2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

山陽本線 糸崎、三原~西条駅

 【25//2017】

前回のつづき。


年末年始の18旅第3回は福山、糸崎を訪問し次の場所へ向かってました。
DSC05316_convert_20170330054819.jpg



次の駅は三原です。タコのかわいいイラストが入った駅名標が出迎えてくれました。
DSC05319_convert_20170330061026.jpg


ここで3分ほど停まります。隣には黄色の115系。
当駅始発と思われ岡山方面はさっきまでいた糸崎とここでわかれてるようで
時刻表を見ても何とも統一感のない設定で普段乗らない人からすればややこしいですね。
DSC05321_convert_20170330081137.jpg


ホームは2面4線で呉線と山陽新幹線が接続してる駅で
1991年に高架化されここから先は途中の海田市まで海側が呉線、山沿いは山陽本線が通っていきます。
この場に降り立つのは3度目で初めて来たのが2005年春でした。
駅前にはかつて天満屋がありましたが俺が来た翌年に閉店されてしまいましたが
中に入ってみてこの状況では危ういかもと思ったら現実になってしまいました。
福山駅前のキャスパしかり中核都市や地方都市で何度となく見た悲惨な状態は
いつまでつづくのでしょうか。
DSC05320_convert_20170330061103.jpg


発車後山陽新幹線と少しだけ並走しますが各駅に停まる列車を横目に
最新のN700Aが颯爽と通過していきました。
この春のダイヤ改正でN700Aタイプが定期列車ののぞみ・ひかりを担当になりましたね。
DSC05327_convert_20170330083506.jpg



2005年頃に訪問した時は木造駅舎があった本郷駅も橋上化されホームも変わってました。
DSC05333_convert_20170330061544.jpg


三原を出て本郷を出ると隣の駅まで12.8キロと長い距離が待っています。
川の流れや高速の高架橋と素敵な風景を見ながら道中を楽しんでました。
DSC05339_convert_20170330061604.jpg


227系の最新の快適さでトイレにいる内に河内駅は通過してしまい(←アホ・笑)
白市、西高屋と広島シティネットワークエリアに入りました。
改札上の看板の車両が115系のカフェオレ色がいい味出してますね。
DSC05346_convert_20170330061625.jpg



三原市から東広島市に入り住宅地もいくつか見えて来ました。
時計の針ももうすぐ夕方4時が近づいてまして年の瀬の時期は日照時間が短く
次の駅訪問して次の列車に乗ってる時に日の入りが確実のようです。
それでも糸崎駅に来てからは青空も見え天気に恵まれてる証ですね。
DSC05349_convert_20170330061705.jpg


約1時間かけ次は西条駅にやってきました。
DSC05376_convert_20170330061643.jpg


2面3線有するホームは隣ののりばの間に中線があり
この先にある山陽本線一の難所である瀬野八越えを終えた
貨物列車の補助機関車の切り離しが行われる駅であります。
DSC05367_convert_20170330061726.jpg


広島寄りには事務室らしきものがあり恐らく貨物列車の切り離しがない時に
待機してるJRの係員用のものと思われます。
DSC05373_convert_20170330063345.jpg


構内には273.4キロポストがありました。
山陽本線の起点は神戸からで公式の起点は272.9キロですが
シーサイドから県境の峠を越えやってきましたがまだまだ先が続きます。
DSC05371_convert_20170330063412.jpg


と広島方面から白市行きがやってきましたが227系6連で来てて
普段であれば夕方のラッシュに向かいますが年末の時期で帰省される人や
18きっぷで旅される人達が乗ってるでしょう。
少なくとも白市までは227系の運用が多いのが伺えます。
DSC05387_convert_20170330070318.jpg



階段上がってコンコースはシンプルなつくりをしています。
前回来た時は地上駅で古い跨線橋やICカードのICOCAが入る前でしたが
知らない間に変わってたので違う駅に来たような気がします。
DSC05396_convert_20170330070253.jpg


改札を出ると南北の出口は自由通路で繋がっています。
2015年に橋上駅舎が出来てそれまで分断されてたのがつながり行き来出来て便利になりました。
DSC05404_convert_20170330070953.jpg



商業施設も少しありましてこのフロアにはセブンイレブンキオスクとパン屋がありました。
JR西日本管内でキオスクもセブンイレブン化されていき便利である一方画一化により
独自性がなくなってるのは残念です。
鉄道会社とコンビニの提携は増えててローソンの名が中々出てこないと以前言いましたが
ネットの写真で山陽電車の板宿駅に6000系の車両を模したのがありました。
ローソンとの提携が増えないのが不思議でロッピーでDVDも予約出来て
ポンタカードでポイント増やせるのに何故と考えてしまいます。
DSC05407_convert_20170330071015.jpg



前回来た時は1959年改築の駅舎が建ってましたが御覧の通り橋上化されましたが
新しい建物は白壁をイメージしたようで駅前のロータリーも綺麗に整備されました。
DSC05446_convert_20170330081101.jpg



その駅舎には旧山陽道(西国街道)四日市宿のむかしの風景が彫られたモニュメントがあります。
西条四日市本陣は東へ歩いていくとあるようで旧山陽道の中でも最大の宿場町であったことが偲ばれます。
DSC05434_convert_20170330081117.jpg


駅前には酒の看板がありました。
DSC05425_convert_20170330081035.jpg

DSC05410_convert_20170330071037.jpg



酒都の玄関らしく駅前の公衆電話も白壁風の造りを模してました。
DSC05414_convert_20170330080827.jpg


至る所に長い煙突があり灘、伏見と並び日本三大銘醸地酒都・西条を象徴してる風景ですね。
短時間の駆け足で巡ったのでここからしか見れませんでしたが
煉瓦造りの煙突は整備された駅前と対峙し風情ある景色を残してるようでした。
DSC05447_convert_20170330081206.jpg


駅前通りの雰囲気は変わってませんでしたが東広島市の代表駅で
酒の街西条に11年半ぶりに訪れ駅舎が変わり駅前広場も工事してたような記憶があったのですが
綺麗になって落ち着いた雰囲気の中巡ることが出来ました。
DSC05444_convert_20170330081226.jpg



本日のNikon D7200も最新旅からもう一枚。
DSC_1125_convert_20170420024322.jpg



つづく。




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 広島県 酒都

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。