2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

きのくに線・御坊駅

 【15//2012】

紀伊田辺から45分かけてやってきた御坊駅
時刻表を見ると列車本数はどんどん増えて
ここから和歌山までは普通列車が1時間に2本となりますが
基本的にはこの駅で乗換えが必要です。



ホームは2面4線ですが1番のりば和歌山寄りに
紀州鉄道線のりばがありまして
紀州鉄道0番のりばは切欠式のホームです。
DSC02644_convert_20121004024956.jpg



3番のりば側には側線があり今は使われてるのか
気になるところです。
隣のホームが特急の待ち合わせや折り返しの列車で使われてます。
DSC02647_convert_20121004030156.jpg



1番のりば側には立ち食いのうどんに駅弁も販売してますが
改札外からも食堂として飲食もできるみたいです。
正面の看板を見ると昔からの雰囲気を感じさせます。
DSC02642_convert_20121004025724.jpg




駅名表は両側に矢印が付いてましてこのホームから
列車が発車するからでないでしょうか。
DSC02650_convert_20121004031259.jpg




駅舎内ですがきのくに線の主要駅らしくみどりの窓口に
券売機・待合所も完備されてきっぷ売り場の文字が大きく見えます。
改札上の行き先案内も列車本数が多いので各方面3列車ずつ表示されます。
DSC02651_convert_20121004031410.jpg




駅舎は白を基調として駅名看板の辺りは正方形型のタイル風で
白浜駅に少し似てるようですね。
入口付近が正方形のガラス張りです。
ただし、この周辺は御坊市の中心街から離れてるので
人気もまばらです。
DSC02652_convert_20121004032440.jpg



つづく



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 和歌山県 きのくに線 紀州鉄道

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

最近は駅の立ち食いうどん・蕎麦のお店も少なくなりましたね。
三重県だと駅構内で食べれる、となると今残っているのは松阪
の「汽笛亭」と熊野市の「丸新」の2店舗のみでしょうか。

昔は桑名にも駅構内(近鉄のホーム)にも立ち食いうどんがあったり
したんですが…津の汽笛亭も潰れて吉野家になっちゃいましたね。

Posted at 22:33:09 2012/10/17 by KZ-1

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

こんばんは。

確かに立ち食いうどん屋は年々減って来てるのは
事実です。

三重県で11年ぐらい前に近鉄津駅で食べた記憶はあります。

愛知県も名古屋駅は健在ですが、金山駅のホームにあったのは
コンビニに変わり後は豊橋・蒲郡・豊川の「壺屋」位ですね

Posted at 03:18:26 2012/10/18 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks