2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2日目早朝改めて紀伊田辺駅へ

 【08//2012】

9月13日 2日目

前日夕方に紀伊田辺入りした俺は夕食後宿に戻り
初日の長い移動の疲れを次の日に残さないよう早めに寝て
当日は早朝5時半に目覚めました。
前日着いて改札出た時は少し暗く駅の撮影は翌朝に行くことに決め駅へ向かいました。



朝6時頃明るくなってきた時の表情です。
1932年開業当時からある駅舎で洋風の紀南地方一番の都市に
相応しい駅ですね。
旅先でこうした早い時間に撮影すること自体夜行列車に乗って現地に着いた
時くらいしかやりませんので珍しいです。
DSC02588_convert_20120927224808.jpg



駅の中は天井の高い開放感があります。
目の前にはみどりの窓口・売店その奥には持ち帰りもできるカフェも入ってます。
まだ朝一ということでまだ人がいません。
DSC02590_convert_20120927225620.jpg



おなじみの駅名表。ホームの壁にくっついてます。
DSC02606_convert_20120927230137.jpg



ホームは2面3線。側線がたくさんあり1番のりばすぐ隣には
381系くろしおが停まってていろんな所のチェックをしてました。
DSC02602_convert_20120927225901.jpg


駅構内の様子です。
三重県の亀山からここまで285キロと長い単線はここまでです。
左には223系が留置されてこれから和歌山方面に向かう準備をしてます。
単線側にはシティーホテルが建ってます。
今旅最初に乗った多気から新宮までは厳しい道の連続でした。
DSC02601_convert_20120927230556.jpg



そしてここは弁慶の生誕地であり駅前には銅像も建ってて荒法師姿で
歓迎してくれます。
田辺市内には弁慶ゆかりの像や石碑が設けられてます。
和歌山県の串本から少し北上しましたがこの地域も熊野地方と
いわれてるので三重県に熊野市があり熊野地方はこのあたりかなと
思いましたが驚きました。
DSC02589_convert_20120927225409.jpg


つづく


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 和歌山県 きのくに線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。