2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

養老鉄道ミニ乗車記-2 桑名→多度・養老→西大垣

 【25//2014】

桑名から養老線に乗りのんびり揺られながら最初に降りたのは多度駅です。



駅舎は多度大社を模したもので
日曜朝でタクシー1台が停まってるだけで人気もなかったです。
桑名駅出てから近鉄名古屋線と関西線は並行してますが
養老線は別れて走りのどかな風景が待ってました。
DSC05832_convert_20140511195503.jpg



ホームは2面3線ですが3番のりばは使われておらず
実質2面2線しか使われてません。
ホームと改札は踏切で繋がってますが降りたのは数人で
のんびりとした空気が流れてました。
DSC05826_convert_20140511195952.jpg



次の列車が来る直前これから向かう方面から
桑名行きが来ました。養老線の桑名から大垣間は
40分に1本とよくわからないダイヤ設定してます。
本来なら30分に1本ですが時間帯によって1本と2本と
交互に分かれてて時刻表見ても撮影でゆっくり撮れる利点が
あるのですが・・・。
DSC05833_convert_20140511200942.jpg




三重県から岐阜県と県をまたぎ養老山脈が近づいてきました。
車内から撮ったのかPM2.5の影響からかわかりませんが
幾分空が霞んでるように見えました。1月に大垣来た時のように
澄んでたのを期待してたのですが・・・。
DSC05837_convert_20140511202723.jpg



多度から35分ほどで養老駅に着きまして対向列車
の行き違いで4分ほど停車するのでホームで少し撮影しました。
改札口のあるホームにはたくさんの瓢箪がぶら下がってましたが
ここに来た人をお出迎えしてるようでした。
DSC05839_convert_20140511202958.jpg



水色のラッチは臨時・多客用に利用するのでしょうか。
DSC05838_convert_20140511203928.jpg



養老のお隣が美濃高田駅です。
パッと見何も無く道路が整備されてるように見えますが
この駅から歩いて10分位の所にミズノ テクニクスという
工場があります。
ここではプロ野球選手が使うバットを製作しています。
この4月に引退したバット作りの名人である久保田五十一さんが
幾多の名選手のバットを生み出されたのもここです。
http://www.mizuno-technics.co.jp/index.html
http://www.mizuno-technics.co.jp/works06.html
DSC05841_convert_20140511203029.jpg



西大垣駅が近づきひとつ前の駅を出てからは
東海道新幹線の高架をくぐります。
その前には名神高速も通過してますね。
車がちょうど止まってましたがもうちょっと早く狙って撮っても
よかったかな・・・。
DSC05845_convert_20140511203047.jpg


途中には高架駅もありローカル線なのに流石元近鉄の路線だなと思いながら
西大垣駅に向かいました。


つづく



ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: 養老鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 近鉄 養老鉄道 三重県 岐阜県

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

美濃高田駅が養老町の中心地の最寄り駅です。

高架線は河川改修結果のものかな…

Posted at 04:35:28 2014/05/25 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

養老町の中心地は養老駅だと思ってましたが・・。

高架線の前後の河川を列車から見たのですが改修された形跡を
見た記憶があります。

Posted at 22:34:38 2014/05/25 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks