2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

南海高野線-7 極楽橋駅

 【02//2014】

高野山駅からケーブルカーで下りて次は極楽橋駅に戻りました。


ほとんどの乗客はケーブルカーに乗り換えるので
申し訳程度小さな入口があるだけです。
が木造駅舎の雰囲気は他の駅と変わらず素晴らしいです。
晴れてるので緑も綺麗ですね。
DSC07684_convert_20140904035433.jpg


駅出てすぐには不動谷川が流れています。
ここも高野線山岳線同様クネクネカーブを曲がりながら
紀の川へ流れていきます。
DSC07686_convert_20140904035505.jpg



ケーブルカーと高野線を結ぶ連絡路を外から見ると
たくさんの風鈴がつけられて涼しむことができます。
風鈴と聞くだけで夏の風物詩の一つでもあり暑さをしのぐのも
良いですね。
DSC07689_convert_20140904040928.jpg



改札に入りコンコースに戻ると各駅の絵で描いた地図が
展示されています。
手作り感満載にして周辺のことが描いてあります。
DSC07691_convert_20140904041238.jpg


のりば案内は昔の電照式が健在で
フォントも昭和の雰囲気満載でありました。
が極楽橋駅のコンコース美装化工事が行われることが
この時に発表されて8/3から10月末まで施工することがわかりました。
次訪問時には無くなってるかは現段階ではわかりませんが・・・。
DSC07690_convert_20140904043023.jpg



ホームは特急のりばと普通列車のりばと2線ずつあり
特急側は列車がある時のみ入ることが出来ます。
DSC07692_convert_20140904041305.jpg



2番のりばの電照式も次来た時はもしかすると
換えられてるかもしれませんが残ってることを祈りたいと思います。
DSC07696_convert_20140904042202.jpg


これからなんばに戻りますが思い切ってこうやに乗ります。
今回は30000系にあたりましてこれで3形式制覇しました。
先頭は展望席もあり1980年代・列車のトレンドですね。
今の時代でもこうした車両がもっと出て来ていいはずですが・・。
DSC07699_convert_20140904042642.jpg


座席のシートやリネンの色は落ち着いててラピートや
サザンプレミアムを除き共通のものが使われてますが
高野線特急の照明が荷物棚の所にもつけられてちょっとした
演出を行ってるように見えますね。
DSC07705_convert_20140904042709.jpg


険しい下り勾配と急カーブを駆け抜け橋本駅に着く直前朝乗った時
混雑してて撮れなかった紀の川の鉄橋からの風景を撮れました。
青空と緑色の川の色が素晴らしい色しています。
DSC07711_convert_20140904042825.jpg


朝から乗り続けた南海高野線を巡りを終えこれから大阪市内へ戻ります。



いつも当ブログご訪問ありがとうございます。
9/30で30000アクセス達成しました。年明けに20000達成し
こんなに早く到達するとは思いませんでした。
これからも変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 南海

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 南海 高野線 こうや

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

極楽橋駅。

見事なまでの「何もない」感がすばらしいです。
旅心がくすぐられますね。

30000系電車の客室内照明。
昔ながらの高野線の伝統、でしたっけね。
古いズームカーも、確か照明は3列でした。
懐かしい。。。

Posted at 00:07:18 2014/10/03 by ふぐにさん。

Comments

No title

極楽橋駅。駅前には何もありませんね。
高野山駅から極楽橋駅まで歩いたことがあります。

Posted at 05:35:24 2014/10/03 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ふぐに さん

おはようございます。

見所がないといってしまえばそこまでですが・・・(笑)
極楽橋駅の雰囲気だけでも訪れたくなるだけの
旅心がくすぐられますね。

30000系の客室は高野線の伝統を引き継いでいますね。
古いズームカーの照明が3列あったのをネットで見ました(ごめんなさい・・)

Posted at 06:14:40 2014/10/04 by burning s

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

おはようございます。

極楽橋駅は駅前に何もないのでこんな所にあるのか
驚きました。

極楽橋駅から高野山駅までハイキングコースがありますが
写真で見たら急な道ですね。

Posted at 06:23:14 2014/10/04 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。