2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

南海高野線-6 ケーブルカーで高野山駅へ

 【30//2014】

紀伊細川駅から列車に乗り終点の極楽橋までやってきました。


高野山駅訪問した後駅の撮影をするので
とりあえずケーブルカーのりばへ向かいました。
標高539mありますがさらに急な所を通過するので
驚いてはいけませんが・・・
因みに・・・鉄道からここまでの標高差が4mあります。
DSC07645_convert_20140901031549.jpg



南海高野線からのたくさんの乗客がこっちにやってきたので
俺は次の列車に乗ることにしました。
真中はスロープでバリアフリーにも対応しています。
のりばの階段が急なのでこうした設備があるとありがたいものですね。
DSC07640_convert_20140901031604.jpg



ケーブルカーのりばの上から見下ろしてみますが
傾斜が結構あり降りるときも足元踏み外さぬように
しないかんですが俺位の年であれば大丈夫です(笑)
DSC07647_convert_20140901031703.jpg



高野山駅から来た列車に乗って上へ上ります。
色は特急・こうやの赤白を継承していますね。
ここでも南海高野線クオリティーをいかんなく発揮してるように
見えます。
DSC07648_convert_20140901031744.jpg



乗車してすぐにはなんと333‰の急な登りが待ってました。
この上り下りは1本の頑丈なロープで支えられています。
DSC07650_convert_20140901031923.jpg



途中には東京スカイツリーと同じ高さの634mの
標識もありました。まだまだ先なのにスカイツリーより
高い所に行くのはわかってましたが・・恐るべし。
DSC07652_convert_20140901031940.jpg


途中単線でいう行き違いの場所もありさっき行った列車が
今度は降りてきました。
行きは楽ですが下りの落ち方がすごそうやから恐怖感が
この後乗る時襲ってきました。
DSC07653_convert_20140901032017.jpg



乗車時間5分で本当の?終点高野山駅にやってきました。
改札に行くにはここでも極楽橋同様急な階段が待ってます。
目の前には世界遺産高野山・歓迎の看板が出迎えてくれました。
DSC07659_convert_20140901032136.jpg



終着駅の標高は867mあり極楽橋ケーブルカー乗り場から
約330m駆け上がってやってきて到着直前には500‰の登りを経てます。
電車線で50に対しその10倍の急勾配を登って到着するのです。
DSC07657_convert_20140901032215.jpg


改札は出口・入口専用に分かれています。
それにしても案内のレトロさが半端なく昭和の鉄道の
香りが残ってるのは良いですが自動改札が味気ないですね(苦笑)
が出口には多客期に備えの有人ラッチが2つ残ってました。
とりあえず階段で上がります。
DSC07662_convert_20140901032322.jpg


階段を上がると待合室がありカーペットがこの中の
重厚さを引き立ててます。
中には高野山の展望と高野山の歴史が展示されてまして
開通時のモノクロ時代から現在の写真といかにして
造られたのかが知ることができます。
DSC07665_convert_20140901032343.jpg


展示物には地元の方が撮った高野山の写真が展示されて
有名な根本大塔から四季折々の風景をここで見れます。
本当はバス乗って散策しに行きたかったんですが
今回断念しました(泣)
DSC07670_convert_20140901032538.jpg



高野山駅は1930年6月開業。木造2階建ての寺院風宝形造の屋根が
印象的な駅舎であります。世界遺産に登録された翌年の2005年に
「登録有形文化財」にされました。
高野線から続く木造駅舎シリーズの締めくくりとしては最高峰にして
大将的な感じがして870mの所にどでーんと構えてる感じですね。
DSC07673_convert_20140901032513.jpg


標高90mの橋本市でも結構熱かったんですがここの駅舎内の気温を
見たら23℃でした。
7月の後半真夏の時期の訪問は言われることが少ないですが避暑地としての
活用もできるんじゃないかと俺は現地で感じました。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 南海

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 南海 ケーブルカー 高野山

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

高野山、標高高いですね。
GWに行ったら遅い桜。文化の日界隈に行ったら早い紅葉、を見たことがあります。

Posted at 03:17:15 2014/10/01 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

この標高ですから桜が満開になるのが遅く紅葉は早めに見頃を
迎えてしまうんですね。

この界隈の四季をいずれ見に行きたいと思っています。

Posted at 19:39:27 2014/10/01 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。