2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

名立地区のマイステーション 名立駅

 【08//2014】

有間川駅訪問したのはよかったんですが
次の列車まで時間が空き過ぎの為時間消化と
用を済ませたいという理由で(何のために来たんや・笑)
糸魚川方面の列車で一つ前の名立駅に向かいました。



ホームは真ん中に通過線があり
新幹線の駅で見るような構造ですが右に緩くカーブしてて
山側のホームをよく見ると橋桁を活用してます。
DSC05663_convert_20140417000638.jpg



駅構内は広くトンネルに挟まれたところにあるので
いざという時に集電や保線関係の詰所を設けてたのでしょうか。
DSC05647_convert_20140417001315.jpg



有間川に向かう途中能生から11キロの頸城トンネルです。
途中筒石駅がトンネル内にありますが中を通過中は北陸本線名物の
蛍光灯とえげつない轟音を響かせながら列車は爆走しています。
しかし来年春の3セク化に伴いキハ122系ベース車が導入されますが
ディーゼル車から出る排気ガスの対策はとってるのか気になります。
列車がここに発着する時はトンネルの中から出入りしてるので
トンネル内で徐々に加速していくので轟音響かすまで時間がかかるので
他の区間とはちょっと異なる点がありますね。
DSC05666_convert_20140417001357.jpg



ホームから階段を下りると各ホームの通路があります。
よく見ると壁に1968-5という印がありまして1968年5月に出来たもので
この時期に複線・電化されたのではないかと推測されます。
実際のところ1969年10月に完全複線となった路線でありますが
JR北陸本線としては45年間活躍し来年春からえちごときめき鉄道として
あらたなページを開こうとしてます。
DSC05652_convert_20140417002417.jpg



前回2005年7月に来た時は業務委託駅でしたが
ご覧のとおり数年後に完全無人駅となりました。
しかし名立駅周辺の地域の方々による「マイ・ステーション作戦」を創り
駅を末永く存続して行こうという取り組みを行ってます。
窓口跡は本来壁で閉鎖されて寂しいんですがここでは
ギャリースペースとして絵を展示していました。
URL貼りましたのでこちらもご覧ください。
http://nadachi.exblog.jp/i22/
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/343/414/tayori04p2-3.pdf#search='%E5%90%8D%E7%AB%8B%E9%A7%85+%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3'
DSC05657_convert_20140417002512.jpg



待合室の一角には駅で撮った四季折々の風景写真が
展示されてます。
この時期は桜の季節は先でしたがこの春は北陸線として
最後の413系と桜の写真を撮られた方もいらっしゃったでしょう。
それだけに経営分離は再三再四で申し訳ないのですが
するべきじゃないと思います。
DSC05655_convert_20140417002537.jpg




駅舎はここから見るとコンパクトに見えますが
実際は駅事務所で横長です。
階段の所に黄色の囲ってる所にはプランター用の花が
2つ設置されてただけでしたがこの記事を更新する今の時期は
階段の所に沢山の花が飾っているでしょう。
DSC05660_convert_20140417002601.jpg



海側を見ると北陸自動車道が通ってて
真下には名立川が流れています。
構造としては部分的に高架橋もある駅と言っていいでしょう。
DSC05664_convert_20140417002648.jpg



滞在時間は大よそ30分ほどでありましたが
長大な頸城隧道から413系がやってきまして
今度は正真正銘リアル?北陸色が来まして
北陸本線最後の区間を通過して行きます。
DSC05668_convert_20140417002710.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 日本海縦貫線 北陸本線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

3セク化で413系電車からキハ122単行メインですか。

ずいぶんと変わるものですね。
導入車両をECにするにはコストがあわなかったのですね。

閑散区間での運命といえばそうなのかもしれません。

そう言えば、昔、近江鉄道が一部レールバスを導入したけれど、
結局お払い箱に成り、全て電車に回帰したことがありました。
あちらとはおかれている環境も違うのでしょうが。。。

Posted at 23:55:15 2014/05/08 by ふぐにさん。

Comments

おはようございます。

電化区間の気動車化についてですが、北陸本線は交流電化の区間があり、電車を走らせるとなると高価な交直流電車が必要になるだけではなく、交直流電車や交流電車は機器の搭載スペースを確保しなければならず、単行運転ができないといった事情もあります。
そのため過去に3セク化された交流電化されている肥薩おれんじ鉄道も気動車で運行されているので、コスト低減には気動車化しての単行運行が一番望ましいのでしょう。

Posted at 07:37:41 2014/05/09 by 皆神超新鮮太子

Comments

Re: No title

ふぐに さん

はたまた返信遅くなってごめんなさい(大汗)

3セク化でキハ122単行がメインになるので輸送量も
大きく変わるのと交直流車のコストの問題もはらんでて
かつ糸魚川から直江津はに人口規模が小さい地域で
見合った車両を導入するしかなかったのですが
せめてキハ127・2両は欲しかったかなと思います。

ネットで調べましたが近江鉄道のレールバスはコスト削減するはずが結局
意味無く電車に戻ったんですよね。
北陸本線から3セクに移行し悪いことがおきなければいいのですが・・・。

Posted at 05:34:31 2014/05/10 by burning s

Comments

Re: おはようございます。

皆神超新鮮太子 さん

おはようございます。

そうなんです。北陸本線は交流区間もあって交直流車の
コストがネックで交直流車と交流車の機器類は屋根に搭載してる量が
直流車に比べ多いです。

交流電化された区間で肥薩おれんじ鉄道や
JR羽越本線の村上から鶴岡・酒田もディーゼル車で運行してますね。
3セク移行後単行運転しますがキハ127やキハE120のように
2連でもよかったかなと思いますが如何せん人口規模が少ない地域ですので
そうするしかなかったかもしれませんね。

Posted at 05:41:48 2014/05/10 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks