2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

年末年始18きっぷの旅2016-2017 東海道・山陽本線 長い旅の幕開けは一気に福山駅へ

 【20//2017】

2016年12月29日

大変お待たせしました。
ようやく2016年締めの大きな旅を迎えました。
この日未明に仕事終え小休憩後朝5時半に家を出ました。
DSC05105_convert_20170316070622.jpg


今回はお盆に続き2回目の18きっぷで旅をします。
あの時ワープやフェリー使いながらもいい旅出来たので
これを使い出来るだけ遠くに行けることを楽しみにしてました。
DSC05041_convert_20170316072047.jpg


ですが今回も例により(苦笑)名古屋から米原はワープしました。
DSC05110_convert_20170316070643.jpg


いつも言いますが米原に来てからが本当の始まりで
名古屋から出てJRの管轄が変わる一番近い駅で西日本管轄になった瞬間
日常から非日常へ変わる瞬間であります。
DSC05111_convert_20170316072107.jpg


改札入ってホームに戻ると新快速姫路行きが停車中でした。
DSC05116_convert_20170316072127.jpg


この列車は後ろ4両近江塩津から来る列車と連結します。
ここからは12両で運転しますがさっき来たのが近江塩津、敦賀まで乗り入れ
米原から姫路もしくは網干まで12両で運転されます。
反対の北陸線乗り入れの列車も切り離しが行われ運用上活発な駅であることがうかがえます。
DSC05119_convert_20170316072136.jpg


この幕式もおなじみですが最近路線ごとのアルファベットが入ったのに
取り換えられ先日の旅でも確認しましたがLEDの行先表の英文字フォントも更新されまして
正直こっちの方が見やすいですね。
DSC05120_convert_20170316072145.jpg


米原、彦根を出てすぐには近江鉄道と並走する区間があり
黄色いガチャコン電車がひこね芹川駅に停まってる所を見れました。
西武グループの鉄道会社なので中古を譲り受け
疾走する新快速や東海道新幹線の横でのんびりと走ってます。
DSC05124_convert_20170316072202.jpg



滋賀県を駆け抜け京都までやってきましたが長い旅はまだまだ始まったばかりです。
DSC05131_convert_20170316075845.jpg



京都を出てから少し寝てて気が付いたら加古川の辺りで目覚め10時過ぎ姫路に着きました。
新快速はここまでで隣にいた列車に乗り換えます。
DSC05140_convert_20170316080034.jpg



姫路までは住宅街、街中を走ってましたが網干の車両基地を過ぎてからは
一転しのどかな風景が登場しますが223系は新快速同様かなりのスピードで走ってました。
DSC05148_convert_20170316080345.jpg



30分後の相生でもう一度乗り換えます。ここからは黄色い115系が相棒です。
12→8→6と乗る列車の車両数は減っていき先に乗ってた人もいたので大混雑の中向かいます。
DSC05153_convert_20170316080354.jpg



兵庫県の山陽本線最西端は上郡駅。アーバンネットワークの端とは思えない
ローカルムード漂わせる駅は鳥取の高速バイパス線智頭急行の接続駅でありますが
しばらく乗ってなく行きたいものの如何せん行きたい所がありすぎて順番待ちが続いてるこの頃です。
DSC05162_convert_20170316083643.jpg


大混雑の車内で峠越えをし岡山県に入りましたが途中撮れたのはこれ位で
座れず身動きもできずただ消化するだけの時間でした。
DSC05168_convert_20170316083700.jpg


相生から1時間。国内でも有数の大ジャンクションの岡山まで来ました。
四国、山陰とのつながりもありますが今回はこのまま山陽本線の旅を続けます。
DSC05173_convert_20170316083712.jpg



岡山から乗る115系福山行きも末期黄の電車でした。
湘南もリニューアルカフェオレも見れず何か寂しいですが
岡山色か新瀬戸内色の227系が出るまではしばらく待つしかないでしょうきっと。
DSC05175_convert_20170316084827.jpg


岡山県のメジャー観光地、美観地区のある倉敷は伯備線と分岐する駅で
ホームの一部分には白と黒のなまこの塗装が施されてます。
DSC05183_convert_20170321072414.jpg


倉敷を出てから数十分後には高梁川の鉄橋を渡ります。
DSC05186_convert_20170321074738.jpg


途中山陽新幹線の高架橋が迫り光レールスターとN700Aの離合がありました。
レールスターもデビューして17年の気が付いたら大ベテラン組になりました。
500系と共に後どのくらい活躍できるのかわかりませんが勇姿を見続けたいです。
DSC05190_convert_20170321074800.jpg


その山陽新幹線の接続駅である新倉敷駅はこだましか停まらずホームも人はいなかったようです。
DSC05192_convert_20170321080021.jpg



スタートから約7時間かけ福山駅にやってきました。
途中名古屋から米原まで例により新幹線ワープしましたがこれだけかかりました。
幸い岡山から乗った列車は座れまして相生から岡山の疲れが少しとれたかなと振り返ってます。
DSC05204_convert_20170321081152.jpg


反対側のホームには広島期待の新車227系が停まってました。
長年活躍してきた115系の一部の列車に代わり乗り入れるようになり
相生から続いた末期色のこと考えると少し楽しみが増えますね。
DSC05213_convert_20170321081750.jpg



福塩線ホームには105系がいましたが青のストライプが入った編成がいました。
これ見た時本当に嬉しく全部ただの(笑)末期色にされたとずっと思ってたら
奇跡的に生き残ったのがいました。
DSC05212_convert_20170321081803.jpg


そしてこの駅の一番の見所はこれですね。ホームから福山城と石垣が見えます。
姫路城も新幹線ホームや駅入口のデッキから見えますが至近距離で見れるのはここくらいでしょう。
DSC05222_convert_20170321081421.jpg



年末のUターンで帰省されてる人達で改札口は人ごみに溢れ
年越しを故郷で過ごされる人、観光地で迎える人色んな人が福山にやってきています。
DSC05218_convert_20170321081819.jpg


広島県東部の中心都市で駅前には天満屋百貨店もあり
駅前には百貨店・デパートがあるかないかで全然違います。
この10数年郊外の大型店舗の相次ぐ出店で閉店に追いやられてるだけに
いくら自動車社会の日本とはいえ駅前が元気でなければ都市の顔とは言えません。
DSC05228_convert_20170321082248.jpg



米原からいくつか乗り換えて福山までやってきて時間も時間なので昼ごはんにしますが
今回の18旅はひねりを加えず割とストレートなルートになりそうで
いつもよりは面白みに欠けるかもしれませんが・・・
長期連載の記録もどうぞ最後までお付き合い下さい。
DSC05231_convert_20170321082232.jpg



先日16日に日帰りの電車旅しまして今回はその中から撮って出しの一枚を。
本日のNikon D7200はこちらです。
DSC_0870_convert_20170420020442.jpg



つづく。



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 広島県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks