2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

真冬の北陸本線紀行2014  しらさぎ・北越を乗り継いで富山へ

 【30//2014】

2月15日

大変ながらくお待たせしました。

元旦復活旅から1ヵ月半経過した2月ど真ん中に旅をしました。
前日夕方から未明の午前4時まで仕事をし急いで家に戻り支度をし
懐かしい言葉の(笑)5時半出発で名古屋に向かいました。
名古屋からは7:12発のこだまで一路米原に向かいますが
出発前に必要なものを買い出した通り沿いに雪が残ってました。
この前日に積もったもので名古屋はそうでもありませんでしたが
そこから先は伊吹山に近づいていくにつれ白銀の世界へ向かいました。
DSC05280_convert_20140305163416.jpg



米原に着いて在来線ホームに向かう途中本来なら高松と伯備線通過中であるはずの
「サンライズエクスプレス」が一番遠くに停車していました。
新幹線ホームから見たことあるベージュと赤の色した車体を見た時
これは絶対撮らなくては(汗)と急いで端のホームまで向かいました。
この前日関東地区で大雪が降って30cm以上積もった所もあり
これがこの旅の波乱の始まりでありました。
夜勤専属の仕事をしてる関係帰り道の踏切などで見かかることが
ありましたがこんなところで遭遇するなんて・・・。
DSC05291_convert_20140305163532.jpg




8:09発のしらさぎ51号に乗る為北陸線ホームに向かいました。
5両編成で御馴染みの683系です。去年6月以来の御供となりますが
名古屋直通より米原発着の方が乗車回数が多いのも
付け加えておきましょう。
写真の露出設定をミスして白く飛んでしましました(汗)
DSC05299_convert_20140305163606.jpg



車内はこちらも御馴染みの風景で電球風の落ち着いた雰囲気であります。
この車両で疲れが酷い時に乗ったら居心地の良さでついつい
爆睡して車掌さんか清掃の方によう起こしてもらったこともありました(爆)
DSC05301_convert_20140305163637.jpg


冒頭でお伝えした首都圏を襲った雪の影響で乗り換え客待ちの為で4分遅れで
発車しましたがこの列車をよく利用して今まで
お休みが平日ばかりでいつも見かける出張で利用されるビジネスマンに
加え家族連れのグループも何組か見かけました。
敦賀駅は工事が進み新しい駅舎も完成に向かってますが
納得いく画が撮れなかったのでその場で消しました(泣)
北陸トンネルを出ると雪深く全く違う所に来たみたいでした。
目の前にトラックが北陸自動車道を走ってますが雪に負けないくらいの力強さを
ここで発揮してました。
杉の木も時期は過ぎましたがXマスや北欧のある場所のような
雰囲気を奏でてるかのようでした。
DSC05304_convert_20140305164401.jpg



米原から2時間かけ金沢までやってきました。
いつもならここで途中下車しますが今回はこのまま東へ向かいます。
次に乗る列車の待ち合わせの間には遅れていたサンダーバードが
湖西線強風の影響により米原経由で運行していたのを
事前に運行案内で確認しました。そういえば行き先案内で
いつも見ない臨時という表示を見たので予感はしてましたが・・・。
DSC05311_convert_20140305164426.jpg



ここからは特急北越3号に乗ります。
1年後に北陸新幹線開通後北越が廃止と叫ばれていますが
区間が短くなっても直江津始発でのリレー列車で
継続してもらいたいものです。
DSC05315_convert_20140305164508.jpg



車内はリニューアル編成ということで新車なみの
内装でしたが乗ったのを含めあとどれだけ活躍できるか
気になります。今月のダイヤ改正で「いなほ」に
E653系での運行が拡大されたので485系の活躍の場が
減りますがムーンライトえちごに485系3000番台を
持ってきそうな可能性も無いとはいえませんが
個人的には見てみたいですね。
もちろんATS等の問題がネックですが・・・。
DSC05314_convert_20140305164527.jpg



金沢駅を10:34に出発し30分しか滞在できませんでした。
出てすぐは曇り空でしたが津幡を出て倶利伽羅から
富山最初の駅である石動に着く頃雪が降ってました。
前回富山からここの区間乗ったときも雨からみぞれに
なったりと冬場は雨か雪の日本海側の風景を見ました。
DSC05319_convert_20140305165325.jpg



今回も長編になりますが前作より写真大盛りの?(特盛り?なんでやねん・笑)
楽しいレポにしたいと思いますのでご期待ください。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 日本海縦貫線 北陸本線 米原 金沢 しらさぎ 北越

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

国鉄時代から走り続けた485系、私にとっても思い出深い車両です。
会社勤めを始めて最初の赴任地が石川県、名古屋からしらさぎに泣く泣く乗って赴任しました。まだJRになる前の時代でした。

Posted at 20:27:38 2014/03/30 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

485系は国鉄時代から長い間走り続けてるのでみなさん
思い出深い車両でありますね。

僕が初めて485系見たのが名駅でボンネット車のしらさぎを見たのが最初でしたが
その年の春からスーパー雷鳥編成がしらさぎにやってきて次の年の春に
富山で489系を見るまでボンネット車とは無縁でした。

石川県に赴任した苦い?思い出の車両でありながらこれだけ長くお世話に
なるなんて当時は思ってもみなかったんでしょうね。

Posted at 01:29:04 2014/03/31 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。