2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

七尾線-4 七尾駅

 【17//2014】

前回のつづき。


金沢を7時40分に出て途中下車しながら行くこと2時間半程で
七尾駅にやってきました。
DSC09031_convert_20141127042511.jpg



ホームはJR線だけで2面3線あり改札近くに切欠きホームがあります。
3番のりばからは側線がいっぱいあり面積の大きな駅であることが伺えます。
DSC09029_convert_20141127042537.jpg


構内は広く七尾鉄道部があり415系が止まってるところを
見ることが出来七尾線の車両を見ることが出来ます。
DSC09023_convert_20141127042656.jpg


構内の詰所の一角には給水塔の遺構が残ってました。
七尾線が全線非電化時代に使われていた名残でしょうか。
DSC09021_convert_20141127042726.jpg



和倉温泉からのサンダーバード20号が1番のりばに停車中でしたが
久しぶりに683系0番台の非貫通顔を見ることが出来ました。
しらさぎでよく見るおなじみの顔ですが
サンダーとなると最近は4000番台や681系を見ることが
多い俺にとっては久しぶりの再会でした。
隣の列車は折り返し金沢まで各駅に停まりながら南下します。
DSC09024_convert_20141127043117.jpg


その時刻表ですが運転系統が分かれ普通列車は七尾まででここからは
のと鉄道が担当してて隣の和倉温泉駅までは共用区間となります。
JR西日本が第三種鉄道事業者で(七尾~和倉温泉は第一種鉄道事業者)
のと鉄道は第二種鉄道事業者であります。
こうやって鉄道業法のことを話すとややこしくなりますが穴水までは
JR西日本の非電化区間の(和倉温泉から穴水間)
線路を使って列車を運行するだけの鉄道会社になったのです。
DSC09030_convert_20141127043133.jpg



その切欠きホームにはのと鉄道のりばがあります。
列車が行った後なので締め切られてましたがここで乗り換え時に
のと鉄道の職員の方が改札業務を行ってるようです。
DSC09034_convert_20141127043201.jpg


近年「フナッシー」や「くまモン」といったご当地キャラが
誕生してますがここ七尾市は「とうはくん」がお出迎えしてくれました。
桃山時代の画聖長谷川等伯没後400周年の2010年に誕生しました。
七尾線の415系の編成にもとうはくんのラッピングを施した
車両がありますね。単色に変わってしまったとはいえちょっとした
ラッピングするだけで違う車両に見えるからいい方ですが・・。
DSC09035_convert_20141127045426.jpg



改札はこちらも主要駅であるため有人ラッチが
複数あります。時刻表挟んでのと鉄道の入口があります。
ここからは特急が乗り入れる和倉温泉駅までは
共用区間に入りJR特急とのと鉄道の車両が一緒に
走ってる区間と言っていいでしょう。
DSC09038_convert_20141127045447.jpg



構内のポスターには来年開通の北陸新幹線に合わせ
観光列車が誕生します。
と言いましても来年10月登場ですのでまだまだ先の話ですが・・(苦笑)
DSC09039_convert_20141127045541.jpg


駅舎は能登半島の代表都市に相応しい立派な建物が建ってて
久しぶりに中心街らしい駅舎を見たなというのが正直な所です。
ロータリーやバス乗り場もしっかり整備されてるので
拠点駅としては申し分なしですね。
DSC09040_convert_20141127045608.jpg



駅前の長谷川等伯像の前に咲いてる街路樹は
綺麗に紅く染まってます。敷浪駅で見た冬へ向かう段階から
再び秋らしい表情をここで見せてくれました。
DSC09041_convert_20141127045633.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 七尾駅

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんにちは

>七尾線が全線非電化時代に使われていた名残でしょうか。

七尾線は、北陸本線と違って
直流電化というのが、
さらに複雑にしているように感じております。

>「とうはくん」
こちらは、こういうゆるきゃらですか~。
元となった、画聖長谷川等伯というお方は、
まったく存じ上げないのですが。

いかにも、地元では有名なところをチョイスした
地元キャラらしいように感じました。

私も、能登半島にも、行ってみたいものでございます。
ありがとうございました。

Posted at 19:51:59 2014/12/18 by TageSP

Comments

No title

こんばんは。

683系の写真を見て、ふと思ったのですが、
JR西日本は北陸新幹線延伸開業後、余剰となった
681/683系をどう利用するんでしょうね。
北越急行の車両も購入するらしいし。

やはり、北近畿系統の381系置き換えに使うのでしょうか。
それでも大量に余るけれど、まさか紀勢本線にも・・・

Posted at 00:47:26 2014/12/19 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

Tage SP さん

おはようございます。

七尾線が直流電化ですがこれはトンネルの断面が低く
交流架線が引けず改造すると費用がかかるので直流に
せざるおえなかったそうです。

とうはくんのヒゲが筆をさかさまにしたような感じに
見えますが長谷川等伯はなかなか聞くことがありませんが
能登の出身で地元ではかなり有名らしいです。

能登半島は見所もいっぱいありますので機会があれば是非。

Posted at 06:12:08 2014/12/19 by burning s

Comments

Re: No title

ふぐに さん

おはようございます。

北陸新幹線開通後の余剰の681系/683系の行方が
気になりますが683系は今までどおりサンダーや
金沢~和倉温泉で新しく登場する特急に回ると思いますが
問題は「はくたか」で使われた車両ですね。

ネットで見ると福知山地区に転属の噂は以前から出ていますが
今日JRのダイヤ改正に関することで何かしらの発表があっても
おかしくないと思います。

北越急行車の購入もありますがきのくに線もゼロではありませんが・・・。

Posted at 06:21:40 2014/12/19 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks