2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

南海高野線-5 紀伊細川駅

 【28//2014】

前回のつづき。

高野下駅の訪問を終えこれから山岳線初乗車区間に行きます。


橋本方面から来た列車はここでも2000系で
4編成しかない2300系はここでは見れませんでした(泣)
DSC07603_convert_20140901020557.jpg



高野下から先はまさしく険しい道のりが待ってて
ここから50‰の急勾配と急カーブそしてレールが軋む音が
続く難所の中の難所いわば「こうやの獣道」あります。
学文路駅から高野下駅は序盤戦といった感じで高野線山岳区間の
本当の意味でのスタートはここからです。
DSC07605_convert_20140901020627.jpg



隣の下古沢駅は列車交換ができる駅でしたが
利用されなくなり現在唯一の棒線駅です。
レールは剥がされましたが使われなくなったホームが現在も
残ってて在りし日の列車が止まったのを思い出させてくれる所です。
DSC07609_convert_20140901020910.jpg



列車はさらに登っていき途中には集落が見えますが
駅からここまで行くのに相当時間がかかりそうな感じがして
森の風景といい凄い所に来たなとこの時思いました。
DSC07614_convert_20140901025916.jpg



次に降りたのは紀伊細川駅でした。さっき乗った高野下が108m
ここは363mと僅か6.4kmで約260mも登ってきたのです(驚)
中央本線で中津川が360mに対し奈良井が930mと570m登ってきたのを
思い出しますが場所的にも中津川駅と同じくらいの標高にある駅です。
DSC07619_convert_20140918035209.jpg



相対式17m4両編成の車両が停車する分の長さで
右に緩くカーブがかかっています。
DSC07622_convert_20140901021910.jpg


橋本方面はすぐにトンネルが待っています。
33の標識がありますが制限速度の表記で急カーブが
続いてるとこのようにスピードもあげれずかといって
ゆっくり走ればいいというものでもありません。
橋本駅の人が言うにはこの区間はかなりの熟練者でないと
この区間の運転は難しいと聞きました。スピードがありすぎて
ATSが作動することがあり運転手にとってもタフな路線ですね。
DSC07621_convert_20140901021932.jpg



停車してる列車とはこのように隙間があり気をつけなければなりません。
DSC07618_convert_20140901022905.jpg



立地の関係でスペースいっぱいの所に
深みのある味わいの木造駅舎が建ってます。
これを撮るのには少々苦労しましたが16-105のレンズが
発揮出来る限りの力は出せたかなと・・・。
DSC07625_convert_20140901021958.jpg



ここから下に行くには急な階段を下りなければならず
まさしく断崖の上に建つ小さな天空の駅と言っていいかも
しれません。
DSC07623_convert_20140901022018.jpg


ここからの眺めは絶景という言葉が当てはまる位の
素晴らしい眺めでした。
小さな集落がありますが駅まで行くには急な登りを
上がらなければならず南海の前回の中で100位中98位と
3番目に利用者が少ない駅で秘境感満点の駅であります。
DSC07627_convert_20140901022037.jpg



おーっと目の前には可愛らしい猫が何匹か居ました。
傾斜面上にいる子猫ちゃん達はここに来る人たちを出迎えてるように見え
ほんわーかした空気が感じられました。
DSC07626_convert_20140901022124.jpg


利用者が少なくとも夜間を除きここは有人駅です。
自動券売機がないので切符は窓口で購入します。
自動改札がこの沿線のほかの駅同様無理やり突っ込んでるように見えますね(苦笑)
駅舎内もこれまたいい雰囲気ですね。
DSC07628_convert_20140901022157.jpg


ここまで来たら次は終点・高野山駅へ行くしかありません。
DSC07631_convert_20140901030715.jpg


つづく

ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 南海

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 南海電鉄 高野線 和歌山県

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

高野線の山岳線、いいですね。
もう20年以上乗っていません。
橋本までなら、乗車する機会はあるのですが。

20年前に友人と特急こうやで高野山まで行った際、
ずんずんと高野山へ向けて進む電車の車窓を眺め、
友人が「俺はなんてところに連れて行かれるんだ・・・」と
絶句していたことを懐かしく思い出しました。

Posted at 00:42:43 2014/09/29 by ふぐにさん。

Comments

No title

高野山は何度か電車で行きました、いつもこの界隈の駅で途中下車したいと思っていましたが、未だ実現していません…

Posted at 01:45:44 2014/09/29 by ぞうまさ

Comments

No title

こんばんは。

いや~良いですね。正に山の中、という感じで。
凄いのはこういう日本の原風景みたいな所にもちゃんと鉄道が通っていて、しかも駅もあるっていうことだと思います。

こういう駅のベンチに座り、風景を見ながら駅弁なんか食べたら旅情出るでしょうね。

Posted at 02:34:35 2014/09/29 by KZ-1

Comments

Re: No title

ふぐに さん

こんばんは。

高野線の山岳線通しで乗ったのは初めてでしたが
風景といい駅舎といい良いとこいっぱいの路線ですね。
少し手を入れたところがありますが20年前と大きな変化は
ありませんでした。

僕も高野下から先は初めて乗りましたがレールの軋む音と
森と山に囲まれて崖の上を走ってるみたいでふぐにさんの友人と
同じ気持ちで「俺はこんな所を通ってどこ行くんやろぉ」と
思いながら乗車してました(笑)

Posted at 02:52:43 2014/09/29 by burning s

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

橋本駅から極楽橋駅までは素敵な木造駅舎の残ってる駅が
ありますので途中下車が実現してないのであればぜひ訪問してみては
いかがですか。

昔の風景が現在残ってる数少ないエリアですね。

Posted at 02:56:55 2014/09/29 by burning s

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

こんばんは。

高野下から先は本当に山と森の中にある路線ですね。
原風景の中に鉄道が走っててかつ駅が殆ど崖みたいな所に
あるというのはよくここに線路敷いたなと感じました。

流石。この界隈の駅はベンチで風景見ながら駅弁食べるのには
最高のエリアですよ。

Posted at 03:02:42 2014/09/29 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。