2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

信越本線-3 高田駅

 【31//2015】

前回のつづき。

脇野田から普通列車に揺られ上越市内を通過していきます。


次にやってきたのは高田駅です。
今回もお昼ご飯を兼ねてやってきまして2010年6月に
1度訪問したことがあります。
DSC01321_convert_20150309014655.jpg



ホームの様子は大きな上屋がありかつて長大列車が
行き来してたのを偲ばせますが目の前にはワンマン運転用の
ミラーが設置されいつでもトキ鉄移行OKという状態でした。
ただ上越妙高・新井と新潟を結ぶ特急・しらゆきが乗り入れますが
快速・くびき野が廃止という悲しいアナウンスがありました。
DSC01293_convert_20150309020938.jpg


俺が降り立ったホームはさっきの写真同様背高の上屋が
建ってて主要駅の一つに上げられます。
目の前にもう一つの駅名標がありまして
これが越乃Shu*Kuraというお酒をコンセプトにしたリゾート列車です。
俺は酒が飲めませんが・・・HPで列車の紹介を見たらこれも
いい列車やなと思いました。
DSC01294_convert_20150309023120.jpg


駅舎内は待合室もあり自動改札の個数から言って
主要駅の一つにあがりますが右端にある「妙高山」の看板が
なんとも言えませんが・・・。
DSC01300_convert_20150309023139.jpg


入口が駅舎の建物でちょっと変わってるなと思いましたが・・。
DSC01301_convert_20150309023203.jpg


実はこれ「ハリボテ」という造りでお城をイメージしたような
造りをしてます。ですので中はちょっとしたアーケード街チックな
感じがしましたがれっきとした駅です。
ですので前の写真が元々の駅舎になるのですね。
DSC01305_convert_20150309024114.jpg


ロータリー部分には高田城開城400年の祝いのメッセージがあり
ここから歩いて20分位の所に高田城があります。
DSC01303_convert_20150309024048.jpg


次の直江津方面に乗る列車の間昼ごはんも兼ねて
駅前通りを散策しました。
木製で方屋根式の造りをしてますが元々城下町だったことから
この方式を採用されたようです。
DSC01307_convert_20150309024201.jpg



別の通りのアーケードは鉄柱で頑丈な造りをしてますが
なかなか止まない雪を考えるとこうしたところがあると
心配なく散策出来るからありがたいですね。
DSC01311_convert_20150309024255.jpg


昼ごはんと駅前散策後再び駅へに戻ります。
上越市は元々直江津市と高田市に分かれ相互補完の
関係を築いて来た両市が1971年に上越市になったのです。
話が脱線しましたが上屋には中心部なのに雪がいっぱい積もってました。
DSC01314_convert_20150309024438.jpg


直江津から来た長野行きは「妙高」でした。
3月13日をもって廃止した列車で189系で長野から直江津間を
往年の特急あさまが走ってるように駆け抜けました。
長野からの信越線旅は今回が最後になるだろうと思いましたが
この列車を最後に見たのはこの高田駅でした。
俺もこの区間で何度か乗りこの列車にもお世話になりました。
廃止になってもきっと皆さんの心の中で生き続けていくでしょう。
DSC01319_convert_20150309024508.jpg


つづく


ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 新潟県 信越本線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks