2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

福井鉄道の新顔 FUKURAM1000系 

 【30//2013】

福井駅に戻って来まして市街散策と一緒に福鉄線の列車も撮ることに。



歩いて直ぐの福井駅前の通りから880系が停車中です。
かつて岐阜市内線を走ってた車両が2005年廃止と共に福井へと
やってきました。同僚であった780系は豊橋鉄道軌道線で活躍してます。
去年6月ぐらいに岐阜駅から歩きましたが中心街は歩けば歩くほど
楽しいですが郊外の大型店にやられっぱなしの状況を早く何とかしてと
言いたい時があります。
DSC04361_convert_20130707061441.jpg




場所を変えて駅前とフェニックス通りに繋がる
市役所前からも先程と同じ車両がやってきました。
つい1時間半前居た田原町に向かうのでした。
DSC04373_convert_20130707061949.jpg




市役所前停留所は交互になっててさっき田原町からきた列車と
これから向かう列車が交換をしてました。
ここでは田原町に行くのとそのまま武生へ行くのと見てて思うのは
運用が複雑だなというのを感じました。
DSC04374_convert_20130707062038.jpg



ここでのお目当ては
今年3月にデビューしたばかりのFUKURAMがやってきました。
事前に福井鉄道のHPをチェックして17:47に来ることを確認しました。
車内は富山で見たサントラムと同じシートが配置されてます。
DSC04366_convert_20130707061519.jpg





この時間は武生方面は逆行で光が直撃状態なので
駅舎側から撮るのがベストです。
夕方6時前ということもあり車の量も多く乗るので
交差点からこっちに来ないのを確認し隙を見ながら撮影してました。
DSC04369_convert_20130707063402.jpg



並行して街散策もしてたので続きは次回お伝えします。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井県 福井市 鯖江市 越前市 福武線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

二つの私鉄線がある田原町駅   

 【27//2013】

三国港からのんびりゆられながら福井駅の少し手前の田原町にやってきました。



駅舎は白塗りの平屋木造で風情を佇ませますが
駅名版が似合ってないように見えます。
旧京福電鉄時代の駅名表であればもっと様になってたかもしれませんね(笑)
DSC04343_convert_20130707054551.jpg



中に入ると窓口があり双方の鉄道線の乗車券を販売してます。
改札の向こうがえちぜん鉄道のりばで逆が福鉄線のりばであります。
この中も昔の家のような雰囲気がして昭和の雰囲気を今に残してる
ようにも見えます。
DSC04348_convert_20130707055210.jpg




ホームは片面で手前には待合室が設置されてます。
列車から降りてすぐの所にベンチがありますが段差があり
今で言えばバリアフリーにすることは出来ないだろうかと思って
しまいますがいかんせん予算を建てるのも難しいといわれる
地方鉄道ならではの課題も浮き彫りとなる一幕です。
DSC04352_convert_20130707055338.jpg



福井鉄道線側も同じく片面で最近改良したのかわかりませんが
スロープが付けられました。
上屋もホーム側の木も修繕されたのか新しく見えますが
昔の温かみのある感じが良い味を出してるように見えます。
奥には駐輪所があります。
DSC04344_convert_20130707055821.jpg




ここから中心街へ繋がるフェニックス通りは
専用道から軌道へと変わり駅前方面に向かいます。
田原町と福井駅とそこから橋を渡り武生へと向かっていくのです。
DSC04349_convert_20130707055858.jpg



一つ残念なのは駅出てすぐにあるコンビニが閉店して空店舗となってしまい
欲しいものが買えなかったのです。



つづく




ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: えちぜん鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 福井市 三国芦原線 福武線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井市内へ戻る  三国港→田原町 

 【24//2013】

港沿いを散策し戻って来る時には列車が停まっていたので急いで戻ってきました。



福井市内に戻る列車も行きの時に乗った6000系でした。
こっちに来る時に撮ったアングルとは逆側から撮りましたが
順光で青空の下の風景が撮れました。
DSC04339_convert_20130707050327.jpg




15:39の列車に乗りあわら湯のまち駅に着きまして
ここで列車の待ち合わせの為2分程停車を使って駅の風景を
撮ってました。ゴミ箱には「芦原温泉へようこそ」のPR活動用の
写真も載ってます。
改札前にはひとつ前の駅を出ましたの案内板があります。
文字からして昔の国鉄時代にあったような感じで一昔前の鉄道を
思い出させてるようです。到着前には電灯が付いてます。
DSC04340_convert_20130707050503.jpg



福井方面から来た列車はここで行き違いをします。
が今回この列車にいつも当ブログにお越しいただいてる
ぞうまささんとニアミスをしました。
旅行当日わからなかったのですが後日ブログを見に行きこの日にバスで福井に
来てることを知り驚きました。
俺自身このブログ開始して初めての遭遇でした。
DSC04341_convert_20130707050706.jpg




田園や農作物の畑が多い区間の中移動中に
大関駅はホームに屋根の無い無人駅ですが駅舎の隣にある
一風変わった自転車置き場の独特の形状をしたデザインで
見てる人を惹きつけそうな感がします。
最近建て替えられた駅や建物は殆ど似たようなのが多いので
こうした独創的なデザインや昔からある物を次世代に継承していくのも
重要なことだと思ってしまいます。
DSC04342_convert_20130707050807.jpg



列車は福井市内へと向かいますが少し手前の田原町という駅で降ります。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: えちぜん鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 坂井市 福井市 三国芦原線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

三国港周辺を歩く

 【21//2013】

目の前に漁港と海があるので散策しました。



駅前をすぐ出ると漁港の道路は週末でありながらまばらです。
DSC04330_convert_20130707044104.jpg




漁港起点で見るとここまで九頭竜川が流れてて
ここから日本海に向け進みます。
昼3時ごろなので船もかなり停泊してて漁港内もセリが
終わってて静かでした。
DSC04331_convert_20130707044139.jpg




立ち寄り湯のある通りからは
民宿や旅館がいくつか並んでます。
しかしこの日は久しぶりにお出かけしたのと
梅雨合間の晴れて日差しもかなり強く体感温度としては
30℃はあったと思います。
DSC04334_convert_20130707044252.jpg



少し歩くと海岸があり海水浴シーズン直前でしたので
海の家を建ててる最中でした。
この記事を出す時はシーズン後半か終わりが近づいてるのでは
ないかと思われます。
三国港駅から500m程にあって近くにあるので夕方に行けば綺麗な
夕日も眺めれるビーチであるので季節によって時間をずらしたら
見れたかもしれませんね。
DSC04335_convert_20130707044327.jpg




駅に戻る時に旧国鉄三国線時代の遺構らしきものを
見つけました。
駅のホームよりかさが低いのでおそらく貨物の取り扱い等で
使われたのでしょうか。
京福電鉄に移行する前の遺構めぐりもこのあたりで出来ますが
北陸本線の芦原温泉駅にあったのは訪問したことがあるので
下車する機会があれば写真に収めてブログで公開する日を
楽しみにしたいと思います。
DSC04338_convert_20130707044406.jpg


撮影しながら向かっていたら駅に列車が停まっていたので急いで戻りました。

つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井

Theme: 国内旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 坂井市 港沿いの風景

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

えちぜん鉄道・三国港駅

 【17//2013】

福井口駅から普通列車でここまで来ました。



駅舎は事前に調べたら改装前のをよく見ましたが
2010年にリニューアルされたようです。
それでも駅名表といい昔の雰囲気をしっかり残してるようです。
DSC04323_convert_20130707035444.jpg



駅の中も改装されて天井のライトのデザインや壁の雰囲気から
大正レトロの感じがします。
通常は無人駅ですが訪問した当日は駅員さんもいました。
情報によると土日は配置してるとのことです。
DSC04325_convert_20130707035910.jpg




ホームは1面1線ですが列車は到着後数分で折り返して
福井駅に戻ります。
構内は広く留置線が道路側にありここに列車が止まってる所も
見てみたいものですが30分ヘッドのダイヤでは見る機会もないのだろうと
思いました。
DSC04327_convert_20130707035953.jpg




ここも改修されて旧国鉄三国線の資料館になり
上の階には展望台も設置され早朝・深夜は
運転手の宿舎として使われてます。
DSC04328_convert_20130707040054.jpg




終着駅の手前には有形文化財の「めがね橋」がホームから
見ることが出来ます。
煉瓦造りが特徴で1913年に完成しましたが1世紀に渡りここを
人や物資が行き交いました。元々貨物駅であったので煉瓦の造りが
独特の雰囲気を出してます。
DSC04319_convert_20130707040137.jpg



次の列車まで時間があったので港沿いを散策することにしました。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



Category: えちぜん鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 坂井市 三国芦原線 国鉄三国線

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る