2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

約5年ぶりの九州上陸 下関~門司駅、小倉駅で2日目終了

 【27//2017】

前回のつづき。

14年ぶりに降り立った下関駅に懐かしく当時あったのと変わったのを探してたら時間が押してしまいました。


気が付けば次に乗る列車は18時過ぎ。乗るのは当然九州へ向かう列車です。
DSC05975_convert_20170505001711.jpg


相棒は415系であります。
ここで直流から交流に切り替えるので車内が一瞬暗くなったのを確認しました。
JR九州発足後登場した車両はすべて交流専用で関門トンネルを通過することが出来ず
もし老朽化した場合どうするのでしょうか。
DSC05982_convert_20170505001750.jpg


端の方にかつて機関車交換で賑わった証の古い上屋を見届け暫し本州とお別れします。
DSC05983_convert_20170505001858.jpg


関門トンネルをくぐり抜けて10分。門司駅にやってきました。
DSC05984_convert_20170505001929.jpg


JR九州の駅名標はイラストが入ってるのが特徴でトンネルから電車が出る絵で
関門トンネルのことを指してるでしょう。
DSC05985_convert_20170505023255.jpg



夕方6時過ぎ手の到着で、というより夜6時と言った方があってるかもしれませんね・・・(苦笑)
ご覧のとおり夜となってしまいましたが約5年ぶりの九州上陸です。
この中ではありますが駅巡りをしましょう。
DSC06001_convert_20170505005738.jpg



とあるホームの上屋は古レールが使われています。
改良工事でなくなりつつありますがこうして残ってるのはうれしい限りです。
DSC05991_convert_20170505040643.jpg


その先には立ち食いうどん屋さんが営業してました。
下関駅では見れなかったのに上陸してすぐ見れるなんてラッキーでした。
DSC05989_convert_20170505031815.jpg


撮影中811系柳ヶ浦行きが入ってきました。
俺の中で鹿児島本線で使ってるイメージが強く荒尾や鳥栖の名を見かけますが
日豊本線でも運用があるようでした。
過去何度か訪問してる九州ですがほとんどが福岡県で博多、天神ばかりで
1度だけ鹿児島に行ったことありますが今回は果たして。
DSC05990_convert_20170505035853.jpg


別の場所に移ると415系が停まってましたが211系を思い出す顔ですね。
この列車は関門トンネルを抜け下関に向かう列車でした。
415系も置き換えが本格化するかわからないので元気なうちに記録しておきたいです。
DSC06007_convert_20170505045454.jpg



と一番奥のホームに787系が停車中でした。
鹿児島本線の名列車つばめの車両として有名でリレーつばめ時代に乗りましたが
水戸岡デザイン黎明期の傑作ともいえる車両と久々の再会を果たしました。
列車名は恐らく有明・門司港行きではないかと思いました。
目の前に複数の線路がありここもかつて下関同様機関車付け替えで賑わった時代を偲ばせます。
DSC05999_convert_20170505045416.jpg



階段上がってコンコースへ。なんとなくですが手狭感は否めない感じですね。
造りが新しいのもありますが簡素な感じがします。
DSC05998_convert_20170505045347.jpg


九州上陸した時に一番最初に降り立つ駅は山陽新幹線で博多で降りることが殆どでした。
門司駅は通過したことはあるものの降り立つのは初めてです。
その改札機の台数も4台ほどで利用者数が関係してるのでしょう。
DSC05994_convert_20170505044121.jpg



2000年代中盤に入ろうかという時期に建て替えられた駅ビル併設がたの建物が現在の駅舎です。
この時期の暗くなってから着いたのでもう一度行かないといけませんね。
DSC05997_convert_20170505044154.jpg


もう一度コンコースに行くと門司区のマスコット「じーも」がいました。
バンダナには⚓のロゴがついてて九州の名観光スポットのひとつである
門司港があることからつけられたのかもしれません。
門司港レトロは初めて九州行った時に行ってます。
DSC05992_convert_20170505044055.jpg




40分ほどの訪問で打ち切り乗ってきた列車で小倉駅に着きました。
DSC06009_convert_20170505045539.jpg


2010年2月500系のぞみ最後の乗車時に訪問して以来約7年ぶりに戻ってきました。
DSC06012_convert_20170505045609.jpg



ここにも立ち食いうどん屋が営業してまして福岡県や佐賀県の鳥栖では
鶏のそぼろが入ったかしわうどんが有名ですね。
俺も前回2012年の旅で鳥栖駅構内で食しましたが旨かったです。
DSC06014_convert_20170505045626.jpg



改札出ると人が多く久しぶりに都会に戻ってきたという印象でした。
先には北九州モノレールがあります。
DSC06015_convert_20170505045658.jpg



小倉駅は駅ビルにホテルが入った大きなビルで目の前にはモノレールが敷かれてます。
モノレールを駅の中に入れるというアイディアは革新的かつ斬新な感じがします。
DSC06019_convert_20170505045719.jpg



駅前にはコレットとというショッピングセンターが建ってます。
そごうから始まったものの親会社が破たんし、伊勢丹を経て現在の名称で営業していますが
今日に至るまでの道は途中波乱の道を歩かなければなりませんでした。
DSC06018_convert_20170505045744.jpg



2日目は早朝広島を出て山口県の駅をいくつか訪問しながらやってきました。
しかし徳山から乗った2両編成の普通列車の混雑に我慢できず途中の駅で降りたことで
それまで頑張ってきたのに突然緊張の糸が切れたのか定かではありませんが
防府市を過ぎ新山口を出ても爆睡し厚狭駅かその前後の区間でしっかり車窓を
見届けなければならないのにやらかす大失態を起こしてしまいました。
最後は下関、門司を訪問し小倉駅前の夜の繁華街を見届け2日目は終了しました。
DSC06025_convert_20170505045757.jpg



本日のNikon D7200。
東海道本線・新所原駅ホームから見た夕暮れのブルーモーメント。
Photo_taken_on_2017-03-15_18-15-40_convert_20170407073225.jpg


3日目へつづく。




ブログランク参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR九州

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR九州 山陽本線 鹿児島本線 福岡県 門司区

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんにちは

数年ぶりの九州は如何でしたか?

5年前と現在を比べても、個人的にはあまり変化がないなと思うものですが、これから様々な場所が変わってくるかもしれないと思います。たとえば811系は車体更新でロングシート化される予定ですし、今回ご撮影なさった811系の写真はいずれ貴重な一枚となるに違いありません。

それにしても、特急「有明」という名称を久々に耳にしましたよ。新幹線全通前はたくさん走っていた列車ですが、事実上のライナー化・長洲止まりになった今、非常に影の薄い存在と化しています・・・

Posted at 12:07:07 2017/05/27 by wra

Comments

Re: こんにちは

wra さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

そうですね。
前回5年前と比べ確かに大きな変化はなかったようですね。

鉄道ファンのニュース等でチェックしてますが
大きな変化があるのは確かですが811系のリニューアルの話は
噂になっていたのは知ってましたが
ロングシート化されたのを見た時はがっかりしました。
今旅で乗りましたがクロスシートの811系が今後無くなってくので
正直残念です。

特急有明は小倉から熊本まで乗り入れてた時代に何度か
博多駅で見た位ですが先代の博多駅の駅ビル時代に
有明のマークが小さくついた787系を見たのを記憶してます。

Posted at 16:13:40 2017/05/28 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。