2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

はくたか6号でほくほく線突破

 【19//2013】

越後湯沢から次は直江津へと向かいますが
ここからは特急はくたかに乗車するのですが少し時間があったので
少しだけ撮影しました。



北越急行の普通列車HK100系は単行車でありながら
加速がとても鋭いです。
ほくほく線内ではくたかがあのスピードで突っ走るから当然ですが・・・。
この車両以外に「ゆめぞら」というイベント用車両もありまして
ゆめぞら編成は転換クロスシートの車両です。
ヘッドマークは15周年の記念ロゴが入ってます。
俺が始めて直江津で北越急行の普通列車を見たときは5周年のロゴを見ましたが
あれから10年が経過したので時の流れの速さを感じます。
DSC03143_convert_20130110233453.jpg




今回乗車するはくたか6号は手前6両がHK683系後ろ3両がホワイトウイング編成であります。
俺が乗るのは前6両側です。厳つい顔で知られる683系の非貫通側ですが
北越急行の特急色に変えると印象が変わりかっこいいです
が俺は681系のほうが好きですが2015年春に北陸新幹線が開通したら
この勇姿が見れるかわからないので少なくとも後2年は約束されますが
それ以降はわからないという状況の中
北越急行がどうゆうジャッジを下すのか気になる所です。
DSC03150_convert_20130110233732.jpg




10:48に出発しましたがすぐに霧と雪の中に包まれ
どこに何があるのかわからない状態が続くのですがこの辺りを
通過するときは必ず見るスイスに行けばあるような三角型屋根の家が
見れるのですが今回はほとんどわかりませんでした(汗)
こうしてみるとこの地区が大雪地帯であるということがわかり
俺が日常では見れないような雰囲気に巡り会えたと言っていいでしょう。
DSC03155_convert_20130110233752.jpg




列車は11:00六日町を通過しいよいよ超高速路線の
ほくほく線に入り一気に加速しトンネル駅の美佐島駅もぶっ飛ばし
S字カーブの途中にある十日町を通過します。
一部のはくたかは停まりますが俺が乗った列車は通過し再び
下りながらトンネルへ突っ走って行きます。
十日町は2回下車したことがありますが1回目は長野から飯山線に乗って
ここまで来てここからほくほく線に乗って湯沢に行った思い出があります。
DSC03166_convert_20130110233934.jpg




長野県・新潟県を横断する信濃川はここから
長岡を通り新潟市・万代橋を通過し日本海へ流れてるのです。
そういえば長野県は先日の辰野リベンジで紹介した太平洋側に行く
天竜川と日本海側の信濃川と両川の拠点でもあったのです。
こちらも雪煙に巻かれ視界が非常に悪いです。
ここから長大トンネルの連続が再びはじまります。
DSC03167_convert_20130110234134.jpg



いくつかのトンネルを抜け9.1キロある鍋立山トンネルの真ん中にある
儀明信号所で停車しました。
出口間での距離はほぼ真ん中に位置してるのがわかります。
これはISO12800という超高感度でなんとか撮ることが出来ました。
犀潟側からホワイトウイング編成のはくたかと交換し再び加速していきます。
DSC03169_convert_20130110234321.jpg





そして平野部の高架区間のうらがわら・くびきの方でも
150キロ近く出ましたが実は序盤の魚沼丘陵を出てすぐの赤倉トンネル内で
いきなり160キロを出し瞬間で161キロの瞬間を見ました。
信号所のすれ違い後も151キロの瞬間を捉えましたが
最後まで2回目の160キロを捉えれなかったのは仕方ないにせよ
瞬間を見れたのは幸せです。
683系側はアナログ式で681系はデジタル式なのでこの瞬間を見たいのであれば
681系で9両編成で運転してる列車をお勧めします。
DSC03176_convert_20130110234402.jpg





くびきに近づいた時に見た山は頂上部分はしっかり雪が積もり
手前の平野部は田園地帯とのマッチングも素晴らしいです。
もっと山のてっぺんが高ければ上越新幹線の湯沢から浦佐にある八海山を
彷彿とさせますね。
DSC03174_convert_20130110234428.jpg



列車は犀潟駅で信越線と合流し11:37直江津駅に到着しました。


つづく



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


関連記事

Category: 北越急行

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : はくたか ほくほく線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

ほくほく線、一度乗ってみたいなぁ。

北陸新幹線が完成すると普通電車だけになってしまうんのでしょうか…

Posted at 04:22:57 2013/01/19 by ぞうまさ

Comments

No title

おはようございます。

北越急行ほくほく線は未だ未乗ですか、ローカル線の中では
頑張っている様ですね。最も、特急の利用が多すぎて、新幹線
開通後どうすんの…みたいな風に言われているので課題は多い
そうですが…

683系8000番台は、白地に赤の塗装で映えますね。
イタリアのフレッチャ・ロサっぽいと思います。

Posted at 10:26:20 2013/01/20 by KZ-1

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

返信遅くなってゴメンナサイ・・・。
こんばんは。

ほくほく線は新幹線ができる前に乗ってみるといいですよ。

完成した後は僕もまだわかりませんができれば残してほしいのが
本音です。

Posted at 23:30:25 2013/01/21 by burning s

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

こんばんは。

ローカル線の中では一番頑張ってるんですが・・・
元々特急の利用が多く乗車した当日も平日でありながら
かなりの人が乗ってて新幹線開通後どうすんねん・・・と思いながら
乗車してました。

683系8000番台は映えますが・・・イタリアのフレッチャ・ロサっぽいと
言われると微妙ですね(笑)


Posted at 23:42:21 2013/01/21 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks