2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

山陰本線 餘部駅

 【06//2014】

前回のつづき・・・。


鎧駅を過ぎたら短いトンネルと洞門が続きつつ綺麗な海岸を眺めれます。
DSC06696_convert_20140713153000.jpg


少しだけカーブしたのち出来立てのようなきれいな橋を渡り
続いてる海岸と民家が立ち並ぶ集落が見えて来ました。
DSC06699_convert_20140713153042.jpg



その先には2010年に役目を終えた鉄橋の一部分が見えました。
DSC06701_convert_20140713153250.jpg



そうです、次にやってきたのは餘部駅であります。
2010年夏にホームと橋が全面改築されて新しく生まれ変わりました。
前回来たときは鉄橋がバリバリの時で線路が反対側についていたのを
覚えています。
DSC06713_convert_20140713153413.jpg


コンクリート打ちっぱなしの待合室は街中であれば
おしゃれに見えますがちょっと場違いな感がしますね(苦笑)
デザインは悪くないですが・・・街中と田舎じゃ雲泥の差です。
DSC06715_convert_20140713153509.jpg


ホームの一角には鉄橋の一部を活用したベンチが
設けられてます。
この色を見るとあの橋って覚えてる人も間違いないでしょう。
DSC06737_convert_20140713153535.jpg


餘部駅にかつて架かってた鉄橋が役目を終えましたが
去年「空の駅」をして生まれ変わりオープンしました。
下につながる歩道と4年前の夏まで使われた線路が入口です。
DSC06704_convert_20140713153608.jpg



その先には門があり高さ40mの鉄橋を歩くことが出来
ベンチに座って日本海と周辺の風景を見ることが出来ます。
冒頭の写真のとおり好天で日本海の波も穏やかで初夏の
綺麗な風景を眺めれたでしょう。
DSC06708_convert_20140713153737.jpg



橋梁の高さが実感できる窓があり枕木も
残ってますが高いところが苦手な俺は下を見ただけで
ぞっとしてしまい足がすくみそうでした(笑)
これじゃあべのハルカスとか登ったらえらいことになりそう・・多分?
DSC06710_convert_20140713153847.jpg


その先には現地保存された鉄橋に向かいます。
役目を終えるの100年近く山陰地区の鉄道輸送を支えてきた
偉大な鉄橋です。現役としては1度だけ通っただけで
2回目が2011年9月と新しい橋になって1年後のことでした。
DSC06711_convert_20140713154121.jpg


次の列車まで時間があるので下にある
道の駅と公園に向かうことにしました。
DSC06705_convert_20140713154202.jpg


つづく

ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陰本線 餘部鉄橋 道の駅あまるべ

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

おはようございます(*'-'*)ノ
高所恐怖症の私は、あんな鉄橋が途中で切れてる写真を見ただけで心臓が痛いですv-12イタタタタ
夢見るかも知れませんv-12

また「空の駅」って、石を危ない所に置いてありますねΣ( ̄ロ ̄lll)
土砂崩れとかで落ちたら…v-12う 心臓が…

Posted at 08:58:45 2014/08/06 by 凛丸

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 21:51:44 2014/08/06 by

Comments

Re: No title

凜丸 さん

こんばんは。

鉄橋は途中で切れてるように見えますがフェンスも付いてるのですが
橋梁の高い所から真下を見下ろせる窓が個人的には
一番怖かったです(大汗)

土砂崩れがあっても新しい線路の所に壁を作り崩れないように
工夫がなされてると思います。
がもしもの時は運休にしてますが・・・心臓に悪い人には
厳しいですよ(笑)

Posted at 00:13:15 2014/08/07 by burning s

Comments

おはようございます。

余部鉄橋と言えばやはり赤色の旧橋をキハ181のはまかぜが駆け抜けていくイメージが強いですね。

かつて家族で旅行した際に某番組で紹介された鉄橋の下にある民宿に泊まって今は亡きブルートレインの「出雲」の通過を見ました。
安全面か見ると架け替えは仕方がないと思いますが、現在のコンクリート橋は昔を知る者にとってはやはり味気ないと思ってしまいますね(笑)

Posted at 07:49:34 2014/08/07 by 皆神超新鮮太子

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 20:23:14 2014/08/07 by

Comments

Re: タイトルなし

皆神超新鮮太子 さん

返信遅くなってすみませんでした(汗)

旧餘部鉄橋といえば赤い鉄橋を客車や旧型のはまかぜが
通っていく印象が強いですね。

鉄橋の下に民宿で思い出しましたがすぐ隣に喫茶店があって学生の時
お昼ごはんをそこで食べた記憶があります。
現地でも健在でしたのでこれからもこの地域を支えてほしいですね。

安全面や冬場等日本海側から来る強風で運行の支障を考えると
しょうがないかなと思いますが・・・どことなく物足りない感は
否めません(苦笑)

Posted at 04:29:03 2014/08/09 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。