2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

福井鉄道の新顔 FUKURAM1000系 

 【30//2013】

福井駅に戻って来まして市街散策と一緒に福鉄線の列車も撮ることに。



歩いて直ぐの福井駅前の通りから880系が停車中です。
かつて岐阜市内線を走ってた車両が2005年廃止と共に福井へと
やってきました。同僚であった780系は豊橋鉄道軌道線で活躍してます。
去年6月ぐらいに岐阜駅から歩きましたが中心街は歩けば歩くほど
楽しいですが郊外の大型店にやられっぱなしの状況を早く何とかしてと
言いたい時があります。
DSC04361_convert_20130707061441.jpg




場所を変えて駅前とフェニックス通りに繋がる
市役所前からも先程と同じ車両がやってきました。
つい1時間半前居た田原町に向かうのでした。
DSC04373_convert_20130707061949.jpg




市役所前停留所は交互になっててさっき田原町からきた列車と
これから向かう列車が交換をしてました。
ここでは田原町に行くのとそのまま武生へ行くのと見てて思うのは
運用が複雑だなというのを感じました。
DSC04374_convert_20130707062038.jpg



ここでのお目当ては
今年3月にデビューしたばかりのFUKURAMがやってきました。
事前に福井鉄道のHPをチェックして17:47に来ることを確認しました。
車内は富山で見たサントラムと同じシートが配置されてます。
DSC04366_convert_20130707061519.jpg





この時間は武生方面は逆行で光が直撃状態なので
駅舎側から撮るのがベストです。
夕方6時前ということもあり車の量も多く乗るので
交差点からこっちに来ないのを確認し隙を見ながら撮影してました。
DSC04369_convert_20130707063402.jpg



並行して街散策もしてたので続きは次回お伝えします。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: 福井鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 福井県 福井市 鯖江市 越前市 福武線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

市電の撮影。
併走する自動車との干渉が難しいですね。運次第かな。

Posted at 06:28:26 2013/08/30 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

市電の撮影は交通量によりますが車の来る
タイミングも読まないといけないので難しいです。

今回撮ったのが夕方時だったのですが
交通量が多くてもいい感じで撮れましたよ。


Posted at 22:36:54 2013/08/31 by burning s

Comments

No title

こんばんは。

福井市内にも低床式の新型車両が走行しているのですね。
最近増えてきましたね。
路面電車が身近な公共交通機関として再認識されていくようでうれしい限りです。

堺の方にも新型が導入されたようですが、いまだ見かけたことがありません。
こちらの方は、存続自体が危ぶまれているので、特に新型効果に期待しております。

Posted at 23:02:18 2013/09/01 by 愚夫愚父

Comments

Re: No title

愚夫愚父 さん

こんばんは。

この数年で低床式の新型車は更に増え福井市内でも導入されまして。
旧富山港線がライトレールとして生まれ変わってから
路面電車の新しい魅力を引き出したのではないかと思いますね。


堺市の新型車はネットでチェックしましたが存続が危うい中であるので
これを機に長く継続し続けて欲しいですね。



Posted at 04:26:08 2013/09/02 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。