2015 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

信越本線 日本海眺めながら直江津駅へ

 【30//2015】

前回のつづき。


青海川駅の素晴らしい風景を見届け次の16:31発の直江津行きに乗ります。
115系新潟色はまだまだ健在ですが
今後E129系が増備されていくとこの風景とのお別れが近づいていくのです。
DSC04936_convert_20151015055334.jpg



鯨波からつづく日本海を眺めながらの風景が
ここ笠島駅もあり目の前に漁港が見え車も停まってて
みんな集まって海辺で楽しいひと時を楽しんでるようにこの場で見えました。
ただ建て替えられた駅舎と建設された時の土台のアンバランスさには
ちょっと違和感を感じますね・・・。
DSC04939_convert_20151015055504.jpg
DSC04938_convert_20151015055447.jpg


長岡・新潟方面のホームに海風用の防風柵がある米山駅は
こちらも負けず劣らずの海が眺めれる駅です。
なんか元北陸本線の市振駅と被ってしまいそうな雰囲気で降りたかったですが
迷った末諦めてこのまま列車に乗ってさらに西へ。
DSC04942_convert_20151015055523.jpg
DSC04944_convert_20151015055541.jpg


一番前の窓越しからこの道中は
国道8号線と並行しながら西へ向かっていきます。
この界隈も標高1000m近い米山があり「越後富士」の名で親しまれてます。
時間が夕方4時台後半でして日の入りはまだ早かったんですが
夕日を見ながらの風景やったら
もっと最高だったんじゃないかなと思いながら見てました。
北陸・新潟県西部もなかなか良い画の風景に再会できた喜びを
噛みしめながら向かいます。
DSC04948_convert_20151015055654.jpg
DSC04950_convert_20151015055740.jpg



北越運行時代からの特急停車駅柿崎駅は町の中心部なら
ピタッと決まるどことなく場違いなコンクリート打ちっぱなしの
建物があります。先代の駅舎は木造の日本海縦貫線の名優的風情が
あったのに変わってしまったのをある時ネットで見たときは残念でした。
DSC04951_convert_20151015055757.jpg


柿崎を過ぎると海沿いから少し離れ防風林の中を
駆け抜けますが上下浜のような小さな平屋の駅舎が続きます。
DSC04952_convert_20151015055823.jpg



この高架橋といえば3月13日まで特急はくたかが160キロ運転してた
ほくほく線と合流し犀潟駅に着きます。
俺もほくほく線には何度となくお世話になりました。
がこの駅に降り立ったのは今年1月が初めてで吹雪に遭いそこから先に
向かうのを諦めたのは記憶に新しいです。
新幹線開通後の現在の姿もいつか訪問してみたいですがいつのことか・・・。
DSC04958_convert_20151015055845.jpg
DSC04960_convert_20151015055912.jpg



貨物の側線が多数敷かれている黒井駅。
いままではほくほく線方面の列車はすべて通過してましたが
3月14日から1日1,2本停車することになりました。
この駅の通過する時必ずコンテナを見かけます。
DSC04961_convert_20151015055944.jpg


35分後の17:05直江津駅に着きました。
半年前の2月14日あの北陸本線ラストラン旅以来の訪問です。
ダイヤ改正から5か月思った以上に
早く再訪するなんて思ってもみませんでした。
DSC04968_convert_20151015060005.jpg


隣には高田・上越妙高方面に向かう妙高高原行きが停まってました。
この車両開業前は新潟近郊区にいた車両です。
信越本線の山線新潟県側は妙高はねうまラインにかわり
黒姫から長野がしなの鉄道・北しなの線となり妙高高原駅で
乗換必須の不便極まりないことになったのです。
JRだった頃は1本で行けたのが県を跨ぐ際にこうした面倒なことを
しなければならないので新幹線開通の陰で負の部分ですね。
DSC04970_convert_20151015060057.jpg



改札前には駅前のホテルが運営する駅弁屋さんの販売も
今まで通りやってました。
正直開業後は無くなって上越妙高のコンコース内だけになっちゃうんじゃないかと
心配してましたが残ってよかったです。
それにしても人の流れが大きく減ったのは残念です。
DSC04974_convert_20151015060117.jpg



外のどんよりした曇り空はいつもなら憂鬱な気持ちになりますが
この日は風もあって夏の暑さを和らげてくれる空でした。
本当はもっといたかったんですがタクシーでこの日泊まるホテルに移動し
2日目は終わりました。
DSC04976_convert_20151015060440.jpg



最終日へつづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 日本海縦貫線 信越本線 新潟県 ほくほく線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

信越本線 海に一番近い青海川駅

 【28//2015】

前回のつづき。


柏崎駅前周辺を軽く散策し次の場所に向かいます。
DSC04894_convert_20151008055536.jpg



15:25発の直江津行きは115系でしたが2両編成でした・・(驚)
取り急ぎ撮るだけとって急いで列車に乗りました。
DSC04899_convert_20151008055612.jpg


信越本線のこの区間に乗るのは久しぶりですが
鯨波駅は駅舎にクジラの絵が描かれてます。
DSC04901_convert_20151008055938.jpg


反対側のホームには海岸が見えるので
ここから柿崎まで日本海を眺めながら沿線の風景を楽しみながら
向かうことができる区間に入っていきます。
DSC04903_convert_20151008060046.jpg



出発直後にはたくさんの人がいて夏休み期間でしたので
ここで海水浴を楽しまれた人もいっぱいいらっしゃったでしょう。
鯨波駅は普段は無人駅ですがかつてこの時期に臨時で海水浴で
来た人たちの切符売り場窓口もあります。
DSC04905_convert_20151008060033.jpg


次にやってきたのは青海川であります。
2002年春学生時代に来て以来13年半近くぶりでした。
DSC04911_convert_20151008060127.jpg



ホームも跨線橋も久しぶりに来て
なんか違う駅に生まれ変わったなという感じがしました。
13年の長い月日を感じさせますがその間には大きな地震があり
ホームを移設したり短くしなければならなかったからであります。
DSC04913_convert_20151008060150.jpg



青海川に来たのでベタな定番ショットからいきましょう。
長岡・新潟方面は海にいちばん近いホームとして有名ですね。
訪問したことない人もこの画を見るとあの駅だと思う人も
いっぱいいるでしょうね。
DSC04912_convert_20151008060215.jpg



反対側は目の前に米山大橋が見えますが
前来た時この橋とホームってもう少し離れてたよなと
違和感を感じながら探訪してました。
ついでと言ってはなんですが・・・橋と駅名標・・・・。
工事中で画がいまいちすぎました(苦笑)
DSC04918_convert_20151008060357.jpg
DSC04930_convert_20151008060524.jpg



俺自身2回目の訪問ですが旧駅とホームは確かトンネル寄りに
あったのは記憶にあり駅ノートに書き込みしたのも覚えてますが
今はそのかけらも残ってません。
2007年7月16日に起きた新潟中越地震でこの崖が崩落し
ホーム・駅舎・架線が土砂に埋まる被害が起きました。
そのため復旧に時間がかかり9月に再開するも
駅舎は翌年3月まで待たなければなりませんでした。
DSC04914_convert_20151008061347.jpg
DSC04927_convert_20151008061401.jpg



旧駅舎は鉄筋平屋の建物でしたがスペースの関係で
縦長ですが上には黄色と青のステンドグラスが埋め込まれてるように見えます。
待合室の入口には海が目の前なので波の模様が描かれてますね。
ホーム側からみると青海川駅の位置図が載ってます。
震災があったとはいえ平屋の建物が解体されたのは残念ですが
こうして再訪出来たのは嬉しいことです。
DSC04921_convert_20151008061439.jpg
DSC04926_convert_20151008061423.jpg



駅舎前に戻ると「ようこそ柏崎」ののぼりが立ってました。
待合室入口にはテーブルが置かれ観光マップ表などが
並んでました。いったいこの無人駅でイベントでもあるのかなと思いましたが・・・。
DSC04934_convert_20151008061509.jpg
DSC04933_convert_20151008061529.jpg


実はこの日越乃Shu*Kuraの運転日で
駅前に車があるのはなんでやろうと思いました。
この列車は新潟県が米どころで有名なのはご存知ですが
日本酒の醸造がさかんでこれをコンセプトにした列車です。
俺は酒が弱く全く飲めない人なのであれですが・・・(汗)
この駅に20分ほど停車し日本海の風景を見て外の空気を満喫するとか
観光列車ならではの楽しみができます。
DSC04915_convert_20151008061544.jpg


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 新潟県 信越本線 日本海縦貫線 日本海

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

信越本線・越後線 柏崎駅

 【26//2015】

前回のつづき。


朝10時新潟駅を出て越後線でやってきたのは柏崎駅です。
DSC04893_convert_20151008035220.jpg



ホームの様子は切欠きホームも入れた2面4線ですが
中規模駅という言葉が不釣り合いなくらい側線がいっぱいあり
跨線橋もいい味出してますね。
新潟県内にある日本海縦貫線の主要駅の一つでもあります。
DSC04879_convert_20151008035236.jpg




構内は広くかつて繁盛してた時代の名残が残る側線が
いっぱいありました。
夜行列車で何度か通過したのを含めてもここに降り立つのは初めてですが
大きな構内を見ると鉄道のスケールのでかさを垣間見ることが出来ます。
DSC04880_convert_20151008035251.jpg
DSC04895_convert_20151008040522.jpg



その直江津側に貨物のコンテナが並んでる所があります。
ここは集配基地であって列車に積まれることがなくなり現在は
トラックによる代行輸送が主であります。
それだけにかつては日本海縦貫線の貨物の拠点だった名残が
ホームに虚しく残ってるようでした。
DSC04896_convert_20151008040546.jpg
DSC04891_convert_20151008041207.jpg



改札には小さな風鈴がいくつか飾ってて暑い時期を
乗り切るには欠かせません。
とはいいつつもこの日はそこまで暑くなかったものの
音色を聞くとどことなく癒されるのも楽しみの一つですね。
DSC04886_convert_20151008041432.jpg



新潟県中越地方の主要駅らしく立派な建物が建ってますが
リニューアルされて日本海縦貫線らしい清酒の看板が無くなったのは
残念であります。
DSC04889_convert_20151008041452.jpg



駅前には小さな商店街が形成されショッピングセンターも立地してます。
次に乗る列車まで時間があったのでとりあえず散策してました。
DSC04890_convert_20151008041520.jpg
DSC04892_convert_20151008041538.jpg


駅出てすぐにはビジネスホテルと言わずと知れた
お菓子メーカー「ブルボン」の本社ビルが建っています。
よく考えると大手のメーカーと聞くと大抵は東京っていう人が多いですが
実はここ柏崎が本社なのです。と言いつつ俺もここにあるんかいなと
びっくりしてました。
DSC04888_convert_20151008041604.jpg



一角にはこんなのがありました。
北陸新幹線が出来て空白地帯となったことで
優等列車が今後減るのではという不安もあり上越~長岡の
信越線沿線全体で何か活性化できないのかという思いで
このようなものが掲げあげたのではないかと思いますが
特急しらゆきが出来たものの快速くびき野が廃止になり
不便になったことは確実だと思います。
正直新幹線優位のやり方は開通して半年弱経過しましたが
俺に言わせれば不快であることは間違いありません。
DSC04878_convert_20151008042018.jpg


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 新潟県 日本海縦貫線 信越本線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

越後線の旅-3 吉田駅~柏崎駅へ

 【24//2015】

前回のつづき。


吉田駅の訪問を終え次は柏崎に向かいます。


柏崎行きは12:35発ですが次の列車までは3時間待たなければいけなくて
途中駅訪問は事実上不可能でこのまま乗りつぶしとなります。
DSC04834_convert_20151008031132.jpg



お相手は御存知115系のご登場です。
新潟からここまでは新型E129系でしたがやっと真打ちが
やってきたという感じであります。
DSC04828_convert_20151008031149.jpg


車内は言うまでもなくボックスシートが並んでます。
化粧版やシートのモケットを見てもこっちの方は詳しくありませんが
更新されてないのかなと思いました。
むしろ同じ115系でも西日本で新車と同じようなリニューアル車を
結構見てたので原形型を見れたからよかったと思いました。
DSC04833_convert_20151008031205.jpg



発車直前には弥彦から来た列車も来て
吉田駅のホームに115系とE129系が2つづつ並んでました。
越後線と弥彦線の両ローカル線の要衝駅に賑やかな時が
やってきたという感じがしました。
俺はここから末端区間にまいります。
DSC04835_convert_20151008031435.jpg
DSC04836_convert_20151008031448.jpg



ここからは無人駅がつづきこうした小さな駅舎が続いていきますが
南吉田駅はすぐ隣の駅で住宅の中にある駅です。
DSC04842_convert_20151008031517.jpg



ここでも車窓の大きな変化は無く田園風景が続いていきます。
DSC04845_convert_20151008031628.jpg


とある駅のホームにはひまわりが咲いてました。
今年の夏は梅雨が明けるまでジメジメしてモヤモヤ感全開の
曇り空が続いてましたが開けるや否や一気にえげつない暑さが続きました。
俺が旅した時期は当然のことながら暑かったですが
新潟県はやや涼しめの気候で朝ホテルでテレビの天気を見てたら
最高気温が28℃位で幾分暑さが和らいでました。
DSC04847_convert_20151008031656.jpg



道中には信濃川の水量が増水しないようにと整備された
大河津分水路の鉄橋を通過します。
新しくできたことで別名・新信濃川の名を持ってます。
DSC04848_convert_20151008031732.jpg



コンパクトな駅舎は続きますが列車から撮れるレベルでしたので
ホームに降り立つことが出来ないもどかしさをここで凌いでました。
DSC04852_convert_20151008032459.jpg



吉田から柏崎に向かうちょうど真ん中あたりに出雲崎駅に着きます。
有人ラッチがホーム側にあるのを見ると現トキ鉄妙高はねうまライン新井駅の
ホームを思い出します。ローカル線でありながら上屋といい
主要駅のような風格を持ってますがいかんせん列車本数が少なすぎて
訪問しようにも他の配分も考えないといけないので諦めました(泣)
DSC04856_convert_20151008032524.jpg



越後線は日本海に近い方にレールを敷いてますが
海はもっと先でどっちかというとこうした山あいを挟みながら
国鉄車両特有のコイルばね台車を
ガッタンガツタン・ロッケンロールしながら(笑)
モーターを唸らせ走ってました。
DSC04858_convert_20151008032556.jpg


燕市から小さな町を経て柏崎市に入り
国道116号線と並走しながら向かっていきます。
DSC04861_convert_20151008032618.jpg


途中刈羽村を挟みますが住宅地が見えると
越後線乗り鉄旅が終わりに近づいていきます。
DSC04869_convert_20151008032639.jpg



吉田から先いくつもの無人駅を通り13:43柏崎に着きました。
初乗車にして制覇した越後線は小さな駅舎の多い駅が印象に残り
3日間の旅の折り返し地点を迎えここから後半戦に入ります。
DSC04876_convert_20151008032659.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 越後線 新潟県

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

越後線の旅-2 内野駅~吉田駅

 【22//2015】

前回のつづき。


内野駅から次は吉田行きの列車に乗りますが
案内通りここからは1時間1本と徐々に細くなっていきます。
実はこの3月のダイヤ改正まで2012年から3年間社会実験として
内野から吉田まで増便運転を実施して利用者増が期待されましたが
目標数に届かず終了し元に戻りました。
DSC04781_convert_20151007225627.jpg


ここからも新潟からここまで乗ったE129系でした。
シャッタースピードを上げすぎるとLEDが切れてしまいますが
ご容赦ください・・・(トホホ)
DSC04788_convert_20151007230141.jpg


列車内の乗車率はそこそこ乗ってて
車内からの風景を見ようと思い先頭に行くと
乗務員の人が何人かいて見ることができませんでした(泣)
これから増備されていくE129系の性能をチェックするために
乗ってたのかもしれませんね。
DSC04793_convert_20151007235040.jpg


途中巻駅で対抗列車の待ち合わせの為3分ほど停車。
相対式のホームですが駅舎・改札は反対側のホームにあるので
おとなしくこっちで撮影しながら待つことに・・。
DSC04796_convert_20151008004931.jpg


停車中のホームにはかつて使われた線路が残ってました。
ここから始発電車が出てたとか・・・いろんな想像が出来ますが果たして。
DSC04797_convert_20151008002046.jpg


対向から列車が来たのでそのまま向かいます。
もし1年前にここに来てたらちょうど増便運転実施中で
吉田まで40分ごとに運転してたのでもしかするとこの近辺の駅で
下車して素敵な駅舎を見ることが出来たかもしれないので
この代償は大きいです・・・。
DSC04798_convert_20151008002115.jpg



その車窓は前日信越線で見た広大な田園風景が広がってます。
稲もだいぶん育ち後は収穫を待つだけまで迫ってました。
コシヒカリで有名な米どころ・新潟の表情眺めることが出来ますね。
DSC04789_convert_20151008001835.jpg
DSC04791_convert_20151008001853.jpg



この列車の終着直前に弥彦線と合流します。 
DSC04803_convert_20151008010950.jpg



やってきたのは吉田駅であります。
さっきまで乗ってきた列車はここまでで数分後には
次の出番が来るまでパンタをたたんで昼休みをしてました。
駅名標に左右2駅づつ入ってるので大きな駅であることは勘ずいてました。
DSC04807_convert_20151008011009.jpg



隣のホームは折り返しの新潟行きが発車直前でした。
こっちは115系6連で長いホームに停まっても余裕で収まります。
DSC04810_convert_20151008014807.jpg



ホームの様子は3面5線ありまして手前側2面が越後線
奥の1面が弥彦線の列車が停まります。
側線もあってローカル線同士でありながら運用上の拠点であり
ジャンクション駅であります。
DSC04827_convert_20151008014124.jpg



1番のりばは上屋もしっかりしててホーム長も長く
立派な造りをしてますが人気もなく静かな時が過ぎてました。
DSC04818_convert_20151008015124.jpg



駅舎内には待合室も完備してて近年閉店に追い込まれることが多い
KIOSKも元気に営業してました。
なんか地方都市のローカル駅で国鉄時代の香りがこの場でしてるようでした。
DSC04819_convert_20151022013735.jpg



その駅舎も国鉄テイストが出てる建物でした。
1912年越後鉄道が開通した時からの駅ですが現在の建物は
1962年に竣工しました。2階は現在学習塾が入居してますね。
今回の旅で吉田駅は絶対行きたいと思い実現しました。
DSC04824_convert_20151008015202.jpg


駅前は小さな商店街が形成されてますがどことなく
くたびれ感は否めませんが昔ながらの風情は残ってるようでした。
DSC04820_convert_20151008015416.jpg


吉田駅ホームの一角にある時刻表を見ると
越後線のこれから柏崎に向かう列車本数はさらに少なく
日中は8:39の後4時間待ちの12:35かその後の15:43
と間隔が大きく空きます。
新潟駅で乗ったのが10時ちょうどというのは次に向かう列車の
時間に合わせざるおえなかったからであります。
お盆期間は日の入りまでそれなりに時間もあり弥彦線
乗ろうと思えば乗れましたが閑散区間を乗りつぶすのは
なかなか難しいですね・・・(苦笑)
DSC04831_convert_20151008025400.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 越後線 弥彦線 新潟県

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。