2014 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

山陰海岸・鳥取ローカル線を巡る旅 北近畿の特急に乗車

 【31//2014】

6月14日

大変長らくおまたせしました。
6月の真ん中頃上半期締めの旅をしました。
この時期も多忙を極めながら運良く連休がとれたのでそのまま
遂行しました。いつものように朝5時半に出て名古屋で新幹線に乗り
京都にやってきました。


京都駅は週末の朝もたくさんの人で賑わってましたが
アーバンネットワークから新幹線、近鉄といろんな路線が乗り入れてるから
人の波が止まりませんね。
DSC06570_convert_20140710014738.jpg



さて今回は2011年9月に行って以来大よそ3年ぶりに
山陰本線に乗車するため山陰線ホームにやってきました。
京都から日本海側を横断し下関市にある幡生まで結んでる
677キロと現在営業キロが長い路線です。
その中約3割の230キロ先の鳥取まで途中下車しながら向かいます。
DSC06573_convert_20140710014804.jpg


そのホームには221系リニューアルコンビが仲良く停車してました。
嵯峨野線もかつては113系国鉄電車がいっぱいでしたが
2010年に京都~園部まで全面複線化に合わせ221系が網干等
から移籍してきました。221系もここに来る時代になったのかと
しみじみ思いながら列車を待ってました。
DSC06583_convert_20140710014836.jpg



今回も京都から287系きのさき1号に乗って途中の福知山まで向かいます。
DSC06584_convert_20140710014925.jpg



当初の計画では普通車で行く予定でしたが
諸事情でグリーン車に乗ることに相成りました。
1号車は半室のグリーン車と普通車の2段階レイアウトであります。
このタイプは元485系を直流のみに改造した183系の流れを
継承しています。
車内は半室にしたサンダーバードのグリーン車といった感じですね。
DSC06587_convert_20140710015022.jpg



8:36京都をでて10分経たないうちに保津峡の渓谷と
いくつかのトンネルを横断します。
6月の梅雨の時期とは思えない青空と川と森の緑がきれいに映っています。
DSC06593_convert_20140710015001.jpg


亀岡・園部に停まり単線区間に入ります。
園部までは京都市近郊路線の雰囲気が強く遅くなりながら
221系が入りさらに強くなった印象です。
園部を出ると単線に入り丹波地区の山間を駆け抜けていきます。
途中鉄橋を通過するとこんな風景に出合います。
確かここは鉄道撮影名所としても有名でしたね。
DSC06599_convert_20140710015116.jpg


始発の際に遅れが出てましたが綾部には定刻で着きました。
綾部では東に25キロの舞鶴行きも一緒でしたが切り離されて
福知山と舞鶴と北近畿の都市に向かい俺は福知山までやってきました。
ここで大阪から福知山線から来たと特急に乗り換えます。
この春のダイヤ改正できのさき1号はこうのとり1号に接続する
時間に代わり便利になりました。
きのさきの乗客もここで乗り換えます。
DSC06607_convert_20140710015223.jpg


福知山から乗る特急こうのとり(旧北近畿)に乗車しここまで来た
287系きのさき(福知山止まりやから違和感ある・笑)と
お別れしさらに北へ向かいます。
DSC06609_convert_20140710015417.jpg


ここでもグリーン車に乗ることになりましたが
実はこうのとりの普通車指定券が満席だったために
今回両方ともグリーン車を選ぶことになったんですが城崎温泉までは
1時間あり混雑した自由席で座れず立たされるぐらいなら
金かかってでも快適な方を選びました(笑)
実際の座り心地は381系の方が勝ってるかなと思い381系の
座面がソファーみたいで心地よく足回りが広い席を選べたのが
ラッキーでした。その点287系は最新型だからというのも
ありますが硬めのシートでしたが携帯を充電できるコンセントも
あり充電しながら移動できるという両方にメリットがあるのかなと思いました。
287系は普通車でも充分居住性はいいので普通車でもよかったかなと・・。
DSC06611_convert_20140710015448.jpg


福知山からなどかな風景を見ながら旧和田山機関区の
煉瓦造りの車庫が見えて来て和田山駅に着きます。
ここでたくさんの乗客が乗り換えましたが播但線の竹田駅には
天空の城で有名な竹田城跡のアクセス地でこの日も臨時列車が
設定されてたくさんの人が見物に向かってたのです。
DSC06618_convert_20140710015557.jpg



八鹿・江原と停車し兵庫県但馬地区の主要駅である
豊岡までやってきました。2001年9月に訪問した時は駅前が
整備中でありましたが今回はここでは降りず次に向かいます。
DSC06624_convert_20140710015731.jpg


豊岡を出ると再び円山川沿いを走りながら終点城崎温泉に向かいますが
途中玄武洞がみえてきました。
そして現在の列車の名でもあるこうのとりもこの地域で生息してて
たくさん飛んでると良いのですが・・・。
DSC06629_convert_20140710020212.jpg


京都から2時間半程11時前に城崎温泉駅に着きました。
こうのとり1号は元日根野の381系国鉄色の車両4両編成でした。
今回も長いレポートになりますが続きを楽しみにして下さい。
DSC06642_convert_20140710020353.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陰本線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

片山津のリゾートホテルアローレ

 【30//2014】

加賀温泉駅から日帰り入浴の為片山津にあるリゾートホテルに
向かいます。


今回行く所の為に事前に送迎バスを予約し14時半頃出発しました。
DSC06537_convert_20140709235944.jpg


移動すること10分くらいで柴山潟が見えてきました。
この時間はあいにくの曇り空でしたが白山連邦が眺めれます。
冬の時期で晴れた日には澄んだ空に雪をまとった山々が見れます。
DSC06540_convert_20140709235707.jpg


そのリゾートホテルはアローレという所で高台のような
所にあります。
平日の昼間で人気はありません。
がこれからチェックインの準備がなされてるか俺と同じく日帰りで
利用してる人がいる位でした。
DSC06543_convert_20140709235726.jpg



入口から中に入ると九谷焼のギャラリーがあります。
皿のデザインを見ても焼いた後か詳しくはわかりませんが
加賀地方の芸術の逸品を見てるようでした。
DSC06541_convert_20140709235834.jpg



ホテル内の一角には池がありここからゆっくりと
時間を過ごすのよさそうです。
DSC06545_convert_20140709235746.jpg


さぁここでのんびりとひとっ風呂浴びて行きました。
暖簾には加賀温泉と書いてありますがこの辺りは
片山津という名称になりますね。
山の方に行けば山代、後は北陸本線の駅にもある粟津の
総称が加賀温泉だそうです。
ここで日帰りだけでも500円ちょっとで入れてタオルもついてくるので
とてもありがたく手ぶらで来ても大丈夫です。
DSC06544_convert_20140709235805.jpg



アローレでのんびりし来るときに乗った送迎バスで
加賀温泉駅に戻ってきました。
後は帰るのみですが夕方7時前に暗くなるので夕暮れの
青紫色の空とオレンジとピンクに近い夕焼けきれいな風景に出合いました。
DSC06546_convert_20140710000058.jpg



米原までしらさぎを使いましたが疲れも心地よいのですが
短い区間だけはたまた新幹線の力を借りてしましました(笑)
ここで乗ったN700Aがデカアドバンスロゴの編成に初めて当たりました。
いわゆる「オリジナル・アドバンス」編成ですね。
車内はいたって普通なシートでしたが(苦笑)
幾分水色の面積が多い車両やったと思います。
DSC06553_convert_20140710000204.jpg


久々に平日の日帰りミニ旅をしましたが大きな旅もいいですが
たまにはその日のうちに帰ってこれる旅もここでお送りできる時は
可能な限りお伝えしたいと思います。

次回は6月の旅の模様をお送りします。
おたのしみに。


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 金沢・石川

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 石川県 加賀市 加賀温泉 片山津温泉 柴山潟

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

北陸本線 加賀温泉駅

 【29//2014】

福井駅を13:17発サンダバードに乗って加賀温泉駅にやって来ました。



2面4線のホームで地下道を通り改札と繋がっています。
跨線橋の無い駅なのですっきりと見えますね。
DSC06523_convert_20140709222754.jpg


数年前に来たときは石川県加賀市が入った駅名表でしたが
今回来たら近年流行りのLED照明型に更新されてました。
よく見ると英語表記のフォントが見慣れないものに変わってます。
DSC06529_convert_20140709222834.jpg



白山連邦からの強風対策かわかりませんが
北陸本線名物?アクリル板の透明なけ風除けも健在です。
その向こうには観光バスや駐車場もあり観光地にやってきたなと
いうのを感じました。
DSC06525_convert_20140709230430.jpg



青いシャッターが閉じられた状態ですが倉庫として
使われていたのでしょうか?
DSC06522_convert_20140709230457.jpg




福井方面から来た従来式の521系ですが
なんとこの編成にも例の先頭車体間幌がついてました(驚)
この列車は4両編成でしたが車体間についてるのと
そうでない編成の混合編成でした。
写真撮り忘れましたがとりあえず当面混合編成も見れるのでしょう。
DSC06534_convert_20140709230639.jpg



駅舎は中にあり追加で付けられた感満点の入口は加賀温泉郷の
アクセス駅としての役割を果たしてます。
DSC06535_convert_20140709230934.jpg



4番のりば側には側線と何かの跡地のように見えます。
その先には駅弁の事務所があります。
この後行く場所の送迎やってる人に教えてもらいましたが
ここは元々作見駅で大聖寺駅と動橋駅特急電車の停車争奪戦が
行われてましたが国鉄側がおめぇらの事情なんか知ったこっちゃないと
いわんばかりにここを特急駅にしたのです。
ネットの写真を見ても動橋駅の衰退振りは酷く現在は無人駅となってしまい
悲惨な状況を目の当たりにしに行く日も遠くはないようです。
DSC06527_convert_20140709230536.jpg


加賀温泉駅に来る度に目にするのがこの大仏さんです。
バブル期に造られたのですが崩壊になって旅館も廃業となり別の者が
引き取り経営するも芳しくなくまた廃墟となり現在は大仏さんのみが
見れる状態と聞いたことはあります。
ある意味加賀温泉駅の名所?といっていいかもしれませんね。
↑なんでやねん(笑)
DSC06528_convert_20140709230605.jpg


つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 日本海縦貫線 北陸本線 石川県

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

521系最新J編成で福井へ

 【27//2014】

こんにちは。
本来であれば土曜日ぐらいに更新の予定でしたが
金曜から多忙で未明帰宅後体調が良くなく無理すると悪化する
可能性があったので大事をとって休息をとり
おかげさまで当日中には良くなりました。



武生駅から次は昼ごはんも兼ねて福井駅に向かいます。


普通列車金沢行きは521系ですがなんと今年登場した
最新型のJ編成がやってきました。
ネットや雑誌等で見ても顔がごつくなったんですが・・・。
DSC06496_convert_20140707032723.jpg


車内も従来の編成のレイアウトに加え225系に準じた
配色のシートに変わりました。
となると今後以前に増備された編成も同じようになるんでしょうか・・・。
DSC06503_convert_20140707032740.jpg


車内の案内表は従来ものと一緒でしたが
駅のマップはすべて北陸線のままですが来年春になったら
3セク線3会社に分裂してしまうんでこれが見れるのは
わずかになりはじめました。
DSC06502_convert_20140707032756.jpg



先頭側上にはワンマン列車用の運賃表が搭載されてますが
従来型ではなく最新の液晶タイプのものに変わってます。
となると来年以降分離される区間は時間帯を区切ってワンマン運転実施になる
可能性が高くなってきましたが・・・どうなることか。
DSC06497_convert_20140707033241.jpg



越前花堂駅を通過すると南福井の車庫を通過し
521系がいっぱい止まってました。
やはりあのカバーはついてるみたいですね(笑)
DSC06506_convert_20140707033327.jpg



今回増備された編成の最大の?特徴は先頭部分に
取り付けてある車体間幌ですね。
6月に発表された広島地区への30年ぶりに導入される
227系でも同じように取り付けられます。
安全重視の方針をがっちり固めていくことになっていきそうで
デザインは悪くないですがとりあえずつけましたみたいな感じは
到底否めませんね(苦笑)
DSC06509_convert_20140707033350.jpg



武生から乗ってきた列車はここで別れて改札を出ます
しかーし先頭部分の幌実質初登場とはいえもうちょっとかっこよく
できなかったかなと思いますが・・・(苦笑)
DSC06511_convert_20140707033405.jpg



去年6月以来約1年ぶりに福井駅前にやってきました。
風情あったアーケードが解体工事が行われてましたが
きれいになってこれから再開発を進めていくものと思われます。
DSC06512_convert_20140707033947.jpg



そのお昼はステーキランチをおいしくいただきました。
一応ナイフでカットするとミディアム位に焼いて出され
小さな円形の鉄板みたいなもので赤身の部分を当てて
自分のすきな焼き加減に出来るのもありがたいですね。
DSC06517_convert_20140707034120.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 日本海縦貫線 北陸本線 521系

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

福井鉄道 北府駅

 【24//2014】

JR武生駅から歩いて3分ほどに福井鉄道越前武生駅に向かいました。


元々は武生新という駅でしたが2010年頃現在の駅名に改称されました。
バス乗場・ロータリー含めJR武生駅に比べるとコンパクトにまとまってるなと言うのが
ここに来て率直に思いました。
DSC06466_convert_20140707015333.jpg



こちらは名鉄岐阜市内線で活躍した車両を
鮮やかなピンクの広告色にまとった車両で隣の北府(きたご)駅に向かいます。
DSC06472_convert_20140707015356.jpg



お隣の北府駅で着きました。
相対式のホームで扇型にカーブしています。
DSC06475_convert_20140707015849.jpg


構内には車庫がありリバイバル列車かわかりませんが
列車が次の運行に向けて準備をしてました。
DSC06477_convert_20140707015916.jpg



1924年に出来た古い木造駅舎ですが一昨年改装され
ネットなどで見ましたが駅前もきれいに整備されたみたいですね。
ここは福井鉄道本社があり福鉄の中枢といわれてる所であります。
DSC06481_convert_20140707020401.jpg



駅車内に入りましていわずと知れた某CMでよく出る
犬の写真がまつられてます。
窓口であった所には改装される前の駅舎の写真が展示されてました。
枯れ具合といい素敵な感じがしこの時に来てみたかったです(泣)
DSC06482_convert_20140707020431.jpg


駅舎の中には無料で見れる福井鉄道の資料館があります。
創設から今日までの歩みがここで見ることが出来
懐かしの鉄道部品もここで見ることが出来ます。
DSC06483_convert_20140707020522.jpg



行き先のサボもレトロな雰囲気満点の感があります。
現在の最新型列車はフルカラーLEDの車両がいっぱいで
これを先頭車につけて走って駅で折り返しの時は乗務員の人が
行き先表を裏返しにしてるのをよく見ました。
DSC06489_convert_20140707020711.jpg



越前武生に戻ってからは北府駅で撮影中に見た200系の
福鉄色が止まってました。
1960年と1962年と2回にわたり造られました。
3編成のうちの1本は登場時のカラーを纏ってます。
DSC06493_convert_20140707020808.jpg


ちょうど3車がホームをうめ真ん中に元岐阜市内線を挟み
今の福鉄色と登場時の福鉄色の競演を果たしました。
北府駅とここに本当来てよかったなと思いました。
機会があればここから福井駅前まで福鉄電車だけで旅して
みたいと思います。
DSC06495_convert_20140707020840.jpg


平和堂で飲み物を調達をし武生駅に戻りました。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 福井県 福井鉄道

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。