02715_convert_20121010233106.jpg




つづく



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

Category: 和歌山

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 和歌山市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

たま電車 in 和歌山駅

 【24//2012】

和歌山駅に着いてから駅と列車の撮影を昼ご飯の前後に行いました。


和歌山駅といえばもうひとつの目玉は
たま駅長で有名な和歌山電鐵 貴志川線です。
名物のたま電車ですがたくさん人がいて
車内の写真は撮れませんでした・・・トホホ。
3年前にも見ましたが直接このホームで見るのは初めてです。
JR乗車券を持ってたので中間改札口で駅員のおっちゃんが見るだけならいいよ
と言って入って見ることが出来ました。
DSC02678_convert_20121009003735.jpg



列車サイドにもたま電車のロゴが大きく載ってます。
元が南海の2270系でこれをデザインしたのが九州の車両でお馴染みの
水戸岡さんのデザインでまさしく水戸岡イリュージョン炸裂ですね。
DSC02677_convert_20121009003544.jpg



駅名表は譲渡前の南海時代のをそのまま引き継いでます。
これでたま駅長の写真か絵が入った駅名表だったら間違いなくギャラリー
いっぱいでしょうね。
DSC02680_convert_20121009003319.jpg



その他南海時代から引き継いだ車両にいちご電車等遊び心のある車両も
あります。


つづく




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村




Category: 和歌山電鐵

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 和歌山鐵道

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

きのくに線・阪和線 和歌山駅

 【21//2012】

和歌山駅到着後は改札を出たり入ったりしながら撮影を行いましたが
ちょうどお昼時であったので駅前で食事も考えて地下道を行き来しました。



ホームは5面8線ありまして
1番のりばと9番のりばが単独でその他が島式ホームです。
撮影した2、3番のりばは阪和線の列車が発着します。
一昨年のダイヤ改正で紀州路快速が早朝・深夜を除き
日根野から和歌山まで各停化されました。
ただ、和歌山から新大阪まではきのくに線直通の特急列車もあり
新幹線乗り継ぎも絡むので難しいところです。
DSC02686_convert_20121009000931.jpg




駅名表も久々に長方形型で田井ノ瀬は和歌山線の駅です。
DSC02689_convert_20121009000651.jpg




別のホームの駅名表は隣駅が阪和線に所属してるので
隣接駅側がオレンジ色を纏ってます。
ここからようやくアーバンネットワーク圏内に入ります。
DSC02685_convert_20121009001105.jpg



大阪から来た225系です。
この手の車両がようやく馴染んで来るだけの風景の所に
戻ってきたという感じがします。
御坊や田辺でも見かけましたが長い間113系や117系等が活躍してたので
まだまだ見慣れて無い感が否めません。
DSC02688_convert_20121009002128.jpg




中央改札口で見る自動改札ですが入口側には最近流行のICカード専用の
改札口は設けられてません。
有人改札はオープンカウンター式です。
ターミナルビルの中で冷房も効いてたので涼しむことが出来ました。
DSC02675_convert_20121009000448.jpg




ターミナルビルを備えた駅舎の目の前にはバスのりば
左隣には近鉄百貨店・ホテルグランヴィア和歌山と商業施設もあり
県庁地らしい駅の賑わいを見せてます。
名古屋から三重県縦断し串本まで下りそこから北上し遠回りしましたが
殆ど小さな町を通って来たので都会の雰囲気が恋しくなったような気分でした。
DSC02673_convert_20121009000237.jpg




つづく


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村





Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 和歌山県 きのくに線 紀勢線 阪和線 和歌山線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。