2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

山陽本線 糸崎駅

 【22//2017】

前回のつづき。


朝5時半に出てここにたどり着くまでに時間がかかり昼ご飯後戻ったら2時前でした。
日照時間が短いこの時期に後どれだけ行けるかわからないので先へ向かいます。
DSC05241_convert_20170321084414.jpg


次に乗るのは14:11発糸崎行きです。
DSC05243_convert_20170321084427.jpg



次は赤い新星227系と行きたいですがここでも黄色い憎いやつの115系と向かうことに。
DSC05247_convert_20170321084451.jpg




それよりも驚いたのは駅名標がここでも変わってたのです。
広島に続き岡山、福山地区もアーバンネット化してることでしたが
JRの青いロゴがなければ四国っぽく見えるのは錯覚でしょうか。
DSC05245_convert_20170321084438.jpg



福山を出てから少し疲れが出てきたのか少し寝てしまいまして
尾道過ぎてからはこの区間のハイライトシーンへ国道2号線と共に向かいます。
DSC05258_convert_20170323042012.jpg


そのハイライトこそ尾道水道で目の前には漁船がずらっと並んでます。
DSC05254_convert_20170323042038.jpg



本州と向島を結ぶ橋から愛媛県今治市までしまなみ海道を通過する西瀬戸自動車道が結ばれ
尾道市も四国と自動車で往来する重要拠点となりました。
瀬戸内海の海は穏やかで波もなく静かに流れるので本当に癒されます。
この時期の日本海は荒れ狂い熱く昂る気持ちを抑えられませんが
落ち着きたいときは瀬戸内海ですね。
DSC05266_convert_20170323042053.jpg



福山から乗車すること30分この列車の終点糸崎駅にやってきました。
DSC05283_convert_20170323042111.jpg


ホームは2面4線有しており当駅発着列車もあり乗り換え客で賑わいます。
DSC05280_convert_20170323045603.jpg



構内裏手にはいくつもの電留線があり貨物のコンテナがいくつか積んでました。
側線がいっぱいあるということはかつて機関区がありその名残でしょう。
DSC05285_convert_20170323045704.jpg


その中には運用を終え一時お休み中だった車両が準備を進めてました。
扉が開いてるのでちゃんと動くかどうか確認中のようです。
DSC05295_convert_20170324131002.jpg



その中には貨物の駅らしき建物があり現在は発着分はないものの
トラック輸送用のオフレールステーションとして活用してますがかつての繁盛が偲ばせます。
DSC05293_convert_20170324131034.jpg


福山寄りの一角には運転室がありますがもう使われてないでしょうか。
運用上の拠点と共にJR西日本の支社管轄もここを境に岡山支社と広島支社へと移ります。
DSC05298_convert_20170324132724.jpg


駅改札とホームとは跨線橋でつながってて駅舎側とホームが接していないのです。
この場から見るとちょっと距離があるように見えますが・・・。
DSC05301_convert_20170324135601.jpg

DSC05306_convert_20170324135616.jpg


改札は1台だけ簡易の自動改札機があるだけであいにくこの時間帯は
窓口は営業されてませんでした。
もしやっていれば俺の持ってる18きっぷに下車印を押してもらえたはずなので残念です。
中は広いですがキオスクも無くなりただ寂しさだけが残るのみでした。
DSC05311_convert_20170324140250.jpg



逆光だったので撮る位置も工夫しなければならずこのアングルでしたが
糸崎駅は機関区であったことを偲ばせる大きな木造の駅舎が建ってました。
右端に事務室らしき2階建ての建物があります。
DSC05314_convert_20170324140302.jpg



とここまではよかったんですが・・・。
次の列車の発車時間がギリギリに迫り駅舎を撮った後急いでこの跨線橋を渡り
ホームに戻らなければなりません。
しかも駅の改札とホームはこの橋を介して渡らなければならず古く趣がある一方
やや不便な印象を受け都心に住んでて便利さに頼りすぎてることへの反省を込めダッシュで戻りました。
DSC05305_convert_20170324135651.jpg



次に乗るのは15:08発岩国行き。
DSC05315_convert_20170330054341.jpg


待ってたのは今旅初見参の227系「RED WING」であります。
続きは次回にて。
DSC05284_convert_20170330054402.jpg



本日のNikon D7200も前回に続き新作撮って出しの一枚から。
DSC_1124_convert_20170420023739.jpg




つづく。




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 広島県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。