2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

札幌市電 西四丁目~すすきの

 【28//2015】

前回のつづき。

札幌の地下鉄で豊平・南区の区間を乗り(と言っても南北線乗っただけ・・)
再びすすきのに戻り次は市電に乗ります。


前回の最後の写真の三越の辺りですので
西4丁目停留所から市電の旅が始まります。
DSC00855_convert_20150205020338.jpg


市電路線図には中心街のすすきのからぐるっと回り
俺が今いる西4丁目まで行きます。
DSC00856_convert_20150205021317.jpg



さぁ電車に乗って吊り掛けモーターの音を響かせながら
市内を市電で行きます。
三が日の中日で元旦はゆっくり家で休んでた人も
停留所で何人か待ってました。
DSC00862_convert_20150205021927.jpg


天気も晴れ渡り途中太陽を浴びる区間もあります。
天気の変化が激しい道内の中俺は好天の日に北海道の
電車旅出来てよかったと思いました。
この日も本州は荒れ模様の天候だったと言うのを聞いてます。
DSC00861_convert_20150205021901.jpg


電車事業所前停留所で下車しました。
ここでは西四丁目から乗った運転手の交代が行われます。
DSC00867_convert_20150205023400.jpg


交差点の一角には引き込み線のような線路がありました。
DSC00870_convert_20150205023418.jpg


停留所のとおり車庫がありいくつかの車両が
ここで停泊してました。
ここは市電の運行上の拠点でさっきの乗務員交代も行われ
運用のない車両はここで次に向けお休みしてます。
DSC00872_convert_20150205023438.jpg


数分後再び列車に乗り終点へ。
DSC00874_convert_20150205023459.jpg


車両の運転席上側の方を見ると幕の行き先の数や
車両製造などが載ってる紙を見ることが出来ます。
この車両は1959年に製造された車両です。
車両番号が「222」と地味ながらぞろ目編成に当たったという
乗ってた時は意識してませんでしたが・・。
数少ないぞろ目編成の一つに当たるという現象でした。
DSC00876_convert_20150205023800.jpg


一気に行きますが中島公園近くから再びビルが
並んでる所に戻るとすすきのは目の前でこの停留所に
着いた時は12時半頃と短い時間でしたが市電の旅を
楽しむことが出来たのが収穫でした。
列車は折り返し藻岩山の近辺を通り最初いた所に戻ります。
DSC00881_convert_20150205024407.jpg


街歩きのついでに再び最初に乗った停留所には
なんと俺が見たかった最新車の「ポラリス」が停車してました。
本当はこれに乗って回りたかったですが次の楽しみにとっときます。
DSC00882_convert_20150205024438.jpg



中心どおりの一角に札幌市電ループ化の看板がありました。
当初は今年春でしたが入札の不調で10月以降の持越しとなります。
工期の遅れも理由の一つですが厳冬期の品質管理が難しいと
言われこれも冬の北海道ならではの事情と言われています。
兎にも角にも安全に気を使い完成させてもらいたいですね。
DSC00851_convert_20150205024457.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 札幌市交通局

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 札幌市交通局 路面電車

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

雪深い高台公園と藻岩山

 【26//2015】

前回のつづき。


札幌中心街から真駒内を経て南平岸にやってきました。


駅を出て目の前にある大通りも雪がたくさん残ってました。
本州の年に1・2回降るか降らないかの所に住んでる俺にとって
別世界に来たような感覚でした。
DSC00840_convert_20150205010248.jpg



ここも雲一つない好天に恵まれましたが
坂道を上がっていくのですが積もった雪で歩くスペースが
狭くなって苦労しました(笑)
北海道はどこ行ってもこの時期は雪がつきもんですが
それを考えると苫小牧の雪がなかったのがある意味奇跡
だったかもしれませんね。
DSC00841_convert_20150205010303.jpg


交差点にあるものを見ると北陸地方でよく見る
雪吊りが遥か離れた北海道で目にするなんてびっくりしました。
ちゃっかり本州の雪が降る地域だけかと思いましたが・・・。
DSC00842_convert_20150205011154.jpg


坂道を上ると見覚えのあるonちゃんが出迎えてくれました。ということは・・。
DSC00843_convert_20150205011212.jpg


そうです(爆笑)
案の定来てしまった御存知水曜どうでしょうの聖地である
高台公園であります。冬場の園内は雪深く歩くのも苦労しました(泣)
DSC00846_convert_20150205011702.jpg


別アングルのマンションと木々も未明に降った雪が
積もってるようでした。
少なからず親子連れの人がソリをもってこの雪を登って
遊んでる所を見かけましたがリアルタイムの前枠・後枠でも
見たことあります。じっさいてっぺんまで登って綺麗な藻岩山を
眺めようかと思いましたが雪に足元すくわれ続けたので断念しました(泣)
DSC00845_convert_20150205011732.jpg


HTBの玄関口は当然と言ってしまえばそこまでですが
シャッターが閉まってました。
ローカル番組でありながら全国にたくさんのファンを持つ番組って
なかなかありませんが俺もファンの一人として3回目の巡礼しました。
「おめぇまた行ったんかぃ!」と言われても仕方ありませんが・・(爆)
札幌来たらここは外せないスポット(個人的に)であることを
確かめることが出来ました。
DSC00848_convert_20150205011749.jpg


頂上は諦めましたが交差点の所から南平岸駅の
高架橋とマンションと藻岩山の3ショットが撮れました。
年が明けて天気の良い日と雪がいっぱい降ったりと
今年の北海道は交互に起きてるという話はネットで聞きました。
DSC00850_convert_20150205012036.jpg


巡礼後大通地下街にあるHTBショップで水曜どうでしょうグッズを
購入しました。前回来た時に比べステッカー類がリニューアルされ
欲しかったのが一部なかったのが残念でしたがこれ以外に
一生どうでしょうしますののぼりやどうでしょう本も買いました。
トランプの絵は大泉さんが描きババならぬバ●の絵は案の定
バカ笑いしてしまうくらいでした。
DSC01156_convert_20150205012100.jpg



南平岸から再びすすきのに戻り中心街の一角にやってきました。
ここも突き抜けるような青空で近くにある市電停留所に向かいます。
DSC00852_convert_20150205013448.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 水曜どうでしょう

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 札幌市 豊平区 HTB 水曜どうでしょう

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

地下鉄南北線 札幌~真駒内

 【24//2015】

2015年1月2日


この日は道内滞在最終日で札幌にいるので道内乗り鉄より
市内の地下鉄や街歩きに時間を使いました。



朝8時半にチェックアウトし朝のすすきのの街は
案の定雪が積もってました。
実の所は寝る前に外の様子見たらかなりの雪が降ってたのを
この目で確かめました。
DSC00814_convert_20150129052942.jpg


一度札幌駅に戻り一部の荷物をコインロッカーに
預け札幌の地下鉄乗り鉄をする為改札に戻ってきました。
前日に市電も乗り放題できる切符を券売機で買ったので
すすきのから開始してますが大ターミナルということで
ここから始めたいと思います。
DSC00816_convert_20150129044201.jpg


ホームの様子。
終日人が絶えない駅ですが列車が入線する前と
三が日二日目の朝方だったのでまばらでした。
DSC00818_convert_20150129044226.jpg



年末年始はダイヤが変わるという張り紙も貼ってました。
大晦日から元旦にかけて初詣に出かけられた方もいらっしゃったでしょう。
DSC00819_convert_20150129051025.jpg



このホームに真駒内行きがやってきました。
ホームドアにピントがあってしまい肝心の列車ボケて見えます。
設定ミスかわかりませんが哀れな画に・・・(泣)
DSC00823_convert_20150129051054.jpg


列車は南に進路をとりこの後訪問の南平岸の直前で
高架線に入りますが札幌の冬の地下鉄輸送を支えてる一つに
ドーム型シェルターがあげられます。
暗くならず風景を楽しんでもらうために窓がついてますね。
ここから藻岩山を眺めれるのもポイントであります。
DSC00826_convert_20150129051124.jpg



島式ホームが多い中自衛隊前駅は相対式のホームです。
DSC00828_convert_20150129051356.jpg


出た直後シェルターが窓越しから見れますが
これは地下鉄南北線の車両基地があるからです。
前日からこの日の未明に降られた雪が屋根に残ってました。
DSC00829_convert_20150129051157.jpg



列車は終点の真駒内駅に着きました。
DSC00832_convert_20150129051251.jpg


前回南北線に乗った時にはなかったホームドアが設置されてました。
東西線の架線が貼ってなく名古屋で言う東山線・名城線同様
第三軌条式で電気を流してるため転落したりすると非常に危険なので
安全のことを考えると設置して正解だと思います。
DSC00833_convert_20150129051331.jpg


駅の外を出るともっと雪が深いように見えました。
こちらは確か南区でしたが山か谷が近く
もう少し先の方に行くと札幌の奥座敷と言われる
定山渓温泉がありますね。あっちはさらに深いでしょう。
DSC00836_convert_20150129051415.jpg


真駒内といえば札幌オリンピックの会場にもなったことで
知られてますがこの直後列車に乗って南平岸で降りました。
DSC00838_convert_20150129051439.jpg


訪問した時はホーム・改札ともに改良工事の真っ最中でした。
次行くときはどのように生まれ変わってるか楽しみであります。
DSC00839_convert_20150129051451.jpg


ここまで来ると勘のいい方はもうおわかりかもしれませんね。
つづきは次回にて・・・。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 札幌市交通局

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 北海道 札幌市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

すすきの新ラーメン横丁 もぐらのみそラーメン

 【22//2015】

釧路からスーパーおおぞらで4時間長い移動し札幌に着き
地下鉄ですすきのにやってきました。


駅から続くきれいなイルミネーションはここの
中央分離帯にある街路樹にきれいなホワイトライトを
彩ってました。それにしてもここから札幌駅の駅ビルが
見えるのが不思議でしかたありません。
DSC00804_convert_20150129022131.jpg


札幌といえばラーメンですね。さっそく横丁に来ました。
根室でやってる店がないというのは前回お話ししまして
あそこで「エスカロップ」の一個も賞味出来ずに来ました(泣)
もちろん釧路で朝ごはん食べてる時もある程度覚悟してたつもりでしたが・・。
DSC00806_convert_20150129022238.jpg



やって来たのは入ってすぐの「もぐら」さんです。
入口にはテレビ番組に出ましたよというアピールが・・(笑)
それだけ有名な証拠ですね。
DSC00807_convert_20150129022407.jpg



ここで食べたのはみそチャーシューメンです。
どんぶり一面にのってるので麺が見えません(笑)
腹ペコさんだった俺は大盛りにしましたが普通の店で言う
100円増しが無く希望者サービスだったのでありがたかったです。
今度来た時はこれより量の多い「もぐら特製ラーメン」を
食しに行きたいですが他にも名店があるから悩みますね・・。
DSC00809_convert_20150129022329.jpg


前回は元祖に行きましたがこちらも風情ある通りで
1976年に出来た横丁で中は殆ど撮れませんでしたが
俺が行った店にはあのX-JAPANのメンバーも食べサインもありました。
前回行った来々軒も同じようにポスターもあったので
この界隈はたくさんの人に愛されてるお店が多いのかなと感じました。
DSC00810_convert_20150129022313.jpg



すすきのも雪が残っててたくさん積もったのを
ショベルカーで除去しこのようにしてます。
中心街にあるちょっとした山のように見えました。
DSC00805_convert_20150129022150.jpg


新しい年を迎えた初めの日の夜もすすきの
たくさんの人が歩いてました。
前夜の釧路中心街の静けさが本当にバカバカしく
思えるほどの活気でした。
釧路から花咲線に乗ってまさか根室の地を踏むなんて
俺でも予測できませんでした。ニッカの看板が今年もよろしくと言い
翌日も楽しめよと笑顔で言ってくれてるように感じました。
DSC00812_convert_20150129022219.jpg



2015年元旦にして濃厚で長ーい1日を終えこの日泊まるホテルへ向かいました。

4日目につづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: ラーメン

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 北海道 札幌 すすきの イルミネーション

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

道東果ての根室から一気に札幌へ

 【20//2015】

前回のつづき。

根室駅の外を出たのはよかったんですが歩いてても
食べる所はほとんどお休みでとりあえずコンビニで調達できるものだけ
買って次の釧路行きが11:45発なので急いで駅に戻りました。


ここに着いた時後ろの車止めで停泊してた編成でした。
撮った写真の撮影時間を見ると余裕で着いたみたいですが
これを逃すと次は13:22と1時間半以上待たなければいけません。
DSC00730_convert_20150129003421.jpg



お隣は最東端の東根室駅があります。
駅名標が背高に見えるのですがよく見ると
ホームの外に付けられてるみたいです。
1面のホームのシンプルな構造でここに来るのは
またの機会にとっておいたのを覚えてます。
DSC00735_convert_20150129003608.jpg


来るときは雲の隙間からお日様が見えてましたが
悲しいかな・・・雪がちらついてるように見え食べたいものがあっても
どこもやってない元旦ならではの風景をこの地で見てしまったのです。
DSC00738_convert_20150129003648.jpg


この間に標津線の分岐だった厚床駅で4分停車があり
軽く撮影しようかと考えてましたが来る時にガンガン撮りまくったのと
札幌までの長い移動が待ってるのですこしでも休んでおきたいために
爆睡して気が付いたら釧路川の近くで目覚めて駅に戻ってきました(アホ・笑)
戻ったのが14:20過ぎでしたが次に乗る列車まで約2時間ありますが
商業施設もやってなくとりあえず改札出て時間を消化することにしましたが
元旦はどこもやってないのが殆どで諦めつきました。
DSC00743_convert_20150129003732.jpg


とりあえず待合室で時間を潰しましたが・・・(苦笑)
次乗るのは文字通り特急で札幌まで一気のこれです。
DSC00751_convert_20150129003816.jpg



とはいえ道東をこのまま出ても面白くないので
撮れそうなだけ列車や駅の風景を悔いなく次訪問する日が
実現するまでの楽しみにと思い撮影しました。
花咲線と釧網線のキハ54同士の2ショット。
DSC00758_convert_20150129003847.jpg



釧網本線の行き先表はキハ40と同じくサボが健在です。
花咲線は幕式タイプですがこうして残ってるのもいいですね。
DSC00759_convert_20150129003905.jpg



16時ちょうどに根室本線からきたスーパーおおぞらです。
基本的に1番のりばから発着となりますがこの列車はこのまま折り返し
札幌へ行く列車です。
単行の普通列車が行き交う中この列車が来ると一瞬華やかになる
瞬間が訪れたように見えますね。
DSC00765_convert_20150129004023.jpg


4時間の大移動が待ってたのでフリー切符買った時に
何かあった時は取り返しのつかないことになるので
指定席をとりました。
南千歳から来るとき席指定とらなかったので空いてても座れず
指くわえて見てたのが懐かしいくらいですが・・・(苦笑)
DSC00773_convert_20150129004102.jpg


時間は夕方4時を迎える直前なのに西の空は
オレンジ色の夕焼けの表情が写ります。
道東の冬は好天に恵まれる反面暗くなるのが早いから
ちょっぴり残念ですね。
ただ6月の夏至頃は朝4時前には朝を迎えるので
ちょうどその月に乗ったはまなすで一度目覚めたとき
確か夜明けだったのを記憶してます。
DSC00760_convert_20150129003952.jpg



列車は釧路市内を出て道東とお別れし明るい時間帯であれば
前日疲れが溜まって寝たことで見れなかった太平洋・湿原と変化の多い
根室本線の風景が見れましたが真っ暗になり白糠・池田に停まります。
池田駅は2006年4月に残念ながら廃止となった
ちほく鉄道ふるさと銀河線が接続してた駅です。
個人的には一度でも乗ってみたかった路線でしたが叶わずに終わりました(泣)
沿線には日本一寒い町といわれる陸別町も通る路線で
「しばれフェスティバル」が毎年2月に行われてることで有名ですね。
http://www10.ocn.ne.jp/~shibare/
DSC00779_convert_20150129004131.jpg


釧路出て1時間半前日昼の一瞬を過ごした帯広停車。
ここでかなりの人が乗ります。
のんびり座れたのもここまでかと思ったら俺の隣席はそのまま。
幸運かわかりませんが神が前日南千歳から新得とここ来るのに
苦労してたのを知ってたのかはわかりませんが札幌まで
ゆっくり休みながら来ればいいよと言ってくれた様に思えました。
帯広の街歩きも次の来た時にゆっくり行きたいなと思います。
DSC00780_convert_20150129004205.jpg


暗闇の中狩勝・夕張を過ぎ石勝線を突破し南千歳まで戻り
731系が停まってるのを見ると都会の電車区間に戻った瞬間でした。
DSC00781_convert_20150129004742.jpg


4時間の移動でしたが対向列車行き違いの関係で10分程遅れて
遂に札幌到着。時間は夜8時20分過ぎてました。
DSC00783_convert_20150129004810.jpg



ホームで721系や785系を見てやっと帰ってきたなと感じました。
とはいえ根室からここまで480キロの大移動の果ての旅で本州内でも
これだけスケールのでかい移動ってなかなか出来ないからこれも
北海道ならではかもしれませんね。
DSC00798_convert_20150129005053.jpg


キハ283はここまで。回送列車となり手稲にある札幌運転所へ行きます。
DSC00785_convert_20150129004902.jpg



コンコースに降りると大都市・札幌なのというほどの
静かな時間が過ぎてるようでしたがよく考えると元旦で
みんな家でのんびりしてるみたいですが普段はたくさんの人で
賑ってますが始発時間の静けさとにてるようですね。
DSC00792_convert_20150129013705.jpg


といいたいですが・・・札幌駅コンコースの一角に
ストーブが設置されてたのにはびっくりでした。
大都市でも雪国万国共通の風景かもしれませんね。
DSC00793_convert_20150129004938.jpg



駅前広場に出るとそこにはホワイトイルミネーションのライトアップが
行われてました。根室でどこも店が閉まってて個人的に食べたかった
「エスカロップ」も食べれず滞在時間僅か1時間で見切りを付けざる追えなかった所から
釧路で仕方なく待合室で時間消化しやっと札幌まで戻った感があります。
ここなら「ご飯の心配は無用!」ということで地下鉄ですすきのに向かいました。
DSC00803_convert_20150129005129.jpg




つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR北海道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 道東 札幌市

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。