2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

南海高野線-2 紀見峠駅

 【22//2014】

前回の続き。

河内長野駅から次は橋本方面に向かいますが
途中で立ち寄りたい駅があったのでそちらに向かいます。


急行橋本行きは元祖?ステンレス、片扉の6000系です。
高野線は橋本までしか乗り入れができない車両がありそのひとつです。
DSC07487_convert_20140827231457.jpg



三日市町・美加の台近辺は南海が宅地開発し
マンションや住宅街を形成しています。
この辺りは単線でしたが1980年代前半に複線化された路線ですが
徐々にのどかな風景が続いていきます。
DSC07492_convert_20140827234824.jpg



天見駅を過ぎると紀見峠トンネルで大阪府から
和歌山県に入ります。橋本までの駅間は2キロありませんが
この間はいちばん長くそれでも3.7キロといちばん長いです。
これでも短く本線のみさき公園から孝子は4.4キロあります。
DSC07497_convert_20140827234852.jpg



河内長野から15分橋本へ行く前にどこか途中下車したいと思いましたが
紀見峠駅に着きました。
学生時代乗ったことある区間ですが下車が叶わずようやく実現しました。
DSC07503_convert_20140827235030.jpg



ホームは相対式で軽くカーブしています。
ここも1983年頃複線化されこの時に新しいホームになりました。
千早口駅から続くカラー柵シリーズの締めの駅で?ここは
薄い緑色が塗られてます。
DSC07500_convert_20140827234934.jpg


高野線の時刻表はかつて来たときに比べ減ってて
なんばから橋本までと橋本から高野山に向かう列車と
別々に分かれてるのと林間田園都市止まりの列車も設定されてます。
DSC07505_convert_20140827235159.jpg



ホームに人気もいなかったこともあり当然のことながら
無人駅です。枯れた感じの木造駅舎が建ってましたがこのあたりに来ると
複線化されたとはいえ昔の建造物が随所で残ってます。
自動改札の設置を見てもこの後訪問する駅で見ましたが
無理やり突っ込んだ感は否めませんね(笑)
DSC07508_convert_20140827235554.jpg




駅前には小さな商店があり営業前か確認できませんでしたが
長い間駅前を見守ってきて旧単線時代も見て生き証人的な感じがします。
DSC07510_convert_20140827235621.jpg


駅前は案の定のどかな風景を形成してるようですね。
山の上には紀伊見荘という日帰りで温泉を利用出来る宿があり
ここから歩いて5分で行ける隠れたスポットであります。
DSC07499_convert_20140828000625.jpg



紀見峠駅を出て次は宅地開発ではいちばん規模の大きな
林間田園都市を過ぎ住宅地と学生時代に来た時には見ることがなかった
新しい道路と並走していきます。
そういえばこの先に和歌山自動車道という高速道路も出来て
道路の整備がえげつないくらい進んでるのを目の当たりにしました。
DSC07519_convert_20140828000648.jpg



御幸辻駅を出ると橋本駅が間近ですがその前に
小原田車庫があり11000系や6000系達が列車の運用に向け
準備されてるか運用を終えて戻ってるようですね。
DSC07520_convert_20140828001241.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 南海

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

南海にはいい意味でも悪い意味でも渋い駅舎がたくさん残っていますね…

関西にいるときもっと訪れておけばよかった。

Posted at 08:27:47 2014/09/23 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

おはようございます。

南海の木造駅舎はたくさん残ってて更に登場します。

次の記事以降渋く・風情ある駅舎が出てきますが
いつか行く機会があれば参考にしていただけると幸いです。

Posted at 07:27:58 2014/09/24 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。