2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

道東果ての根室から一気に札幌へ

 【20//2015】

前回のつづき。

根室駅の外を出たのはよかったんですが歩いてても
食べる所はほとんどお休みでとりあえずコンビニで調達できるものだけ
買って次の釧路行きが11:45発なので急いで駅に戻りました。


ここに着いた時後ろの車止めで停泊してた編成でした。
撮った写真の撮影時間を見ると余裕で着いたみたいですが
これを逃すと次は13:22と1時間半以上待たなければいけません。
DSC00730_convert_20150129003421.jpg



お隣は最東端の東根室駅があります。
駅名標が背高に見えるのですがよく見ると
ホームの外に付けられてるみたいです。
1面のホームのシンプルな構造でここに来るのは
またの機会にとっておいたのを覚えてます。
DSC00735_convert_20150129003608.jpg


来るときは雲の隙間からお日様が見えてましたが
悲しいかな・・・雪がちらついてるように見え食べたいものがあっても
どこもやってない元旦ならではの風景をこの地で見てしまったのです。
DSC00738_convert_20150129003648.jpg


この間に標津線の分岐だった厚床駅で4分停車があり
軽く撮影しようかと考えてましたが来る時にガンガン撮りまくったのと
札幌までの長い移動が待ってるのですこしでも休んでおきたいために
爆睡して気が付いたら釧路川の近くで目覚めて駅に戻ってきました(アホ・笑)
戻ったのが14:20過ぎでしたが次に乗る列車まで約2時間ありますが
商業施設もやってなくとりあえず改札出て時間を消化することにしましたが
元旦はどこもやってないのが殆どで諦めつきました。
DSC00743_convert_20150129003732.jpg


とりあえず待合室で時間を潰しましたが・・・(苦笑)
次乗るのは文字通り特急で札幌まで一気のこれです。
DSC00751_convert_20150129003816.jpg



とはいえ道東をこのまま出ても面白くないので
撮れそうなだけ列車や駅の風景を悔いなく次訪問する日が
実現するまでの楽しみにと思い撮影しました。
花咲線と釧網線のキハ54同士の2ショット。
DSC00758_convert_20150129003847.jpg



釧網本線の行き先表はキハ40と同じくサボが健在です。
花咲線は幕式タイプですがこうして残ってるのもいいですね。
DSC00759_convert_20150129003905.jpg



16時ちょうどに根室本線からきたスーパーおおぞらです。
基本的に1番のりばから発着となりますがこの列車はこのまま折り返し
札幌へ行く列車です。
単行の普通列車が行き交う中この列車が来ると一瞬華やかになる
瞬間が訪れたように見えますね。
DSC00765_convert_20150129004023.jpg


4時間の大移動が待ってたのでフリー切符買った時に
何かあった時は取り返しのつかないことになるので
指定席をとりました。
南千歳から来るとき席指定とらなかったので空いてても座れず
指くわえて見てたのが懐かしいくらいですが・・・(苦笑)
DSC00773_convert_20150129004102.jpg


時間は夕方4時を迎える直前なのに西の空は
オレンジ色の夕焼けの表情が写ります。
道東の冬は好天に恵まれる反面暗くなるのが早いから
ちょっぴり残念ですね。
ただ6月の夏至頃は朝4時前には朝を迎えるので
ちょうどその月に乗ったはまなすで一度目覚めたとき
確か夜明けだったのを記憶してます。
DSC00760_convert_20150129003952.jpg



列車は釧路市内を出て道東とお別れし明るい時間帯であれば
前日疲れが溜まって寝たことで見れなかった太平洋・湿原と変化の多い
根室本線の風景が見れましたが真っ暗になり白糠・池田に停まります。
池田駅は2006年4月に残念ながら廃止となった
ちほく鉄道ふるさと銀河線が接続してた駅です。
個人的には一度でも乗ってみたかった路線でしたが叶わずに終わりました(泣)
沿線には日本一寒い町といわれる陸別町も通る路線で
「しばれフェスティバル」が毎年2月に行われてることで有名ですね。
http://www10.ocn.ne.jp/~shibare/
DSC00779_convert_20150129004131.jpg


釧路出て1時間半前日昼の一瞬を過ごした帯広停車。
ここでかなりの人が乗ります。
のんびり座れたのもここまでかと思ったら俺の隣席はそのまま。
幸運かわかりませんが神が前日南千歳から新得とここ来るのに
苦労してたのを知ってたのかはわかりませんが札幌まで
ゆっくり休みながら来ればいいよと言ってくれた様に思えました。
帯広の街歩きも次の来た時にゆっくり行きたいなと思います。
DSC00780_convert_20150129004205.jpg


暗闇の中狩勝・夕張を過ぎ石勝線を突破し南千歳まで戻り
731系が停まってるのを見ると都会の電車区間に戻った瞬間でした。
DSC00781_convert_20150129004742.jpg


4時間の移動でしたが対向列車行き違いの関係で10分程遅れて
遂に札幌到着。時間は夜8時20分過ぎてました。
DSC00783_convert_20150129004810.jpg



ホームで721系や785系を見てやっと帰ってきたなと感じました。
とはいえ根室からここまで480キロの大移動の果ての旅で本州内でも
これだけスケールのでかい移動ってなかなか出来ないからこれも
北海道ならではかもしれませんね。
DSC00798_convert_20150129005053.jpg


キハ283はここまで。回送列車となり手稲にある札幌運転所へ行きます。
DSC00785_convert_20150129004902.jpg



コンコースに降りると大都市・札幌なのというほどの
静かな時間が過ぎてるようでしたがよく考えると元旦で
みんな家でのんびりしてるみたいですが普段はたくさんの人で
賑ってますが始発時間の静けさとにてるようですね。
DSC00792_convert_20150129013705.jpg


といいたいですが・・・札幌駅コンコースの一角に
ストーブが設置されてたのにはびっくりでした。
大都市でも雪国万国共通の風景かもしれませんね。
DSC00793_convert_20150129004938.jpg



駅前広場に出るとそこにはホワイトイルミネーションのライトアップが
行われてました。根室でどこも店が閉まってて個人的に食べたかった
「エスカロップ」も食べれず滞在時間僅か1時間で見切りを付けざる追えなかった所から
釧路で仕方なく待合室で時間消化しやっと札幌まで戻った感があります。
ここなら「ご飯の心配は無用!」ということで地下鉄ですすきのに向かいました。
DSC00803_convert_20150129005129.jpg




つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 道東 札幌市

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 05:35:54 2015/02/20 by

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks