2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スーパー白鳥で本州帰還

 【13//2012】

札幌から3時間半近くかけ道南に来ましたが列車の遅れにより函館駅には行かず
一つ前の五稜郭駅で降りここからスーパー白鳥34号とはやて34号で一気に東京まで行きます。
結局函館駅は初日夜はまなすに乗って真夜中に着いたときの20分だけ滞在しただけでした。


五稜郭駅構内もかなり大きな規模の駅で貨物の扱いもありホームだけでなく
車庫などの工場もあります。
まさかここで乗り継ぐなんて夢にも思ってませんでした。
DSC02305_convert_20120806211244.jpg



当初函館駅から乗り継ぎのスーパー白鳥34号はこの駅から乗りましたが
週末ということもあり札幌駅で乗車券買うとき指定席は満席で急遽1席だけ空いてた
グリーン車に乗り青函隧道を目指します。
もし自由席をとっていたら多分座れへんかったと思いました。
木古内に向かう途中松前街道を並行しながら津軽海峡と函館山の周辺のすばらしい風景を
見届けました。
しかし木古内までは線形が良くないのかわからないのですがそこまでスピードは出していなかったです。
DSC02310_convert_20120806212454.jpg



14:37木古内駅を発車し2回目の今回も素晴らしい北海道の旅は
いよいよ本州帰還の時が訪れましたが木古内駅も北海道新幹線の工事が
着々と進んでました。
列車で本州から来るときの最初の北海道の主要駅である木古内からいよいよ出ます。
DSC02312_convert_20120806213327.jpg




木古内から海峡線に入り急加速し幾つかのトンネルを抜け知内駅を通過し
14:45頃湯の里の橋を渡り北海道の地に別れを告げ青函隧道に入って行きました。
北海道ありがとう!また会おう!
と残しトンネルを駆け抜けました。
DSC02315_convert_20120806214046.jpg



青函トンネルを抜け青森駅まで戻ってきました。
6番のりばで新青森へいく789系ですが正面の黄緑の色合いがこの好天に映えてますね。
こうして15:50頃札幌を出て約5時間15分本州へ3日ぶりに帰ってきました。
DSC02329_convert_20120806214607.jpg


こちらは新青森からここを経由しこれから北海道へ行くスーパー白鳥号です。
以前列車の写真のところで誤って伝えてしまったことがありまして、
789系0番台はビードが付いてないんですね。みなさんごめんなさい。
DSC02330_convert_20120806215607.jpg


新青森にこのまま着きましたが、新幹線ホームに行く際たくさんの修学旅行者らしき
グループがいたので改札からホームへ行くまでに相当時間がかかりそのままはやて34号に
乗らざるおえなくて写真も撮れずに一気に東京まで戻ることになりました。


北海道大旅行・最終回へつづく


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 津軽海峡線 青函トンネル・隧道

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

青函トンネル、北海道側は函館よりも随分西なんですね。
最短距離とはいえ、良く掘ったなぁ、と思います。

時間が出ているので、自分も旅している気分になれて楽しいです(^-^)

Posted at 05:24:36 2012/08/13 by 凛丸

Comments

北海道大旅行

こんばんは。
青函トンネルをくぐると北海道ともお別れですね。
名残惜しい、後髪引かれる思いが伝わって来ます。
北海道っていいですね!何年たっても北海道大旅
行の思い出は消えないと思います。

Posted at 17:02:59 2012/08/13 by りえてつ

Comments

No title

こんばんは、

青函トンネル、未だ通ったことがないので是非一度は…
と思うのですがタイミングがorz
飛行機だと早い上に楽ですけど、飛んでしまうと空の上
ですから旅情が少し薄いのが難点かな、と。

Posted at 23:41:09 2012/08/14 by KZ-1

Comments

Re: こんばんは

凛丸 さん

返信遅くなってすみません。

北海道側は地図で見ると津軽半島につながるように
掘ってますよ。

デジカメや列車についてる時計で見たので旅してる気分になりますよ。

Posted at 21:49:15 2012/08/16 by burning s

Comments

Re: こんばんは

りえてつ さん

返信遅くなってすみません。

青函トンネル入ると北海道とお別れで寂しいですよ。

2ヶ月前に北海道に行ったばかりですが今すぐにでも
行きたくなってしまうんですね。

この大旅行の思い出は消えませんよ。


Posted at 21:53:20 2012/08/16 by burning s

Comments

Re: こんばんは

KZ-1 さん

返信遅くなってすみません。

まだ通ったこと無いのですか?

飛行機は早いしあっという間ですがKZさんが言うように
空の上で楽しみが少ないのは難点だと思います。




Posted at 21:55:50 2012/08/16 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。