2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

西鉄大晦日・元旦終夜運転 西鉄福岡駅、薬院駅

 【29//2017】

前回のつづき。

ギンザラの串カツ食べ終えお店を出たら年越し直前でした。


天神の大通りはいつもなら交通量が非常に多いのですが
以外に少なく静かに時を刻んでるようでした。
前年はすすきので年を越しましたが歓楽街で人の流れが止まらなかったのと
福岡市の商業の中心部でいるのかなと思ってたらがらーんとしてたのでびっくりしました。
DSC06490_convert_20170525074432.jpg


この後どうしようかなと思ったんですが西鉄電車を見に行こうと思い駅に行き
コンコースに入った瞬間0時を回り年越しをしました。
2016-2017の瞬間はこの場で知らぬ間に新年を迎えました。
あけましておめでとうございます!(←2017年も半年過ぎかけとんのに何言うてんねん・爆)
というのは置いといて自動改札が並んでる姿は圧巻で最大の利用者数を誇ります。
DSC06493_convert_20170525075024.jpg



真夜中のこの時間帯に何故ここに来たのかと言いますと
西鉄電車の年越し終夜運転の様子を見に来たからです。
半月前にお伝えしたJR博多駅でも列車が運行されてるとお話ししましたが
JRよりも本数が多く行先には大宰府行きの名が多いようです。
DSC06492_convert_20170525075038.jpg



早速ホームに入ると列車が停車してました。
西鉄の始まりの駅にして九州唯一の大手私鉄のターミナルの看板を背負い
規模は大きくなかれど駅ビル内にあるので私鉄の駅に来たという感じがします。
DSC06494_convert_20170525080023.jpg


車両形式の名は出てきませんが終夜運転とあってくる列車は通勤車両が中心です。
DSC06498_convert_20170525080038.jpg


数分後に来たこの列車も同じですがお目当ての車両みたいとはいえわがままは言えません。
DSC06501_convert_20170525080510.jpg


さっきの画で映ってたのでバレてしまってますが・・・(苦笑)
一番端のホームに3000系がお休み中でした。
前回訪問時は見ることが出来なかったんですが見れただけでもマシです。
転換クロスシートを配置していて今や西鉄のエースと言ってもいいかもしれません。
DSC06499_convert_20170525080532.jpg


ホームに入って30分ほど経過してますが太宰府の行先が多いですね。
西鉄は太宰府天満宮の最寄り駅である太宰府があるのでそこへの初詣に行く
乗客用に設定されてるようです。
DSC06505_convert_20170529095442.jpg


とりあえず入ってきた列車に乗りますが日付変わったのですが
3日目最後の締めとはいえ最終日の旅程に支障きたさない程度にしました。
DSC06503_convert_20170529095355.jpg


西鉄でそれなりに行くのは当初から考えてなくてホテルにちゃんと戻ってこれる約束で
お隣の薬院駅で降りました。
DSC06506_convert_20170529102722.jpg


対面式のホームに高い天井と幅が広くゆとりのあるホームの駅で
勿論高架駅ですが1995年のことで20年ちょっと前のことです。
予算上の関係で次の日で打ち切りとなりましたがもしもう1日あったならば
間違いなく西鉄電車の旅に精を出してたのかもしれないのでちょっと悔やまれます。
DSC06510_convert_20170529104230.jpg


と直後にさっきまでいた西鉄福岡行きの列車がやってきました。
これも折り返し太宰府天満宮に初詣に行かれる人達を乗せて行くのでしょう。
DSC06508_convert_20170529102800.jpg


時刻表のボードに終夜運転の時刻表の紙が貼ってましたが
ほとんどが大宰府行きで本線の大牟田行きはほとんどありません。
福岡には太宰府という大きな神宮がありそこへお参りに行く人達がいます。
折しも大学・高校の試験が目前で合格祈願で行かれた人も少なくはありません。
東海地方でいえば名古屋から近鉄の終夜運行が一番多く
こちらは言わずと知れたお伊勢さん(伊勢神宮)で天皇陛下や首相が参拝される聖なる場所です。
DSC06507_convert_20170529102750.jpg



ホームから改札を降りるとそこにはローソンがありました。
近年鉄道会社とコンビニ会社が提携を結ぶことが多々ありますが
ローソン見かけないなぁと心配してましたが九州の西鉄さんがやってるのを
この場で初めて知りましたがちょっぴりうれしかったです。
JR九州はかつてam/pmだったのがファミリーマートに切り替えられ
数年前に全て変わりました。
勢力図を見ても西日本・四国・北海道・京急・神戸電鉄がセブンイレブン
九州・近鉄・名鉄がファミマ、西鉄・山陽電鉄がローソンと自分が知る限りですが・・・。
山陽電鉄の車両を模ったローソンを見る為に電車旅したいです。
DSC06513_convert_20170529105025.jpg


駅前は城南通りが通ってて広場らしい所はありませんがここが中央口の役目を果たしてます。
高架下に入口があり私鉄らしい雰囲気のある駅でした。
DSC06514_convert_20170529105058.jpg


さっきまでいた西鉄福岡駅のポスターに「旅人」の案内がありました。
そこにはお色直しされた8000系が載ってますが残念ながら今回お会いすることが出来ませんでした。
俺の中で西鉄の車両と言えば真っ先に思いつくのはこの車両であります。
が老朽化により置き換えられ先日柳川の観光列車「水都」も3000系に替えられるアナウンスがありました。
西鉄から地方の私鉄会社に譲渡しましたというニュースが出てくるのを願うばかりで
富山地鉄か大井川鐵道あたりが受け皿になって第二の人生を送ってくれたら嬉しいです。
DSC06504_convert_20170529095428.jpg




西鉄の終夜運転巡りはここまでにしましてホテルへ戻るため
祗園駅で買ったフリーきっぷを有効活用する為地下鉄七隈線にやってきました。
これを見たらみなさんきっともっと西鉄乗らんかい!と言われそうですが・・・(滝汗)
前年のこともあるので戻って体を休めることに専念します。
DSC06519_convert_20170529105115.jpg


やってきた列車はコンパクトな設計ですが実はこれリニア駆動システムを採用してる車両です。
車体は未来的なフォルムでかっこいいですが実はこれ新幹線界きってのヒーロー500系を手掛けたこともある
ドイツのアレクサンダー・ノイマイスターがデザインしたのです。
ウィキペディアをググったら東京メトロの10000系やドイツのICEは勿論
世界中の鉄道車両を手掛けてる人であります。
とりあえず終点の天神南駅に向かいました。
DSC06520_convert_20170529105143.jpg



天神南から天神駅に向かうには地下街を歩いていかなければなりませんが
ごらんの通り薄暗くシャッターが閉まってる未明の人通りもいない中
歩いて戻りましたが改札口にたどり着いたと思いきや博多方面に向かう
これも終夜列車は行ってしまい次の列車を仕方なく待ちホテルに戻ったのは深夜2時でした。
DSC06475_convert_20170525073908.jpg


3日目は出だしがスローだったので門司港、折尾、博多、天神と訪問箇所を決めゆっくりと訪問してました。
いつも駆け足で行くのが常ですがたまにはこうゆうのもいいかなと思いつつ1日が終わりました。


本日のNikon D7200。
3月後半のとある日に撮った夜の三越星ヶ丘店前。
Photo_taken_on_2017-03-19_20-52-51_convert_20170427052711.jpg



最終日へつづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 西鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 西鉄 福岡県 大晦日 元旦 年越し 終夜運転

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。