2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

若桜鉄道 若桜駅構内の転車台

 【18//2014】

前回のつづき


若桜駅で駅の撮影を続けSL転車台があるので見物に行きました。


300円の入構券を買うと入構許可証に硬券にパンフレットが
ついてきます。
ついでに郡家駅までの切符はDD16導入記念の写真つきでした。
現在SL運転実現に向け随時準備が進められてるのが感じられます。
DSC06895_convert_20140802063618.jpg



右側にある通路から入構券を持った人だけが場所です。
その向こうには行った道の駅があります。
この先はもちろん未知のゾーンですがパンフレットを参考にしてても
どんなのか楽しみな自分がいました。
DSC06869_convert_20140804012448.jpg


この奥が若桜鉄道線の車止めにあたる所です。
郡家からここまで来て本当の終着場所には客車らしきものが
停留してました。隣には車庫か倉庫らしきものが
設置されてるのでしょうか。
DSC06879_convert_20140804020207.jpg



ここからが本題で1番目が構内の南東方にある小さな木造平屋建ての
諸車庫です。線路側を開放し中は線路の点検用の軌道自転車と
保線資材を運ぶためのトロッコが設置されてます。
小さな小屋といってしまうのも悪くないですが線路関係を支えてるものが
ここに保管されてるということですね。
DSC06885_convert_20140804012637.jpg



線路を分岐させる分機器を操作する装置があるところに
小さな小屋らしきものがありますが現在は物置として使われてますが
ここも1930年と1951年に造られた建築物です。
DSC06894_convert_20140804013857.jpg



一角にはたんぽぽが綺麗に咲いてますが
目の前には構内の線路に平行し南東から北東に向け
設けられた278mの導水路で冬の雪降雪期や構内で除雪
された雪を流す為の水路です。
今の時期でも水が流れてるので変わりはありませんが・・(笑)
DSC06889_convert_20140804012816.jpg


綺麗な木造の車庫と車止めの線路がありますが
ここにはSLトロッコが中に入ってます。
が外からみてなにか入ってるなと思ったらここには
展示されてないものがありいつか実現するであろう
SL運転に向け定期的に体験乗車もしています。
あいにくこの日は運転してませんでしたが構内を
ゆっくり見たい人にはこの方がいいかもしれませんね。
DSC06892_convert_20140804014138.jpg




最初の記念乗車券の写真に載ってたDD16-7は
総合鉄道研究所に留め置かれてたのが去年やってきました。
初めて見ましたが塗装も含め綺麗な状態で保管されてるのですが
北海道で見れるDD51等に比べ横の長さがコンパクトに見えますね。
DSC06877_convert_20140804020740.jpg


ここの主役1個目はSLC12-167であります。
残念ながら外から見ましたが大きくは無いものの
駅構内にいるだけで現役の運転してる車両よりも存在感が
果てしないくらい大きいです。
実際1944年から46年頃鳥取機関区に在籍し若桜線も
走ったこともあるので実現すれば約70年ぶりに運転が
実現することになりますがそれはいつの日になるんでしょうか。
DSC06881_convert_20140804021631.jpg


次はお隣にある給水等でここも駅が出来た
1930年に建てられたものです。
北陸線や天浜線で見たものとは違い鉄筋コンクリート造で
頑丈そうに造られたなというのが率直な所です。
DSC06882_convert_20140804020712.jpg



若桜鉄道近代文化遺産の主役といえばこの転車台でしょう。
機関車を載せるプレートガーターは人力で回します。
通常は何かしらの機械で操作するものと思われますが
若桜駅は人の力で行われてます。
実際にここでこの設備の操作も体験することが出来ます。
若桜駅まで来ると駅構内全域が若桜鉄道の開業時から現在までが
詰まった歴史と文化をここで味わえる施設なので皆さんも機会があったら
若桜鉄道に乗り駅と転車台構内は訪問してみて下さい。
DSC06887_convert_20140804021714.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事

Category: 若桜鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 鳥取県 若桜鉄道 第3セクター 転車台 SL

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

SLが復活するといいですね。

おはようございます。
C12は普段若桜駅の構内で展示されており、入構券を買うと見学できるんですね。

確かにSLな体験乗車がある日だと人が多くなってのんびりできないので普通の日に行った方がローカル線の醍醐味を味わえそうですね(笑)

実は私も9月のシルバーウィークにサンライズが取れたら中国地区へ旅行しようと計画しており、若桜鉄道にも乗車してこようと思っています。SL復活に向けて入場券やグッズなどを現地で購入して微力ながらも若桜鉄道へ支援できたらいいと思っています。

Posted at 07:46:12 2014/08/18 by 皆神超新鮮太子

Comments

Re: SLが復活するといいですね。

皆神超新鮮太子 さん

返信遅くなってすみません。

入構券を買うと見学出来る所なのでC12やDD16-7は
気軽に見れますね。

SL体験乗車のない日に行くと人が少なくゆっくり見れるので
自由に回れますがこれがある日だったら記事の写真のようにいっぱい
撮れなかったかもしれませんね(笑)

9月の3連休にサンライズが取れて若桜鉄道に乗れた暁の
若桜鉄道記楽しみにしてますね。

Posted at 05:04:39 2014/08/20 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。