2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

北陸線・湖西線合流地点の近江塩津駅

 【08//2012】

名古屋から普通列車を乗り継いで近江塩津駅にやってきました。



米原寄りから見ると左が北陸線で下っていき
右が湖西線で高架橋を通り琵琶湖の西側を眺めながら京都へ向かいます。
湖西線は2年半近く乗ってませんので次の乗車機会はいつのことか・・・。
DSC02896_convert_20121204032346.jpg





ホームは2面4線ですがホーム幅はかなり狭いです。
その上通過列車が頻繁に来るので結構危ないですが撮影中はどうしても
熱中しやすいから列車が来るアナウンスを聞くのが一番ですね。
DSC02897_convert_20121204032641.jpg



ホームから下に降りて改札を出ました。
駅舎は壁にへばりついてるように見えます。
この真上が列車が通ってるので高架駅のようにも見えますが
実際に見ると盛り土の駅だそうです。
中入ってすぐにうどん屋さんと地元の方の簡易委託の切符売り場と
待合所があります。
駅舎は宿場町にあるような建築物で赴きがありますね。
DSC02898_convert_20121204032107.jpg



簡易の交差点を渡り南側には湖西線の高い高架橋が見え
新幹線の路線のように見えます。
ここはかつて浅井町を名乗ってましたが合併され長浜市となりました。
ここはトラックもよく通過するので鉄道以外でも物流関係も合流してるのでありましょうか?
DSC02901_convert_20121204033041.jpg



近江塩津駅はホームを出てから深坂トンネルの手前まであり
分岐駅であるので特急列車が高速で通過しやすいように配線が配慮されてます。
湖西線からきた8:35発の普通列車に乗り次の駅へ向かいました。


つづく




にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 日本海縦貫線 北陸本線 湖西線

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

近江塩津、滋賀県に単身赴任中は、琵琶湖をぐるっと鉄道で回って帰宅したりして時々立ち寄った駅です。
駅は集落から離れていて駅前は寂しいですが、駅前を通る国道8号線は大型車が結構通過していきます。

Posted at 06:52:25 2012/12/08 by ぞうまさ

Comments

こんばんは。

近江塩津、分岐駅のわりにはかなり地味ですよね。

接続が悪くて1時間近くボーッとしていたこともありました。
僅か1分ほどの接続で隣りのホームにダッシュしたこともあります。
あの暗くて長い階段は地獄でした。

なにかと想い出深い駅ですが、けっこう気に入っています。

このあとも楽しみにしています。

Posted at 20:28:26 2012/12/08 by talkma

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。
滋賀県に単身赴任中は琵琶湖をぐるっと回り
近江塩津に寄ってたんですね。

集落から離れてるとはいえ国道8号線が通ってるので
トラック等がよく通過しますね。


Posted at 03:05:33 2012/12/09 by burning s

Comments

Re: こんばんは。

talkma さん

こんばんは。

近江塩津は特急が停まらない上、分岐駅の割に地味です。

接続時間が1分で長い階段を通って隣のホームにダッシュって
無茶ですよ。こんなん接続とは言えないです。

時間帯によっては列車の接続がなく長く待つのもしんどいですよ。

次回も楽しみにして下さいね。


Posted at 03:14:25 2012/12/09 by burning s

Comments

No title

こんばんは。

近江塩津駅は、是非とも降りてみたい駅の一つですね。

来年早々の田舎駅探訪第一弾で行ってみたいです。

地元の方には失礼ですが、降りて見ても、何もなさそうなところに、むしろ魅力を感じてしまいます。

Posted at 17:44:20 2012/12/09 by 愚夫愚父

Comments

Re: No title

愚夫愚父 さん

こんばんは。

気が早いですが来年早々の駅探訪レポ僕も楽しみにしてますよ。

何も無さそうなところに行くと意外な発見があるのが魅力ですね。


Posted at 02:55:02 2012/12/10 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks