2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

台風18号被害から復活までの飯田線運用

 【11//2013】

9月終わりのとある日台風18号の被害の影響による運用変更が
あったので豊橋駅に行きました。
撮影の数日後にネットのニュースやJR東海のHPでも知りましたが
10月10日に全面再開となったのです。



今回は運休中があった時の運用を見ていきましょう。
改札口の液晶案内には特急伊那路運休についての
情報が載ってました。運休となった当初は3か月程かかると
言われてましたが復旧工事を進めるうち橋の状態が良くこのまま
使えると判断した結果早期運転再開となったのです。
DSC04560_convert_20130928163416.jpg



在来線みどりの窓口等には復旧作業期間中は
このように代行バスの案内も貼ってありますが
本長篠から天竜峡は全区間の中でも列車本数が少ないだけに
貴重な足であることが改めて伺えます。
DSC04562_convert_20130928163459.jpg




5番のりばの浜松側に行くといつもなら伊那路として走ってるはずの
373系が停留してました。この光景はこの上にあるココラフロントに繋がる
ペデストリアンデッキから止まってるのが見えました。
写真を撮った時間を見て1号が天竜峡を過ぎ終点飯田に向かってる最中で
飯田から来る2号は豊橋に着く直前の時間です。
目の前にも渥美線があるのにいつも見ない光景なので微妙な空気が流れてるようでした。
DSC04570_convert_20130928163517.jpg



飯田線ホームにはいつもなら天竜峡行きの列車が
止まってますが運行できる最大区間の平岡行きと表示されてました。
普段見慣れない行先なのでこれはレアな表示です。
DSC04581_convert_20130928163626.jpg



さっきの写真で普通の表記にワンマンと載ってなかったので
ワンマン列車で使われてる運賃表は使われてません。
313系3000番台編成の飯田線運行で車掌がいる列車を見たのは
初めてだと思います。
DSC04582_convert_20130928163828.jpg



台風直撃した当日朝5時に目覚めて突風と強風の音の凄さに
寝ようとしても不安で寝つけられなかったのを覚えてますが
テレビで嵐山や福知山の川の氾濫は見てて自然の脅威というのを
さまざまと見せつけられた感がありました。


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: JR東海

Theme: 鉄道写真

Genre: 写真

Tags : 飯田線 伊那路 台風18号

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

飯田線、予定より早く復旧できて良かったです。
紅葉のシーズンにも間に合いましたね。

Posted at 03:50:17 2013/10/11 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

おはようございます。

こんなに早く復旧出来るとは思わなかったので
びっくりしてますが元に戻ってよかったです。

紅葉のシーズンもこれからですから楽しみですね。

Posted at 05:55:08 2013/10/11 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks