2013 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 10

浜松駅前を歩く

 【30//2013】

ようやく浜松に着いたので街を散策したいと思います。



遠鉄の駅を出ると両サイドに遠鉄百貨店があり
ベンチとテーブルも置いてあるので少し休憩や待ち合わせに
活用できます。
DSC04510_convert_20130902043126.jpg


JR浜松駅のバスターミナルに出ると大きなビル2つ
ありましてこの都市最大のビルがあるオークラホテルと
アクトシティ浜松と合流します。
DSC04511_convert_20130902045337.jpg



駅を出て交差点前にはかじ町プラザが見えます。
かつてここにはイトーヨーカドーが入ってましたが
6年前に撤退し一番上の階にホテルがありますが
他の階はテナントが入ってない状況が続いてます。
何年か連続で来て久しぶりに来たら閉店してたのを
見た瞬間のショックであったのは今でも覚えてます。
DSC04512_convert_20130902045354.jpg



鍛治町の大通りにやってきました。
ここも久しぶりにやってきましたが交差点左側にあった
旧松菱本館跡は老朽化により解体されました。
ここには暫定的にフットサル場を営業するようで長年来る度に
この建物はどうするのか気になってました。
DSC04515_convert_20130902045443.jpg



ザザシティ浜松の隣にも松菱新館があり2001年突然閉店し
会社も倒産しました。俺が初めて訪問した10年前には既に潰れてて
建物周辺には立ち入られないように壁が覆ってました。
この10年間も色々な駅前を訪問しましたが当時より厳しい状況に
立たれてるのは事実ですが2007年に政令指定都市の中心部なのかと
いうくらい廃れてる状況で少し西に行った豊橋駅前と同じくらいの
廃れかたかもしれませんね。
DSC04513_convert_20130902045416.jpg



駅前に戻ると遠鉄百貨店本館と4年前に開館した新館があります。
立地はこちらのほうがいいのですが鍛冶町エリアがもう少し元気だったら
浜松駅前はもっと活発なのにと思いますが大通りは車の通りが多く
交差点通るのも一苦労といった感が否めないかと思ってしまいます。
DSC04516_convert_20130902045458.jpg



浜松駅周辺も何度か訪れてますが行ってないうちに知ってる場所が
無くなったりと知らない間に変化が起きてました。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 静岡

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 浜松 駅前散策

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

遠鉄電車で浜松へ 金指→西鹿島→新浜松

 【27//2013】

荷物を置いたまま撮影してた時に列車が出てしまったので
1時間待ちの間撮影を継続し掛川方面から来た列車で荷物をもらい
次の列車で向かいます。これは本当にやらかすとは思ってなかったですが
帰って来たのは本当にありがたかったです。



1時間前に乗り遅れるというハプニングを経てようやく東へ向かいます。
前回、前々回の記事でも言いましたがまさかこんなことが起こるとはと俺もびっくりしました。
車両は天浜線の主力車のTH2100系です。
スタートからレア車両2つが一気に来たので3種目が来てくれた方が
面白いですし3車3様の編成に出会える方が俺的には公開しがいがあると思います。
DSC04479_convert_20130902041850.jpg



金指を出てからも険しい道が相次ぎますが
乗換駅の西鹿島に着くひとつ前の駅を出ると
去年開通した新東名高速と並行して向かいます。
新東名と言いますと去年10月富士宮に向かう途中通過したのを思い出します。
DSC04481_convert_20130902042647.jpg



金指から20分程で着いて遠鉄電車に乗り換えます。
が当初の予定より1時間遅れでの到着となってしまいました。
赤電の愛称で親しまれてる列車ですが1000系が来ました。
DSC04494_convert_20130902041532.jpg



南下して30分程で新浜松に着きましたが
中心街に近づくにつれて乗客は増えていき
乗車率はけっこう高かったです。
浜松駅は高架ホームですが隣のホームは列車が停留してました。
DSC04506_convert_20130902044617.jpg



当然ですが線路はここまでで車止めがつけられてます。
いつものように東海道線でまっすぐ浜松まで行けば30分程で着くのですが
今回はあえていつもと違う行き方でのんびりと移動するのもありかなと。
DSC04501_convert_20130902042847.jpg



改札は有人のラッチが設置されてます。
簡易のICカード用の改札もありますがこの時代で
この光景を見られるのはいつまでなのでしょうか。
DSC04508_convert_20130902042906.jpg



改札を出たので恒例の早速駅前を散策することにしました。


つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 遠州鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 浜松 遠鉄 新東名高速

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

金指駅 駅の撮影続編

 【24//2013】

金指駅に到着し停車中に撮影してたのはよかったのですが
前回のお話の通り荷物を列車の中に置いてしまい俺は外にいる状況の中
列車が行ってしまい駅員の方に話し該当列車に連絡してもらい列車交換のある
天竜二俣駅で掛川駅から来る列車に荷物を持ってきてもらうことにして
その間撮影を続けることにしました。
10年ちょっと鉄旅をしててこのハプニングは初めてです。




前回と似たような感じですがホームは島式で
隣のホームはかつて使われていたであろう線路がもう1本あります。
屋根とベンチの所は当時のがつかわれてるのでしょうか。
DSC04472_convert_20130817033611.jpg




ここも合併され浜松市になりましたが同じ北区でも中心街から
距離のある田舎の政令都市といった感じが見受けられます。
DSC04470_convert_20130817033812.jpg



改札を出て駅舎を撮りましたがここから見ると
駅舎自体は瓦を見ても素晴らしい建物ですが
すぐ隣に天竜浜名湖鉄道関係の事務所等が建てられ
微妙な位置から撮るしかなかったです。
DSC04475_convert_20130817033311.jpg



ホームからも撮りましたがここから見た方が
駅舎の雰囲気が伝わってくるんじゃないかと思います。
これが一つ前の写真と入口が逆だったら撮りがいのある
駅舎だと思ってしまいますね。
DSC04478_convert_20130817033537.jpg



駅出た所すぐに高架貯水槽がありかつて
開通した時に蒸気機関車が給水するために造られました。
よく見ると真ん中に鉄のパイプみたいなのが鉄管で基礎部には
揚水ポンプがつけられた跡が残ってます。
DSC04477_convert_20130817033505.jpg


撮影を終えても列車は10時15分まで来ないうえスーパーが近くても
無理して行っても乗れなくなる可能性もあり突然雨が降ってきたので
おとなしく駅舎内で待つことにしました。



つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 天竜浜名湖鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 浜松市 政令指定都市 駅舎 撮影

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

天浜線に乗った 撮影中にハプニング 新所原→三ケ日→金指

 【20//2013】

前回の記事で紹介した列車に充当した
8:08発の天竜二俣行きに乗って北上します。


知波田駅で掛川方面からの列車とすれ違います。
同じ地域を走る東海道線と比べると紀勢線や高山線で見るような雰囲気ですね。
ここから浜名湖畔に向かいます。
DSC04448_convert_20130817023311.jpg



浜名湖畔を眺めながら北上し新所原から20分程で三ヶ日駅に着きました。
新所原方面の島式ホーム隣にはマンションと福祉施設が建ってて
降りたホームも含め現在走ってる車両に合わせ嵩上げされてます。
DSC04453_convert_20130817023433.jpg




駅舎は国の登録有形文化財に指定されてます。
これから訪問する駅には指定されてる所に紹介が書かれてます。
木造平屋の建物にはカフェが併設されてますが訪問した時は営業前でした。
駅舎内も所々に木の良い味を出した床とホームの屋根と
一度は訪問してもらいたい雰囲気の建物です。
DSC04459_convert_20130817023402.jpg



30分後にさっき知波田駅ですれ違った列車がやって来て
これから東に向かいます。
DSC04461_convert_20130817023646.jpg



三ヶ日を出てからも浜名湖畔を通過しながら
店舗やみかんの形をしたトイレのある駅を通り
東名高速と交差する浜名湖佐久米駅に到着。
冬場には渡り鳥のゆりかもめ達がやってくることで
有名な駅でありますがここで下車せず更に東へ。
DSC04465_convert_20130817023549.jpg




20分後金指駅に到着。ここで4分ほど停車がありチャンスと見て
駅で撮影開始しホームも昔の雰囲気を残してます。
DSC04468_convert_20130817023920.jpg



駅で撮影してたのはよかったんですが
ここで予想外のアクシデントが起きなんと荷物を列車に置いたまま降りて
改札前に居たら突然列車が発車してしまい1時間後の列車まで待つことに
なってしまいました(叫)



つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 天竜浜名湖鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 浜松 三ヶ日 天浜線 浜名湖 駅舎

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

天浜線に乗った 新所原駅続編

 【17//2013】

新所原の続きです。

ここからがこの日の目的である天竜浜名湖線に乗ります。
早速改札でフリーきっぷを買いましたがどっちにしろ浜松に行くのは
決めていたので天浜線西側と遠鉄フリーきっぷにしました。



天浜線駅舎は縦長木製の2階建てでJRの駅と比べると
コンパクトな感じがしますが木の味が出てる駅だと思いました。
DSC04438_convert_20130814015609.jpg




駅入ってすぐの所に鰻屋さんがありまして
朝早くでしたので営業前でしたが営業してる時は
炭火で焼いてる時の香ばしい匂いが食欲をそそります。
これから行く浜名湖方面はうなぎの名産地でもありまして
この辺りの大きな駅のお土産屋にはうなぎパイもありますからね。
DSC04439_convert_20130814015630.jpg




ホームから見ても東海道線と天浜線が分かれ
遠回りしながら掛川で合流しますが今回は西側半分を
乗りつぶしますが屋根の支柱も木を使っててローカル線の
顔としての部分が出てます。
DSC04442_convert_20130814020021.jpg



ここからのお相手となるのがTH9200系で
天浜線の車両は3系式ありますが一番最初にレアな編成に出会いました。
DSC04444_convert_20130814015659.jpg




車内はローカル線でありながら普段見てる転換クロスシート車で
元々イベント用として導入されてますがいきなりいいのを引いた感があります。
DSC04445_convert_20130814015720.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村





Category: 天竜浜名湖鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 天浜線 湖西市 駅舎

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る