2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ことでん志度線 志度~瓦町

 【19//2014】

前回のつづき。



高徳線・志度駅から歩いてすぐのことでん志度駅にやってきました。
DSC08488_convert_20141111051637.jpg


いい感じの古びた木造駅舎がポツンと建っててましたが・・・。
よく見ると修繕中かわかりませんが屋根にはブルーシートが
つけられてました。何か大きな被害があったのかは定かでは
ありませんが・・・。
DSC08489_convert_20141111051658.jpg


ホームは島式1面2線ですが隣のホームが2両に対し
撮ったホームは3両分停まれます。他の2つは2両編成で
運転してて志度線は3両で運転する列車が多いですがこれは
1両の車体の長さも関係してるのでしょうか。
DSC08490_convert_20141111051832.jpg


到着から10分足らずで瓦町からの列車がやってきました。
名古屋人にとって・・特に30代・40代以上の方はこの顔に見覚えが
あるかもしれませんがかつて地下鉄東山線で走ってた車両です。
この顔を見たのは何十年ぶりでした。
DSC08497_convert_20141111051845.jpg


実は前日夜事前偵察で瓦町に行き偶然出会ったのが
名城線車両でした。俺が子供の頃名古屋に住んでた親戚の
おばあちゃん家に行き栄に行くときよくこの車両に乗っていったのを
覚えてますが、当時の薄暗いホームでこの車両のブレーキ解除音の不気味さに
恐怖を感じましたが何十年ぶりにこの音を聞きましたが
今も健在なのがすごくうれしくこっちのほうが馴染みが深いですね。
DSC08386_convert_20141111053154.jpg


車内は日曜昼間なのに閑散としてましたが・・・
車体間の広い連結部と床の機器類の開け口みたいな物を見て
名古屋の地下鉄にいた時と変わってなく面影が残ってて
良かったと思いました。
黄電が製作されたのが1970年前後でもうすぐ45年を迎えます。
DSC08498_convert_20141111052249.jpg



志度から少し先の原から房前(ふさざき)の間には
内陸風の瀬戸内海が眺められます。
序盤の記事からわかるようにこの日も好天に恵まれ
快晴日であったことがわかります。
DSC08500_convert_20141111052329.jpg



ことでん志度駅から16分でとりあえず八栗駅に着きました。
DSC08506_convert_20141111052351.jpg


ホームは1面2線の列車交換可能な駅です。
撮影した場所の手前には小さな待合所があります。
降り立った時は俺一人でこの青空を独り占めしたようでした(笑)
DSC08507_convert_20141111052417.jpg


改札上の行き先表はお懐かしの電照式発車案内が
設置されています。最初の高松築港などはLED式に更新されましたが
こちらは健在です。お隣には有人窓口も設置されています。
DSC08510_convert_20141111052709.jpg


駅舎は平屋の建物です。ことでんの新しい看板を除けば
ローカル鉄道の雰囲気がしっかり出てる感じがします。
この後乗る列車の間このエリアに有名なうどん店である
山田家まで歩いて行きましたが連休の中日で着いて入口の先にある
お待ちボードの組数を見てこれは1時間以上待つハメになるなと思い
引き返しました。あの時点で間違いなく撃沈確定と思いました(大泣)
DSC08511_convert_20141111052727.jpg



失意の中気を取り直し八栗駅に戻り瓦町行きに再び乗ります。
DSC08520_convert_20141111052748.jpg


途中琴電屋島駅で対向列車の待ち合わせがありました。
隣のホームは使われてなくて留置線として使われてるようです。
DSC08522_convert_20141111052956.jpg



潟元駅を抜けると目の前に大きな河口に出て
先には屋島大橋が見えてきました。ここを通過後高松の
中心街へと合流しますがこのあたりはどっちかといえば郊外っぽい
感じの雰囲気があり国道11号線と並走する区間であります。
DSC08527_convert_20141111053011.jpg


瓦町駅の手前今橋駅を出ると車庫らしきものがあり車両が
次の運用に向けてお休み中でした。
志度線は名古屋地区の人達の馴染みの深い車両が集まってる
路線であることが乗っててわかりました。
それにしても3連休の中日で山田家さんがあそこまでお待ちが出てたのは
想定外でしたがいつか「ざるぶっかけ」を食べにいける日を楽しみにしたいと思います。
DSC08528_convert_20141111053119.jpg


最近わかったんですがことでんには「途中下車指定駅」制度があったことを
知りました・・。旅の当日に知ってれば八栗駅で切符渡さずにそのまま
乗れたんですが・・・仕方ないですね(苦笑)
ただし途中下車駅と最終下車駅の同一運賃区間は下車できません。
ことでん乗る時でフリー乗車券じゃない時は活用してみたいと思います。


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: ことでん

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : ことでん 志度線 東山線 名城線 山田家 うどん

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

第三軌条方式の地下鉄車両パンタグラフ集電に改造した珍しい改造例ですね。

香川に行く機会があれば乗ってみたい車両です。

Posted at 08:17:27 2014/11/24 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

おはようございます。

サードレール方式からパンタ収電に改造した車両はめったに
見ないから珍しいですね。

香川に行く機会があればことでん志度線は是非乗車して
懐かしい雰囲気を味わえるといいですね。

Posted at 05:41:35 2014/11/25 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。