2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

山陽本線 下関駅

 【25//2017】

前回のつづき。


新山口を過ぎた直後はよかったんですが・・・
防府駅過ぎてから同様爆睡モードに入ってしまい目が覚めたら
幡生の車両所を過ぎてしまい本当なら途中の無人駅や厚狭駅の風景を
しっかり撮らないといけないのにやらかしました(←どアホ・爆)
やはり徳山から乗った2両編成の列車にシビレを切らせ戸田駅訪問後何かがはじけたようです。
DSC05930_convert_20170501124430.jpg



結局下関に着いてしまいましたが
岩見沢から旭川まで711系乗車した時の失態が再現してるかのようでした。
DSC05935_convert_20170501124459.jpg



岩国から乗り継いできた115系はここまでであります。
黄色い車体だらけでかつて見れた瀬戸内色や元祖広島シティライナー色等
色とりどりだった頃に見たことあり本当に寂しくなりましたが
227系が下関に席巻するまでの間の辛抱で実現するのはいつ頃になるのでしょう。
DSC05932_convert_20170501124550.jpg



過ぎ去ったことを反省するのもここまでにして気持ちを切り替え駅めぐりします。
DSC05939_convert_20170501130437.jpg



DSC05940_convert_20170501130634.jpg


とそこへ九州から来た415系が入ってきました。
白と紺の細いラインは色は違えど瀬戸内色と間違えそうな感じです。
瀬戸内色はクリームと紺に近い青を纏ってました。
DSC05944_convert_20170501130755.jpg


別のホームに行くとみすゞ潮彩という観光列車が入線しました。
この訪問から1か月後に運転終了しましたが
幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンに合わせ
みすゞ潮彩を改造した新たな観光列車を2017年夏頃に導入すると発表されてます。
現在改造中の真っただ中で幡生にいる匠の皆さんが造ってますが
どんなものになるか楽しみですね。
DSC05936_convert_20170501130650.jpg

DSC05946_convert_20170501130704.jpg


別のホームにいくと123系に遭遇しました。
123系と聞くと2013年春までJR東日本の塩尻から辰野支線経由の岡谷行きで活躍した車両が
思い出されますが西日本ではまだまだ現役です。
こちらも例外なく例の黄色に変えられたのが残念です。
DSC05955_convert_20170501130834.jpg


反対側は105系が連結されており行先は宇部新川行きでした。
同じホームで同じ列車を見たことがありますがあの当時の色の方がよかったです。
DSC05958_convert_20170501130859.jpg


ホームが長く現在列車が停まらない場所には古い屋根が残ってて
使われなくなった古レールを再利用しています。
下関駅はかつて寝台列車が走ってた頃機関車の付け替えで長時間停車があり
往時の雰囲気を残す場所がここに残ってました。
あさかぜ、あかつき、富士、みずほ、はやぶさ、さくら等往年の名列車が時代を偲ばせます。
DSC05947_convert_20170501130927.jpg


外から見てもとても立派な上屋が建っており在りし日の風景が甦りそうでした。
DSC05948_convert_20170501130941.jpg



下関はふぐの産地で先には漁港や魚市場の建物も見えます。
DSC05950_convert_20170501131342.jpg



ホームから下りてコンコースへ向かうと改装され明るい雰囲気に変わってましたが
20になった頃に訪問した時はもっと薄暗い印象が残ってました。
DSC05960_convert_20170501131301.jpg


高架下のコンコースもリニューアルされました。
前回来た時の風景がガラッと変わってしまい見たことない駅になってました。
DSC05961_convert_20170501131315.jpg


現在の駅舎は2014年にオープンした駅ビルに変わっています。
入口に2006年1月の火災事件で焼失した三角屋根の駅舎はビル入口に付けられ
先代の遺志を継承してるようでした。
DSC05964_convert_20170501133340.jpg


ホームは高架で広島からくる場合はこの鉄橋を渡ります。
あの当時まったく気づきませんでしたがこの構造だったのかと見入ってました。
夕方5時半を過ぎ外は日の入りに入り夜へと向かいます。
この時期は日照時間が短い時期ですが九州に近ければ近いほど日の入りは遅く
ちょっと得したような気持ちでした。
DSC05965_convert_20170501133453.jpg


現在のバスターミナルがある東口入口付近に放火され焼失した旧駅舎が建ってました。
DSC05966_convert_20170501133520.jpg


駅前にはショッピングセンターと大丸百貨店があり元気に営業してました。
DSC05969_convert_20170501133701.jpg


デッキスペースの先には海峡ゆめタワーが建ってます。
高さ153mあり最上階は展望室があり
前回来た時は訪問し巌流島や関門橋、下関の街をじっくり眺めました。
DSC05970_convert_20170501133713.jpg



再び駅に戻り改札口に戻る途中面白いものがありましたが
これは爪楊枝をつかって創られたアートです。
下関駅のようですが駅前には路面電車が走ってるではありませんか。
DSC05972_convert_20170501133732.jpg


隣にはハンドベルのレプリカが展示されてました。
先代の駅舎焼失時奇跡的に発見されたリニューアルから1年経過した2015年から展示されてます。
振鈴(しんれい)は、列車の発車の際に使われていた大型の鈴のことで
現在手振りの振鈴が現存するのは下関駅だけです。
あの火災事件も大きな被害を被り数日に渡って運休する事態になったのを記憶してますが
訪問してから3年経過しいいカメラ持ったら再訪してあの建物を撮ると決めてたのに
ショックでしたがこのハンドベルが変わりの役目を果たし在りし日の風景は
今もこれからも心の中で生き続けていくでしょう。
DSC05973_convert_20170501133744.jpg



下関駅は側線・クロッシングポイントが複雑に入り交じった構内で
機関車の付け替え作業で行き来する所でした。
この先には関門トンネルが待ち受けていて九州は目の前です。
DSC05951_convert_20170501133437.jpg




本日のNikon D7200。
天竜浜名湖鉄道天浜線 夜の新所原駅にて。
Photo_taken_on_2017-03-15_18-52-30_convert_20170407073150.jpg


つづく。




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 JR九州 山陽本線 山口県 関門海峡

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

おはようございます。

>外から見てもとても立派な上屋が建っており在りし日の風景が甦りそ>うでした。

長いホームにレトロな上屋は良いですね。
昔はここに長大編成の列車が停まったのだろうなぁ
と思うと、何とも言えない気持ちになります。
下関は本州と九州の境目ですし、九州に向かう人にも
本州に向かう人にも感慨深い土地だったろうに、とも
思います。

そして、下関駅の周辺が意外にも都会なのは驚きです。
デパートまであるんですね。

Posted at 09:29:09 2017/05/28 by KZ-1

Comments

Re: タイトルなし

KZ-1 さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

長いホームとレトロな上屋はかつて長大編成の列車が停まってて
名だたる名列車が機関車の交換で集まってたのを偲ばせます。
キハ181系による特急いそかぜが3両編成の短い列車ながら
山陰本線の益田から小倉まで走ってた時代に見れたのが嬉しかったです。

下関は本州と九州を結ぶ地点でいよいよ来たかと思わせる雰囲気がありますね。

デパートはオープンして40年位になりますが周辺も見所があって
北九州市が隣なので結構都会でした。

Posted at 10:49:49 2017/05/29 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks