2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

七尾線-1 金沢~高松・能登半島

 【11//2014】

11月9日

2日目は能登半島方面に向かうことを決めていたので朝7時半頃金沢駅へ。


東口の朝のもてなしドーム前からスタートします。
交差点では人が結構いましたがこの日はマラソン大会があって
午前中交通規制があるためスタッフの人が打ち合わせしてたのでした。
2月の北陸線旅はホームから出ずそのまま特急北越に乗ったので
約2年ぶりにこの顔を拝むことができました。
DSC08935_convert_20141124025225.jpg



入口と出口が分かれていますが有人ラッチ式の
改札口が健在です。ICカードが主流になりつつある中
現役の駅でおそらく一番の数ではないでしょうか。
DSC08937_convert_20141124025306.jpg



ここからは近畿で113系から485系の交流機器を
つけた415系です。
輪島塗をイメージした赤色の車体が2日目前半の相棒です。
DSC08938_convert_20141124030142.jpg


前日高岡に行ったときと同じルートを通り
津幡駅で列車交換をしここから七尾線に入ります。
七尾線は津幡から和倉温泉を結ぶ59.5キロの地方交通線で
能登半島に向かう路線であります。
DSC08940_convert_20141124030853.jpg


車内の路線図です。こちらも来年春になると
金沢~津幡がIRいしかわ鉄道の名前が入りますので
これもまもなく見納めが近づいています。
七尾線は並行在来線から外れてるので引き続き
JR西日本が運営しますが今まで走ってた「サンダーバード」が1往復になる等
金沢から乗り換えなしで行けた特急が減るので
事実上の値上げとなりそうで利用しにくくなるのが俺の率直な所です。
DSC08947_convert_20141124031202.jpg


津幡を出た直後交流区間から直流区間に入る為
車内が暗くなります。北陸本線の糸魚川~梶屋敷間は
来年春からキハ122系が入るのでこちらも見納めが迫ってます。
DSC08943_convert_20141124030256.jpg



津幡町からかほく市にかけては国道159号線とバイパス線と
並行しながら進んでいきます。
この十数年で新しい道路や高速道をよく見かけますね。
DSC08950_convert_20141124032258.jpg


宇野気駅で対向列車待ち合わせで一休み。
ただし駅舎は反対ホームにあるので短い時間の停車では
撮影は無理でしたのでそのまま乗車し次へ進みます(泣)
DSC08953_convert_20141124032642.jpg



最初に降りたのは高松駅です。
この2ヶ月前四国旅でご紹介した同名の駅であります。
何故石川県のローカル線にこの名前の駅があるのか
不思議ですが・・・。
DSC08965_convert_20141124032706.jpg


ホームは2面3線。七尾方面はローカル線らしい
両開きの分岐器がつけられ津幡側は1線スルー式ですが
これがスピードアップの弊害ともいえますがしゃあないっすね。
DSC08964_convert_20141124032733.jpg



俺が降り立ったホームの一角には倉庫らしきものがありました。
有人駅ですがこちらはJR西日本金沢メンテックの委託駅なので
早朝・夜間は無人です。直営駅時代には寝泊りなどで使われてたの
でしょうか気になりますが・・・。
DSC08966_convert_20141124032749.jpg


隣ホームの向こうはのどかな風景がここから見ることが出来ます。
それにしても金沢を出て20-30分位の所で風景が激変してしまうので
田舎か自然の豊かな場所に来たように感じます。
DSC08968_convert_20141124032827.jpg



駅舎は鉄筋平屋の国鉄時代に出来た建物です。
目の前のロータリー広場が出来てるのですが元々は
河北郡高松町でしたが近辺の町と合併され2004年にかほく市になりました。
かほくと聞くとこの近辺に河北潟という小さな潟湖がありまして
石川県の地図でよく見かけます。
DSC08972_convert_20141124032803.jpg



七尾線は全線単線ながら直線も長く結構スピードを
出し特急で最高時速100キロ出る路線です。
俺が乗ってる列車もMT54のモータを唸らしジョイント音を響かせ突っ走ってます。
DSC08977_convert_20141124033017.jpg



敷浪駅ホームから見た木は紅葉の葉っぱが
枯れこれから冬を迎えれるよう準備をしていたように見えます。
今回の旅できれいな赤や黄色の紅葉や銀杏の葉が咲いてるのを
見ましたが一方で秋を先に終え次の季節に向かってるシーンに
遭遇した感じがあります。
DSC08981_convert_20141124033042.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 北陸本線 日本海縦貫線 七尾線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

気動車の急行や普通が行き交う七尾線も23年以上前のことになりました。

電化されてから行ったことがありません。

Posted at 05:17:37 2014/12/11 by ぞうまさ

Comments

No title

こんばんは。

七尾線。

もう25年も前になりますが、学生時代に
金沢から急行で輪島駅まで乗り通したことを懐かしく思い出しました。

ああ、もう、輪島駅はないんですよね。。。

能登半島の鉄道はこの25年で壊滅に近い形になったような気がします。

Posted at 00:29:14 2014/12/12 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

速攻のコメントありがとうございます。

気動車時代といえばキハ65が特急列車として大阪から和倉温泉まで
乗り入れてた時代ですね。

電化され23年経ちますが津幡~金沢がJRの内に乗れるのは
あとわずかで今がチャンスかもしれませんね。

Posted at 05:13:18 2014/12/12 by burning s

Comments

Re: No title

ふぐに さん

おはようございます。

七尾線が電化される少し前で金沢から急行で輪島駅まで
乗られたことを思い出されただけでも嬉しいです。

輪島駅は残念ながら21世紀入ってすぐ無くなってしまい
いつか行ってみたかったんですが・・叶いませんでした(泣)

能登半島の鉄道も七尾線電化後から10年前位で滅茶苦茶に
なってしまいましたね。
もうあの時代には戻れない虚しさを感じます。

Posted at 05:19:59 2014/12/12 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。