2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

八戸線 鮫駅

 【16//2015】

前回のつづき。


本八戸から普通列車に揺られやってきたのは鮫駅でした。
DSC01029_convert_20150219063125.jpg


ホームの様子。年末に来てたら雪が殆どないような
風景に合えたんじゃないかと思いましたがこの通り
冬の東北らしい雪景色が広がってました。
天候も変わりやすく中心街にいたときは青空が見えてましたが
ここにいた時は曇り空で今にも降りそうな感じでした。
DSC01031_convert_20150219063155.jpg



風はつよくなかったんですが寒いので中へ行くと
業務委託駅ですがみどりの窓口も営業してます。
中はほっこり温かみのある待合室があります。
DSC01036_convert_20150219063220.jpg


待合室には小さなストーブが設置されてます。
場所のことは抜きにして雪国の駅ならではの風景の一つですね。
DSC01035_convert_20150219063234.jpg



その時刻表を見るとここから先は列車本数が一気に減ります。
八戸線終着の久慈駅は三陸鉄道の乗換駅です。
三陸鉄道も大きな震災を乗り越え見事完全復活しましたが
同じ地区にあるJR東日本管轄線は震災からもうすぐ4年経とうとしてますが
かかわってる路線の被害線がながく苦労してますが・・・それ本当なのか?
と去年から疑いの気持ちを持つようになってきました。
DSC01034_convert_20150219063302.jpg



駅舎は味のある木造駅舎ですが屋根がストレートな
トタン式を使ってる所にこの地方の気候が現れてるのでしょうか。
DSC01042_convert_20150219063343.jpg



駅前には鮫駅だけにサメのオブジェが・・(笑)
まさかここからジョーズのワンシーンか押しボタンがあって押したら
例の「ジャ-ジャン」のBGMが流れたら怖いですが・・・。
(↑なわけないやろっ・爆)
それはおいて端側にはSLの車輪が展示されてますね。
DSC01040_convert_20150219063405.jpg



乗ってきた列車が折り返しの八戸行きでしたのでそのまま乗りますが
隣のホームには久慈行きがやってきてここで列車交換を行いました。
短い滞在ながら最初おまけ的な訪問でしたが地味にウエイトが重く
貴重な時間を過ごせたと思いました。
DSC01047_convert_20150219063509.jpg



行先のサボを見ると八戸の隣に三戸があります。
実は一部の列車が青い森鉄道三戸から八戸線直通列車が
設定されてるのです。
並行在来線で容赦ない一面ばかりクローズアップされるJRですが
こうした運転をしてる話を聞くとまだまだ頑張ってもらわな困ると思いますね。
DSC01045_convert_20150219063558.jpg


分後4日ぶりに八戸駅へ戻ってきました。
DSC01049_convert_20150219063620.jpg


到着後に来た青い森鉄道の車両はここに来た時に見た
703系ですが後ろはご覧の通り雪だるまさん状態で
行先表も雪が付着しててわかりませんでした(笑)
新しい車両2度も見れてよかったと思いました。
DSC01050_convert_20150219063642.jpg


ここから新幹線に乗りますが新幹線ホームからみた
在来線は乗り継ぎ客がこっちに着たので誰もいなくて寂しい光景が
広がってますが
特急がここまで乗り入れがあった頃を忍ばせることもできます。
DSC01053_convert_20150219063705.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 八戸線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks